ハンバーグ 人気レシピ。 ハンバーグが驚愕の旨さ!!~クックパッドの人気No.1レシピ

冷凍ハンバーグの人気おすすめランキング10選【アレンジレシピも公開!】

ハンバーグ 人気レシピ

完成! ナイフを入れた瞬間、まるで小籠包を割ったときのように肉汁があふれ出る。 「こんなハンバーグが世の中にあったのか」と蒙を啓かれる人も多いかと思う。 それが「ミート矢澤」(五反田)の、唯一無二のハンバーグだ。 その秘密は店内でひくサーロイン、フィレ、もも肉、うで肉、スネ肉、ネックなどの国産黒毛和牛にある。 けれど、最高級の牛肉さえあれば、必ずしも肉汁が流れ出るハンバーグになるわけではない、とミート矢澤の総料理長、福島亮さんは力説する。 冷やした牛肉をミンチにし、素早く手でこねる(冷やす理由は後述)。 それにより肉汁を閉じめることができるのだそうだ。 そもそもハンバーグは家庭の味だ。 であれば、ミート矢澤の足元にも及ばないかもしれないが、家庭でもそこそこ旨いハンバーグが作れるのではないか。 そう思い、福島シェフに美味しいハンバーグのレシピを教えてもらうことにした。 福島シェフ 福島シェフこそが身近な家庭料理を、上質な西洋料理に昇華させた張本人。 もちろん、最上級の国産黒毛和牛を用意すれば、美味しいハンバーグになる可能性が高い。 けれど、今回はスーパーなどで手に入る牛肉で、思わず笑みがこぼれるジューシーなハンバーグを作るコツを、福島シェフに伝授してもらうことにした。 「国産牛でも、輸入物ものでも一工夫すれば、肉汁があふれ出る、美味しいハンバーグを作ることができます」と、福島シェフは請け負ってくれた。 その際、ポイントがふたつある、と福島シェフはいう。 「肉売り場で牛脂を1個もらってきてください。 それともうひとつ、氷を1個用意します」 牛脂と牛ひき肉以外は、どこの家の台所にもある食材で、レストラン顔負けのハンバーグが自宅でも作れると福島シェフは豪語する。 まずは福島シェフのレシピをご覧あれ。

次の

ハンバーグの付け合わせ 簡単人気レシピ28選!子供も食べれる野菜メニュー

ハンバーグ 人気レシピ

1.クックパッドの人気おすすめレシピ クックパッドで「ハンバーグ」を検索し、おすすめレシピをピックアップしました。 1位 7,936件 2位 6,913件 3位 887件 4位 479件 5位 1,752件 2.ハンバーグをつくろう! 検索してみて驚いたのはベーシックなハンバーグよりも、豆腐やら鶏ミンチなどの変化形が多いってことですね。 ここでは2位のレシピでハンバーグらしいハンバーグを作ります。 材料を入れて、 混ぜるだけ・・・え、これだけか・・・。 味噌を入れるのがポイントですね。 レシピではマヨネーズも入れますが、嫌いなので入れてません。。。 で薄く伸ばして、中央へこまして焼くだけ。 合い挽きミンチ200gでつくりましたが、かなりの量です!! なお、ハンバーグソースはこちらの人気No. 1レシピを採用しました。 すっごく柔らかくて味もしっかりしていて、もう言うことなし。

次の

家庭的な基本のハンバーグのレシピ/作り方:白ごはん.com

ハンバーグ 人気レシピ

ハンバーグの玉ねぎの炒め方 基本となるハンバーグの材料は 『合びき肉、玉ねぎ、パン粉、牛乳、おろしにんにく』で、ここに塩や胡椒といった基礎調味料を加えて作ります。 まず、 玉ねぎは事前に炒めて粗熱を取っておく必要があるので、一番はじめに取り掛かります。 玉ねぎ1個分をみじん切りにします。 フライパンにサラダ油大さじ1を入れて強めの中火で熱し、みじん切りの玉ねぎを加えて時おり混ぜながら炒めます。 色が軽くついてきたら、弱めの中火に火加減を落とし、 合計8〜9分ほどじっくり炒めて甘みを引き出します。 このくらいのキツネ色になれば火を止めて、タネに合わせるためにそのまま粗熱を取っておきます。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 ボウルを左手で押さえ、右手でしっかり材料を練り混ぜ、ハンバーグのタネを作ります。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10~20回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 残りのタネも同じように成形します。 ただ、押さえすぎると中央のボリュームがなくなって平べったくなるので、軽く押さえる程度でOKです。 まず、片面に焼き色をつけます。 火加減は弱火を少し強くしたくらいにして2〜3分ほど焼きます。 2〜3分焼いてこんがりと片面に焼き色がつけば裏返します。 すべてを裏返したら 弱火にして、蓋をして7〜9分ほどじっくり蒸し焼きにします。 状態を見ながら適宜時間の調整をしてください。 蒸し焼きが終わったら一度いちばん厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺します。 竹串を抜いた部分から透明な肉汁が出てくれば火が通っている証拠です。 焼けたハンバーグは先にお皿に取り出します。 まず、調味料を合わせる前にフライパンに残った脂の分量を確認します。 焦げが固まっていれば箸で取り除いたりキッチンペーパーで軽くふき取ったりして、脂が多いようなら(ヘルシーに仕上げたいなら)スプーンで適宜先に減らしておくとよいです(脂が多い分には特に問題はないので、気にしないのであればそのままでOKです)。 ソースに使う脂の分量が決まれば、フライパンにBの調味料をすべて合わせます。 あとはフライパンを火にかけ、混ぜながら軽く煮詰めてソースを作り、先に盛り付けたハンバーグにかけて完成です。 好みでトマトやきゅうりなどの生野菜、ブロッコリーやアスパラなどのゆで野菜など好みのものを盛り合わせてください。

次の