肌が白くなる薬通販。 肌が白くなる・白い斑点がいくつも出る「尋常性白斑」とは? 症状や治療法を紹介!

美白薬通販|シミ取り・原因・種類|効果・副作用|お薬なび

肌が白くなる薬通販

美白目的の化粧品はいろいろありますが、「塗る」以外にも皮膚科や美容クリニックでくすみやシミ肌の治療として処方されるシナールというビタミンCの「飲む」お薬があります。 近頃、若い年代の方にも愛飲されている方が多いようですね。 え、本当に飲むだけで消えちゃうの? と疑問に思うかもしれませんが、肌荒れやニキビ、色素沈着などのトラブルは 自分の皮膚を守ろうとする仕組みがうまく働かないことによって起こります。 そう考えると、お肌の機能を正常に整える根本的な解決策として内側からのケアが大切になってくるのは言うまでもありません。 また、シミや肝斑の治療にはシナールと一緒にトラネキサム酸を同時に処方される事が多く、両者の相乗効果を知って個人でも併用される方がいます。 飲むだけで肌質が改善できたら素晴らしい! でも場合によっては、飲んではいけない人もいます。 そこで、正しい知識を得る為に、肌を白くするお薬、シナール配合錠とトラネキサム酸錠の効果や飲み方、副作用などが一目でわかるようにまとめてみました。 是非最後まで読んでみてください。 シナールとはどんなお薬 美白ができる内服薬として有名なのは、シオノギ製薬の「シナール」です。 シナールは、ドラッグストアでも購入できますが、病院でも、ビタミンCの補給や、シミ・そばかすの治療、貧血の鉄剤の吸収をうながすためなどに処方されます。 ビタミンCが主成分の複合ビタミン剤ですが、処方薬と市販薬では、配合成分に少しだけ違いがあります。 また、処方される場合は、トラネキサム酸が一緒に処方されるのが一般的です。 シナールの効果について シナールは、飲み続けると肌が白くなっていきます。 口コミでも評判は上々です。 処方・市販薬どのシナールも次の3つ効果があげられます。 しみ,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着の緩和• 歯ぐきからの出血、鼻出血の予防• 肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期のビタミンCの補給 参照元: 市販のシナールEXは抗酸化作用が高いので、疲労回復などの効能に重点が置かれており、シナールホワイトは、シミや肝斑、くすみなどに効果が期待できます。 全般的な効能は共通していますが、目的に合わせて使い分けが必要ですね。 シミ予防として長年飲み続けていると、肌が白く、シミやくすみも出にくく、年齢も若く見えるとか。 美白だけでなく、肌の調子が良くなり、ニキビなどの肌荒れも起きにくくなります。 ただ、短期間で劇的な効果が出るわけではありません。 一般的には、約3ヶ月飲み続けて、目に見えて効果が分かるようになります。 シミがなんとなく薄くなったり、全体に肌が白くなったりしてくれば、さらに続けてしっかり効果を出しましょう。 肝斑の治療では、薄い肝斑だと約半年で効果が出て、服用を終了できるという声もあります。 そうは言っても、人によっては効果が出ないこともあります。 もし1か月服用してもまったく効果が出ない場合は、服用をやめるか医師に再度相談しましょう。 処方薬シナール配合錠の主な成分 処方薬は、粉末タイプと錠剤タイプがありますが、どちらにもアスコルビン酸とパントテン酸カルシウムが配合されています。 参照元: 服用方法は、1回1~3錠または、1~3gが目安で1日1~3回服用します。 1錠にアスコルビン酸200mg、パントテン酸カルシウム3mgが配合されています。 成分について詳しくみてみましょう。 ビタミンC アスコルビン酸は、ビタミンCの化学名です。 ビタミンCは、美容に欠かせない栄養素ですが、とくに、皮膚、骨、血管などの繊維成分であるコラーゲンの生成に必要な栄養素です。 シミの原因となるメラニン生成を抑制する効果、体の抵抗力を高める効果もあります。 ところで、シミの元となるメラニンは、もともとチロシンというアミノ酸です。 チロシンは、チロシナーゼという酵素によって酸化を繰り返し、変化していくことで黒色のメラニンが生成されます。 ビタミンCは、還元作用があるので、チロシンが酸化するのを抑制します。 また、できてしまったメラニンを還元することもできるので、無色の状態に戻すこともできます。 ビタミンCを摂ることで、メラニンの生成を抑制するだけでなく、できてしまったシミを薄くすることも期待できるのですね! ビタミンB5 パントテン酸カルシウムの有効成分はパントテン酸で、栄養素としてはビタミンB5です。 糖分、脂質、たんぱく質の代謝をサポートし、皮膚をきれいに保ちます。 ビタミンCと一緒に摂ると、ビタミンCのはたらきを助けます。 アトピーの治療にも使われますが、それは、パントテン酸がステロイドの成分にもなっている副腎皮質ホルモンの自然な分泌をうながす機能があるからです。 以上のように、処方薬のシナールは、ビタミンCとビタミンB5が配合され、肌の調子を整え、シミの予防と改善の効果が期待できるものと言えます。 では、市販薬のシナールには、どのような成分が配合され、どのような効果が期待できるのでしょうか。 市販薬シナール錠の成分と特徴 市販薬は、第3類の一般用医薬品として薬局で販売されています。 効果が期待できて、気軽に購入できるので、病院に行く前に試してみたいという人には便利ですね。 処方薬と市販薬のシナール配合錠の大きな違いは、風邪薬のようにさまざまな種類が販売されている事です。 普通のシナールがタイプ別に3種類、ビタミンEを配合したシナールEXが2種類、美白効果のシナールLホワイトがあります。 この中で、いちばん知られているのは普通のシナールだと思いますが、シナールLホワイトは、シミ対策に重点を置いた配合成分になっています。 そこで、ここでは、シナールLホワイトを中心にご紹介しましょう。 配合成分は、アスコルビン酸、L-システイン、パントテン酸カルシウムです。 市販薬のシナールの中でも、処方薬と同じ成分(アスコルビン酸とパントテン酸カルシウム)が入っていて、さらにL-システインが配合されているのがポイントです。 大人の1日分6錠で、ビタミンCが1,000mg、L-システインが240mg、パントテン酸カルシウムが24mg配合されています。 処方薬になくてこのシナールLホワイトには配合されているL-システインは、美白効果がある成分として知られているものです。 L-システインとは? L-システインは、アミノ酸の一種で、代謝をサポートするはたらきがあります。 そのため、疲れを回復させ、二日酔いを改善する効果もあります。 ビタミンCと一緒に摂ると、美白効果が発揮されます。 まず、過剰なメラニンの発生を抑制します。 さらに、すでにできてしまったメラニンを無色化することもできます。 肌の代謝を正常にするはたらきがあるので、ターンオーバーの周期を整え、肌トラブル全般を改善し、肌に沈着してしまったメラニンを外に排出してくれます。 コラーゲンの生成もうながすので、肌がやわらかくハリが出る効果もあります。 還元力の高いビタミンCと一緒に配合されることで、その効果がさらに高まるので、美白効果がいっそう期待できます。 以上のように、美白に役立つ成分がぎゅっと詰まったシナールLホワイトは、値段もお手頃なので、常備しておいて、日焼けしてしまったという時に気軽に飲むのも良いでしょう。 もちろん、日頃から飲んでいると、自然に肌が白くきれいになっていきますよ。 その他のシナール、種類と特徴 シミ対策としては、シナールLホワイトがおすすめなのですが、ほかのシナールの成分も比べてみましょう。 普通のシナールは、ビタミンCとそのはたらきをサポートするビタミンB2がおもな成分になります。 シナールEXは、ビタミンEが配合され、体を元気にする効果が高められています。 キミエホワイト メーカーは違いますが、 シナールLホワイト錠と同様の成分が配合されている第3種医薬品で、富山常備薬グループが販売している 「キミエホワイト」というものがあります。 ネット注文 180錠入りで、1900円とコスパ的には一番条件がよく、長く続けたい顔、腕、背中など全般的なシミ対策に30代以降の女性から強い指示を受けています。 シナールの飲み方と副作用 7歳以上であれば服用できます。 シナールEXチュアブル錠のみ、3歳以上は1回1錠1日3回服用することができます。 Lホワイトは、成人(15歳以上)の場合、1回2錠を1日3回です。 細粒とカプセルは、1回1~2包(カプセル)を1日2回、錠剤は1回2~4錠を1日3回、顆粒は1~2包を1日2回が用量・用法となっています。 処方薬の場合は、医師の指示に従いますが、市販薬の場合は、1ヶ月程度を目処にしてあまり効果がないようでしたら医師や薬剤師に相談しましょう。 シナールは安全な薬で副作用はほとんどありませんが、ビタミンCの特徴として、摂り過ぎるとおなかがゆるくなることがあります。 また、体に合わない場合、消化器系の副作用が出る事があります。 胃の不快感、悪心、嘔吐、下痢など。 ビタミンCは水溶性で、摂取後数時間で排出されてしまいます。 そのため、1日に数回飲む必要がありますが、反対に、体に長く影響を与えることもありません。 ですから、安心して長く飲み続けられますね! トラネキサム酸の特徴と効果 病院で、シナールとよく一緒に処方される薬にトランサミンがあります。 トランサミンの成分は、トラネキサム酸。 このトラネキサム酸にも、シミや肝斑を改善する大きな効果があります。 では、トラネキサム酸の特徴と効果をみてみましょう。 トラネキサム酸は、アミノ酸の一種です。 効果としては、メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症、抗アレルギー、止血効果があります。 病院では、止血剤、抗プラスミン剤として処方されます。 安全性が高い薬なので、幅広く使われています。 トラネキサム酸の特徴は、抗プラスミンの作用です。 肌が紫外線等の刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されます。 その際に、トラネキサム酸は、シミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害するので、メラニン生成が抑制されるのです。 肝斑の仕組みは、メラノサイトが活性化すると生じると考えられていますが、メラノサイトの活性化を促進させる物質として、プラスミンという物質があります。 プラスミンは、たんぱく質を分解する酵素で、血液を溶かすはたらきがあり、アレルギーや炎症の原因ともなります。 トラネキサム酸は、プラスミンの血液を溶かすはたらきを抑制する効果があり、これが止血作用にもなるのです。 同時に、プラスミンのアレルギーや炎症を起こす作用も抑えるので、アレルギー症状や腫れなどの症状にも効果があり、口内炎や湿疹、じんましんなどの治療に使われています。 このように、そもそもトラネキサム酸は、湿疹やじんましん、出血を止めるための薬として使われていたものでした。 ところが、1979年に、肝斑が改善されたという研究結果が報告されたのです。 そのため、肝斑、老人性色素斑、炎症後色素沈着などのシミ全般の治療に使われるほか、化粧品にも応用され、美白効果のある化粧水にも配合されています。 トラネキサム酸の副作用、服用する際の注意点 トラネキサム酸は、安全性が高い薬で、副作用はほとんどないとされています。 まれに、食欲不振や吐き気が出ることがあるとはされていますが、あまり心配しないで良いでしょう。 ただし、トラネキサム酸は、止血作用があるので、別の止血薬であるトロンビンとは一緒に服用できません。 両方を摂ることで、血栓が生じやすくなるからです。 トロンビンは、胃薬として処方されることもあります。 内科でトロンビン、皮膚科でトラネキサム酸を同時に処方されることのないように注意しましょう。 また、血液が溶けるのを防ぐ効果があるものですから、血栓ができやすい病気の人は気をつけましょう。 心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎などの症状がある人、または術後などで日中も寝た状態の人、圧迫止血の処置中の人、腎不全の人も要注意です。 トラネキサム酸の飲み方 トラネキサム酸は、トランサミンとして処方されています。 カプセル、錠剤、散剤、細粒、シロップなど各種のタイプがあり、1日に3回から4回に分けて服用します。 シロップは、0歳児から服用できるんですよ。 いかに安全な薬か分かりますね。 まとめ|肌を白くする方法のポイント 今回は、肌を白くする方法として、シミや肝斑対策に人気のシナールを取り上げました。 ビタミンCの還元力で、予防だけでなく、できてしまったシミも薄くできるというのは嬉しいですね。 根気よく服用すれば、いつの間にか肌が白くなり、シミも気にならなくなっていきます。 さらに、病院で一緒に処方されるトラネキサム酸、市販薬のシナールLホワイトに配合されているL-システインなども、美白効果を相乗効果で高めてくれます。 普通のシナールだけでも効果が実感できる人もいると思いますし、効果が弱いと思ったら、シナールLホワイトを試したり、皮膚科を受診して処方してもらったりするのも良いでしょう。 まずは、手軽に始められる市販薬のシナールから始めてみてはいかがでしょうか。 関連記事:塗ってなおしたい方のケア \ SNSでシェアしよう! / ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの 注目記事を受け取ろう•

次の

肌が白くなる・白い斑点がいくつも出る「尋常性白斑」とは? 症状や治療法を紹介!

肌が白くなる薬通販

日本では皮膚の色素細胞を漂白する脱色クリームは、肌への刺激と副作用が強く日本では販売されていません。 ただ、海外では強力な脱色クリームや皮膚科での肌のホワイトニングは一般的で多くの芸能人をはじめ、多くの女性が肌を白くしています・・! 日本で販売されている美白クリームは厚生労働省により定められたにより厳しい基準が設けられているため肌が真っ白になる美白クリームは販売されていません。 国内の美白化粧品をつかって肌を白くしたい場合には、以下のケアが一般的です。 <化粧品による美白ケア>• 日焼け止めによるメラニンの生成を抑える• 肌のターンオーバーを促してメラニンを排出する• 美白化粧水でしみやくすみを薄くする 逆にアフリカなど政府による規制がゆるい国では 肌の色を抜く協力は漂白クリームが販売されています。 また、アメリカの皮膚科では1回の施術料金1,000ドル(10万円)程の費用で肌の漂白手術や、脱色リームが簡単にできます。 リアーナやビヨンセなど黒人の有名セレブは肌を漂白して色白になっています。 肌のホワイトニング手術や脱色クリームは、とても強い美白効果がある反面、深刻な副作用のリスクがあります。 日本でも海外のセレブがホワイトニングで使用している成分が配合された美白化粧品が販売されています。 <日本で買える肌を白くするクリーム>• ハイドロキノン• アルブチン• コウジ酸 このページでは肌を漂白した外人セレブのビフォーアフター写真をはじめ、副作用のない美白クリームや成分を紹介します! 目次• 肌を漂白した黒人セレブ 黒人セレブや芸能人は、社会的地位を得ると肌をホワイトニングする人たちがいます。 これは白い肌への憧れと、アメリカの人種差別への根深さも関係しています。 しかし、生まれ持った黒い肌を白くすることは、同じ人種の人たちやファンからの非難や深いショックを与えるため、漂白クリームを使用したことを認める人はあまりいません。 ここでは、肌の漂白を行った黒人セレブを紹介します。 リアーナ 肌を漂白していると有名なシンガーソングライター兼モデルのリアーナ。 ハイドロキノンとレチノールなどの漂白クリームでメラニンの生成を抑えて肌を白くしています。 その他にも美白効果のあるグルタオチンサプリを服用して身体の内側からホワイトニングする方法で肌を白くしたと言われています。 ビヨンセ アメリカを代表するシンガーソングライターのビヨンセは、肌のブリーチを公にしている数少ない黒人セレブです。 ビヨンセは、整形外科医から止められるほど肌の漂白や整形の中毒に陥っています。 ヒルソンは肌のホワイトニングは認めず、メイクアップとライティングによるものと話しています。 しかし、肌の色の変化からメラニンの生成を抑制するクリームを使用していると言われています。 サミー・ソーサー 19年間メジャーリーグでプレイしたサミーソーサー。 引退後に、就寝前に肌を柔らかくする目的で美白クリームを使用しているとインタビューで語っています。 肌は白くなっていますが、血色が悪くなっている印象も受けます。 マイケル・ジャクソン キングオブポップの名で語り継がれるマイケルジャクソン。 生前、肌が白くなる白斑と呼ばれる皮膚病により白くなったと本人は発言していました。 しかし、マイケルが亡くなった自宅には全身麻酔薬と、数十本のハイドロキノン8%の美白クリームが発見されています。 リル・キム キンバリー・デニス・ジョーンズこと、ラッパーのリル・キムも肌を漂白したと噂されています。 理由は、メイクで肌を白くしているには不自然なほど色白になっているからです。 ニッキー・ミナー ラップ歌手のニッキー・ミナーは、肌のホワイトニングに積極的に取り組んでいると有名で肌を脱色しています。 芸能ジャーナリストはレーザー治療や皮膚注射で肌を真っ白にしたと推測しています。 また、同じくラップ歌手のレミー・マーはニッキー・ミナーが整形や肌を漂白しているとディス(嘲笑)する楽曲をリリースしています。 海外の肌を漂白する整形手術 海外のセレブが行っている肌を白くする整形手術を紹介します。 レーザー治療 メラニンが蓄積した皮膚をレーザーにより焼いて除去する手術です。 痛みがあり、冷却クリームを肌に塗って施術をします。 術後数日はかさぶたのようなものができて、はがれると肌が白くなります。 ダーマブレージョン 先端が回転するやすりのような器具で皮膚の表面を傷つける(軽い出血を伴います)絆創治療です。 皮膚の新陳代謝を促すことで肌を白くします。 脱色クリームによる剥離手術 サリチル酸やアスコルビン酸のクリームを顔に塗ってくすみや部分的に色素沈着した皮膚を剥離する手術です。 いわゆるケミカルピーリングにあたるもので、肌が落ちつくまで1週間程度かかります。 ハイドロキノンによる肌の漂白 ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれている美白成分です。 メラニンを生成するもととなるチナシローゼ酵素の働きを抑制して肌を白くします。 ハイドロキノンは日本でも美白化粧品に配合されていますが、厚生労働省より濃度の規制がかかっています。 海外の手術では高濃度のハイドロキノンを肌に塗って、肌を白くします。 ハイドロキノンは皮膚を刺激して、軽度の火傷、痛み、肌の赤み、乾燥肌を引き起こす副作用があります。 冷凍手術 死んだ皮膚細胞を冷凍して破壊することで健康的な肌の成長を促進する手術です。 肌を直接凍結させる手術で痛みがあり、術後数日は肌に赤みやほてりなどできます。 日本で受けられる美白手術 日本国内の整形外科や美容クリニックで受けられる美白手術を紹介します! 美白注射・点滴 抗酸化作用による美白効果のある高濃度ビタミンCを主成分にした注射と点滴です。 メラニンの生成を抑えて紫外線による日焼けとシミを予防します。 肌にハリと弾力を与えるコラーゲンの生成も促す美肌効果もあります。 料金:1回10000万円程度 レーザー治療 メラニンをレーザーで照射してホワイトニングする注射です。 レーザーによりメラニン色素が破壊されてつるつるの白い肌になります。 料金:1回10000万円程度 白玉注射 強力な抗酸化作用とメラニンの抑制作用のあるグルタチオンを主成分とした白玉注射。 韓流スターやビヨンセなど海外のセレブ、AKB48の指原さんなどの芸能人が初めて話題になり韓国のオルチャンに大人気の美白注射です。 料金:1回10000円程度 黒人が肌を漂白する方法 日本や韓国と同じように、アフリカの人たちも白い肌に憧れを抱いています。 WHO(世界保健機関)の報告では、美白化粧水を使っているアフリカ人女性は35%、ナイジェリアでは77%も使用している程の人気ぶりです。 日本人のような黄色人種であれば、美白化粧水やサプリなどで肌を白くすることができますが、黒人にはあまり効果がありません。 なので、セレブのようにお金のない 黒人は銀や鉛など有害物質を含んだ漂白クリームで肌をブリーチしているのです・・・! そもそも肌の色は皮膚の中に存在するメラニンの量で決まります。 メラニンとは茶褐色の物質で、人の肌や髪、目の色はメラニンの量で決まります。 色白の肌:メラニンの量が少ない• 地黒の肌:メラニンの量が多い 黒人の肌が黒いのはメラニンの量が生まれつきとても多く、美白化粧水など通常のスキンケアでは肌を白くすることができないため漂白効果の高いクリームを使ってメラニン色素の色を白くしています。 ちなみに漂白クリームの美白効果はとても高く、仕様直後には明らかに肌が白くなっていることが実感できる程です。 安い漂白クリームは肌へのダメージは絶大 漂白クリームは、強い化学成分で皮膚の組織を染めるため、肌に深刻なダメージを与えます。 肌に深刻なダメージが加わることで、 皮膚のバリア機能が低下して以下の肌トラブルを招きます。 肌荒れ• 乾燥肌• 敏感肌• 皮膚の炎症• ハリの低下• 白斑 肌がボロボロになり、場合によっては肌が部分的に白くなる白斑を引き起こす恐れもあります。 また、漂白クリームの使用後は何日か肌がヒリヒリとした痛みが伴います。 肌を白くするクリームの深刻な副作用 これまで紹介してきたブラックセレブや黒人女性が使用している漂白クリームは刺激が強く肌をはじめ身体にもダメージを与えます。 南アフリカでは、肌を白くするクリームには 発がん性物質があるとして政府が国民に対して注意喚起を促しています。 コートジボワール当局が美白製品を禁止、発がん性に懸念 西アフリカで一般的に使われている美白クリームについて、コートジボワール保健省は6日、副作用で健康に長期的な悪影響が出る懸念があるとして禁止した。 禁止の対象となる美白クリームやローションは、水銀や水銀誘導体、コルチゾン、ビタミンA、2%以上のヒドロキニンをそれぞれ含有するもの。 これらは副作用の被害を受けた人が「非常に多い」製品で、使用すると皮膚がんを発症する恐れがあるとしている。 引用:より 海外で発売されている脱色クリームは肌を白くする効果が強い反面、肌トラブルをはじめガンなどのとても強い副作用を伴います。 いっときの肌の白さだけを求めて、健康を壊していたらメイクやオシャレをして出かけることも出来なくなってしまします。 毎日の美白とスキンケアは必ず安全な商品で行うようにしましょう! 脱色クリームは副作用が肌へのダメージが強すぎるから絶対にダメ! メラニン色素の発生を抑制したり、メラニン色素を脱色する漂白クリームは肌に強い刺激を与えると共に、ホルモンに直接働きかける作用があるため様々な副作用を引き起こします。 安全に肌を白くする方法は美白クリームや、紫外線を浴びてメラニンが発生しないように日焼け止めクリームを塗ることです。 漂白クリームにつかわれている成分の効果 アフリカの黒人女性や、黒人セレブが肌を白くするために使用している漂白クリームに含まている成分を紹介します。 肌がまだらに白くなる皮膚病、白斑により白くなった肌の色に合わせるために用いられる医療用の漂白クリームです。 皮膚への刺激がかなり強く、強いかゆみや炎症、腫れや赤みなどの肌トラブルや呼吸困難など深刻な副作用も招きます。 ハイドロキノン ハイドロキノンは、加齢による老人性色素班、肝斑、そばかすを消す目的で皮膚科で処方されるシミ消し美白クリームです。 ハイドロキノンは色素沈着とメラニンを生成する細胞を死滅させる効果があり、肌を白くします。 肌への刺激が強いため、厚生労働省からクリームへの配合量は3%の濃度までと規制が設けられています。 また、アメリカの厚生労働省にあたるを示し、臨床実験を進めている最中です。 ハイドロキノンクリームはシミ消しやくすみ改善の治療薬として皮膚科での処方や、美白化粧品として販売されています。 <美白・シミ改善用のハイドロキノン化粧品> — 2018年 4月月19日午前4時38分PDT 皮膚科医が肌への刺激が強く、成分が壊れやすいハイドロキノンを安定化させた美白化粧品「アンプルール」。 子供の視覚発達の妨げや、脳腫瘍になるリスクが高く海外では危険物として扱われています。 日本ではほか、アメリカ、ケニア、フィリピンなど多くの諸外国でもスキンケアをはじめ輸出入の禁止など、厳しい規制が設けられています。 アルブチン アルブチンは植物由来の成分で、作られたハイドロキノンと似たような働きをするため美白クリームとして使用されています。 チナシローゼはメラニンを生成させるもととのなるチナシローゼと呼ばれる酵素の働きを阻害します。 チナシローゼの働きを阻害することで、肌を黒くする黒色メラニンの生成がストップするため、次第に肌が白くなっていきます。 コウジ酸 コウジ酸は麹から発見された天然由来の美白成分です。 コウジ酸もアルブチンと同じく チナシローゼの働きを阻害してメラニンの発生を抑えるアプローチから肌を白くします。 肌への刺激が少なく、敏感肌の人でも安心して使える漂白クリームです。 <おすすめのクリーム> <コウジ酸入りのクリームの使い方> コウジ酸は基礎化粧品を塗り終えた後に使うと肌の保湿とシミの予防の効果が得られます。 化粧水を塗る• 美容液を塗る• コウジ酸クリームを塗る ボディークリームとして利用する場合には、お風呂上りに掌の熱でクリームを溶かして全身に塗りましょう。 脇や股の黒ずみにも効果があります。 肌を白くするおすすめの美白化粧品ランキング ドラッグストアやデパコス、ネット通販で買える肌を白くするおすすめの美白化粧水ランキングを紹介します。 ランキングは美容部員により美白効果が高く、コスパに優れている商品を軸に順位をつけています。 <美白化粧水ランキング一覧>• 1位:ポーラ|ホワイトショットSX• 2位:コーセー|米肌• 3位:富士フィルム|アスタリフトホワイト 以下にて美白化粧品の特徴とおすすめのポイントを紹介します。 1位:ポーラ|ホワイトショットSX ベストコスメ累計35冠を達成した、ポーラの最新技術により開発された美白美容液。 人間が本来持っている肌の回復機能を最大限に生かす、これまでに無いアプローチで肌を白くします。 とろみのあるクリームが気になるシミ、そばかすに密着して集中的ケア。 おすすめのポイント 配合成分ルシノールができてしまったシミをターンオーバーにより輩出して、大きなシミもみるみるうちに小さくなります。 価格:7,020円• 容量:10g• 美白有効成分:ルシノール• メーカーサイト: 2位:コーセー|米肌 2016年のベストコスメを受賞した、 米と発酵の力でシミ、くすみ、小じわ、毛穴の開きや、顔色の悪い肌を改善して透明感と輝きのある白い肌を実現できる美白化粧水。 素肌にシミが増えてきた人や、そばかすが濃くなり年齢による老け顔が気になりはじめる30代からのスキンケアには、米肌の基礎化粧品シリーズへの乗り換えがおすすめ。 おすすめのポイント サラッとしたテクスチャーで、さっぱりとしたけ付け心地が好みの人にピッタリの美白化粧品。 角質層の奥底まで届くようにしたエモリエントカプセル構造で、みずみずしくふっくらした肌を長時間保ちます。 米肌は、米肌の基礎化粧品シリーズと合わせて使うことで、潤いと透明感のある美肌効果を強く実感できます。 価格:3,000円• 容量:120ml• 美白有効成分:ビタミンC誘導体• 保湿有効成分:ビタミンE誘導体、米発酵液、米ぬか酵素分解エキス、ハトムギ発酵液、グリセリン、乳酸Na• メーカーサイト: 3位:富士フィルム|アスタリフトホワイト 富士フィルムが、カメラのフィルム技術による研究で培ったナノ技術により肌の奥にまで美白成分を浸透。 またシミができる原因は、メラニンが細胞に根を張っているため体外に排出されないことを発見し、シミの根に直接アプローチする「ナノAMA」でメラノサイトを休眠状態にしてメラニンの発生を抑制して肌が黒くなる元を根本から解決します。 おすすめのポイント 試しにテスターを使ってみたところ、パッティングするとこれまでの美白化粧水では感じられなかった肌の奥へ成分が浸透していることを実感できました。 使い始めてすぐ、もっちりとキメの細かい肌になっている実感と、上位品なローズの香りに癒されます。 価格:3,800円• 容量:130ml• 美白有効成分:アルブチン 保湿有効成分:ナノAMA、アスタキサンチン、コラーゲン、海藻エキス• メーカーサイト:•

次の

トラネキサム酸の美白効果が気になる!化粧品やサプリにも入っている成分で、肌が白くなるって本当?

肌が白くなる薬通販

紫外線が表皮にあたると、エンドセリン、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)、プロスタグランジンなどの情報伝達物質が作られ、メラニンを生成するメラノサイトに紫外線に当たっている!という情報が伝わります。 この紫外線を浴びたことによる反応によってメラニンがどんどん作られますが、これは体に害のある紫外線から皮膚や体を守るための反応なので決してメラニンは悪者ではありません。 ですが、メラニンがたくさん作られると肌が黒くなって、ターンオーバーで排出されずに角質に定着したメラニン色素がシミ(老人性色素斑)となって残ってしまいます。 いつまでも白い肌の状態で美しく保つためには、身体にメラニンを作らせないことが大切です。 そのために一年中UV対策を欠かさないことが重要です。 肌を白くしたいなら日差しを浴びない! まず第一の肌を白くするために必要な方法は、肌に紫外線を当てない!ということです。 外出するときは肌の露出を減らし、露出して直に日光が当たってしまう場所には日焼け止めを必ず塗ることが必須です。 帽子やサングラスをおしゃれにコーディネートしたり日傘を使ったり、また紫外線を通しにくい素材の洋服を選ぶなど工夫次第で紫外線を浴びる量を減らすことができます。 まず第一のポイントは、紫外線を防いでメラノサイトに情報伝達物質を届けないようにすること! エンドセリン、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)プロスタグランジンなど情報伝達物質がメラノサイトに届きにくくする美白成分で紫外線を浴びた情報をメラノサイトに届くのを抑制する! 情報伝達物質をメラノサイトに届きにくくする美白成分• カモミラET カモミール(カミツレ)というハーブから抽出される成分でエンドセリンの働きを抑制しメラニンの生成をブロックします。 トラネキサム酸 プロスタグランジンをブロックしメラノサイトに紫外線の情報を届きにくく抑制する働きがあります。 抗肌荒れ成分としても認可されています。 m-トラネキサム酸 メラノサイトの活性化を抑え、過剰にメラニンが生成されるのを防いでくれる美白成分です。 資生堂が開発した厚生労働省に認可された医薬部外品の美白有効成分でもあります。 トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC) TXCはシャネルの独自成分でトラネキサム酸誘導体ともいわれています。 基本的な美白効果はトラネキサム酸と同様にメラノサイトに情報を伝えるエンドセリンやプロスタグランジンなどの物質をブロックする働きがあります。 通常のトラネキサム酸よりも効果の持続力と浸透力が優れていることが特徴です。 t-AMCHA(ティーアムチャ) トランス-4-アミノメチルシクロヘキサンカルボン酸の略で資生堂が開発した美白有効成分です。 情報伝達物質であるプロスタグランジンの生成を抑える働きがあります。 メラニンの元・メラニンになる物質「チロシン」が生成される 紫外線を浴びて、表皮の細胞からでた情報伝達物質がメラノサイトに届くとチロシンという物質が生成されます。 チロシン自体は色も黒くなく、まだメラニンになっていませんがメラノサイトの中にあるチロシナーゼという酵素とくっつくことで化学変化を起こし、黒色メラニンに変化していきます。 紫外線をたくさん浴びてしまうと、メラノサイトでチロシンが次々と作られてメラニンが大量に生成されます。 夏の強い日差しや日焼けサロンで紫外線を浴び続けると肌が黒くなるのは、この働きによるものです。 第二段階として、このチロシンとチロシナーゼ酵素が化学変化を起こしてメラニンを作ることを阻害できれば、シミになることを食い止めることができます。 ここで効果を発揮する美白成分がこちらです。 チロシンとチロシナーゼに働きメラニン生成を抑制する美白成分• ビタミンC・ビタミンC誘導体 チロシナーゼの働きを抑制しメラニンの生成を防ぐ効果をはじめ、黒色化したメラニン色素を還元作用により無色化する働きもある成分。 ビタミンCは安全性も高く、美白効果以外にもコラーゲンの生成を促す働きなどエイジングケアや抗炎症作用によりニキビ予防にも効果がある美肌万能成分です。 美白化粧品の多くに配合されています。 アルブチン アルブチンはメラニン生成に関わるチロシンとチロシナーゼが結合することを阻害しメラニンの生成を抑える効果があります。 多くの美白化粧品にも配合されている安全性の高い美白成分です。 エラグ酸 イチゴなどベリーに含まれるポリフェノールです。 チロシナーゼに働き、メラニンの生成を抑制します。 ルシノール 大手化粧品ブランドPOLAが開発した美白成分でチロシンと結合する前にチロシナーゼに合体し、チロシンとチロシナーゼの結合を事前に防ぎメラニンの生成を阻害します。 肌への浸透力が高いこともあり、同じような効果を発揮するアルブチンなどよりも効果的にメラニン生成を抑制することができます。 こうじ酸 名前の通り麹由来の美白成分で、チロシナーゼ酵素から銅イオンを取り去ることでチロシナーゼの働きを抑制しメラニンの生成を阻害する効果があります。 プラセンタ プラセンタエキスはエイジングケアのイメージが強いですが、美白成分としても知られています。 こちらもチロシナーゼの働きを阻害しメラニンの生成を抑える効果が知られています。 価格が安いこともあり、ドラッグストアなどで販売されている安価な美白コスメにもよく使われています。 油溶性甘草エキス マメ科植物である甘草を精製したエキスで、チロシナーゼの働きを抑制しメラニンの生成を阻害する働きのある成分です。 美白作用、抗菌作用、抗酸化作用、活性酸素消去作用(SOD様作用)なども注目されています。 リノール酸 チロシナーゼを分解してメラニンの生成を抑制する効果があります。 メラニンの排出をしやすくするターンオーバーを促す作用もあります。 ハイドロキノン チロシナーゼより先にチロシンと結合し、メラニンの生成を抑える働きがあるほか、できてしまった黒化したメラニン、シミを還元作用により薄くしていく効果があります。 シミを消すクリームなどに処方される成分として知られているのも多くはハイドロキノンです。 できてしまった黒色メラニンを無色化し白くする メラニン色素が作られて表皮細胞に移り、肌表面に押し上げられてきます。 表皮にでてきたメラニン色素は、紫外線からお肌を守る大切な働きをしますが、肌全体が黒くなったり、肌全体のくすみの原因になります。 若いころのようにターンオーバーが盛んにおこなわれていれば、紫外線を防ぐだけで古い角質からメラニンも一緒に剥がれ落ちていくので、徐々に肌は白くなっていきますが、30歳を超えてくるとうまくメラニン排出が行われずに角質に沈着してしまうため、シミやくすみとして肌に残ってしまいます。 出来てしまったメラニン色素によるシミやくすみを消すには、 メラニンの排出を促すこととメラニン色素そのものを無色化して白くする方法を行います。 まず肌を健康なみずみずしい状態にしてターンオーバーを促すために、常に保湿してうるおいとハリのある肌を維持しなければなりません。 肌が乾燥すると、角質が厚くなり(角質肥厚)メラニンの排出が滞ってきます。 保湿ケア・角質ケアをしっかり行う 黒くなったメラニンを無色化し肌を白くする成分として、ビタミンCの還元作用とハイドロキノンの還元作用(漂白作用)があります。 ハイドロキノンは皮膚科でシミ消しクリームとして処方される成分でもあり、今ある肌のシミを消す効果は高く評価されています。 ハイドロキノンの濃度を低く抑えた肌に優しい美白化粧水や美白美容液、美白クリームも通販コスメなどで購入することができるので、少しでも早く今ある目立つシミを消したいという方は試してみる価値は高いです。 ビタミンCも還元作用があり、黒化したメラニン色素を薄くしていく作用が知られています。 ビタミンCは美白効果に限らず、お肌の万能薬と言われるほど美肌の維持に効果的なので、美白化粧品を選ぶときはもちろん、シワやたるみなどエイジングケアを行うときにも取り入れるべき美肌成分です。 出来てしまった今あるシミ対策にはビタミンC・ハイドロキノンでケアする! 肌を白くする方法まとめ まだ肌にシミやくすみが無い方は美白成分を配合したスキンケアを行いながら、常に紫外線を防ぐUV対策を行うことが大切です。 一時的な日焼けで黒くなった方も、美白+保湿ケアを行ってターンオーバーを促すことで数か月で元の白い肌に近づいていきます。 すでにこめかみや頬などにシミやくすみが目立つようになってしまった方は、ビタミンCやハイドロキノンの成分が入った美白コスメでケアを行うことでより早くシミを消しながら肌を白くすることができます。 シミ対策を行ってメラニンの対策を行う場合は、肌がメラニンを作り出す必要がないように常に紫外線対策に気をつかって、日焼け止めまたはUV対策のできるファンデーションやBBクリームなどで直接紫外線を肌が浴びないように心がけてください。

次の