ランプラー。 トランプラー

【ポケモン剣盾】ランプラーの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ランプラー

特徴 の進化形。 のような外見をしており、内部で燃える青紫の炎に顔が浮かび上がっている。 死者の魂を糧にしており、周囲を徘徊しての際の者を探し、見つけると魂が肉体から離れた瞬間に吸い取ってしまう、不吉なポケモンとされている。 かつては森の奥深くに棲んでいたが、今際の際の人間の多い病院付近を狙って、大きな街にも棲み付き始めた。 稀にヒトモシとともに人やポケモンの生命エネルギーを能動的に吸い取り、霊界へ道案内することもあるといわれる。 ゲームでのランプラー 『』から登場。 ヒトモシがレベル41で進化する。 野生では登場しない。 能力が進化前から大きく上昇し、特に「とくこう」と「すばやさ」が大幅に増加する。 アニメでのランプラー 『』22話でシューティーのポケモンとして登場。 「かえんほうしゃ」と「シャドーボール」を使用した。 26話では野生で別個体のものが登場。 「れんごく」「まもる」を使用した。 4体のたちのリーダー格で屋敷で悪さを働いていた。 たちやを霊界へ誘おうと襲い掛かるが、最後はサトシたちやロケット団のポケモンたちによる共闘によりヒトモシ共々霊界へと消えていった。 『』2011年4月号(NO. 204)掲載のインタビュー記事より。 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】ランプラーの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ランプラー

特徴 の進化形。 のような外見をしており、内部で燃える青紫の炎に顔が浮かび上がっている。 死者の魂を糧にしており、周囲を徘徊しての際の者を探し、見つけると魂が肉体から離れた瞬間に吸い取ってしまう、不吉なポケモンとされている。 かつては森の奥深くに棲んでいたが、今際の際の人間の多い病院付近を狙って、大きな街にも棲み付き始めた。 稀にヒトモシとともに人やポケモンの生命エネルギーを能動的に吸い取り、霊界へ道案内することもあるといわれる。 ゲームでのランプラー 『』から登場。 ヒトモシがレベル41で進化する。 野生では登場しない。 能力が進化前から大きく上昇し、特に「とくこう」と「すばやさ」が大幅に増加する。 アニメでのランプラー 『』22話でシューティーのポケモンとして登場。 「かえんほうしゃ」と「シャドーボール」を使用した。 26話では野生で別個体のものが登場。 「れんごく」「まもる」を使用した。 4体のたちのリーダー格で屋敷で悪さを働いていた。 たちやを霊界へ誘おうと襲い掛かるが、最後はサトシたちやロケット団のポケモンたちによる共闘によりヒトモシ共々霊界へと消えていった。 『』2011年4月号(NO. 204)掲載のインタビュー記事より。 関連項目•

次の

ランプラー (らんぷらー)とは【ピクシブ百科事典】

ランプラー

特徴 の進化形。 のような外見をしており、内部で燃える青紫の炎に顔が浮かび上がっている。 死者の魂を糧にしており、周囲を徘徊しての際の者を探し、見つけると魂が肉体から離れた瞬間に吸い取ってしまう、不吉なポケモンとされている。 かつては森の奥深くに棲んでいたが、今際の際の人間の多い病院付近を狙って、大きな街にも棲み付き始めた。 稀にヒトモシとともに人やポケモンの生命エネルギーを能動的に吸い取り、霊界へ道案内することもあるといわれる。 ゲームでのランプラー 『』から登場。 ヒトモシがレベル41で進化する。 野生では登場しない。 能力が進化前から大きく上昇し、特に「とくこう」と「すばやさ」が大幅に増加する。 アニメでのランプラー 『』22話でシューティーのポケモンとして登場。 「かえんほうしゃ」と「シャドーボール」を使用した。 26話では野生で別個体のものが登場。 「れんごく」「まもる」を使用した。 4体のたちのリーダー格で屋敷で悪さを働いていた。 たちやを霊界へ誘おうと襲い掛かるが、最後はサトシたちやロケット団のポケモンたちによる共闘によりヒトモシ共々霊界へと消えていった。 『』2011年4月号(NO. 204)掲載のインタビュー記事より。 関連項目•

次の