デリケート ゾーン 保湿。 デリケートゾーンの保湿にベビーオイルを使って大丈夫?黒ずみに効果あるって本当?

アルガンオイルは【デリケートゾーン】の黒ずみ・痒みに効果があるってホント!?

デリケート ゾーン 保湿

角質層が薄く、乾燥しやすいデリケートゾーン 顔の皮膚よりも薄く入り組んだ形になっているデリケートゾーンは、摩擦によって黒ずみなどが起こりやすい部分です。 角質層が薄いということは、それだけ水分を保持する力が弱いということ。 角質層の一つひとつがふっくらと潤っていれば外部からの刺激を受けにくいのですが、乾燥すると角質層が乱れて刺激物質が通りやすくなり、肌は敏感に反応してしまいます。 最近はクリニックなどでもアンダーヘアの脱毛をする女性が増えてきていますが、脱毛後は保湿ケアが重要なため、保湿クリームを処方されます。 自宅で脱毛や除毛をする際にも、お手入れ後は肌が敏感になっているため、特に保湿が重要です。 ワセリンや専用保湿剤でケア では、デリケートゾーンの保湿はどのように行えばいいのでしょうか。 保湿をする前に、まずきちんとデリケートゾーンを洗って清潔な状態にします。 洗う際はボディ用の石けんではなく、ぬるま湯のみ、もしくは弱酸性のデリケートゾーン専用ソープを使います。 非常に敏感な部分なので、弱アルカリ性などのボディ用の石けんでは刺激が強すぎる心配があるほか、本来必要な常在菌(デリケートゾーンを健康に保つために必要な良い菌)まで洗いすぎてしまう可能性があります。 指の腹を使ってやさしく洗い、石けん成分が残らないように、よくすすぎましょう。 最近は日本でも少しずつ専用コスメが販売されるようになってきました。 フィトセラピー(植物療法)やアロマテラピーを取り入れたアイテムが多く、肌へのやさしさや香りを追求したものが多く見られます。 デリケートゾーン専用化粧水を染み込ませたコットン、保湿とデリケートゾーンの黒ずみケアを目的としたクリーム、デリケートゾーン専用の洗い流すタイプのパックなど、様々なタイプがあるので自分の目的や使いやすさを考えて選ぶようにしましょう。 特に保湿を心がけたいのは、加齢によって乾燥しやすくなっている方や乾燥しやすい方です。 例えば顔が乾燥しやすい方は、他の部分も同様に乾きがちです。 また、強い紫外線を浴びた後や脱毛後の肌は非常にデリケートになっているので、きちんと保湿して、潤いで肌を守ってあげましょう。 皮膚科では、脱毛後のケアにワセリンを使って肌を保護することがあります。 ワセリンは赤ちゃんから大人まで使え、身体の様々な部位の乾燥対策に使えるので、ひとつ持っていると便利です。

次の

デリケートゾーン保湿におすすめのお手入れと7つの優秀アイテム

デリケート ゾーン 保湿

デリケートゾーンの「乾燥」「かゆみ」「黒ずみ」にワセリンを使って保湿することで乾燥や乾燥による痒みを防ぎ、刺激による黒ずみを予防することが可能になります。 手軽にドラッグストアで購入できる「白色ワセリン」なら香料などの余計な成分も入っていないのでデリケートゾーンにも安心して使うことができます。 さらに、伸びが悪いのでベトつきが少し気になってしまうのもネックポイントです。 そこで、私が一番おすすめしたいのが、通販から購入可能な「 ドクターボーテム ワセリンクリーム」です。 デリケートゾーンにもおすすめ!ドクターボーテムワセリンクリーム 乾燥を保湿することだけに特化したワセリンクリームなので余計な成分が入っていません。 防腐剤や合成界面活性剤を不使用なので子供にも使うことができますし、肌環境と近い弱酸性に作られているため肌に優しい作りになっています。 さらに!!顔にも体にも使える万能クリームワセリンなのでデリケートゾーンはもちろん、乾燥が気になる冬に化粧下地として使ったりハンドクリームとして使ったり、ボディークリームとして使ったりと 多種多様な使い方ができるので女性ならこの冬絶対に1本持ち歩いていたいアイテムです! 男性から見ると女性の肌のカサつきは老けて見られたり不清潔だと感じられることが多いので、【 】でデリケートゾーンも体もしっかりうるいおいのある保湿をすることをおすすめします。 まず、デリケートゾーンを清潔にした状態で、ワセリンを人差し指に少量とります。 そのワセリンをVラインやIラインに点々とつけて人差し指で薄く優しく伸ばすようにワセリンを塗るだけでしっかりとデリケートゾーンを保湿することが可能になります。 注意して欲しい点は1つ。 ワセリンを粘膜部分に塗るのは避けるようにしましょう。 尿が出てくる部分や、膣内などにはワセリンを塗らず皮膚の部分だけに塗るようにしましょう。 粘膜部分の乾燥やかゆみがきになる場合には、婦人科や産婦人科で一度診察を受けて薬を処方してもらった方がいいですよ!市販薬のかゆみ止め「フェミニーナ軟膏」とかも粘膜部分には使えない市販薬なので 粘膜部分のトラブルは病院で診察してもらいましょう。 デリケートゾーンの黒ずみはワセリンでは治せない デリケートゾーンをワセリンで保湿すれば黒ずみが治るかな?と考える方も多いのですが、残念ながらワセリンで保湿しても既に黒くなっている黒ずみは解消できません。 しかし、デリケートゾーンの保湿や下着などの摩擦から肌を守る保護の役割は果たしてくれるので、ワセリンを使って今以上に黒ずみを濃く悪化させることを予防することは可能です! デリケートゾーンの乾燥と黒ずみが気になって悩んでるなら、ワセリンを使うよりもデリケートゾーン黒ずみ美白クリームを使った方がてっとり早く、綺麗な色のデリケートゾーンに改善することができるぞ!! 黒ずみをケアしながら保湿するなら美白クリーム デリケートゾーンの乾燥が気になる方や、乾燥によるかゆみが気になる方、そして黒ずみも気になっているという方は、デリケートゾーン専用の美白クリームを使うことをおすすめします。 デリケートゾーン専用の美白クリームは成分がやさしく作られている上に、優れた保湿力があります。 そして、黒ずみや色素沈着を解消するために「 トラネキサム酸」といった有効美白成分を配合しているため、デリケートゾーンを保湿しながら美白ケアしていくことも可能なクリームです。

次の

デリケートゾーンの新習慣! おすすめケアアイテムをピックアップ

デリケート ゾーン 保湿

ホルモンバランスの乱れや変化• ムダ毛処理による肌のダメージ• 肌に合わないナプキンの着用• 洗いすぎ 特に30代以降のデリケートゾーンの乾燥は、ホルモンバランスの変化が大きな原因。 ここからは乾燥によって起こるデリケートゾーンのトラブルを解説するので、しっかりチェックしてください。 デリケートゾーンは皮膚が薄いので、ひどい場合はヒリヒリと痛みを感じるケースも…。 しかも患部をかくことで肌に負担がかかり、 デリケートゾーンの乾燥が悪化する負のスパイラルに陥ってしまいます。 通気性の悪い下着や、締め付けの強い服装にも注意が必要。 蒸れてかゆみがひどくなるので、乾燥が気になる時は 通気性のいい格好を意識することも大切です。 そもそも黒ずみの原因である「メラニン色素」は、本来肌を守る役割があります。 乾燥で肌のバリア機能が低下すると、 肌を守るためにメラニン色素が過剰分泌されてしまいます。 過剰分泌されたメラニン色素が摩擦などの外部ダメージを受けると、色素沈着を起こして黒ずみになる…というワケです。 肌は潤いを失うとバリア機能が低下し、摩擦などにも弱くなります。 実は粘膜より外側のデリケートゾーンは、乾燥しやすいので注意が必要です。 出典: もちろん黒ずみを解消したいからといって、ゴシゴシこすると刺激になりかねません。 脚の付け根やVIOゾーンの黒ずみを改善したいなら、 保湿を心がけてくださいね。 これは乾燥で膣内・外の潤いがなくなると、ニオイの原因菌が繁殖しやすくなるから。 臭いが強くなるとゴシゴシ洗いがちですが、洗いすぎは乾燥と自浄作用低下の原因になるので控えてください。 消臭効果のある デリケートゾーン用の石けん・ソープでやさしく洗うのを心がけましょう。 ベビーオイルやニベアなど、石油由来の成分はNG デリケートゾーンに使うなら、 石油由来の化学成分が入っている保湿剤は避けましょう。 デリケートゾーンは皮膚が薄く、成分を吸収しやすい場所。 刺激の強い石油系成分を吸収しすぎてかゆみ・肌荒れを引き起こしかねません。 保湿剤でよく使われる ベビーオイルやニベアは、石油由来のミネラルオイル配合なので要注意。 一部クリニックではデリケートゾーンへの使用を控えるよう注意喚起されています。 参考: できれば専用の保湿剤を揃えておくと安全ですよ。 【保湿のやり方】デリケートゾーンの乾燥改善の3ステップ 以下の流れを参考に、デリケートゾーンの保湿ケアをしてみてください。 弱酸性の専用ソープで洗う• お湯に浸かって外陰部をやさしくマッサージ• 保湿剤をコットンに染み込ませて塗布 まずはVIOゾーンをしっかり洗いましょう。 弱酸性のソープをつかい、 泡でなでるように洗うのがポイント。 雑菌によるニオイや炎症を引き起こすのを避けられますよ。 また余裕があればお湯に浸かって、マッサージもしてみてください。 血流が良くなり、 肌代謝の改善も期待できます。 入浴後は コットンに保湿ローションやオイルを染み込ませて、じわーと浸透させてうるおい補給。 上述したように、デリケートゾーンが乾燥するとバリア機能が低下。 外部刺激を受けやすくなり、 「接触皮膚炎」という炎症を起こしかねません。 特にIゾーンや膣内のかゆみが続くようであれば、 感染症に罹っている場合もあります。

次の