国民 年金 基金 連合 会 ideco。 プロ1人が選んだ「おすすめiDeCo(個人型確定拠出年金)ランキング」5選。プロが教える「iDeCo(個人型確定拠出年金)の選び方」

各種届出等

国民 年金 基金 連合 会 ideco

長いお付き合いになる「iDeCo(個人型確定拠出年金)」。 3つのポイントをおさえて納得して「iDeCo」を選びましょう! 「iDeCo 個人型確定拠出年金 」は、個別の金融商品ではなく、国(国民年金基金連合会)が運営する年金制度です。 ご自身で、「iDeCo」の取り扱いをしている金融機関(運営管理機関・受付金融機関)を選択して、申し込みの手続を行う必要があります。 同じ制度であっても、金融機関によって、商品のラインアップや手数料等に違いがあります。 基本的には、選んだ金融機関とは、長期間のお付き合い(最低でも60歳まで)になりますので、納得して選びたいものです。 選び方のポイントは、「口座管理手数料」「商品の品揃え」「利便性・サービス」の3点です。 それぞれのポイントについて、詳しくお伝えします。 「iDeCo」は、金融機関から提示された商品のなかから、ご自身で掛金を「どの商品を」「どんな割合で」運用していくかを決める必要がありますので、選択できる 「商品の品揃え」は重要です。 提示される商品は、大きく元本確保型(定期預金、保険)と元本変動型(投資信託)に分類されます。 元本確保型は「定期預金と保険の両方」または「定期預金のみ」「保険のみ」を取り扱いしている金融機関に分かれます。 現時点(2020年5月)においては、日本ではマイナス金利政策がとられているため、円建ての貯蓄性保険の利回りについては、全く魅力がありません。 保険は、中途換金した場合、元本割れをすることもありますので、元本の確保を目的とする商品については、「定期預金」を選択するしかないと考えます。 「定期預金」については、各金融機関で、ほとんど差がないため、投資信託の「品揃え」の違いをしっかり確認してください。 これらに加えて、「日本リート(REIT)」「外国リート(REIT)」「コモディティ(金など)」などの資産クラスが揃えられていたら、商品の選択の幅が拡がります。 また、様々な資産クラスを組み合わせた「バランス型」(パック商品)についても、どのような商品があるかチェックしてみてください。 2. 各資産クラスのインデックスファンドの信託報酬の水準をチェック 通常、各資産クラスに1本以上、その資産クラスの市場平均を表す指数に連動するインデックスファンドが揃えられています。 同じ指数に連動する投資信託は、ほぼ同じ動きとなりますので、投資信託のなかから差引されるコストである「信託報酬」の水準は、低い方がいいことになります。 できるだけ低く抑えられているインデックスファンドが揃えられているかチェックしてみてください。 3.特徴があって、運用実績のあるアクティブファンドが揃っていますか? インデックスファンドとは異なり、様々な種類があり、運用成績の違いも大きいのが、アクティブファンドです。 どのようなアクティブファンドを揃えるかは、 金融機関の「目利き」が問われるところです。 特に、日本株式や外国株式(先進国)の資産クラスについては、特徴があって、運用実績がある投資信託が揃えられているか確認したいものです。 4.自社グループの投資信託会社の商品に偏っていませんか? 運営管理機関は、加入者等の利益のみを考慮し、中立的な立場で運営管理業務を行う必要があります(厚生労働省のWebサイトから)。 したがって、商品の品揃えにおいても、幅広い観点から、最適な品揃えをする努力が求められます。 しかしながら、商品ラインアップのなかで、自社グループの投資信託会社の商品が目立つようであれば、本当に加入者等の立場にたった運営がされているのか?疑わしいことも考えられます。 選び方のポイント3.利便性・サービス 「iDeCo」では、口座の開設、商品の選択・変更などの手続は、ほとんど「Webサイト」や「コールセンター」を通じて行います。 商品内容や「Webサイト」の操作方法などについて、電話での問い合わせを行う場合に備え、 「コールセンター」の受付時間等についても、確認してみてください。 また、「Webサイト」や「コールセンター」だけでは不安という方やじっくり基本的なことから教えてほしいという方は、 窓口等で対応してくれる金融機関に相談してみてください。 土曜・日曜等の休日も対応してくれる窓口のある金融機関であれば、安心です。 ただし、一部の金融機関のなかには、「iDeCo」について、消極的な金融機関もあります。 担当者が知識不足であったり、「iDeCo」の相談に行ったのに、保険などの他の商品を提案される、というような事例を聞くことがあります。 この点は、十分に注意して欲しいと思います。 まとめ 様々な税制のメリットがある「iDeCo」は、老後資金などの60歳以降に使うお金を増やすためには、最も有利な方法です。 「1位」におすすめする理由 SBI証券はネット証券最大手。 個人型確定拠出年金については、10年を超える運営実績があり、加入者数はNo. 1です(SBI証券調べ)。 運営管理機関手数料は無料です。 「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の2つのプランから選ぶことができます。 「セレクトプラン」は、従来の「オリジナルプラン」に加えて新たに設定したプランです(2018年)。 商品ラインアップは、他にはない豊富さと充実度があり、幅広い選択肢があります(投資信託の商品数は36本、2020年4月末現在)。 インデックスファンドについては、すべての資産クラスで業界最低水準の低コスト(信託報酬が低い)ファンドを取り揃えています。 アクティブファンドは、多様で、個性的なファンドがラインアップされています。 「オリジナルプラン」は、2018年に、投資信託26本、定期預金1本、保険2本の商品を「除外予定商品」に指定して、実質的に新規の購入を制限して、将来的には取り扱いを終了する予定となっています。 実質的に購入できる商品は、投資信託37本、定期預金1本となっています。 (2020年4月現在) 日本株式のアクティブファンドが、5本と充実しています。 また、バランスファンドは「固定配分型」「8資産均等型」「ターゲットイヤー型」「リスクコントロール型」の異なるタイプで11本取り揃えています。 FP 寺田尚平 「2位」におすすめする理由 ネット証券のパイオニア的な存在。 「iDeCo」には、他社より遅れて、2017年9月から参入しました。 運営管理機関手数料は無料です。 投資信託の商品ラインアップは、25本と他のネット証券に比べて少ないですが、厳選されたラインアップです(2020年4月現在)。 インデックスファンドは、SBI証券「セレクトプラン」と同様に、すべての資産クラスで業界最低水準の低コスト(信託報酬が低い)ファンドを取り揃えています。 日本株式の代表的な3指標(東証株価指数、日経平均株価、JPX日経400)に連動する3本のインデックスファンドが揃っています。 アクティブファンドは、厳選された、無駄のないラインアップになっています。 日本株式のアクティブファンドは、成長株(グロース)、割安株(バリュー)、中小型株と運用スタイルごとにバランスよく品揃えされています。 FP 寺田尚平 「3位」におすすめする理由 総合スーパーイオンが運営する銀行。 「iDeCo」の運営管理機関は、みずほ銀行ですが、イオン銀行は受付事務を行う受付金融機関という立場です。 全国各地のイオンモールなどの中にある店舗で、365日相談や申込手続ができるのが強みです。 コールセンターは、平日は21時まで、土曜・日曜・祝日・振替休日も対応可能です(年末年始、ゴールデンウィークの一部の日を除く)。 また、イオン銀行に口座がなくても申込可能です。 運営管理機関手数料は無料です。 投資信託の商品ラインアップは、銀行らしく、初心者を意識した品揃えとなっています。 商品選びや組み合わせに迷うことが多い初心者のために、バランスファンドを8本用意しているところが特徴的です。 バランスファンドは、「固定配分型」「8資産均等型」「ターゲットイヤー型」「アロケーション型」と多彩な品揃えとなっています。 FP 寺田尚平.

次の

自営業です。国民年金基金とiDeCoの違いを教えて下さい。

国民 年金 基金 連合 会 ideco

2017年 02月 04日 FP相談ねっと 自営業です。 国民年金基金とiDeCoの違いを教えて下さい。 ご相談者様 DATA 【年齢】 40代前半 【職業】 自営業 【性別】 男性 【家族構成】 配偶者、子供1名、 相談しようと思ったきっかけ(アンケート抜粋) 若い時からずっと自分で事業をしてきており、国民年金を払っています。 しかし、様々な報道などから老後の年金が国民年金だけなので不安に感じており、会社員のような上乗せ部分を用意したいと思っています。 先日、国民年金基金連合会から「国民年金基金」のパンフレットが届きました。 最近新聞などでよく見かけるようになった「iDeCo」との違いを教えてもらいたいと思い、セミナーに参加してみました。 セミナーでiDeCoのことは分かったのですが、会社員向けの話が多く、もっと国民年金基金について知りたかったので、個別相談を申し込みました。 ご相談内容 ご相談者は、私が主催するiDeCoセミナーに参加されました。 セミナーはどうしても会社員さん向けの内容が多い構成になっており、セミナー後の質問で国民年金基金との違いを聞かれました。 この時に老後の資産形成は、制度の中身が分かっているだけでは足りず、現状を把握した上でしっかりとした計画を立てることが大切とお話をさせていただいたことからご相談にお見えになりました。 ご相談でお話しした内容 国民年金基金と iDeCo の違い 会社員 第2号被保険者 の場合には、1階部分である国民年金 基礎年金 の上に、2階部分として厚生年金があります。 さらにその上に、3階部分として企業年金がある場合もあります。 これに対して、Nさんのような自営業者 第1号被保険者 の場合は、1階部分である国民年金のみです。 20歳から60歳になるまで満額掛けても80万円弱 平成28年度は780,100円 です。 Nさんがお察しのように、「国民年金基金」も「iDeCo」も、第1号被保険者がゆとりある老後を過ごすために国民年金に上乗せするのには、適した制度です。 よりNさんにぴったりの「自分年金」を作るために、「国民年金基金」と「iDeCo」の違いを比べていきましょう。 国民年金基金とは 国民年金基金制度は、まさに 第2号被保険者と比べて将来受け取る年金額に生じる大きな差を解消するために、生まれました。 平成3年4月のことです。 国民年金基金には、都道府県ごとに1つずつある「地域型国民年金基金」と、職種ごとに全国規模で設立されている「職能型国民年金基金」があります。 以下、国民年金基金の特徴を述べます。 よって、将来受け取りたい年金額をもとに掛金額を決めます。 国民年金基金の加入は、年金給付の型を「口数」で選択して組み合わせ、自分で将来の年金額を決めます。 以下のような留意点があります。 1.掛金の上限は1ヵ月68,000 円まで 個人型確定拠出年金(iDeCo)の拠出額と合算 2.終身年金の支給額が確定年金の支給額を上回ること 年金給付の型を組み合わせる場合、終身年金であるA・B型の年金支給額の合計が、確定年金であるI~V型の年金支給額を上回る組み合わせとなるとようにすること Nさんの場合、40歳前半なのでA・B型の年金支給額は1口15,000円、I~V型の年金支給額は1口5,000円です。 たとえばA型に1口入った場合には、I~V型からは合わせて3口までしか入れないということですね。 3.掛金の変更はできるが、制約あり ・加入後、掛金を口数単位での掛金の増減額が可能 ・1口目を減額して掛金を0 ゼロ)にすることは不可 1口目は必ず、終身年金であるA型かB型を選びます。 この1口目を0 ゼロ)にすることはできません。 2口目からは終身年期、確定年金にかかわらず減額して0(ゼロ)にすることができます。 国民年金基金から支給される老齢給付も、公的年金と同様、公的年金等控除を差し引いた金額が雑所得として課税されます。 iDeCo とは iDeCoとは、個人型確定拠出年金の愛称です。 確定拠出年金とは、国の年金だけでは不足する老後資金を、強力な税制優遇を受けながら自分で作りあげていく制度です。 国の年金制度は「賦課方式」といって、現役世代の負担する保険料が、そのまま高齢者の生活保障として「年金」の形で支払われる仕組みです。 昨今の少子超高齢化社会では、現役世代が負担する保険料は上がり、年金受給年齢は引き上げられています。 この公的年金制度の先細りを見越して、わが国では2001年に確定拠出年金制度ができました。 確定拠出年金制度には、個人型と企業型とがあります。 「企業型確定拠出年金」には第2号被保険者が加入し、「iDeCo」には第1、第2、第3号すべての被保険者が加入します。 「国民年金基金制度」が第1号被保険者だけのための制度であるのに対し、「iDeCo」はすべての被保険者のための制度であるというのは、大きな違いですね。 国民年金基金制度と対比させながら、 説明していきます。 よって、確定しているのは拠出する掛金額で、給付額は運用する商品によって変わります。 iDeCoの場合は、先ず運営管理機関を選び、その運営管理機関が示す商品の中から運用商品を特定し、配分を決めます。 第3号被保険者:23,000円 2.掛金の下限は5,000円 1,000円刻みで指定する。 3.運用商品はいつでも配分変更可 単なる「配分変更」と積み立てた運用商品の全部または一部を売却し、他の商品に預け替える「スイッチング」がある。 年金として受け取る場合には、公的年金等控除が受けられます。 さらに、一時金として受け取る場合には、退職所得控除が受けられます。 これは退職時のみに限られません。 60歳以上70歳までの任意の受け取り時に適用されます。 ただ 1.海外に移住した場合や 3.60 歳になった場合には、iDeCoの場合には国民年金に任意加入しても加入資格は発生しません。 ただしiDeCoのほうがさらに要件は厳しく、 1.海外に移住した場合 2.国民年金の保険料免除や納付猶予の適用を受けている場合 でも、途中の引き出し 脱退一時金の受け取り はほとんどできません。 iDeCo のメリット では、iDeCoのメリットには何があるでしょうか? ・ 一時金として受け取れば、 退職所得控除が受けられる。 ・加入者個人が運用方法を決めることができる。 ・加入者の自立意識が高まる。 ・経済・投資への関心が高まる。 ・運用が好調であれば年金額が増える。 国民年金基金は予定利率が下がり続けている ・一定の要件を満たせば、離転職に際して年金資産の持ち運びが可能。 ・第3号被保険者も加入することができる。 iDeCo のデメリット 反対に、iDeCoのデメリットとは? ・投資リスクを加入者が負うことになる。 ・老後に受け取る年金額が事前に確定しない。 ・運用するために一定の知識が必要。 ・運用が不調であれば年金額が減る。 ・60歳までしか拠出ができない。 国民年金基金の場合は国民年金の任意加入で65歳まで可 ・海外に移住した場合には加入できない。 (国民年金基金の場合は国民年金の任意加入で加入可) ・掛金の変更は1年度内に1回のみ。 ・受け取り時や転職時のスイッチングの準備次第で資産が減額し、損失を被ることがある。 ご相談者 N 様は、国民年金基金は加入時の年齢によって年金支給額に差がつく 35歳まで の加入のほうが多い ことが気になられているようでした。 また、国民年金基金のシミュレーションよりは、ご自身で資産運用をすることに魅力をお感じになるとのことで、 iDeCo を選ばれました。 法人成りをした場合の確定拠出年金について詳しくお知りになりたいとのことで、次回のご予約をいただきました。

次の

各種届出等

国民 年金 基金 連合 会 ideco

ほとんどの20歳以上60歳未満の人は、企業型、iDeCoいずれかの確定拠出年金制度に加入することができるといえます。 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者は、60歳までのそれぞれの国民年金の加入者の種類(第1~3号被保険者といいます)で区別されています。 その場合、企業型確定拠出年金制度には加入しています。 国民年金基金連合会は、金融機関やネット証券など「運営管理機関」に運営管理業務を委託をします。 「個人型年金に加入する」とは、国民年金基金連合会が委託している運営管理機関の中から、自ら選び、その運営管理機関の提供する運用商品に投資することをいいます。 いつまで加入できる? 現時点では、60歳に達するまでとされています。 が、つい最近法律の改正がありました。 厚生年金に加入している60歳から65歳の方は、国民年金の種別が、「国民年金の第2号被保険者」ですから、そもそも被保険者です。 令和4年(2022年)5月からは、「国民年金の第2号被保険者」として(60歳で終わりではなく)iDeCoに加入し続けることができるようになりました。 60歳以降も引き続き厚生年金に加入していれば(国民年金の第2号被保険者であれば)、会社に企業型年金がなくiDeCoに加入していた方でも、企業型年金がある会社の従業員でiDeCoにも加入している場合でも、引き続きiDeCoに加入することができるようになります。 (上記拠出限度額まとめ参照) 令和4年(2022年)5月以降に60歳になる方にとって、65歳からの公的年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)のもらい方にも影響するといえます。 その他に、以下の場合に該当するまでとなっています。 死亡したとき• 国民年金の被保険者の資格を喪失したとき(海外に転出した場合は、任意加入しても、iDeCoに加入できません)• 農業者年金の被保険者となったとき(農業者専用の上乗せ年金とiDeCoの制度主旨が重なるため) もし、掛金の支払いができなくなった場合は、個人型年金運用指図者となることにより、その間は運用だけを行うことになります。 個人型年金の掛金で税金が安くなる? iDeCoの掛金は、全額が所得控除:小規模企業共済等掛金控除の対象となります。 iDeCoのメリットとして、「税金がお得になる」ことも気になりますが、税のルールは自分の意志でコントロールできないものです。 iDeCoの最大の目的は、複利などの投資効果を利用して、「老後の資産を増やす」ことにありますので、税のメリットはおまけみたいな感覚でもよいのかなと考えます。 (参考)中小企業には、iDeCo加入者の従業員に掛金を拠出できる制度がある 厚生年金適用事業所の中小事業主(厚生年金被保険者数100人以下)で、企業型年金や確定給付型、厚生年金基金制度を実施していない場合、事業主掛金を拠出できる制度があります。 従業員が個人的に加入しているiDeCoの掛金の一部を会社(事業主)が拠出することにより、従業員の老後の資産構築に寄与します。 自社で年金制度を構築することは難しいけれど、従業員の福利厚生を充実させたいと考える事業主様にはもってこいの制度といえます。 事業主が拠出した掛金は全額損金として扱うことができるなど、税制上のメリットも、企業型年金制度と同等です。

次の