パルミチン 酸 レチノール。 レチノールパルミチン酸エステル

【楽天市場】フェイスクリーム 純粋 レチノール原液 5%配合 キソ スーパーリンクルクリーム VA 50g クリーム 美肌 ビタミンA:KISO

パルミチン 酸 レチノール

Contents• レチノールの働きとして主なものは次の3つです。 皮膚の細胞ターンオーバー率を高める機能 (死んだ皮膚細胞がより早く除去され、新しい皮膚細胞が明らかになるため、サンスポットや他の形の色素沈着の衰退)• コラーゲンの生成を増加させる能力 (細い線やしわの形成を遅らせるのに役立ちます)。 余分な皮脂産生を減少させる (レチノールが皮膚細胞のターンオーバーのプロセスを加速する能力と相まって、ニキビと戦うのに最適な成分になります)。 レチノイドジェルの特徴と副作用 にきび肌の 場合は、ゲルが推奨されます。 ゲルは 浸透を高め、レチノイドをより強く、より効果的に機能させるという特徴があります。 ただし、 副作用として、ゲルは刺激と乾燥 を引き起こす傾向があります。 レチノイド濃度はクリームと比較して強い傾向にあります。 天然レチノイドと合成レチノイド レチノイドには合成と天然に大きく分類されます。 どちらも 皮膚のRAR(レチノイン酸受容体)を活性化する働きは共通しています。 天然レチノイドは皮膚のすべてのRARを活性化しますが、 合成レチノイドは限定的に活性化します。 もう1つの違いは、日光に対する安定性です。 自然のレチノイドは、光にさらされるとすぐに分解する傾向があります(これが、夜にレチンAを塗布し、日中に日焼け止め を着用しなければならない理由の1つです) 一方で、合成レチノイドは安定しています。 自然のレチノイドが日光にさらされると有毒になるという証拠もいくつかあります。 天然レチノイドの種類• パルミチン酸レチニル• レチノール• レチンアルデヒド• トレチノイン 合成レチノイドの種類• アダパレン• タザロテン• イソトレチノイン レチノイド濃度は合成が強い 以下はレチノイド濃度を示したもので1が最も弱く、下にいくほど強く治療現場で使用されるものになります。 レチノール• レチン(アルデヒド・ビタミンAアルデヒド)• アダバレン(合成レチノイド)• トレチノイン(レチノイン酸)• ダザロテン(合成レチノイド)• イソトレチノン(合成レチノイン) レチノールが韓国コスメに少ない2つの理由 皮膚への刺激性 韓国のスキンケアは、 トーンアップや最高肌など肌を明るくする効果のある成分に重点を置いていますが、 業界では、 製品配合に他の成分(ナイアシンアミド、カタツムリムチン、甘草の根エキスなど)を使用することを好みます。 これらの成分がレチノールよりもはるかに穏やかであり、レチノールのように皮膚に刺激を与えないためです。 たとえば、最初にレチノールをスキンケアルーチンに導入したとき、肌の乾燥、フレーキング、火傷、発赤を非常によく経験する可能性があります。 皮膚がレチノールに順応するのにしばらく時間がかかる場合があり、残念ながら、敏感肌の多くの人はレチノールにまったく耐えられません。 したがって、韓国のスキンケア製品はレチノールの使用を避けます。 韓国のスキンケアは、肌に水分と栄養を提供することに重点を置きながら、刺激性のある成分を避ける傾向があるためです。 パルミチン酸レチニル(レチノールとパルミチン酸の化合物)はあり パルミチン酸レチニルはレチノールほど効果的ではありませんが、皮膚への刺激ははるかに少ないです。 韓国では、化合物を構成する成分を製品成分リストに個別にリストすることが許可されています。 つまり、この場合、レチノールとパルミチン酸は別々の成分としてリストされます 皮膚科が安価で身近だから 西洋では、20代または30代で肌トラブルがないのに皮膚科に行くのは稀だと言います。 したがって、西洋ではレチノールを含む多くの店頭スキンケア製品が見られます。 しかし、韓国では、皮膚科の方がはるかに手頃な価格であり、20代や30代の女性(および男性)がさまざまな皮膚治療のために定期的に皮膚科医を訪問することははるかに一般的です。 つまり、 皮膚科医はレチノールクリームを処方し、皮膚への影響をより詳細に監視できるため、韓国の市販のスキンケア製品にレチノールなどの強力なアンチエイジング成分が不要なのです。

次の

パルミチン酸レチノール(化粧品):Cosmetic

パルミチン 酸 レチノール

関連記事 ちなみにレチノイン酸はネットを使えば購入することもできるのですが(海外製)、 個人的にはおすすめしません。 何たって(しつこいですが)皮膚科でも承諾書を書くくらい慎重になっている「レチノイン酸」ですからね・・・。 何かあってからでは遅いので(特に顔の場合何かあったら悲惨)、 気軽にネットでレチノイン酸を購入するのはやめておきましょう。 レチノールとレチノイン酸とは何が違うの? 現在、市販で買えるのは「レチノール化粧品」や「レチノールクリーム」です。 「レチノール」と 「レチノイン酸」。 名前が似ていると、その違いに混乱してしまいますよね。 実はレチノイン酸もレチノールも、 どちらも「ビタミンAの仲間」なんです。 そして一般的に、 レチノールやレチナールは「レチノイン酸」に比べて効果が穏やかと言われています。 「レチナール」化粧品は市販でほとんど売っていません。 スポンサーリンク 市販のレチノール化粧品を買う時の注意点 ただし、いくら刺激の少ないレチノールだからと言って決して「安心」とは限らないです。 というのも、レチノール化粧品は その種類によっては効果や副作用が大きく変わってくるからなんです。 特にはじめてレチノール化粧品(クリーム)を使う時は、以下の点に注意するようにしてくださいね! 「ペルミチン酸レチノール」配合のものを使う はじめてレチノール化粧品を使う場合は、 「ペルミチン酸レチノール」が配合されたものを使うようにしましょう。 ペルミチン酸レチノールは、 「レチノール誘導体」です。 実は多くのレチノール化粧品にはレチノール単体ではなく、この「レチノール誘導体」が配合されています。 パルミチン酸レチノール・・・レチノールに「パルミチン酸」を結合したもの 酢酸レチノール・・・レチノールに「酢酸」を結合したもの この2つはどちらも安定性が高く、肌への負担も少ないと言われているのですが、 より安定性&刺激が少ないのは「パルミチン酸レチノール」の方なんです。 なので、特にレチノール化粧品を初めて使う方や敏感肌の人は「ペルミチン酸レチノール」配合の化粧品を選ぶこと! 購入する前は必ず成分表をチェックするようにしてくださいね。 また、その中でも 化粧品へのパルミチン酸レチノールの配合上限は0. でも、その0. 03%でも肌荒れを起こしてしまう人もいますし、その他に配合されている成分との作用で副作用が出てしまうこともあります。 ちなみに、2013年に高配合レチノールを謳っていた化粧品シリーズ 「ダーマエナジー」が販売中止になったニュースを覚えてますか? ダーマエナジーは「各種ビタミンを高配合!」と謳っていました。 ダーマエナジーに含まれていたのは「パルミチン酸レチノール」で、それ自体は問題なかったのですが、 その他にもビタミンAが高濃度で配合されていました。 結果、13万7千個売れた中で273人もの人が医療機関を受診したと言われています。 (受診しなかった人を含めるとそれ以上になります) 一般的に「高濃度」「高配合」の商品は、効果も期待できますがその分副作用も強いです。 ちなみにダーマエナジーは国内のものでしたが(第一三共ヘルスケア)、特に海外のものは高配合が多いので注意ですよ! そこそこ長いから、赤い部分だけ読めばOKです! 安全性が高く、シワを減らし、角質の水分量を増やし、毛穴を引き締める効果が、人間を対象にした実験で確認された。 市橋名誉教授らは、DNAチップによって遺伝子の発現を通常のレチノイン酸と比較、 レチノイン酸とほぼ同様の結果を得た。 また、試験管内実験(in vitro)によってコラーゲンやヒアルロン酸の産生促進などを確認。 マウス実験なども含めて、効果や安全性を確認した。 さらに、19人の成人女性(平均45. 1歳)に3カ月間、顔に塗ってもらい、効果を検証した。 この際、皮膚への浸透性を高めるためにシュートソームという技術を用い、レチノイン酸トコフェリルとアスコルビン酸(ビタミンC)を一緒に配合した製剤を使用した。 なお、日焼け止め成分入りを朝、日焼け止めなしを夜に塗布した。 3カ月後の結果では、 シワの本数が1本以上減ったのが69%、毛穴の数や総面積も減少した。 一方で、角質水分量は63%で改善した。 市橋氏は、総合判定として 「肌の改善合計は74%」とし、レチノイン酸トコフェリル+アスコルビン酸の製剤は、「抗シワ効果に優れた成分」と説明する。 (引用:) つまり、.

次の

レチノール(ビタミンA)肌への効能!シワの改善実感90日

パルミチン 酸 レチノール

読みたいところから読める目次• 1.レチノールに興味を抱いたあなたへ レチノールとは、「ビタミンA」のことで、としては、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどの「ビタミンA誘導体」がよく知られています。 また、最近では「純粋レチノール」と呼ばれる成分も登場しています。 レチノールには、高いエイジングケア効果が期待される半面、副作用もあるので正しい理解が大切です。 さて、に興味のある多くの女性は、化粧品を選ぶ際に、話題の美容成分には特に注目をします。 最近では、どのような美容成分が配合されているかだけでなく、化粧品メーカーがどのような濃度で配合しているか、また、ナノ化など、どのように加工をしているのかにも注目が集まっています。 そんな中で、レチノールは、比較的よく名前が知られたエイジングケア化粧品成分です。 おそらく「レチノールクリーム」を、化粧品の専門店や百貨店で目にしたことのある方も多く、名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。 その反面、特徴、効果、副作用の面では、理解が難しいエイジングケア化粧品成分です。 なぜなら、レチノールはお肌へのさまざまな作用があるとともに、代謝の過程での効果も変わるからです。 そこで今回の記事では、エイジングケア化粧品成分「レチノール」の性質や美容への効果について考えてみたいと思います。 また、おすすめの美容液やクリームをご紹介します。 「レチノールって、そもそも何なの?効果は?」 「レチノールってよく名前を聞くけど、エイジングケアに本当によいの?」 「しわやしみが取れるって聞くけど本当?毛穴ケアにもよい?」 「レチノールは、刺激が強いので使いにくいって本当?」 「レチノール配合のエイジングケア化粧品を選ぶポイントは何?また、おすすめは?」 などの疑問をお持ちの方は、ぜひ、読み進めていただければ幸いです。 レチノールとは、ヒトや動物の体内にあるビタミンA(レチノイド)の1種です。 広い意味では、レチノイン酸やレチナールの関連物質や含誘導体を含めてレチノイドと総称されます。 レチノイン酸は、「トレチノイン」という名前の医薬品として、医師の処方の下で使えます。 効果が高い反面、刺激も強いことが特徴です。 レチノール類縁成分には、医薬品、医薬部外品、化粧品がありますが、効果と副作用は、その順で緩徐になります。 レチノールによる、使い始めの際の赤みやカサカサ感を、レチノイド反応と呼びます。 お肌の強い方なら、1〜2週間でこの反応がなくなるので継続して使えます。 化粧品成分としてのレチノールにもいくつかの種類があり、少しずつ特性が異なります。 だから、正しく理解することが大切です。 レチノール配合化粧品では、医薬品のような効果は期待できません。 それでも、ほうれい線、しわ、毛穴など肌老化や肌悩みの予防美容的なエイジングケアには有用です。 レチノールは油溶性なので、美容液やクリームに向いた成分です。 そのエイジングケア効果と副作用を理解して、上手に選んで使いましょう。 2.レチノールとビタミンA 1)レチノールとビタミンAの関係は? エイジングケア化粧品成分であるレチノールの説明に入る前に、ビタミンAとレチノールの関係について触れておきましょう。 ビタミンA は、レチノール、レチナール、レチノイン酸およびこれらの3-デヒドロ体やその誘導体の総称です。 また、ビタミンA関連の医薬品や化粧品すべてを、レチノイドと呼ぶこともあります。 この「誘導体」とは、簡単に言えば、基本的な性質が同じで、少し化学構造が違うために発揮する効果が異なる成分です。 どんな成分でも多くの場合は、唯一のものを示すケースよりも「仲間」「カテゴリー」を総称する場合が多く、ビタミンAとレチノールの関係も同じなのです。 つまり、レチノールは、ビタミンAの1つなのです。 レチノールは、ヒトの血液のビタミンAの大半を占めることから、狭い意味ではレチノールと言えば、ビタミンAのことを指すこともあります。 2)ビタミンAの効果は? ビタミンAは、油溶性のビタミンで動物だけにあります。 このプロビタミンAは、動物にも植物にもあります。 また、プロビタミンAには、抗酸化作用があります。 ビタミンAには、次のようなさまざまな効果があります。 粘膜やを健康に保つ効果• 視覚など視機能を改善する効果• 動脈硬化を予防する効果 一方、油溶性であることから、摂りすぎると排泄されずに身体に溜るので、過剰摂取にも注意が必要です。 これから詳しく説明するエイジングケア化粧品成分のレチノールは、このビタミンAの持つお肌への効果に着目して開発されたのです。 3.レチノールとレチノイン酸 ここからは、レチノールとレチノイン酸の関係について説明します。 1)レチノールとレチノイン酸 身体の中にあるレチノールは、体内で皮膚のの基底層に運ばれると、酵素によって代謝を受けてレチナールに変わり、最終的にレチノイン酸に変化します。 レチノールからレチナールへの変化は可逆的で、レチナールがレチノールに戻る場合もありますが、レチナールが一旦レチノイン酸に変わると、もとには戻りません。 このレチノイン酸の効果によって、を遅らせるはたらきがあるのです。 つまり、実際にお肌を生まれ変わらせる立役者は、レチノールではなくレチノイン酸なのです。 また、レチノイン酸には、にはたらきかけ、や線維の生成を促進させる効果や分泌抑制などの効果もあるのです。 それによって、、、、、、、が期待されます。 2)レチノイン酸は医薬品 ここで、「レチノールではなく、レチノイン酸をエイジングケア化粧品成分にすればよいのでは?」という疑問が浮かばないでしょうか? 実は、レチノイン酸は、「トレチノイン」という医薬品として存在します。 なぜ医薬品かといえば、トレチノインは、非常に強い効果を発揮する反面、副作用もあるので、専門家でないと取り扱いが難しいからです。 つまり、レチノールより効果も副作用も強い成分なのです。 だから、トレチノインは処方薬(医療用医薬品)となっています。 レチノイン酸による皮膚のターンオーバーを促進させる力は、かなり強力です。 ある意味、無理やりターンオーバーさせているのです。 そのため、刺激が強くなって、のリスクが高まります。 さらには、レチノイン酸は紫外線にも弱いので、使用中はも併用することが必要です。 こうしたことから、トレチノインは、医師の処方によってしか使えないのです。 トレチノインは、で、、ニキビ、、、、、、しみ、日焼けあとのしみ、怪我や火傷や手術後の色の改善などの治療で処方されます。 たとえば、ニキビ治療に使われる「ディフィリンゲル」と呼ばれる医薬品があります。 一方、レチノールはといえば、もちろん、レチノイン酸と同じタイプの効果と副作用があります。 しかし、レチノールには、その種類や配合濃度によって、医薬品として扱われるケースから、医薬部外品、エイジングケア化粧品成分として扱われるケースまであるのです。 基本的には、レチノールは、次のことが言えます。 医薬品の場合は、高濃度で効果も高いが副作用がある• 化粧品の場合は、低濃度で効果も低いが副作用も少ない 4.レチノールの基本と種類 ここまでで、レチノールやレチノイン酸について詳しく説明してきました。 ここからは、をはじめ化粧品に使われるレチノールについて、お話を進めます。 1)レチノールの基本 レチノールは、ビタミンAアルコールとも呼ばれ、活性型のビタミンA誘導体の1つで、その基本的な特性は、次のとおりです。 化学的に合成され、黄色の結晶体• には溶けず、や油分に溶ける• 分子量が小さい• 乾燥や高温に不安定• を受けやすい• などと一緒であれば安定性が増す そのため、化粧品成分としては、誘導体にして安定化させています。 それが、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどです。 これらは、レチノイン酸と比べ、効果と副作用を減らすことによって、化粧品にも使えるようにしたものです。 また、レチノールは、一般的に化粧品に配合される場合、その濃度は0. 1%程度までです。 医薬部外品では、もう少し高い濃度で配合される場合もありますが、2013年末に発売中止になった大手製薬メーカーのレチノール配合の医薬部外品のようなケースもあるので、配合濃度の高いものには、より注意が必要です。 2)レチノールの種類と特性 ここでレチノイン酸とレチノールをあらためて整理しておきましょう。 医薬品、化粧品で使うビタミンA レチノイド と言えば、レチノイン酸、レチナール、レチノールに分かれます。 化粧品成分として使われるのは、レチノールとレチナールです。 レチナールは、レチノールが酸化したものでレチノイン酸の前駆体です。 性質はレチノイン酸に近いので、作用と刺激もレチノールより強いものとなります。 レチナールを使った化粧品は、レチノールを使った化粧品ほど種類は多くありません。 化粧品成分のレチノールにはいくつかの種類があり、少しずつ特性がことなります。 ここでは、いくつかのレチノールの種類と特性を簡単にご紹介します。 パルミチン酸レチノールはレチノールにパルミチン酸を結合させることで、浸透力を高めた成分です。 レチノールに酢酸を結合させることで、安定性を増した成分です。 レチノール以外では、水 、、ダイズ油、、、、アルギン酸PG、が配合されています。 ピュアレチノールは、レチノールの効果に近いので高い効果が期待できる反面、刺激も強いリスクがあります。 その名のとおり、純粋なビタミンAです。 レチノイン酸とビタミンE誘導体(トコフェロール)を結合させることで、安全性を高めています。 レチノイン酸トコフェリルの詳しい情報は、「」をご覧ください。 他にも、リノール酸とレチノールを結合させたリノール酸レチノール、レチノールに水素を添加した水添レチノール、プロピオン酸とレチノールを結合させたプロピオン酸レチノールがあります。 これらは、全てレチノールを安定化し、浸透を上げるために他の成分を結合させたものです。 5.レチノールのエイジングケア化粧品成分としての効果と副作用 1)レチノールの効果 レチノール配合の化粧品やエイジングケア化粧品でも、レチノイン酸と同じメカニズムにより効果が期待されますが、その効果は比較的、緩徐なものといえるのです。 そんなレチノール配合の化粧品には、大きく4つの効果が期待できます。 その結果、を含む細胞を排出して、くすみやシミ、ニキビ跡を目立たなくするサポートをします。 また、結果的にお肌の表皮が生まれ変わるので、ピーリング効果も期待できます。 だから、ターンオーバーが遅くなっている場合はよい選択肢なのですが、ターンオーバーが早すぎる場合に使うことは避けましょう。 やの方は、でターンオーバーが促進している可能性があります。 また、がひどい場合を含め、特に注意が必要です。 その結果、やをよくする効果が期待されます。 ただし、レチノール化粧品の場合、深く刻まれた真皮じわ、、たるみなどを改善することまではできません。 また、毛穴の詰まりや黒ずみ、などの予防効果が期待できます。 つまり、を軽減できるのです。 2)レチノールの副作用とは? レチノールには、敏感肌ではない方でも、次のような副作用を伴うことがあります。 お肌がカサカサする• お肌の乾燥を感じる• を感じる• 赤みや刺激を感じる これはレチノイド反応と呼ばれます。 この副作用によるアレルギーは、使用量を減らしたり、使い続けることでお肌がなれて問題なくなることもあります。 これが、レチノールでよくおこる副作用です。 これらが出ていても、さほど大きなダメージを感じない場合なら、目安として1~2週間程度、様子を見ることも1つの方法です。 1~2週間でレチノイド反応がなくなれば、使い続けても大丈夫な場合が多いようです。 レチノイド反応は、お肌の強さとレチノールの種類、配合濃度、使う量などで変わるものですが、ひどい場合には使用をストップして、医師に相談しましょう。 6.レチノール配合化粧品の使い方と選び方 1)レチノール配合化粧品の使い方 レチノール配合化粧品は、エイジングケアの一環として、これらのエイジングサインの予防を意識して使うものです。 レチノール配合のエイジングケア化粧品を使う場合は、腕などで使って大丈夫かどうかをパッチテストしてチェックしてみましょう。 ただ、最初はピリッとしても慣れると使える場合があるので、自分のやお肌の状態と相談して使うこともポイントです。 なお、夏場などでは紫外線が強いので外出前は避けた方が無難です。 2)レチノール化粧品でケアする肌悩みは? レチノール化粧品は、その作用特性からさまざまなのスキンケア、エイジングケアに使うことが可能です。 しわ、ほうれい線、、毛穴の黒ずみ、くすみ、シミ、、にきびなどターンオーバーの遅れやお肌老化による肌悩みに使えます。 エイジングサインができるだけ目立たない時期から使うことで、予防したり、進行を遅らせることが可能です。 しかし、レチノール化粧品には、医薬品のレチノイン酸で期待できるほどの効果はないので、目立ってしまったエイジングサインを劇的に改善できる効果はないことを理解しておきましょう。 一方、レチノールは、乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌などでバリア機能の正常化を目指す場合には、刺激が強いのであまりオススメできません。 こうした症状の場合は、バリア機能をサポートするなどのの高い成分を配合した化粧品を使うことをおすすめします。 もちろん、肌悩みが複数の場合もあるので、両方の成分を同時に使うこともよい方法です。 なお、レチノールと肌悩みについては、下記も参考にしてください。 * * * * 3)レチノール配合エイジングケア化粧品を選ぶポイント まずレチノールが、油溶性であることから、レチノール配合のエイジングケア化粧品は、クリームか美容液から選ぶことが基本です。 種類が多いのは、レチノールクリームです。 レチノール配合化粧品を選ぶポイントしては、以下の3点です。 とくにレチナールやピュアレチノールは効果も期待できる分、刺激も強いので最初は、これらの高濃度配合の化粧品を避けた方がよいでしょう。 そのため、レチノール以外の成分にどんなものがあるかを確認しましょう。 美容液なら、セラミドなどの保湿成分が一緒に配合しているものがおすすめです。 保湿クリームなら、セラミドに加え、やなどの保湿成分が一緒に配合しているものがおすすめです。 レチノールではなく、レチノイン酸トコフェリル配合のエイジングケア化粧品を選ぶこともよい選択肢の1つです。 なお、配合のエイジングケア化粧品の中では、とに、レチノイン酸トコフェリルを配合しています。 このように、レチノール配合のエイジングケア化粧品を選ぶ際には、3つの点を意識してみましょう。 7.ナールスのおすすめのレチノール化粧品 には、今、挙げたとおり2つのレチノイン酸トコフェリル配合のものがあります。 ナールスゲンや若さのコラーゲンと呼ばれるを増やす、さらに、といった2種の、、、などの抗酸化成分を配合したです。 また、をサポートする6種の、、9種のを配合。 無香料・無着色、、、のです。 レチノイン酸トコフェリル配合のとして、やにアプローチし、にあふれる素肌へと高めます。 ナールスゲンと3種のヒト型セラミド、シアバター、スクワラン、を配合したです。 「育む」「守る」「攻める」の3方向からエイジングケアをアプローチする高機能美容クリームがナールス ユニバです。 バリア機能を高め、とハリやへと導きます。 8.おすすめのレチノールクリーム&美容液 ここでは、おすすめのレチノール配合のクリームと美容液を9種ご紹介します。 エイジングケアに効果があるレチノールを上手に使って、のあるお肌を手に入れましょう。 カプセル化したレチノールが少しずつ溶け出し、じっくりとお肌の奥まで浸透します。 レチノールの他にも、ウルソール酸ベンジル、酵母エキス-1、ボタンエキスの3種類の厳選した成分が含まれており、レチノールの効果をバックアップします。 植物性由来の保湿成分によって肌荒れもケア可能。 年齢が出やすい目元や口元に総合的にアプローチし、ふっくらとハリのあるお肌を育みます。 無香料、無着色で酸化しやすい油分不使用、合成界面活性剤も不使用で、お肌に優しい処方です。 一度に使うのは米粒程度なので、コストパフォーマンスがよいという特徴もあります。 なめからでキメの整ったお肌へと導くピュアレチノールと、低刺激でレチノールを徐々にお肌の奥に放出するプログレッシブ リリース レチノールの2種類を独自に配合しています。 ハリとツヤのあるお肌を育みます。 また、お肌本来のはたらきをサポートする整肌成分アデノシン配合。 お肌をなめらかに整えるLHAも含まれています。 若々しくなめらかなお肌へと導く作用がある美容液です。 他にもお肌のバリア機能をサポートするフランス天然の湧水ターマルウォーターも配合しています。 なのでテクスチャーはしっとりとしており、塗りやすく肌なじみがよいのが特徴です。 顔だけではなく、年齢が出やすいやもできます。 複数の美容成分を、独自の高濃度配合をしているという特徴があります。 もちろんレチノールも配合。 油分でお肌を覆うだけの保湿クリームと異なり、塗り重ねることで、たっぷりと美容成分を補い、お肌にみずみずしいうるおいを与える補充型のクリームです。 ハリ、ツヤ、透明感など、さまざまな肌悩みに総合的にアプローチします。 気になる部分に重ね付けをすると、より効果を実感しやすくなります。 みずみずしいクリームタイプでお肌に塗りやすく、低刺激で日々のお手入れに適しています。 朝、メイクを落としたあと、就寝前の3回使うことをおすすめします。 他にも、ビタミンC誘導体、、、アスタキサンチンなどをカプセルの内側に配合しています。 また、カプセルの外側は抗糖化成分であるツボクサエキス、ウメ果実エキスを配合。 やにアプローチします。 さらに、アルコールをはじめ、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベンの5つが無添加。 お肌の負担になる不要な成分を配合せず、必要な美容成分を厳選して届けます。 天然のベルガモットの香りを楽しむことができ、緊張感を解きほぐしリラックスしながらお手入れができます。 「しわを改善する」新効能の認可を受け、医薬部外品として純粋レチノール配合の化粧品を販売することができるのは、資生堂だけです。 純正レチノールは、表皮角化細胞においてお肌の弾力を保つヒアルロン酸の産生を促し、角質の水分量を増加させ、お肌を柔らかくしてシワを改善します。 純粋レチノールは、熱、光、酸素に弱く、化粧品へ配合することが難しい成分です。 しかし資生堂は、純粋レチノールの分解を防いで安定配合し製造する技術を生み出すことに成功。 純粋レチノールをしっかりお肌に届けるために、酸素を通さない特殊なチューブも開発しています。 皮膚の専門医と共同開発した商品で、3種類のヒアルロン酸が配合されています。 角質層までしっかり浸透する低分子ヒアルロン酸、皮膚の表面に吸い付いて潤いを保つスーパーヒアルロン酸、そして1gで6リットルもの水分を抱え込む高分子ヒアルロン酸が絶妙な組み合わせで配合され、保湿効果を高めることで潤いとハリのある目元を維持します。 また、ナノ化セラミドを配合。 セラミドはお肌内部の水分が蒸発してしまうことを防ぎ、小じわが発生しやすいを防ぎます。 他にも、シミ対策ができる、であるなどを配合。 若々しい目元を育みます。 ピュアレチノール、レチノイン酸トコフェリル、パルミチン酸レチノールを独自の浸透テクノロジーQuSomeの極小カプセルで包んで肌の奥まで届け、気になる部分をピンポイントでケア。 柔らかくハリのある美肌へと導きます。 もちろん、レチノール以外にもスクワランやなど、ハリや潤いを保つ成分が豊富です。 コクのあるテクスチャーで肌へのなじみもよく、じっくりと肌にはたらきかけることで内側から弾力のあるお肌を育みます。 また、先端が細いチューブタイプなので、適量を出しやすくなっています。 また、レチノールだけではなく、レチノールの効果を最大限引き出すオリーブバージンオイルやプラセンタエキスなどの美容成分を配合していることが特徴です。 優れた保湿効果があり、若々しくなめらかなお肌を育みます。 無香料、無着色、パラベンフリーと低刺激であり、お肌に優しくアプローチ。 密閉チューブを採用しており、デリケートなレチノールの品質を保ちます。 テクスチャーはなめらかで伸びがよく、まろやかな使い心地で日々のお手入れに適しています。 アメリカだけでも累計1,000万個の販売実績があります。 日本国内でも根強い人気があり、30年以上の歴史があります。 配合されているのは、アクティブレベルが最も高いパルミチン酸レチノール。 レチノールの効果を強く実感できる化粧品に仕上がっています。 トーンが明るく弾力のあるお肌へと導きます。 テクスチャーはなめらかで、ベタつきも少なく肌触りがよいので、ベタつきが苦手な方も心地よくお手入れできます。 1日2回、と夜のスキンケアに使いましょう。 使い続けるごとに効果を実感できます。 9.レチノールの効果と副作用のまとめ レチノールとは一体どんな成分か、また、その効果や副作用をはじめレチノール配合化粧品の使い方から選び方までさまざまな観点から解説してきました。 また、おすすめのレチノールクリームや美容液をご紹介しました。 いかがだったでしょうか? レチノールは、エイジングケアにとって魅力的な効果が期待できる反面、刺激性などのリスクを持っています。 また、エイジングケア化粧品成分として使われる場合は、医薬品であるレチノイン酸ほどの効果が期待できるわけではありません。 レチノールの理解には、化学的な知識も必要なので少し難しい点があるかもしれませんが、化粧品に過度な期待をするのではなく、あくまで的なエイジングケアを考える成分として、デメリットや副作用のリスクを知ったうえで、正しく使いましょう。

次の