学生 103万超えると。 控除・税金・保険で損しないバイト・パート計画!

学生アルバイトが130万超えたら、いくら損する?掛け持ちの場合は?

学生 103万超えると

学生バイトでいくら稼ぐと税金がかかるの?損しない方法を知りたい! 【目次】• バイトの給料にかかる税金の種類は? 最初に、アルバイトの給料にはどのような形で税金がかかるのかを見ていきましょう。 所得税は年収103万円超にかかる アルバイトやパートも税金の上ではサラリーマンと同じ扱いで、給与所得者として所得税と住民税の対象になります。 所得税には所得控除という制度があり、誰でも受けられる「基礎控除」が48万円、給与所得者が受けられる「給与所得控除」が55万円あるので、合計103万円までは税金がかかりません。 複数のアルバイトをしている場合は全ての給料を合算した金額で考えてください。 ただ、給与所得控除は所得税の場合と同じ55万円で、課税基準は住民票を置く市区町村によって異なりますが、45万円としているところが多いです。 なので、大まかな目安として、合計100万円までなら住民税がかからないと考えて良いでしょう。 例えば年収が所得税のかからない103万円であっても、住民税は1万円ほど負担することになります。 学生なら130万円まで税金がかからない 学生アルバイトの場合は、勤労学生控除を申請すれば27万円の控除額が加わり、130万円まで所得税がかかりません。 ただ、親などの扶養親族となっている場合は、103万円を超えると扶養を外れてしまい、扶養者の税金負担が重くなるので、注意しましょう。 稼ぎすぎ注意!年収103万円を超えると親など扶養者の税金が高くなる 年収が103万円を超えると自分に所得税や住民税がかかるだけでなく、親など扶養者の支払う税金が増えることになります。 被扶養者の場合は親など扶養者の手取りが減る アルバイトで年間103万円以上稼いでいる人で、親など世帯主の被扶養者である場合は、世帯主の納める税金が増え、世帯全体の手取額が減ります。 これは世帯主が扶養者控除(16~18歳は一人当たり38万円、19~22歳は一人当たり63万円))を受けられなくなるためです。 ・親など扶養者の税金が増えるのはなぜ? 63万円の控除がなくなると、その分世帯主の課税所得が増えることになります。 1)の負担が増えると考えられます。 また、この63万円の所得が増える結果、世帯主に適用される所得税率が一段階上がってしまったり、勤務先から支給される家族手当などがなくなったりする可能性も出てきます。 そうなると、世帯主の手取り額はより減ってしまうことになります。 1%)が合わせて徴収されますが、今回は考慮せずに計算しています。 年収130万円 以上になると社会保険料負担も アルバイトの年収が130万円 以上になると、税金負担が増えるだけでなく、親など扶養者の社会保険の扶養を外れてしまい、 国民健康保険や国民年金を自分で支払う義務が生じます。 そうすると手取りが減ることになるのです。 このようにアルバイト代が年間103万円を超えると、世帯全体の所得に影響が出ることがあるので、学生で、親などの扶養に入っている場合は年収103万円以下に抑え、超えてしまいそうな場合は家族に相談したほうが良いでしょう。 源泉徴収の場合は、確定申告でお金が戻るかも!? アルバイト先で税金を「源泉徴収」されている場合は、翌年に税務署に確定申告を行うと納めすぎた税金が戻ってくることがあります。 源泉徴収された金額は年末調整で戻る 給与を払っている会社には、従業員の給料から税金分を天引きして税務署に納付する義務があり、これを源泉徴収といいます。 アルバイトも同様で、月収が8万8,000円以上になると自動的に天引きされます。 この税額は月単位で計算されるため、年間収入の合計が結果的に103万円以下になったとしても税金を納めている場合があります。 12月末の時点で会社に在籍していれば、「年末調整」という形で会社が調整し、天引きされていた税金が12月の給料に足されて戻ってきます。 ところが、会社が何らかの理由で年末調整 ができない場合や、年末までにアルバイトを辞めてしまったときは、自分で申告しないと税金が還付されません。 確定申告は白色申告で行う 年末調整がない場合に行う確定申告には、「青色申告」と「白色申告」があり、アルバイトは帳簿付けの必要がない白色申告で行うのが一般的です。 主に必要な書類は源泉徴収票と申告書で、稼いだ翌年の2月中旬から3月中旬の間(日付はその年によって異なります)に申告手続きを行います。 年末までにアルバイトを辞めた場合でも、源泉徴収票は退職時にもらっているはず。 紛失したなどの理由で手元にない場合は、元の勤務先に頼んで再発行してもらいましょう。 ・源泉徴収票の確認の仕方 源泉徴収票にある「支払金額」の欄が103万円(勤労学生控除が適用される場合は130万円)以下であれば、税金はかかりません。 アルバイト先が複数の場合は全て合計してください。 次に「源泉徴収税額」をチェックします。 年収が103万円以下で非課税のはずなのに、「源泉徴収税額」の欄に金額が入っていたら、確定申告によってその分が還付されます。 また、仮に「支払金額」が103万円を超えていたとしても、ある月は10万円、別の月は4万円など、月々の収入の変動が大きい場合などに、余分に源泉徴収されている可能性もあります。 この場合も確定申告をすれば還付を受けられます。 申告書は、国税庁のWebサイトから作成するのが簡単 申告書の作成は税金の知識がないとなかなか難しいのですが、国税庁が運営するWebサイト「e-Tax」(個人用:)を利用するのがおすすめです。 これは、インターネットで国税に関する申告や納税などの手続きを行えるシステムで、指示に従って金額を入力していくと申告書が完成します。 自分で生命保険料や健康保険料を払っていた場合は、これらが所得控除の対象になるので忘れずに入力してください。 サイトに正式に登録すれば確定申告をネット上で完結させられるのですが、そのためには電子申告等開始届出書を提出し、利用者識別番号を取得するなど、手続きが少し煩雑になります。 そこで、申告書をWebサイト上で作成し、プリントアウトしたものを管轄の税務署に郵送または提出する「書面提出」にしておくと、難しい事前準備がなくても申告ができます。 還付される時期は申告書を提出するタイミングにもよりますが、大体1カ月~1カ月半後に申告書作成時に指定した金融機関の口座に入金されます。 「103万円の壁」を超えないように働くのが得策 「アルバイトの収入は税金と無縁」と思っていた人もいるかもしれませんが、アルバイトも正社員の人たちと同じく給与所得者です。 住民税や所得税、社会保険の扶養の上限である、100万円、103万円、130万円には「~万円の壁」という表現がよく使われます。 これらの「壁」を超えると一気に負担が増え、手取りが減るという意味ですが、例えば「130万円の壁」を少しでも超えると、 150万円程度以上稼がないと手取りが減るという場合もあります。 稼ぎ方のスタイルはそれぞれですが、自分も家族も損をしたくないと考えている人は年収103万円までに抑えて稼ぐのが得策でしょう。

次の

学生のアルバイトで年収103万円を超えると、国民健康保険に加入しないといけないの?

学生 103万超えると

いったい本当はどれが一番得なのだろうか。 そもそも何の壁なのだろうか? まずは、この4つの数字は税金と社会保険の両方が入り混じった数字になっています。 だから難しい。 まずは整理をしてみましょう。 税金の壁 103万円と150万円は税金の壁です。 103万円を超えると、超えた額に対して自分で所得税を納めるようになります。 こちらは増えた所得に対して所得税(5%~45%)、住民税(約10%)の納税義務が出てきますが、増えた所得に対して課税されるため、夫婦の手取り額がマイナスになることはありません。 むしろ、配偶者の会社から出ている扶養手当が103万円を超えたらなくなるというほうが金銭的には大きいので、最初にそちらを確認してください。 仮に15000円支給されているとすると、1年で18万円になってしまいます。 103万円以内に収めたら18万円もらえるのに、104万円働いたら、家族の手取りが17万円減ってしまいます。 これは大きなマイナスですね。 150万円の壁は配偶者(納税者)の税金の控除である「配偶者特別控除」が徐々になくなる数字です。 ただし、これも徐々に減っていくので150万円を超えたから家族の手取りがマイナスになることはありません。 つまり、103万円にしても、150万円もどちらも超えることによる、夫婦の手取りが減るというデメリットは基本的にはありませんので(扶養手当がなければ)あまり気にする必要はないと思います。 社会保険の壁 106万円と130万円は社会保険料の壁になります。 一定規模以上の(*1)会社でアルバイトやパートをすると、年収106万円以上で社会保険に加入することになります。 お給料の中から、厚生年金、健康保険を負担することになります。 *1の要件 ・正社員が501人以上 ・収入が月88,000円以上 ・雇用期間が1年以上 ・所定労働時間が週20時間以上 ・学生ではない 仮に上記に該当する会社で年収108万円(月9万円)の給料だとすると、健康保険・介護保険料が5046円。 厚生年金の保険料が8967円となり、合計で14587円、年間約18万円の負担になります(東京都の場合)。 収入108万円に対して、約18万円の社会保険料を引くと、手取りは90万円になってしまいます。 上記の規模にあたらないところでパートやアルバイトをし、年収が130万円を超えると自分で国民年金と、国民健康保険に加入することになり、ひと月あたり約3万円、年間にすると約36万円の社会保険料の負担になります。 130万円までなら夫の扶養範囲なので、この約36万円は払わなくてもよい金額です。 131万円の収入だと、手取りが95万円になり、かなり損をした感じがします。 さらに所得税と住民税の負担もでてくるので、実質はもっと手取りが減ります。 結果的には130万円の収入を超えて、自分で国民年金、国民健康保険を払うようになると、目安として180万円以上働かないかぎり、家族の手取りは減ってしまいそうです。 180万円以内であれば、130万円に収入は抑えたほうがよいかもしれません。 さて、ここで少しライフプランを視野に入れてこの数字について考えてみましょう。 会社の健康保険と厚生年金に加入することができれば、例えば自分が病気になった時、健康保険の「傷病手当金」という手当が受給できる可能性があります。 働けない状況でお給料が支払われない場合は、4日目から1年6か月間も、お給料(標準報酬月額)の約2/3の手当がもらえます。 障がい者になった場合も、厚生年金と、国民年金と両方から障害年金が受け取れるようになります。 そして何より老後の年金を増やすことができます。 長生きをすればするほど増えた年金の威力は発揮されることになります。 とにかく、一番お得でないのは、130万円を超え、会社の社会保険にも加入できず、自己負担で国民年金と国民健康保険に加入する場合です。 106万円であれ、それ以上であれ、社会保険に加入できるのなら目先の損得以外のメリットがありそうです。 長い目でみて、働き方を選んでいけるとよいですね。

次の

【2019】学生がバイトで103万と130万の壁を超えると実際はどうなる?|バイトちゃんねる~バイトで学生・主婦をハッピーに~

学生 103万超えると

バイトで年収103万円を超えるとどうなる?4つのデメリットを紹介! バイトで年収が103万円を超えると以下のような4つのデメリットが発生します。 前半の二つは自分に関するもの、後半の二つは家族に影響を及ぼすものとなっているのでぜひ頭の中で分けて考えてみてください。 自分に所得税がかかる まずは年収が103万円を超えると所得税がかかることに注意しなければなりません。 日本では累進課税制度という所得が高い人により高い税率が課せられる仕組みを取っているので、いきなり多額の税金が課せられることはありませんが、学生のアルバイトに取っては痛い金額になります。 簡単に所得税を計算してみましょう! 年収が110万円でわずかに103万円の壁を超えてしまったとします。 自分に住民税がかかる 年収が103万円を超えると、所得税だけでなく住民税の課税も行われます。 ここまでみてくると103万円を超えたからといってすぐに大量の税金がかかるわけではないことがわかりましたね。 しかしこれはあくまで学生個人の話にすぎず、家族全体での損失を考えてみると、意外に扶養を外れるデメリットは大きいのです。 親の所得税・住民税が高くなる バイトの年収が103万円以下であれば皆さんは家族の扶養に入っていることができます。 しかし、103万円を超えると扶養から外れてしまい、自力で上記のような税金を支払う必要が出てきます。 それに加えて、家族が今まで受けていた扶養控除もなくなってしまいまい、税金(特に所得税と住民税)の金額が上がってしまうのです。 特に22歳までの大学生の場合には、年間63万円ほどの扶養控除が設けられていますが、これがなくなってしまうと親の所得税の税率が20%とすると、年間でおよそ 19万円分税負担が重くなってしまいます。 先ほどまでの自分にかかる税金に比べると明らかに金額が大きいですよね。 当然ですが親の方が年収が多いため、税率は高めになっており、その親の課税所得が増えることは皆さん自身への課税よりも大きなインパクトになってしまうのです。 親がもらっていた家族手当がなくなる可能性がある 親御さんが勤務している会社によっては扶養手当や家族手当をもらっている場合があります。 金額は企業によって様々ですが、もし扶養から外れるとこうした手当も受けられなくなってしまうので注意が必要ですね。 POINT! 学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校など 2. 国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の課程を履修させるもの 3. 職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させるもの この条件を満たす方であれば勤労学生控除を利用し、控除額を増やすことができます。 では勤労学生控除を利用するとどんなメリットがあるのでしょうか? 勤労学生控除を利用するとどうなる!? 従来では103万円の壁を超えると、学生自身に所得税や住民税の納税義務が発生していました。 しかし、勤労学生控除を利用することで130万円までのアルバイト収入であれば納税の必要は無くなります。 よって先ほどの年収110万円の例を考えると、1と2で計算した所得税と住民税は0円ということになります。 勤労学生控除の注意点 しかし、この勤労学生控除で免除されるのは学生自身に課税される税金だけです。 上の3と4で見たような親の負担が大きくなる分に関しては勤労学生控除ではどうにもなりません。 ですから130万円までは稼いでもへっちゃらというわけではないので、ご両親と相談していくら稼ぐのかを決めていくことが望ましいです。

次の