地方公務員ボーナス。 地方公務員のボーナス・賞与・期末手当

地方公務員 市区町村別ボーナス・賞与ランキング|年収ガイド

地方公務員ボーナス

このページのまとめ• 一般的な地方公務員のボーナス支給日は、夏が6月30日、冬が12月10日• 金額は、国家公務員と同じく、人事院勧告に基づいて決定されることが多い• 地方公務員になるには、各自治体が実施する試験に合格する必要がある 賞与、夏期手当、年末手当、期末手当などさまざまな名称が使われている、いわゆる「ボーナス」は、通常の給与とは別に貰える特別な報酬です。 ボーナスの支給は義務づけられているものではないため、支給の有無や支給日、金額の決め方などは企業によって異なります。 では、公務員のボーナスはどのように決められているのでしょうか。 当コラムでは、公務員のボーナス支給日、金額の決め方、公務員の目指し方をご紹介します。 地方公務員のボーナス支給日 ボーナスの支給がある一般的な民間企業では、夏と冬の年2回支給されることが多くなっていますが、これは公務員も同様です。 では、具体的にはいつ支給されるのでしょうか。 国家公務員と地方公務員のボーナス支給日 国家公務員のボーナス支給日は法律で決められており、夏は6月30日、冬は12月10日です。 地方公務員のボーナスは、「各自治体の条例による」としていますが、実際は国家公務員と同日にしているケースがほとんどです。 よって、地方公務員のボーナス支給日は、 国家公務員と同じ6月30日と12月10日と考えて良いでしょう。 もしボーナス支給日が休日だった場合は、その前日もしくは前々日が支給日になります。 民間企業のボーナス支給日 民間企業も、公務員と同じくらいの時期にボーナス支給を行っていることがほとんどですが、具体的な支給日は特に決められていません。 というのも、企業はボーナスの支給日や支給条件などを自由に規定することができるためです。 一応の目安としては、夏は6月30日~7月初旬、冬は12月初旬~25日くらいに支給を行う企業が多いようなので、そのくらいの時期と考えておけば良いでしょう。 ただし、経営状態が悪く財政に余裕がない場合は支給されないこともあります。 以下では、両者の支給額の決定方法を解説します。 人事院勧告とは、民間企業の給与調査を行い、その水準に合わせた額を提案することです。 つまり、国家公務員のボーナスは、民間企業に比べて高すぎたり安すぎたりすることがないように調整されているということです。 では、地方公務員はどうなっているかというと、支給日と同じく各自治体の条例によって異なります。 基本的には国家公務員と同様の水準にする自治体が多いですが、自治体の財政状況やその場所の物価などを考慮し決めるケースもあるようです。 そのため、 数ヶ月間の査定期間を設け、その対象期間における個人の実績を評価し、金額に反映するというケースが多い傾向にあります。 例えば、ベースを月の給与の3ヶ月分として、評価によって2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分の範囲で支給額を決定するといった会社もあるようです。 その他にも、あらかじめ支給する総額を決めておき、評価によってどう分配するか決める方法などもあります。 小規模な会社であれば、社長の独断で決まることもあるかもしれません。 例えば、休職等で働いていない期間があると貰える分が減ったり、勤務成績が極めて良好と判断されれば増えたりするようです。 しかし、これは多くの人には適応されない例外的なものであるため、基本的には上記の求め方で問題ないでしょう。 地域手当について 上記の式にある「地域手当」は、家賃や物価が高い特定の地域に勤務している職員に支給されている手当です。 支給割合は3~20%で、主な地域としては、東京都や大阪市、横浜市などが挙げられます。 扶養手当について 「扶養手当」は、扶養親族のある職員に支給されている手当です。 とはいえ、家族であれば全員分がもらえるというわけではなく、支給には条件があります。 支給月数について 人事院勧告は毎年8月に発表となっており、夏のボーナス時点では正確な支給月数が確定されていないため、一旦前年の数字を元に算出します。 その後、改定されれば調整が入る仕組みとなっています。 地方公務員になりたい場合、どうすれば良いのでしょうか。 目指す職種を明確にする 一口に地方公務員といっても、役所で窓口業務を行う行政職や、消防士、警察官といった公安職、土木、建築などに携わる技術職など、職種はさまざまです。 まずはどんな職種を目指すのかを明確にしましょう。 各自治体が実施する試験に合格する 地方公務員になるには、 各自治体の地方公務員試験を受け、それに合格しなければなりません。 もちろん、目指す職種によって受ける試験は異なります。 また、難易度は各自治体によっても異なるので、勤務を希望する自治体の試験について、よく理解を深めておきましょう。 試験を受ける際の注意点 各試験には、上級、中級、初級があり、それぞれ大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度と学力レベルが分かれています。 上級であるほど将来役職に就きやすく、出世しやすくなっているため、受験を検討している人はどのレベルにするかもよく考えておきましょう。 ちなみに、試験は学歴関係なく受けることができますが、年齢制限があります。 各自治体によって上限は異なるため、事前に確認しておきましょう。 「公務員は条件が良くて惹かれるけど、本当にやりたいことかどうかは分からない」という方は、一度就活サポートサービスを活用してみてはいかがでしょうか。 新卒の就活サポートなら、年間3,000人以上の就活相談実績を持つキャリアチケットにお任せください。 就活のプロによる個別カウンセリングで、あなたの性格や希望をしっかりと把握し、長く働ける企業をご紹介します。 また、求人のご案内だけでなく、内定獲得のための対策なども実施しておりますので、選考がなかなか通らないとお悩みの方にもおすすめです。 キャリアチケットは、採用企業170社以上。 取材した優良企業のみをご紹介していますので、安心して就活を行うことができます。 また、求人に載っていないような情報も確認できますので、内定後に「こんなはずじゃなかった」という失敗も防げます。 応募できる企業の情報収集のみでも構いませんので、興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

次の

地方公務員のボーナス・賞与・期末手当

地方公務員ボーナス

2020年夏の公務員のボーナス平均はいくら? 2020年夏の公務員のボーナス平均支給額、ボーナス事情を紹介します。 国家公務員のボーナスは民間の給与事情を元に法律によって決められています。 地方公務員のボーナスも国家公務員に準じて決まっています。 それぞれのボーナスの決まり方、気になる支給日についてご紹介します。 2019年夏のボーナスは好調でしたが、2020年はどうでしょうか? 【動画で2020年夏の公務員のボーナス平均を解説】 2020年夏 国家公務員68万 7600円、1. 3%増 まずは国家公務員の前回(2019年冬)のボーナスからみてみましょう。 内閣人事局の発表によると、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の2019年冬のボーナス(令和元年12月期の期末・勤勉手当)の平均は約68万7700円。 前年同期より3. 1%減少となりました。 その主な原因は、それまでは夏よりも冬のボーナスの金額が多かったものが、夏と冬と同額になったためです。 前年と同比で支給されていても、0. 1%増。 上げ幅は小さく抑えられました。 勤勉手当は年間0. 05か月分アップしたものの、平均年齢が下がった(35. 5歳から35. 0歳)のが減少の原因です。 1人への支給を年間でみると、微増ということになります。 2020年夏の国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の平均支給額は68万7600円、前年比1. 支給月数が昨年の2. 195カ月分から2. 245カ月分へと増加するためです。 これは、2019年冬のボーナスの原因と同様、夏冬の支給均等化(夏が冬より少なかったのが夏冬均等になった)と勤勉手当のアップが原因です。 6%増 では、地方公務員はどうでしょうか? 地方公務員も国家公務員の支給実態に合わせるところがほとんどです。 公務員(国+地方)の1人当たりのボーナス平均支給額は74万499円と、前年比0. 6%増。 2019年夏が4. というのも、公務員はストライキなどを実行する「争議権」が認められていません。 その代わりに公務員と民間の給与を比較し、公務員給与を民間の水準に合わせようということです。 具体的には、国家公務員の4月分の給与と、民間企業(企業規模50人以上等の条件あり)の4月分の給与と前年8月からその年7月までに支給されたボーナスを比較し、民間の基準に合わせるよう、国家公務員給与の水準を改定、俸給制度・諸手当制度の見直しを行っています。 比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています。 これらを人事院勧告とし、この結果をもとに給与法が改正されています。 このように、国家公務員の給与やボーナスが決まります。 令和元年人事院勧告でボーナス引き上げ 令和元年8月に発表された人事院勧告の内容をみておきましょう。 民間給与平均は41万1510円。 それに対して国家公務員給与は41万1123円。 その差387円をうめるために、初任給や若年層の俸給引き上げ、ボーナス引き上げ(0. 05カ月分)等改定がされています。 2020年夏 公務員のボーナス支給日は6月30日 気になる、国家公務員の2020年夏ボーナス支給日ですが、これも法律で決められています。 ボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給は、 ・基準日(夏6月1日、冬12月1日)に在職する職員に対して (基準日前1カ月以内に退職や死亡した職員にも支給される) ・支給日は、夏6月30日、冬12月10日 (支給日が土曜の場合は前日、日曜の場合は前々日の金曜) と記されています。 2020年の6月30日は火曜ですので、当日6月30日が支給日となります。 地方公務員もこの法律にもとづいて支給されています。 公務員のボーナスは、いわば民間全業種の平均給与やボーナスの鏡ともいえる存在です。 平均年齢が下がっているのにもかかわらず、今年はなんとかキープできたということでしょうか。 ただ、コロナ禍の影響で2020年からの民間のボーナスは間違いなく減少に転じるでしょう。 それらに連動して、公務員のボーナスも減少に転じると思われますが、民間の下げ幅と公務員の下げ幅がどのようになるか、注目したいところです。 【関連記事をチェック】 【関連動画もチェック】.

次の

地方公務員のボーナスランキング!いくらもらえる?高すぎor安すぎ?|公務員試験おすすめ予備校・通信講座比較

地方公務員ボーナス

もらえるボーナスの種類は大きく2種類 のボーナス(賞与)は、正確には「勤勉手当」「期末手当」といいます。 年に2回(勤勉手当:6月、期末手当:12月が一般的)の支給があり、この両方を合わせたものが民間でいうボーナスとなっています。 期末手当とは在職期間に応じて定率で支給される手当であり、勤勉手当はいわゆる勤務成績に対する査定評価となります。 地方公務員のボーナスは、民間業界全体のボーナス支給実績の増減を参考に、民間と同じ水準となるよう支給額が決定されるため、民間平均と大きな違いが出るわけではありません。 ただし、民間では業績によってボーナスの支給がなかったり、大幅に支給額が下がったりするケースがあるのに比べると、地方公務員のボーナスは毎年安定して支給されることが特徴です。 支給される時期と金額は? 地方公務員のボーナス支給時期は自治体によって異なりますが、基本的には6月30日(勤勉手当)と12月10日(期末手当)に支給される のボーナスに準じるか、それに近い場合がほとんどです。 支給日が休日(土曜や日曜)にあたるときには、その前の平日に支給されます。 支給額については、まず、人事院が民間の給与やボーナス状況を調査したうえで行う「人事院勧告」というものによって、国家公務員のその年のボーナス額が確定します。 地方公務員の期末手当は基本給を基に計算されるため、基本的に、年齢が上がればボーナス支給額もそれだけ上がっていきます。 ただし、東京都や特別区では人事院が設定した支給額より0. 1カ月分多く設定されることが多い一方、財政状況が悪い自治体では支給額が下がることもあります。 自治体によって平均年齢が異なるため簡単に比較はできませんが、市区町村では年間100万円の格差が出ることもあります。 地方公務員のボーナスは民間よりも多い? 公務員というと、民間よりもたくさんのボーナスがもらえると考える人もいるようです。 しかし、先述の通り、公務員のボーナスは民間の給与やボーナスの調査を基に支給額の大枠が決められていきますので、公務員だからといって特別にたくさんの金額をもらえるというわけではありません。 とはいえ、公務員の場合、年に2回のボーナスは必ずもらえますし、支給額が極端に増えたり減ったりしないので、安定性の面では魅力といえるでしょう。 一方、民間では大幅に業績が上がると特別賞与などで年に3回以上のボーナスが支給される可能性もありますが、公務員はそうしたことはありません。 とくに地方公務員の場合、自治体によってボーナスの定めも多少違いがあり、大きな自治体に勤めるほうが多くのボーナスをもらえる傾向にあるようです。

次の