お名前を頂戴出来ますか。 「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

K

お名前を頂戴出来ますか

ご入金確認後から発送まで約1週間頂戴しております。 レッスンバッグ、上履き袋、体操着袋、お弁当袋、コップ袋の5点セットです。 *各画像アップで表示されています。 各画像クリックして頂けると全画角でご覧になれます。 * 色の組み合わせはA〜Fの6種類からお選び頂けます。 (三色を色見本の順番に刺していきます。 ) ひらがなのみの受け付けとなります。 ご了承ください。 こちらのアイテムに関してはタグ仕上げのみの受け付けとなります。 *刺繍の位置は基本的にコップ袋以外は右下の位置になります。 コップ袋は真ん中下辺りになります。 刺繍位置にご希望がある場合はその旨お伝えください。 *一文字のサイズ 縦約1. 5cm 横約1. 5cm (見本の『あいうえお』の5文字で、縦約1. 5cm 横約7cmとなります。 文字数によって横の長さが変わります。 (手縫いご希望の方は備考欄にご記入ください)貼り付け位置はご指定がない場合、商品の右下辺りとなります。 *タグ自体のサイズ 《横書き仕上げ》 5文字で縦約2. 文字数によって横の長さが変わります。 *白い綿の生地に刺繍します。 ハンドメイド品ですの若干のサイズ誤差はご了承ください。 ハンドメイドである事をご理解、ご了承頂ける方のみご購入ください。 ***手刺繍オプション付きですと、ご注文から発送まで10日前後の日数を頂戴致します。 ハンドメイドである事をご理解、ご了承頂ける方のみご購入ください。 色の組み合わせはA〜Fの中からお選びください。 各三色を色見本の順番で繰り返し刺していきます。 ひらがなのみの受け付けとなります。

次の

電話対応で、相手が名前しか名乗らなかった場合は、所属や社名を何と言

お名前を頂戴出来ますか

営業時間 月~日、祝日、祝前日: 11:00~18:00 (料理L. 18:00 ドリンクL. 18:00) 現在ご予約は受け付けておりません、直接来店ください。 定休日 お電話は営業時間内にお願い致します。 席の空き状況などはお応え出来かねます、ご了承ください。 平均予算 700円~1000円 ネット予約のポイント利用 利用方法は 利用不可 クレジットカード 利用不可 電子マネー 利用不可 QRコード決済 利用不可 料金備考 カードのご利用は出来ません。 ご了承ください。 お席 総席数 18席 みなさまのご来店、心よりお待ちしております! 最大宴会収容人数 18人 ご家族、ご友人とぜひお立ち寄り下さい! 個室 なし :申し訳ございません、こちらはご用意ございません。 座敷 なし :申し訳ございません、こちらはご用意ございません。 掘りごたつ なし :申し訳ございません、こちらはご用意ございません。 カウンター なし :申し訳ございません、こちらはご用意ございません。 ソファー なし :申し訳ございません、こちらはご用意ございません。 テラス席 なし :申し訳ございません、こちらはご用意ございません。 貸切 貸切不可 :10名より承ります 貸切のご利用は11:00~13:00に限ります。 ご了承下さいませ。

次の

LUCUA

お名前を頂戴出来ますか

イベント等で出席者の名前を確認しなければならないとき、あるいは初対面の相手と対峙したときなど。 相手から名前を聞かなければならないシーンはたくさんあります。 そして相手の名前を知り、名前で呼びかけることは大事なこと。 過去に会って聞いていたり、名刺をもらっていたりしているはずなのに名前が出てこない場合を除き、「ちょっと、あなた。 」のような呼びかけは相手に不快な思いを抱かせることになりかねないからです。 さて、その「名前」。 相手に失礼の無いように聞くにはどのように言ったらいいのでしょう。 そこで、ちょっと記憶をたどってみてください。 あなたは、「お名前を頂戴できますか?」と言われた経験はないでしょうか。 この「お名前を頂戴できますか」というフレーズですが、どう使えばいいのか、詳しく見てみましょう。 「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語といえます。 そのあとに続く「頂戴する」は、「もらう」の謙譲語なので、形だけをみると敬語ということになります。 しかし「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」という疑問が。 つまり「お名前を頂戴できますか」は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、間違った言葉遣いになるというわけです。 相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか。 丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。 まず、「お名前」はそのままで大丈夫。 「頂戴できますか」は、「お聞きできますか」「お伺いできますか」「お教え願えますか」「お聞きしてよろしいですか」などに言い換えましょう。 例文としては、以下のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。 <例文> 「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」 「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」 「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」 「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」 「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」.

次の