ラ・カンパネラ 難易度。 ピアノ難易度

【アンサンブル楽譜】ラ・カンパネラ(フルート4重奏)

ラ・カンパネラ 難易度

冒頭の難敵「跳躍」 まずは最初の1ページで特に苦しめられるのが高音の跳躍! 旗の付いている8分音符がメロディーで、高音部の レが「ラ・カンパネラ」のタイトル通り「小さな鐘」を表現していますね。 ミスタッチしてしまう確率が高い難所ですが、高音の レに気をつければ安定性は格段に向上します!コツは「小指を点で当てずに、面で斜めに当てろ!」です。 黒鍵に対して斜めに小指を当てていけば、ミスタッチをしたり鍵盤から滑り落ちるリスクを軽減できます! もう一つ、跳躍を余裕で弾くには、できるだけ手を鍵盤から離さないのがポイントです。 スーパーヴィルトゥオーゾの大ピアニストたちはまるで意に介さず悠々と弾いていますが、よく慣れるまでは低空飛行をオススメします。 崩れやすくなる拍節感 ここからは跳躍だけでなくオーナメント(装飾音)など、新しい要素が加わり難しくなっていきます。 図1 拍の頭がオーナメントで、左が休符なので、夢中で練習していると拍節感がつい曖昧になってしまいがちな部分です。 #レが4回続く箇所も、アクセントの位置がその小節の2拍目に当たるので、十分に意識しましょう。 また、跳躍の危険を少しでも減らす方法として、図1で示したように一部の音を左手で弾くのが有効です!これでかなり楽になりました。 鬼の連打テクニック この一帯で挫折した方も多いのではないでしょうか。 私も、最初の挑戦ではこの連打に敗北し、練習を諦めた経験があります。 ここが難しいと感じた場合、根気よく練習することが必要です。 図2 むやみに練習してもここは絶対に仕上がりません!まずは、丸で囲んだメロディーの音質を揃えましょう。 3つの音で1セットなので、囲んだ音以外の2音はできるだけ小さな音で揃える練習をしましょう。 これで体感難易度がずいぶん変わってきますよ! 直後にまた違った種類の連打が待ち構えています。 図3 図1で登場した箇所のパワーアップ・バージョンですね。 この高速連打に関しては、力ずくで制覇できない場合は、わずかにテンポを落として演奏するしかありません。 テクニック的には、手首をやや高めに保ち脱力することで速い連打が可能になります。 また、とてもマルカートな鋭いタッチで練習すると、脱力が苦手でも指が速度に追いつくようになります。 私はここでうまく脱力できないため、指の運動能力を鍛えることで攻略しています。 持久力勝負のトレモロテクニック いよいよゴールに近づいてきました。 図4 ここでは全ての音をキッチリ鳴らすことが重要です!難しいようですが、結果的にそれが一番簡単なように思います。 冒頭の跳躍のように最短距離を低空飛行で移動するのとは違い、むしろ手首を柔らかくして、反時計回りの円を描くような手首の動きを用いると手が勝手にこの音型に馴染んできます。 コーダに入る直前の半音階も難しいポイントですよね。 図5 私は最初の#レを左で取ってしまうことで乗り切っています。 ここは左手が空いている箇所なので、うまく補助する工夫をすることで難易度がグっと下がります。 ただの半音階なら指がもつれたりしませんが、悔しいことに、ここで失敗することがとても多いのです。 オクターヴ祭りのコーダ! ここからが一番の盛り上がりを魅せ、また技術的に一番易しい部分のように感じます。 基本的にオクターヴのみなので譜読みは簡単です!たくさんの音にメロディーが埋もれてしまわないように、右手小指に力を集中しましょう!手が大きい方なら、小指と薬指を使って弾くとより効果的です。 まとめ ・ まずは跳躍。 ・ 次に連打。 ・ 最後にオクターヴ。 ・ 全曲を通じてとにかく音をよく揃えることで容易になっていきます。 攻略法と言っても、地味な練習のやり方のまとめになってしまいました。 しかし、一つ一つ丁寧に取り組むことで必ず弾けるようになる範囲の曲だと思います!これが弾ければ間違いなく人気者です!頑張りましょう! 最後に、ヴァレンティーナ・リシッツァの「ラ・カンパネラ」を再掲します。 凄まじい速さとパワーで演奏していて、目指すべき目標と言えます。

次の

ピアノ難易度

ラ・カンパネラ 難易度

『パガニーニの「ラ・カンパネラ」の主題による華麗なる大幻想曲』 [ ] Grande Fantaise de Bravoure sur "La Clochette" de Paganini, S. 420 『パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲』とも呼ばれる。 からにかけて作曲され、に出版された。 「ラ・カンパネッラ」を扱った最初の作品である。 のヴァイオリンの演奏を聴き、大きな衝撃を受けたリストが「僕はピアノのパガニーニになる!」と決意し、自らの技術を磨き上げて作り上げたと伝えられる。 詳しくはを参照。 テレビ番組の企画に出演したはこの曲について番組内で「即興から生まれているとしか言いようがなく、右手で弾いたらなんでも無いのに左手を交差するように指示していたり、音でも視覚でも魅せるように意識して、わざと難しくなるように楽譜に書き添えていて、(リストは)真のだったと思う」と語っている。 『パガニーニによる超絶技巧練習曲』第3番 変イ短調 [ ] Etudes d'Execution Transcendante d'apres Paganini, S. 140 に作曲された、全6曲からなるの第3番。 録音を行っているピアニストは、作曲から170年以上経っている現在においても僅か6名のみである。 この版ではパガニーニの第3楽章のロンドの主題も用いている。 詳しくはを参照。 『パガニーニの「ラ・カンパネラ」と「ヴェニスの謝肉祭」の主題による大幻想曲』 [ ] Grande Fantaise Variations sur des themes de Paganini - La Clochette et La Carnaval de Venise - First Version S. 700i に作曲された。 改作版の『パガニーニの主題による大幻想曲』S. どちらも演奏の機会は無いに等しい。 レスリー・ハワードのリスト全集にのみ収録されている。 『パガニーニによる大練習曲』第3番 嬰ト短調 [ ] Grandes Etudes de Paganini, S. 141 に作曲された、最も有名な版。 『パガニーニによる超絶技巧練習曲』を改訂した『』の第3曲にあたり、異名同音ので書かれている。 今日「ラ・カンパネッラ」として演奏されるほぼ全てがこの作品となる。 ラ・カンパネッラの左手の跳躍の例。 一気に約3オクターブも下がり、二音の鍵盤の距離は46cmに達する リストは曲全体の構成を洗練し、ピアノの高音による 鐘の音色を全面に押し出した。 全体として、器用さ、大きい跳躍における正確さ、弱い指の機敏さを鍛える練習曲として使うことができる。 最大で15度の跳躍があり、この跳躍を16分音符で演奏した後に演奏者に手を移動する時間を与える休止がないまま2オクターブ上で同じ音符が演奏される。 ほかにも薬指と小指のトリルなどの難しい技巧を含む。 A(嬰ト短調)-B()-A-B-A-B-A-コーダの簡単なで書かれている。 用いられる楽想はこれまでの「ラ・カンパネラ」やパガニーニの原曲と比較しても限定されているが、主題が登場する度に様々な装飾を加えることによって単調さを避けている。 冒頭 La Campanella, performed by Romuald Greiss, 2000• うまく聞けない場合は、をご覧ください。 関連項目 [ ] 《パガニーニの「ラ・カンパネラ」の主題による華麗なる大幻想曲》を演奏したピアニスト [ ]• テレビ番組内において一部のみ演奏 《パガニーニによる超絶技巧練習曲》第3番を演奏したピアニスト [ ]• Elisa Tomellini 《パガニーニによる大練習曲》第3番の演奏者として名高いピアニスト [ ] 日本以外 [ ] あ行• 日本 [ ] あ行• この曲をCMに使用 [ ]• この曲を劇中曲に使用 [ ]• アニメ(第3話 - 第5話、第10話、第12話) この曲をゲームに使用 [ ]• - アレンジを加えて「La Campanella Nu Rave」として収録。 フランツ・リストがコンポーサーとしてクレジットされている。 - アレンジを加えて「Thor's Hammer」として収録。 「ユニバーサル度胸兄弟」(とによる共作)のアレンジによる。 - アレンジを加えて「ラ・カンパネラ」として収録。 リストがコンポーザーとしてクレジットされている。 参考文献 [ ]• Leslie Howard: "The complete music for solo piano, Vol. 140, S. 141を収録 の(Leslie Howard, 1998)• Leslie Howard: "The complete music for solo piano, Vol. 55 — Grande Fantaisie" S. 420, S. 700を収録 の Leslie Howard, 1998 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。 - ピティナ・ピアノ曲事典• - by uploaded on 2006年08月26日• - by Evgeny Kissin uploaded on 2007年04月29日• - by Kemal Gekic, uploaded on 2007年06月23日• - by uploaded on 2011年09月20日• - by uploaded on 2008年09月22日.

次の

【アンサンブル楽譜】ラ・カンパネラ(フルート4重奏)

ラ・カンパネラ 難易度

回答をすごく迷っていたんですけど ピアノを教えている立場から おせっかいとは思いながら 少しお話しさせて頂きますね。 まず 質問者さまはピアノを習っているんですよね? 先生に判断して頂くのが一番だと思います。 独学なら別ですが。 以前 同じような質問をされていたものも拝見しました。 2年前にエリーゼや小犬を弾いていらしたみたいですが そこから考えると今回の選曲はかなり大変だと思いますよ。 弾きたい曲は私から見れば 大曲です。 夜のガスパールはラヴェルのピアノ曲の中でも 最もテクニックが必要な曲の1つです。 又道化師の朝の歌は ラヴェルのお母さんの祖国 スペインのリズムが多用されていて 変則的なリズムや二重グリッサンドなどのテクニックも要求されます。 他にも薬指と小指でのトリルなど難しいテクニックを必要とする 大変な難曲です。 私も質問者さま位の頃は やっぱり難しい曲ばかり弾きたいと思っていましたから 気持ちは良くわかりますが 弾きこなせない曲ばかりを練習すると 曲をきちんと仕上げる能力がつきません。 まだまだ若いんですから 慌てずにご自分のレベルに合った曲をしっかり理解できる方法を 私はオススメします。 フランスものがお好きなら ドビッシーの『前奏曲集第一集』や『子供の領分』あたりから弾いてみてはいかがでしょうか。 頑張ってくださいね。 カンパネラはもちろん原曲と比較したら『あれま~』って位簡単にはなっていますが 先生と一緒に弾けば『なんちゃってカンパネラ』の出来上がり?簡単な分 あくせく弾かなくて済むので、かえって酔える演奏が出来て楽しいですよ。 原曲は何年か後のお楽しみ…で。 良かったら弾いてみて下さい。 何回もごめんなさ~い。 失礼しました。 ごめんなさいね。 フランスものでも比較的高度なテクニックを要求されない曲もたくさんありますから エチュードでテクニックをしっかり磨いて!確実にステップアップして行って下さい。 素敵なピアノが弾けるように応援してますっ! 実は私、あまりフランスもの得意じゃないので 恥 うらやましいですよ~。 曲は手の大きさ、指の長さなどで大きく変わってきます。 ましてやクラシックだとなおさらです。 革命を弾いているところ見ると、結構なレベルだと思いますが、 僕なりの順位としては、簡単な順に ・水の反映 ・高雅で感傷的なワルツ ・水の戯れ ・鏡 道化師の朝の歌 ・夜のガスパール オンディーヌ ・ラ・カンパネラ ですかね。 単刀直入にいわせていただくと、革命が終わった時点で ラ・カンパネラは少し無謀な気がします。 15度の音程や、連続オクターブなど、楽譜を見たことがあるなら 分かると思いますが、とても人間が弾くようには見えません。 最後のなだれ込みはハンパじゃないです。 弾けないことは無いでしょうが、かなり難しいと思います。

次の