五色 つとむ。 五色工となんとなく一緒にいる話

【ハイキュー!!】宮城県内トップクラスの1年生が大集合!強化合宿メンバーを紹介!

五色 つとむ

コンテンツ [] 人物 前髪パッツンが特徴。 強豪 で1年生ながらにしてスタメンを獲得した有望なウイングスパイカー。 血気盛んな性格で落ち着きがない面もあるが、スパイク技術には眼を見張るものがある。 エースの座を から奪おうと奮戦している。 牛島や監督もその実力を認めており、 戦後に牛島に次の世代を任された。 前述の通り、事ある毎に牛島と張り合うなど血気盛んで、天童曰く「言うことと前髪がカッコイイ」。 また、大平によって監督から期待されていることを知り調子を上げる、日向の褒め殺しに 本人が久しく『ちやほや感』を忘れていたこともあるが あっさり陥落するなど単純な一面もある。 しかしその一方で自分が未熟であるということは理解している様子。 プレイスタイル 1年生故の経験不足によるミスも多いが、狭い隙間を抜くストレートなど驚くようなプレーも多い。 試合中に監督から檄が飛ぶことも多いが、それは期待の裏返しとも言える。 呼ばれ方• - トリビア• 好物はカレイの煮付け• 「もっと鋭いクロスを打てるようになりたいです」が最近の悩み.

次の

五色 工

五色 つとむ

コンテンツ [] 人物 前髪パッツンが特徴。 強豪 で1年生ながらにしてスタメンを獲得した有望なウイングスパイカー。 血気盛んな性格で落ち着きがない面もあるが、スパイク技術には眼を見張るものがある。 エースの座を から奪おうと奮戦している。 牛島や監督もその実力を認めており、 戦後に牛島に次の世代を任された。 前述の通り、事ある毎に牛島と張り合うなど血気盛んで、天童曰く「言うことと前髪がカッコイイ」。 また、大平によって監督から期待されていることを知り調子を上げる、日向の褒め殺しに 本人が久しく『ちやほや感』を忘れていたこともあるが あっさり陥落するなど単純な一面もある。 しかしその一方で自分が未熟であるということは理解している様子。 プレイスタイル 1年生故の経験不足によるミスも多いが、狭い隙間を抜くストレートなど驚くようなプレーも多い。 試合中に監督から檄が飛ぶことも多いが、それは期待の裏返しとも言える。 呼ばれ方• - トリビア• 好物はカレイの煮付け• 「もっと鋭いクロスを打てるようになりたいです」が最近の悩み.

次の

五色工となんとなく一緒にいる話

五色 つとむ

1センチ 体重:68. 日向や影山に対して、皮肉をいうことが多いです。 勉強もできますが、バレーの試合においても頭脳派で、相手のことをよく見て戦略を立てるタイプなので、敵に回すと厄介なプレイヤー。 何に対してもあまり貪欲ではありませんが、実は負けず嫌いです。 春高予選の白鳥沢戦で、エース・牛島若利を止めたことでバレー魂に火がつき、初めて「最後まで戦ってみたい」という感情が芽生えました。 フェイクやブロックが得意です。 弱点はレシーブと、スタミナが少ないこと。 憧れだった兄・明光 あきてる への想い 月島が部活に本気になれない理由は、小さいころから憧れていた兄・明光の存在が大きいです。 バレーにすべてを捧げていた兄が、強豪だったころの烏野に在籍していましたが、ベンチにすら入れていなかったことを知った月島。 どんなに一生懸命がんばったって絶対1番にはなれないから、なんのためにがんばるのかわからなくなってしまったのです。 「たかが部活」それが月島らしいスマートさなのです。 5センチ 体重:69. しかし実は牛島にとても憧れているのです! 春高予選で烏野に敗北したあと、牛島からエースを任され喜びと責任を感じていました。 白鳥沢でレギュラーをはるだけのことはありストレートが得意ですが、経験が浅いため単純なミスをすることも多々あります。 合宿で日向からおだてられる…。 強化合宿に呼ばれてもいないのに、おしかけてきた日向は、鷲匠先生にいわれボール拾いをやることに。 そんな日向が体育倉庫でマットの間に挟まっているのを発見し、驚きます。 一方、日向は五色のキレッキレのストレートが気になります。 そして自主練のときに、ストレートを純粋にほめまくる日向。 さすが梟谷の木兎さんをおだてまくるだけはあります。 五色もちやほやされたことがうれしくなり、日向にストレートを披露することにします。 5センチ 体重:80. ちなみにテンションが高く、非常に真面目で腰が低い性格。 長身選手が県内イチ多い伊達工業の190センチ越えという超大型セッター!セッターとしての実力はまだまだですが、身長を活かしてレシーブを高い位置でキャッチすることができます。 そしてそのまま相手のブロックの上からスパイクを決めるという荒業をやってのけます。 センスと身体能力の高い選手なので、伸びしろがハンパないです。 青葉城西に敗れた悔しさを胸に…。 春高予選の青葉城西戦のときに、新人セッターとして登場した黄金川。 天井まで届きそうなトスや監督にダイレクトキャッチされるトスなど、失点の原因をたくさん作ってしまった上に、彼のブロックが突破されてたことが決め手となり敗北してしまう…。 それも相まって青葉城西に負けたときには悔しさをにじませていました。 優しい先輩たちの想いを受け継ぐためにも、どんなレシーブがきてもトスをあげることと、「伊達の鉄壁」の名に恥じないブロックをできるようになることを誓いました。 2センチ 体重:74. しかし強豪・青葉城西で1年なのにレギュラーを獲得するほどバレーは上手。 身長も高校生のなかでは、かなり高い方なのでブロックも得意としています。 実は影山とは中学時代北川第一でチームメイトでしたが、トスワークについていけず影山の評価は彼のなかでは最悪なのです。 影山との確執は深い…。 しかし高校になって敵チームとして、影山と再会すると彼は激変していて「スパイカーに合わせる」ということも覚えていたのです!その上、影山の相棒・日向翔陽は「トスは最高」というので、金田一は心底驚き、それと同時に嫉妬心のようなものも芽生えました。 8センチ 体重:66. 金田一といっしょに行動していることが多く、北川第一から青葉城西と同じ進路をたどっています。 「がむしゃら」という言葉が嫌いというだけあって、追えるボールを追わなかったり、囮といて飛ぶことをサボったりして監督から怒られていることも多い。 しかし国見は体力を温存していて、後半にのびてくるので対戦チームからすると厄介なプレイヤーです。 2センチ 体重:88. 彼の強さは高校1年生にして、身長2メートルを超えている彼の「高さ」と「力」というシンプルなものです。 どんなスパイクも易々と止められるので、烏野と対戦するまでは「バレーって単純ですね」と完全にバレーをなめていました。 しかし烏野と戦い、自分よりはるかに小さい日向に得点をもぎとられ敗北…。 試合後には目を輝かせて「バレーが単純っていったこと撤回します」と訂正しました。 きっと日向のように小さい選手でも戦術で、百沢からでも点がもぎとれるという面白さに気づいたのでしょう。 合宿で力の差を思い知る! 百沢はこの強化合宿で、他の選抜メンバーと比べ圧倒的な経験値の差を思い知ります。 特に2対2で行う試合形式の練習では、周囲からもいっしょに組みたくないと思われるほど…。 そして本人もどんどん置いていかれる感覚やプレーが雑になっていくのを感じていました。 心身ともに疲れ切った百沢は思わず、日向に「俺じゃなくてお前が選ばれればよかったのにな」といってしまいます。 そんな彼に日向は、「2mなんて一番最高に1MAXすげえ 宮城県1年生選抜強化合宿メンバーまとめ この記事では、主人公・日向翔陽が呼ばれていないのに参加しに行ってしまった「宮城県1年生選抜強化合宿」のメンバーを紹介しました。 ちなみに指導者は、条善寺高校の穴原先生で、責任者は白鳥沢学園・鷲匠先生です。 メンバーは パワーにこだわる鷲匠先生は高さと選んだというだけあって、長身の選手ばかりですね。

次の