コロナ 予言。 “コロナ収束時期”を叫びネット騒然! ミスター都市伝説・関のコロナ予言説に冷静なツッコミも

予言、占いについて。

コロナ 予言

画像: 残念ながら邦訳は現在のところされていないようです。 もとは2008年夏出版のものですが、コロナ流行後に商魂たくましく、『End Of Days: Was the 2020 worldwide Coronavirus outbreak foretold? (この世の終わり:2020年の世界的なコロナウイルスの発生は予告されていたか?)』と題して再び出版されました。 シルビア・ブラウンによるコロナの流行と終息の予言 シルビア・ブラウンによるコロナ流行と終息の予言は具体的にはこのようなものです。 「2020年頃、深刻な肺炎のような病気が世界中に広まるだろう。 その病気は、肺と気管支を攻撃し、あらゆる既存の治療法に抵抗する。 しかし、病気そのものよりも不可解なのは、 その病気が忽然と姿を消すという事実の方だろう。 その病気は10年後に再び現れ、永遠に姿を消すだろう」(『End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World』より引用) 引用: 終息について、「不可解なほどに忽然と姿を消す」とあります。 つまりこれは「徐々に自然に終息していく」のではなく、ある時期を境にパタリと止んでしまうということのようです。 ちなみに、シルビア・ブラウンはオラクルカードなども出していますが、専門家の方に言わすとこの終息予言は占星術的に、具体的には「3月下旬に一度収束するものの再燃し、4月がピーク」()だといいます。 しかし、終わっても「10年後に再び現れ」というのが嫌ですね。 ただしその後は「永遠に姿を消す」とも言っています。 そしてシルビア・ブラウンのこの予言は、米国では女優のキム・カーダシアンらがSNSでシェアしたことで急速に広まったということです。 キム・カーダシアンといえば、自分の作った下着ブランドに「kimono」という名前をつけたことで「文化の盗用だ」と炎上したことで記憶に新しいです。 Shapewear is now live! — Solutionwear is back in stock now at. — Kim Kardashian West KimKardashian 「End of Days(この世の終わり)」の他の予言 気になるのは「End of Days」の他の予言。 「End of Days(この世の終わり)」というタイトル通り、かなり過激なことが書かれています。 まとめるとこんな感じだといいます。 テロ対策のために2020年代後半までにドーム型の都市に住む人が現れる。 最初にそのドーム型の都市が現れるのはアメリカ・ドイツ・イギリス・日本といった国である。 2026年ごろにいくつもの巨大な津波が日本を襲う。 これらによって海洋の地殻変動が起き、ハワイ諸島に新しい島が生まれる。 2008~2020年の間に米国の大統領がオフィスで椅子に座ったまま心臓発作で死亡する。 新しい大統領になった副大統領は北朝鮮との戦争を宣言する。 富士山は2085年以前に噴火し、日本は壊滅的な被害を受ける。 2050年までにがん、白血病、糖尿病、アルツハイマー、心臓病などなどの数多い難病がなくなるが、2075~2080年にポリオや天然痘といった原始的な病が逆に流行する。 また男女の不妊症や様々なアレルギーなどが激増する。 こうした病は突如として人類に襲い掛かるため、科学者の対応も間に合わない。 こうして我々の地球上の生活は終わりを告げる。 (以上、を参考) 日本に直接関係あるものはいちおうマーカーを引きましたが、北朝鮮との戦争なんて始まったら「我関せず」なんていってられませんね。 同じく地球全体の病気などもそうです。 また「2026年ごろに日本で巨大津波」というのは、時期は外れていますが、まさに東日本大震災での津波を思わせます。 そう捉えるなら、時期的に「これから起こる」として書かれているものでも、既に済んでいるのもあるのかもしれません。 ただパッと見たところ既に終わっていそうなのは「巨大津波」くらいですが。 いずれにしろ日本では、中国やイタリアといった本当に被害が深刻な国に比べれば相対的に被害が小さいので、コロナよりもこれらの「日本壊滅・世界終末の予言」の方が気になるという人もいるでしょう。 英字ですがAmazonの「End of Days」です。 最後に ブラウンは生前も不確かな予言をめぐって常に批判されていたといいます。 実際に調べてみるとシルビア・ブラウンは、 透視などでかなりいい加減なことを言っており、しかも 生きている人間を「既に死んでいる」とかひどい透視をしています。 そう考えるとどの程度信用していいのかな、という気がします。 この記事は以上になります。

次の

アマビエに続け 疫病封じる「予言獣」SNSで話題 鳥や鬼…姿や形さまざま

コロナ 予言

「AKIRA」は単に昭和の時代に起きた出来事を未来風に描いただけ。 「AKIRA」とは大友克洋氏が1982年から「週刊ヤングマガジン」に連載していたSF漫画で、88年にはアニメ映画が公開。 「ジャパニメーション」の代名詞として海外でも高い評価を受け、誕生から38年経過した今も世界中で多くのファンに愛されている作品だ。 どれくらいこの「AKIRA」がスゴいのかというのは、日本でもおなじみのスティーブン・スピルバーグ監督が「こんな作品を作りたかった」などと絶賛し、グラミー賞常連の世界的ミュージシャン、カニエ・ウェストが「この映画は俺のクリエイティビティにもっとも影響を与えている」と発言していることからもわかっていただけるのではないか。 さて、そこで「AKIRA」のことをご存じのない方が次に気になるのが、「予言ってナニ?」ということだろう。 この日本が誇るSF作品が、いったい何を言い当てて、どんな未来を予見しているのか。 そのあたりを正確に理解していただくためには、まずはこの「AKIRA」がどんな物語なのかということを知っていただく必要がある。 舞台は、2019年の「ネオ東京」。 ネオって、と半笑いになる人たちの気持ちもわかるが、これにはちゃんと理由があって、作中で東京は原型をとどめないほどの壊滅的な被害に遭って新しく生まれ変わっているからだ。 1982年、東京で新型爆弾が炸裂し、これが引き金となって第三次世界大戦が勃発。 凄まじい爆発で巨大なクレーターができ、大半が水没してしまった東京は戦争が終わると、「ネオ東京」として復興の道を歩み出した。 そして2020年の東京オリンピックを控えたこの街で、「AKIRA」という凄まじい超能力を持つ子どもを巡る争いが繰り広げられていくのだ。 そう、この作品はなんと30年以上前に「TOKYO2020」が開催されることを予見していたのだ。 この他にも作品内の描写が現実とピタリと重なっている。 例えば、「AKIRA」の第2巻の中で、その東京オリンピックの競技場の建設現場が描かれているのだが、そこには「開催まであと413日」という看板とともに、「中止だ 中止」という落書きがなされている。 「TOKYO2020」が開幕する今年7月24日の413日前は2019年6月7日。 この月は、五輪招致時の「裏金疑惑」をめぐってフランス当局から捜査対象となっていた、竹田恒和・JOC会長(当時)が任期満了で退任している。 これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。 それだけではない。 なんと「AKIRA」には現在、日本のみならず世界に混乱を引き起こしている新型コロナウィルス騒動を連想させるような描写も確認できるのだ。

次の

“コロナ収束時期”を叫びネット騒然! ミスター都市伝説・関のコロナ予言説に冷静なツッコミも

コロナ 予言

コロナを予言した占い師 調べてみたところ… なんと数人の占い師が出てきました! 国内の占い師から順に紹介していきます。 松原照子 過去に3. 11も予知したという松原先生。 なんと今回のコロナ騒動によるオリンピック延期を、 2013年の時点で予知されていました。 予言内容 まだ東京でオリンピックが開催すると決定していなかった頃、「東京でオリンピックは開催されますか?」と質問され、間髪入れずに「ない」と即答されたんだとか。 松原先生曰く、「見えたことをお答えしただけ」だそう。 2016年に出版された著書にも「 2020年、東京オリンピックは開催されない!?」と記されています。 またオリンピック延期だけでなく、新型コロナウイルスに関しても予知していたのでは?と言われています。 というのも、2019年2月号の「月刊ムー」にて、「 新型インフルエンザが発生しパンデミックが宣言される!?」という見出しの記事を執筆されているんですね。 インフルエンザではありませんでしたが、 パンデミックが宣言されたのは事実です。 松原先生には、今のこの世界の状況が視えたのかもしれません。 ゆうたろう タレントのゆうたろうさん。 大きなワイングラスを持って、石原裕次郎さんのモノマネをする姿は一度見たら忘れられません。 そんなゆうたろうさん、現在は 占い師としても活躍されているようです。 そして 2019年12月に、新型コロナウイルスや東京五輪延期について予言していたのでは!?と言われています。 予言内容 昨年末、2020年の運勢について鑑定したゆうたろうさん。 開始早々 「全体的に視ると、オリンピックがなんか微妙なんですよね…」 という不穏な発言。 その後、 「お金の動きがある。 株価が落ちたりとかするかもしれない。 」 「僕的にはね…これは大きな裏切りがある。 」 「2月にトラブルの暗示が出ている。 」 「オリンピック前ぐらいに非常に大きな危機がありそう…。 」 と発言されているんです。 2月は日本で初めてコロナウイルスによる死者が確認された月。 オリンピックも延期が決まりましたし、全体的に現状と当てはまっているように感じます。 ただ 年末にかけては落ち着いてくるというカードが出た為、年末までにはコロナ騒動が終息しているという予言かもしれません。 1996年に逝去されていますが、生前はヨーロッパを中心として大きな影響力をお持ちでした。 具体的に、イギリスのEU離脱である 「ブレクジット」や 「アメリカ同時多発テロ事件」を予言したと言われています。 そんなババが、なんと今回のコロナ騒動についても予言していたとか…!? 予言内容 亡くなる数年前、ブルガリアの体操指導者ネシュカ・ステファノバ・ロベバ氏に対して、ババはこう発言したそう。 「ネシュカ、コロナが私たちの至るところにある」と。 コロナはブルガリアで「後見人」を意味しており、ロシアの指導者と結びついていることから、当時は「ブルガリアがロシアに支配される」という警告ではないかと思ったそう。 最近になりコロナウイルスのニュースを見て、このことだったのかと理解したと話しています。 また1970年代に、ババは 「2019年の終わり頃に、新種の殺人ウイルスが中国から始まる」 と予言したんだそう。 新型コロナウイルスは中国・武漢で2019年11月に発生したと考えられていることから、この予言も的中していると言えるのではないでしょうか。 ババは 「ヨーロッパ全土から、ほとんどの人が消える」とも予言しています。 現在コロナウイルスはヨーロッパでも猛威をふるっており、多くの死者をだしていることから、こちらの予言も当たっているのかもしれません…。 番外編 占い師ではないですが、 今回のコロナ騒動や東京五輪延期を予言していたのでは…!? と言われているアイテムがあります。 その名も 「イルミナティカード」!! イルミナティカードは、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。 こちらのカード、 世界を震撼させてきた多くの災害や事件を予言していると話題になっています。 そして今回のコロナ騒動や東京五輪延期も予言していたとか…!? 予言内容 まず上記に載せているLab Explosion 実験室爆発 のカードに記されている爆発の形が武漢経済圏の形に似ており、赤くなっている部分が武漢市の位置に見えると言われています。 このことから、 今回のコロナ騒動は人為的なもので、研究所が起こした事故により漏れたのではないか、と言われています。 次にplague of demons 悪魔の疫病 のカード。 こちらのカードに描かれている建物、 武漢にある建物に酷似しているんです。 その為このカードが コロナウイルスが武漢から発生することを予言していたのではないかと言われています。 またCombined Drsasters 複合災害 のカードに、 五輪と同じ色の服を着た人々が写っており、その後ろに写っている時計台が 東京銀座の和光の時計台ではないかと言われています。 イギリスの有名な時計台はローマ数字ですから、それとは異なる時計台であることがわかります。 このカードが、 今回の東京五輪延期を予言しているのではないかと言われています。 最後に いかがでしたでしょうか。 コロナ騒動が起きてから予言をされている占い師は多くいますが、 騒動以前に予言していた占い師は案外少ないのです。 今後も上記で紹介した方々の発言に注目です! 今回予言していたと言われている占い師を紹介しましたが、予言はあくまで予言。 必ずしもその事象が起こると確約されたものではありませんので、 必要以上に不安を抱えずにお過ごしくださいね。

次の