あつし スープ。 【スッキリ】美腸スープの作り方・レシピ動画。Atsushiさん直伝!ごぼうスープ&トマト豆乳スープ(8月5日)

痩せるスープで話題! Atsushiの魔法のスープ&サラダレシピやダイエットのコツ まとめ

あつし スープ

もやし 1袋• 生しいたけ 6~8枚• 大豆水煮 120g• 玉ねぎ 1個• 生姜 1個• 味噌 大さじ3• 水 700ml 【作り方】 生しいたけ、玉ねぎは薄くスライスします。 生姜は千切りにします。 (皮を剥いても剥かなくてもお好みで) もやし、大豆水には水で洗って、すべての材料をお鍋に入れ、弱火でコトコト20分位煮込み完成です。 生姜が効いてて身体がポカポカ温まります。 私は初めて食べた時に思わず「ほっとする・・・」とつぶやいてしまいました(笑) 坦々風スープ スープの味に飽きてしまったらいろいろ アレンジができますよ。 私が試したレシピをもう一つご紹介しておきますね。 もやし 1袋• 生しいたけ 6~8枚• 大豆水煮 120g• 玉ねぎ 1個• 生姜 1個• 味噌 大さじ1• 水 700ml• 練り胡麻 大さじ1• 豆板醤 小さじ1• 砂糖 小さじ1 作り方は基本と同じです。 (参考:) 美腸スープダイエット成功のポイント この美腸スープですが、毎食お味噌汁代わりに食べるだけでも便秘解消などでダイエットにはなるんですが、 私がより早く効果を上げられた2つのポイントがあるんです! POINT1 夕食は美腸スープのみにする お腹いっぱいになるまで食べても大丈夫ですが、夕食が遅い時間になってしまうときなどは腹八分目で抑えましょう。 ゆっくり食べると効果的ですよ! POINT2 水分は多めにとる ダイエット期間だけではないのですが、水分は多めにとっておきましょう。 水は老廃物を流してくれたり、血の流れを良くしたりと重要な役割を果たします。 こまめに一日2リットル程度を心掛けてくださいね。 腸マッサージはいつでもどこでも 私は頑固な便秘症で、美腸スープで便秘改善したものの、すこーしですが物足りなさを感じていたところ、エステに務める友人に腸マッサージを教わりさらに効果があがりました。 腸マッサージはぜひこの動画を参考にしてみてください。 私はこの美腸スープと腸マッサージのおかげで 「お腹がペタンコになった!!」と大喜びしました(笑) デトックス効果も上がりお肌もつるつるになりましたよ! まとめ 1.美腸スープは嬉しい効果ばかり! 便秘、むくみ、冷えのダイエットの敵を追い出し、美肌を手に入れましょう。 2.効果を上げるポイント2つ。 より早く効果を出そう! お腹いっぱい食べて満足しながらダイエット効果を上げましょう。 3.頑固な便秘症は腸マッサージとダブルで! いつでもどこでもデトックス効果を。 これが私が成功した、美腸スープダイエットレシピです! もうダイエット中の「お腹すいたな・・・・」と口さみしくなることも、気になるポッコリお腹や頑固な便秘ともさようならできますよ!!.

次の

『魔法の即ヤセ低糖質スープ』で2か月で6kg減!ダイエット成功の秘密をレシピ考案者Atsushiが解説 (1/1)

あつし スープ

お豆腐は、なぜ固まる? 今回は、お豆腐が固まる作用「 凝固」のお話です。 化学や専門用語が苦手な方も、この仕組みを知っておくとさまざまな料理に活用できるので、ぜひ読み進めてくださいね。 豆乳を固めるために加える「凝固剤」の代表といえば、「 にがり」。 海水から塩(塩化ナトリウム)を取り出した後に残る副産物で、主成分は「塩化マグネシウム」。 漢字で「苦汁」と表すとおり、非常に苦い液体です。 加熱した豆乳ににがりを加えると、豆乳の「タンパク質」とにがりの「マグネシウムイオン」が化学反応を起こし、タンパク質同士がつなぎ合わさることでお豆腐が固まります。 この作用を「 塩(えん)凝固」と呼びます。 お豆腐を固めるのは「にがり」だけじゃない 日本のお豆腐の歴史をさかのぼると、「にがり」以外で固めたお豆腐が存在することはご存知でしょうか? その一例が「 すまし粉」と呼ばれる「硫酸カルシウム」を使ったお豆腐です。 昭和初期の日本では、軍需の影響で豆腐用の「にがり」の使用が制約され、代用として「すまし粉」と呼ばれる石膏の粉でお豆腐を固める製法が広く普及しました。 同じ「塩凝固」を起こす2つの凝固材ですが、 大豆の甘みを強く感じる「にがり」のお豆腐に対し、 保水力のある「すまし粉」のお豆腐は、みずみずしくツルっと仕上がるのが特徴です。 「にがり」が主流となった現代でも、「すまし粉」でお豆腐を作り続ける職人さんもいますし、「出汁」の食文化を持つ京都では、「すまし粉」の豆腐は湯豆腐との相性が良いとされ、長く支持され続けています。 また、日本でも人気の台湾・香港の豆腐スイーツ「 豆花(トウファ)」も、「にがり」ではなく保水力のある「すまし粉」で豆乳を固めることで、飲み込めるほどなめらかに仕上げるのが特徴です。 お豆腐を「酢」で固める半熟豆腐のスープ! さらに、お豆腐を「酸」で固める「 酸凝固」という製法もあります。 台湾で朝食として古くから愛されてきた半熟豆腐のスープ「 鹹豆漿(シェントウジャン)」も、この「酸凝固」を利用した料理です。 「豆漿」は豆乳、「鹹」は塩を指し、 豆乳に醤油や干しエビやザーサイなどで塩味を加えたスープを意味します。 「鹹豆漿」に必ず必要なのは、「 酢」。 あたためた豆乳に「酢」を入れると凝固反応が起こり、スープの中に ふるふるっとした半熟状態のお豆腐が浮かび上がるのです。 そこに、 パクチーや ラー油などのトッピングをのせ、うま味たっぷりのスープに 揚げパンを浸して食べるのが現地スタイルです。 台湾の有名店では早朝から大行列に並ぶ必要があるのですが、今回は皆さんのキッチンでも再現できるうれしいレシピをクックパッドからご紹介します。 酢を入れたら、全体をヘラでサッと混ぜて少し待機。 混ぜ過ぎると固まりかけたお豆腐がボロボロしやすいので注意してくださいね。 材料も工程もシンプルなので、忙しい朝にもオススメしたい朝食メニューです。 日本語教師を目指して勉強する過程で、食文化も一緒に伝えたいと「豆腐マイスター」を取得。 国内にとどまらず海外でも、手作り豆腐ワークショップや食育イベントを実施して経験を積む。 2018年より「往来(おうらい)」をテーマに本格的に活動を開始。 豆腐関連のイベント企画・メディア出演などを通して、各地で豆腐文化の啓蒙活動を行っている。 「マツコの知らない世界」(TBS系)、「ヒルナンデス」(日本テレビ系)、「ごごナマ」(NHK)等へ出演。 【 Facebook】 【Instagram】.

次の

【速報】#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープに注目!

あつし スープ

Atsushiさんが2017年12月に出版し、ヒットした『 モデルがこっそり飲んでいる3日で2kgやせる魔法のスープ』に続く、第2弾『 モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)。 同書は、モデルたちが実際にこぞってお取り寄せし、自宅で作っている痩せるスープレシピを1冊にまとめたもの。 高たんぱく質で低糖質、野菜たっぷりのスープを飲んで、モデルは無理なく健康的に撮影前に体形を絞っているんだとか。 また、Atsushiさん自身もこのスープで、外食をしたり、毎日お酒も飲みながらも、2か月でラクして6kg痩せたそう。 著者のAtsushiさん なぜ、このスープはストレスなくダイエット成功できるのか…? その秘密をご紹介! 『魔法の即ヤセ低糖質スープ』はここがすごい! 【1】とにかく簡単!10分で作れる時短料理 スーパーで手に入れることができる食材を使用。 下ごしらえに時間がかかるものは使わず、缶詰や冷凍食材などをかしこく取り入れる。 また、下ごしらえと煮込みを同時に行い、時短に。 【2】低糖質で血糖値の上昇を緩やかに 白米やパン、麺類などと比べると、糖質が格段に低い野菜や豆腐を使用。 体にうれしい成分が豊富な野菜がたっぷりとれる。 【3】たんぱく質が豊富なので、筋肉量を減らさず痩せやすい体に 低糖質スープに欠かせないのが、肉類、魚介類、豆類のたんぱく質。 たんぱく質は、肌、髪、爪、筋肉、臓器にいたるまで、人間の体に必要不可欠な栄養素。 基礎代謝アップに欠かせない筋肉を作ってくれるので、筋肉量を減らさず痩せやすい体に導いてくれる。 【4】にんにく&しょうがで風味と代謝が上がる 低糖質スープは、にんにくとしょうがを必ず使用。 スープだけでも体が温まり、代謝アップにつながるが、にんにくとしょうがを加えることで血行がよくなり、さらなる代謝アップが期待でき、痩せやすい体に。 【5】旨み成分を掛け合わせ、旨みが各段にアップ 短時間なのに、しっかりコクと旨みがあるスープになる秘訣は、旨み成分を掛け合わせること。 肉類や魚類、卵に含まれるイノシン酸、こんぶや玉ねぎ、トマト、アスパラガス、チーズなどに含まれるグルタミン酸、干ししいたけや加熱したえのきだけなどに含まれるグアニル酸、貝類に含まれるコハク酸。 これらを2つ以上重ねることで相乗効果が発揮され、料理の旨み、深み、コクなどが飛躍的にアップし、おいしくなるのだとか。 Atsushiさん流スープダイエット成功のコツ! 減量後のAtsushiさん そして、ダイエットのルールとして、以下の2つことを守っているそう。 【1】野菜とフルーツ、たんぱく質をたっぷりと摂る 野菜とフルーツに含まれる酵素、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取するように意識。 そうすると、細胞から元気になり、老廃物を溜め込まない巡りのいい体になっていくそう。 さらに昼と夜は必ずたんぱく質を摂取して、筋肉量を落とさず、代謝のいい体に。 【2】水分をたっぷり摂る 朝からお昼過ぎまではレモンウォーター(1~1. 5L)、その他の時間には、ブラックコーヒー、コーン茶、緑茶、ハーブティーなどをこまめに飲むように意識する。 市販の甘いジュース類は避ける。 『 モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』では、毎日続けられるように、洋風スープ、和風スープ、ポタージュ、アジアンエスニックスープ、美腸スープと5つのジャンルに分け、多彩な味わいの44品のスープを紹介。 しっかりと食べられて、いろいろなメニューを楽しめるから、食事制限でダイエットを失敗してきた人には強い味方になるかも。 パプリカは、カリウムが豊富でむくみスッキリ。 《材料》(3杯分) 薄切り牛肉(赤身)…200g 玉ねぎ…小1個 パプリカ…1個 なす…小2本 にんにく…2片 ドライトマト…40g 固形コンソメスープの素…2個 酒…大さじ2 粒マスタード…大さじ2 塩…少々 オリーブオイル…大さじ1 水…600ml 《基本ルール》 ・小さじ1=5ml(cc)、大さじ1=15ml(cc) ・材料の野菜の皮はよく洗い、基本的に皮ごと使う。 必要であれば下処理してから調理を。 《作り方》 【1】300mlの水でドライトマトを戻す。 【2】鍋にオリーブオイルを中火で熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める。 にんにくの香りがたったら、みじん切りにした玉ねぎ、牛肉の順に炒める。 【3】全体に火が通ったら、ドライトマトを戻し汁ごと、残りの水を加える。 ひと煮立ちしたら、細切りにしたパプリカ、なすを加え、あくを取りながら3分ほど煮る。 【4】固形コンソメスープの素、酒、塩、粒マスタードを加えて味を調える。 著者:Atsushiさん 「ディーゼル」「D&G」「ヴェルサーチ」のPRを経て、フリーランスとして独立。 ファッションの歴史やトレンド、美容、食についても豊富な知識を持つ。 現在はファッション&ライフスタイルプロデューサーとして数多くのプロデュースアイテムを発表、ナチュラルスキンケアブランド「abotanical」を立ち上げ、テレビ、雑誌、イベント、ラジオなど幅広く活躍中。 2012年、ジュニア野菜ソムリエ、タイにてタイ古式マッサージ資格取得。 2016年漢方養生指導士初級取得、野菜ソムリエ中級の試験に合格し、野菜ソムリエプロに。 写真/『 モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)より 【データ】 『 モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』 販売価格:1382円(税込).

次の