湯 快 リゾート 湯原 温泉 輝 乃湯。 湯快リゾート【公式】

湯快リゾート【公式】

湯 快 リゾート 湯原 温泉 輝 乃湯

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年6月9日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

湯快リゾート 三好屋【公式】

湯 快 リゾート 湯原 温泉 輝 乃湯

岡山県 湯原温泉 湯快リゾート輝乃湯【温泉奉行所】 ゆばらおんせん ゆかいりぞーと てるのゆ >>湯原温泉 湯快リゾート 輝乃湯 湯原温泉は、あの有名な湯原ダム直下にある砂湯混浴露天風呂を起点に 湯原川に沿うように温泉宿が軒を連ね、 縦に長細い温泉街を形成しています。 その温泉街の一番下流域にあるのがコチラ輝乃湯。 湯快リゾートが運営する温泉旅館は 古い温泉旅館を買収し全国に展開するチェーン店です。 私の向きとしない温泉旅館ではあるが、 家族の意見もたまには反映しておかないと 家庭内一揆が勃発するやもしれないため本日はここで宿泊します。 湯原温泉の下流域、 あの砂湯混浴露天風呂までは車じゃないと遠い距離にある輝乃湯は 結構古めのコンクリ造で屋上看板『湯快リゾート』が誇らしげに輝いています。 すでに駐車場は満車状態ですごい賑わいを見せています。 フロント前ではチェックイン待ちの宿泊客で溢れる中、 サイドにある浴衣コーナーで今晩着る浴衣をチョイス。 少し待たされた後、案内されたのは2階の和室部屋です。 全体的に内装は最近改装されたようで美しく、 部屋の畳や壁紙も和室モダン的で好感が持てます。 部屋にはすでに布団が敷かれいつでも休めるが、 ここはせっかくの温泉地、まずは温泉を堪能することに。 残った子供達は無料の個室カラオケルームへ。 はっきりした時間は忘れたが、 夕食時刻前後までは先着順で無料で歌えるらしい。 輝乃湯は以前、旅館建物横にある混浴露天風呂が有名だったようで、 今ではその露天風呂は時間を区切って男女交互に利用できるようになっている。 この時間帯は男性時間なので早速向かいます。 もとは古い温泉旅館なため、庭もなかなかのモノ。 小川が流れる和風庭園の奥に『庭園露天風呂 遊湯』があります。 平屋の脱衣小屋は左右に分かれた部屋があり どちらでも利用できるこの場所で入湯準備を進めます。 和風空間の脱衣場はツートンカラーで落ち着いている。 四角い巣箱の脱衣ボックスと のっぽな貴重品ロッカーもあるので安心だ。 さて、待望の露天風呂早速調査を開始します。 庭園露天風呂と言うだけあって床は総石貼り、 中央にはトタン貼りの東屋があるので雨でも凌げます。 岩組の美しい石垣や植栽も手入れが施され見た目に美しい露天風呂で まずは手前の小さな湯船に浸かります。 あっつぅ〜。 無色透明の湯に満たされた岩風呂は実測温度45. 6度の熱めの湯。 あっさりしたツルすべ感を享受できる優しいゆではあるが、 どうも循環加温おまけに滅菌されているようである。 大量に湧出する湯原温泉もここまでの下流域では 湯の温度も低下するというのでしょうか? 疑問を抱きつつ、東屋下の湯船へ移動します。 大きさもタップリ、開放感ある露天岩風呂で温度は41. 7度と入りやすく、 湯の底から勢いよく供給される湯ははやり濾過器を通過した循環湯ではあるが、 新鮮さを損なうことなく湯を楽しめた。 新緑の緑を愛でつつ湯原の湯を堪能できるか? 有名温泉地の循環式温泉は残念ではあるが、 家族で風呂を楽しむという面ではいいかもしれない。 ここで一度宿を出て湯原温泉外湯巡りへ。 温泉街にはを始め、 や温泉寺薬師堂の手湯、足湯などを巡りのんびり散策です。 宿に戻って食事の前に内湯を調査します。 内湯はさすがに古い旅館の風呂を継承していて お世辞にもきれいとはいえないが、大きさは十分。 照明が暗すぎて湯の色合いや五感までも鈍くなるそんな内湯空間で あまりゆっくり湯浴みする気になれませんでした。 露天風呂はあるのはあるが、 とても閉鎖的空間に小さな岩風呂が一つと意気消沈。 ここは身体を洗うお風呂場という位置づけでいいだろう。 夕食は名物バイキング料理で好きなモノを好きなだけ食べられるとあって 家族連れや若者のグループ達はワイワイガヤガヤ楽しんでいる様子です。 冷凍食品の使用も少なく、欠品がでないよう次から次から料理が運ばれる。 結局何を食べたのか、何が名物料理なのか分からないままお腹は満腹、 これだからバイキング料理はだめなんだよね。 なんて思いながら十分楽しんだ私でした。 次の日の朝、男女浴室が入れ替わるので一番風呂を目指します。 朝早く、館内を徘徊しているのはおじさんばかり。 早朝目が覚める習性を持つのはおじさんの性なのでしょうか。 昨日とは浴室が入れ替わった内湯は やはり暗すぎる間接照明で何もかもがよく見えない空間。 湯は間違いなく循環加温濾過され滅菌ありのようです。 でもここには昨日とは違う広くて明るい露天風呂があるらしい。 四方は石垣や高い塀に囲まれた箱庭的空間に、 丸い陶器湯船が二つと小さな檜風呂が一つ。 工事中の足場が少し目障りではあるが、朝の澄んだ空気の中温泉が楽しめる。 無色透明の湯は循環加温式ではあるが、それなりに新鮮味があって癖もなく、 わずかなツルすべ感はまさに湯原温泉そのものだ。 温泉をのんびり堪能した後は朝食です。 朝夕ともバイキング料理で楽しめるのはコチラ湯快リゾートの楽しみです。 自分が食べたいものを好きなだけ食べて英気を養います。 ファミリー向けに特化したといえよう湯快リゾート輝乃湯は 家族や友達同士の宿泊には楽しめる施設だろう。 私のように温泉に期待して宿泊すると残念な思いをするでしょう。 湯原温泉周辺でお泊りをお考えの方へ。 空室状況もWeb上で瞬時にわかる優れもの。 おためしあれ。 温泉の場所 コメント ファミリー向けにサービスを展開する湯快リゾート輝乃湯はみんなで楽しめるよう工夫された宿泊施設。 温泉にはあまり期待できない。

次の

湯快リゾート 湯原温泉 輝乃湯 宿泊予約

湯 快 リゾート 湯原 温泉 輝 乃湯

部屋はまあ普通の和室です。 温泉は温度高めで私好み、建物の外にある露天風呂も気持ちよかったです。 夕食はビュッフェで肉祭りと聞いて期待してましたが、当日はローストビーフのみで、地味な祭りだなと感じました 笑。 他の品数も少なめで、空の状態の皿が目立ち補充されても山盛りといった感じではなかったのが残念てした。 朝食はさらに少ない感じがしました。 一番残念だったのは、最初から布団が敷かれていたこと。 敷くために机や座布団が壁際に寄せられていたため、お茶を飲んで一服するために布団を避けて机を戻す作業が面倒でした。 洋室じゃないんだから着いて休める場所は用意しておくべきかと。 湯原温泉にはよく行くので、次回までに改善されることを期待します。 部屋は露天風呂まで改装されており、とても快適に過ごせました。 口コミで、何度となく拝見した【バイキングの質の低下】も 改善されたのか そのままなのかは分かりませんが 10年以上 湯快リゾート以前から 利用してる私からの感想は『値段なりの品揃え。 一般客室の金額なら素晴らしすぎる』と思いました。 客室露天風呂のお客様には 費用との感覚で少し不満かもしれませんね。 いつ行っても お湯は素晴らしいし 大浴場もほとんど丸一日開放してるので 手のかかる子供がいたり、横着したりが無ければ 一般客室での満足度は高いだろうな、と個人的には思います。 今度は 本当にゆっくり連泊したいです。 お世話になりました。 必ずまたリピします。 行ってみるとさすが湯快リゾートチェーンの宿。 外見はちょっと古めですが、中はとてもきれいで、数々のサービスも行き届いています。 部屋に行くと夕方でも、もう布団が敷いてあり、還るときまで敷きっぱなし。 仲居さんが来るわけでもなく、反って気を遣うことなくのんびりできました。 夕食・朝食はバイキングで、高価な物はありませんが(別料金であり)種類も多く、飲み物無料、デザートも十分に満足しました。 今の時期、コロナウィルス対策に、バイキングを取るときには全員ビニルの薄い手袋をして入れていきます。 また、バイキングのトングやしゃもじも一定時間ですぐに交換していました。 言い出すときりがありませんが、しっかり対策は考えてあります。 お湯は湯原のアルカリ性温泉で、肌がすべすべになりました。 外にある露天風呂も含め、たくさんのお風呂に入ることができます。 従業員の方も親切で、すれ違ったときのあいさつも気持ちよかったです。 あの値段でなくても、また行きたいと思わせる宿でした。 夕食バイキングの刺身はマンダイ(赤マンボウ)だけというのはさびしい。 コスト削減目的だと思いますが、他に削れることがいくらでも目につきます。 湯快リゾートは気に入っているのでぜひ検討してもらいたい。

次の