軽減税率はいつまでですか。 よくあるご質問|軽減税率対策補助金

消費税増税、「ポイント還元」とは?「軽減税率」の対象は? わかりやすく解説します

軽減税率はいつまでですか

財産処分制限期間とは、取得財産の単価が50万円以上の場合、または、効用の増加価格(改修等で機器に付加された価値)の単価が50万円以上の場合、取得または改修から法定耐用年数の間、廃棄、目的外の使用、他者へ譲渡・貸付、交換、債務の担保とすることができない期間のことです。 (パーソナルコンピュータの法定耐用年数は4年、その他の電子計算機の法定耐用年数5年、事務機器、通信機器その他の事務機器の法定耐用年数は5年、ソフトウェアの法定耐用年数は5年。 中古品は、中古資産の耐用年数。 券売機の法定耐用年数は5年とします。 )の場合、補助の対象となります。 特別法によって設立された組合でなければ対象になりません。 准組合員や出資者である主婦やサラリーマンも含めるのですか。 ただし、公募要領のとおり、「レジを使用して日頃から軽減税率対象商品を販売しており、将来にわたり継続的に販売を行うために複数税率対応レジを導入又は改修する事業者」である場合、つまり、日頃から軽減税率にて販売している場合は、補助の対象となります。 申請書に「外食等での軽減税率対象商品の取扱い申告書」を添付し、追加書類を提出(メニュー表、出前表、店内掲示物、ホームページの写し、営業日ごとのレジから出力されたジャーナル・売上レポートに軽減税率対象商品の表示があるもの等)してください。 また、現地調査や電話による確認等を行う場合がございます。 なお、申請者の要件を満たしていないにもかかわらず、補助金の申請を行った場合、補助金の交付は行いません。 飲食店において、軽減税率が適用される取引かどうかの個別の判断についてはお近くの税務署、又は、国税庁の軽減コールセンターへご確認ください。 社団法人(一般・公益)、財団法人(一般・公益)、医療法人(社会・社団・財団)、共済組合、地方公共団体、地方公営企業、宗教法人、学校法人、任意団体(法人でも個人事業主でもない事業者。 ただし、法人格を持たない団体で飲食料品を継続的に事業として販売している団体等を除く)など、公募要領に定義されている「本事業における中小企業・小規模事業者等の定義」以外の事業者。 申請の際、軽減税率対象商品(飲食料品等)が記載された仕入納品書、又は仕入請求書を添付いただくことになりますが複数税率対応レジ導入・改修後に軽減税率にて販売していることのわかる売上実績(営業日ごとのレジから出力されたジャーナル・売上レポートに軽減税率対象商品の表示があるもの等の提出等)等の事実確認をさせていただく場合がございます。 ただし、2019年10月1日以降に新規開業する場合は補助対象となりません。 申請の際、軽減税率対象商品(飲食料品等)が記載された仕入納品書、又は仕入請求書を添付いただくことになりますが、軽減税率にて販売しているか事実確認(営業日ごとのレジから出力されたジャーナル・売上レポートに軽減税率対象商品の表示があるもの等の提出等)をさせていただく場合がございます。 複数税率対応の予定や将来の計画のみで、販売の事実確認が出来ない場合は補助対象となりません。 ただし、2019年10月1日以降に軽減税率対象商品の取り扱いを始める場合は補助対象となりません。 (参照) なお、代理申請協力店が、軽減税率対象商品を販売していない中小企業者に対し、補助金の対象製品(レジ・POSレジ等)を購入させる目的で軽減税率対象商品を販売する事業を行うよう持ちかけ、補助金の対象製品を販売していた場合は、代理申請協力店の登録取り消しになりますので、事務局に報告してください。 「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日(2016年3月29日)から2019年9月30日までに補助対象機器等の売買契約やシステムの導入・改修に係る契約が締結されていることが必要です。 なお、2019年12月16日までに導入・改修および支払いが完了していない場合は、補助対象となりません。 また、申請時に必要書類を提出できない場合は、補助対象となりません。 この場合、提出できる申請書類を上記受付期限までに提出した上で、2020年3月31日までに本補助金の交付要件を満たし、全ての必要書類を提出する必要があります。 ただし、2019年8月の前線に伴う大雨および2019年台風第15号、19号、21号により被災した複数税率対応レジの入替、改修等に係る費用については申請できます。 ただし、2019年8月の前線に伴う大雨および2019年台風第15号、19号、21号により被災した券売機等の入替、改修等に係る費用については申請できます。 導入又は改修完了後、これに係る代金の支払いを終えた後、すみやかに補助金の交付申請を行ってください。 補助金の交付申請受付期限については、2019年12月16日(消印有効)までとなります。 この場合、提出できる申請書類を上記受付期限までに提出した上で、2020年3月31日までに本補助金の交付要件を満たし、全ての必要書類を提出する必要があります。 本制度では、レジや券売機の導入・改修等を行った中小企業者が申請者になります。 また、本制度では代理申請が可能となっております。 本制度の事務局ホームページで公表している代理申請協力店のみ代理申請ができます。 なお、2018年3月1日以降、「A-4型POSレジシステム」の申請は、代理申請または共同申請が必須となります。 また、「A-5型 券売機」の申請は原則代理申請または共同申請となり、「A-6型 商品マスタの設定」については代理申請が必須となります。 詳細は、事務局ホームページにてご確認ください。 家電量販店や文具店は、代理申請協力店でないため、代理申請ができません。 補助金申請書の書き方を手伝ってもらえるところはないですか。 また、2018年3月1日以降、A-4型の申請は、代理申請または共同申請が必須となりますので、A-4型を導入・改修する予定の場合、補助金申請が可能か、必ずご確認ください。 なお、A-1、A-2、A-3型の場合、申請者は補助金申請にあたり、行政書士、中小企業診断士、税理士などに申請書の作成を依頼しても問題はありません。 この場合、「代理申請」として補助金申請するのではなく、申請者の委任状にもとづく補助金の申請となります。 委任状については、委任されている内容を明記の上、ご提出ください。 また、交付申請書の「申請者名」を記入する欄の記名、押印、チェックは、必ず申請者ご本人に行ってもらってください。 対象製品の販売先の中小企業者が補助金の活用を考えていますが、代理申請協力店の登録を受けた販売店が代わりに補助金の代理申請することは可能ですか。 審査においては、レジを使用して日頃から軽減税率対象商品を販売しているか(A-5型 券売機については、券売機を使用して日頃から軽減税率対象商品の請求書(領収書)の発行をしているか)、申請者の要件である中小企業者等に該当するか、補助対象となる機器を申請しているか、補助対象となる経費を申請しているか、補助金額の算出は適切であるか、対象となる期間の導入および改修等であるかなどについて確認をさせていただきます。 また、この際に追加で書類を提出していただく場合があります。 この場合、補助金の申請を受け付けませんので、ご注意ください。 また、申請書類一式は返却いたしません。 ただし、審査において、飲食料品を継続して取り扱っていることを「飲食料品等を記載した仕入れ請求書(または仕入れ納品書)」で確認しておりますので、軽減税率対象商品の取扱いが想定しがたい業種と思われる申請者の方は、補助金の申請をする場合、公募要領に記載した提出書類に加えて、軽減税率対象商品の売上実績(営業日ごとのレジから出力されたジャーナル・売上レポートに軽減税率対象商品の表示があるもの等)、店内掲示物、ホームページの写し(飲食店等においては、メニュー表、出前表)等の申請者の要件を満たしていることがわかる資料を添付してください。 (添付がない場合は、審査の過程で必要に応じて電話によるヒアリング、または、販売実績等の追加書類の提出を依頼する場合があります。 飲食料品を継続して取り扱っていることを確認するため、原則、飲食料品等を記載した仕入れ請求書(または仕入れ納品書)を仕入れ先からご入手の上ご提出ください。 なお、仕入れ等がなく飲食料品を販売している場合、提出ができないことも考えられます。 法人の場合は、「全部事項証明書」、個人事業主の場合は、「開業届」を提出してください。 事務局では、審査において事業状況を確認させていただくために、電話によるヒアリング、または、販売実績等の追加書類の提出を依頼することがあります。 この場合、事務局にて確認した内容をもって、仕入れ請求書の提出に代える場合があります。 何を提出すればいいですか。 領収書でも申請書類として有効ですか。 なお、仕入れ等がなく飲食料品を販売している場合、提出ができないことも考えられます。 事務局では、審査において事業状況を確認させていただくために、電話によるヒアリング、または、販売実績等の追加書類の提出を依頼することがあります。 この場合、事務局にて確認した内容をもって、仕入れ請求書の提出に代える場合があります。 他の提出書類とあわせて審査をします。 ただし、クレジットカード払い(割賦契約)は、補助対象機器の支払いがすべて完了している場合はご申請いただけます。 なお、クレジットカード払い(分割払い)を利用して支払いを行う場合、クレジットカードで決済を行った日は2019年9月30日までである必要があります。 また、申請者の銀行口座等からクレジットカードの引落しが補助金の申請期限である2019年12月16日までに完了したものが対象となります。 しかし発送が2019年10月1日以降になりクレジットの決済が発送日の10月以降になってしまいました。 この場合補助金の対象になりますか。 なお、クレジットカード払い(分割払い)を利用して支払いを行う場合、クレジットカードで決済 を行った日は2019年9月30日までである必要があります。 また、申請者の銀行口座等からクレジットカードの引落しが補助金の申請期限である2019年12月16日までに完了したものが対象となります。 ただし、クレジットカードで決済を行った日が2019年10月1日以降となる場合は、2019年9月30日までに売買契約やシステムの導入・改修に係る契約を締結し、申請者の銀行口座等からクレジットカードの引落しが補助金の申請期限である2019年12月16日までに完了したものが対象となります。 リースの場合は、「指定リース事業者」として指定されているリース事業者との共同申請が必須となります。 指定リース事業者一覧は、本制度の事務局ホームページでご確認ください。 なお、リースの場合、補助金は指定リース事業者に振り込まれます。 リース契約日及びリース開始日に関しましては、を参照してください。 本制度の事務局ホームページに掲載している指定リース事業者一覧をご覧いただき、お近くのリース事業者にご相談いただくか、お取引先からリース事業者へご相談ください。 また、リース契約の内容や補助金を申請者の方へ還元する方法はリース事業者毎に異なり、リース契約締結の判断についても各社の基準等にゆだねられております。 このため、指定リース事業者であっても、必ずしもリース契約が利用できるわけではありませんのでご注意ください。 なお、指定リース事業者一覧は随時登録、更新されています。 店頭に飲食料品を置いただけで、飲食料品の販売実績が明らかに少ない場合は、補助金の交付は行いません。 (軽減税率にて販売しているか、営業日ごとのレジから出力されたジャーナル・売上レポートに軽減税率対象商品の表示があるものを提出していただくなど、総合的に審査させていただきますが、例えば、営業日ごとの軽減税率での販売が確認できない場合等は、補助金の交付は行えませんのでご留意ください。 現地調査においては、公募要領に記載されている内容を満たしているか等について、現地において確認をさせていただきます。 なお、消費税の軽減税率制度が実施される2019年10月1日以降、レジを使用して日頃から軽減税率にて販売していることがわかる書類(営業日ごとのレジから出力されたジャーナル・売上レポートに軽減税率対象商品の表示があるもの等)の提出をお願いすることがあります。 レジを使用して日頃から軽減税率対象商品を継続的に販売していることが確認できない場合は、補助金の返還を求めることがあります。 A-1型、A-4型:付属機器はレジ1台につき、各機器、1種類1台が上限となります。 なお、付属機器とは、バーコードリーダー、キャッシュドロア、クレジットカード決済端末、電子マネーリーダー、カスタマーディスプレイ、レシートプリンタを指します。 (A-1型:レジ専用ソフトウェア、サーバ、ルータは、1申請につき、各機器、1種類1台となります。 A-4型:POSシステムの付属機器(サーバ、ルータ)は、1システムにつき、各機器、1種類1台となります。 ) A-3型:レシートプリンタ1台につき、各機器1種類1台が上限となります。 なお、付属機器とは、バーコードリーダー、キャッシュドロア、クレジットカード決済端末、電子マネーリーダー、カスタマーディスプレイ、レシートプリンタ、ルーターを指します。 なお、本体機器と一体で購入した中古の付属機器も対象となります。 また、中古の機器については、「A-1 レジ・導入型」または「A-4 POSレジシステム(導入)」のいずれかで補助金申請することになります。 以前から使用している古いレジがあるため、新たに導入したレジは使用していません。 このような場合でも補助金の対象となりますか。 )第21条に基づき、補助事業の完了後においても、善良な管理者の注意をもって適切に管理する必要があります。 ただし、取得財産等処分承認申請書(様式第11)により、事務局の承認を受けた場合は、この限りではありません(補助金相当額の返納を求める場合があります)。 (パーソナルコンピュータの法定耐用年数は4年、その他の電子計算機の法定耐用年数5年、ソフトウェアの法定耐用年数は5年。 中古品は、中古資産の耐用年数。 券売機の法定耐用年数は5年とします。 ・ 申請者(中小企業・小規模事業者等)は、補助対象経費により取得し、又は効用が増加した財産(以下「取得財産等」という。 )について、補助事業の完了後においても、善良な管理者の注意をもって適切に管理するとともに、取得財産等を補助金の交付の目的以外に使用し、他の者に貸し付け若しくは譲渡し、他の物件と交換し、廃棄し、又は債務の担保の用に供することはできません。 ただし、事務局の承認を受けた場合は、この限りではありません。 この場合、補助金の返還が発生する場合があります。 (参考:消費税軽減税率対策補助金交付規程 抜粋) (交付決定の取消し) 第21条 事務局は、A型、B-2型及びC型の補助事業者が次の各号の一に該当するときは、第11条第2項の規定に基づく交付決定の全部又は一部を取り消すことができるものとする。 一 「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日である2016年3月29日(A-5型・A-6型・C-1型・C-3型については、2019年1月1日)から2019年9月30日までに、補助対象機器等の導入・改修に係る契約が締結されており、補助金の申請期限である2019年12月16日までに補助対象機器等の導入・改修および支払いが完了している場合は補助対象となります。 申請される際に補助対象契約期間中に契約を締結したことがわかる書類もあわせてご提出ください。 2019年9月30日までに、レジを導入し、支払いを完了したのですが、2019年10月1日以降に「店名ロゴ-店名スタンプ」の設定と支払いが完了した場合、「店名ロゴ-店名スタンプ」の設定費用は、補助対象となりませんか。 ただし、2019年9月30日までに、「店名ロゴ-店名スタンプ」の設定に係る契約が締結されており、補助金の申請期限である2019年12月16日までに「店名ロゴ-店名スタンプ」の設定と支払いが完了している場合は、補助対象となります。 申請される際に補助対象契約期間中に契約を締結したことがわかる書類 *もあわせてご提出ください。 なお、「店名ロゴ-店名スタンプ」は、レジを導入するにあたり「設置に要する経費」として、補助対象経費として認めております。 よって、レジの導入を伴わない「店名ロゴ-店名スタンプ」のみの補助金申請は、補助の対象となりません。 一方で、別の補助対象機器等が手配できることがわかったので、変更して別の補助対象機器等を導入する場合、補助対象となりますか。 御質問のケースについては、補助対象機器の変更に係る事情等について、それが上記の目的を逸脱するものではないと事務局が認める場合には、当該別の機器について補助対象として取り扱うこともありますので、まずはコールセンターへお問合せください。 なお、補助金の申請期限である2019年12月16日までに補助対象機器等の導入・改修および支払いが完了している必要があるため、支払いまたは納品(設置)が2019年12月17日以降になる場合は補助対象外となります。 また、リース開始日が当該期間中であることが必要です。 ただし、リース契約日またはリース開始日が、2019年10月1日以降となる場合においても、申請者、共同申請者(指定リース事業者)、販売事業者の三者間で、レジ等の導入等を行うことを2019年9月30日までに合意した場合は、リース契約が2019年9月30日までに締結されたものとみなし補助の対象となります。 なお、補助金の申請期限である2019年12月16日までに、リース開始をすることが必要です。 その場合、付属機器の導入についても契約書の提出は必要ですか。 ただし、対象製品として登録されていないにもかかわらず、申請者が一時的に対応できるよう個別に改修等をおこなった場合、「税率の区分記載が確認できるレシート(領収書)のサンプル」を確認することにより個別に補助金を認める場合がありますので、事前にご相談ください。 とあるが、どのように申請するのですか。 そのため、これまでは2019年9月30日までにレジの設置・支払いを完了する場合について補助の対象としてきたところです。 このたびの手続要件の変更は、事業者の方々の責めによらない事由により9月30日までに補助金申請上の手続要件が完了しない場合に対応するために補助対象期間の取扱いを変更したものですので、ご質問のケースについては、上記の事由とは異なる理由によるものであり本補助金の対象とはなりません。 必要書類・提出先・提出締め切りについて、ご事情を聴取の上、個別にご案内いたします。 補助金交付手続き等の柔軟な対応について】Q123 補助金申請をしていない対応レジが台風により被災し、新しく対応レジを購入しました。

次の

軽減税率は「6月で終了」と勘違いしている人続出、実施期間はいつまで続く?|mymo [マイモ]

軽減税率はいつまでですか

もくじ• 飲食料品の軽減税率と標準税率の分かれ目 スーパーやコンビニなどで買える食品の多くは軽減税率適用ですが、アルコールが含まれているみりん、料理酒は標準税率の10%ということです。 酒類はアルコール度数が 1度以上の飲み物のことを言います。 そのため、アルコール度数がゼロのノンアルコール飲料はそのほかの飲食料品と同じ扱いになり、軽減税率が適用されるんです。 また、老人ホームなどの食事は一食あたり640円以下 一日1,920円以下 と決められていて、それ以上だと標準税率になります。 この場合はどうなるの?軽減税率FAQ イートインできるパン屋さんの場合• イートインできるコンビニの場合• 言わずに使った方が安くなるとはいえ、嘘をついている罪悪感や「あの人持って帰るっていったのに……」というスタッフの視線を感じながら食事をするのは気分がいいとはいえないですよね。 ちなみに 持って帰ることが前提となっているお菓子やペットボトルなどの飲み物はイートインを利用しても税率は変わりません。 マクドナルドなどファストフードの場合• ファストフード店でもコンビニなどと同様に、税率は 自己申告によって変わるということ。 実際に、悪気がなくても「 やっぱり食べて帰ろうかな」となる事もありますよね。 でも、税率は お会計の際のお客さん側の意思によって決まるので、そこで改めて税金を払うということにはなりません。 悪気がなくてもあっても見た目には同じなので、店内を利用するのかテイクアウトするのかを決めてから注文をしたいですね。 スタバの場合• 店内で飲むつもりだったけれど席が空いてなくて仕方なく外に出る……なんて事もいつもたくさんのお客さんがいるスタバだとありえますよね。 そんな時に、中には「 会計をやり直してほしい」というお客さんも出てくるかもしれません。 増税後は、「 空いてたら座ろっかな〜」という感じではなく、 しっかり座席をキープしてから注文するようにした方がスムーズかもしれません。

次の

消費税の軽減税率制度とは?期間はいつからいつまで?日程は確定か?|子ども生まれたのに仕事辞めたい人のブログ

軽減税率はいつまでですか

目次 状況が変われば、軽減税率の対応が必要になることも 2019年に増税されて10%となった消費税、それに伴って設けられた軽減税率(8%)の制度によって、2種類の消費税率が併用されるようになりました。 もちろん、軽減税率の適用商品を扱っていないために、そうした動きとは無縁の店舗もあります。 そもそも、消費税の免税事業者であれば、「うちにはあまり関係ないなぁ」と思う程度でしょう。 しかし、こうした店舗であっても、 状況の変化によってレジシステムの導入・入れ替えが必要になることもありえます。 では、それはどのような場合なのでしょうか? 税制改正で税率が変わる 税に関する法律は、毎年のように改正が加えられています。 消費増税のような大きな改正は滅多にありませんが、経済や景気の動きに合わせて柔軟に変えていくのが税制というもの。 いつまでも現状のままではありません。 また、2019年の軽減税率の導入は、本来であれば消費税を一律10%に引き上げるところを、「食品類や新聞などの必需品に限って税率を据え置く」という形がとられた結果です。 となると、 今後の景気動向によって、軽減税率の数値や対象品目が変わる可能性は大いにあるでしょう。 世界を見渡すと、例えばスウェーデンのように25%もの消費税をかける一方で、コンサートや観劇、書籍などには6%と低い税率を設定している国もあります。 こうした国の状況を踏まえた税制が、日本でも将来的に施行されるかもしれません。 そうなれば、複数税率への対応は不可欠となるでしょう。 店舗の扱い品目が変わる 現在の、おもな軽減税率の対象となる品目は次のとおりです。 <軽減税率の対象品目>• ・酒類を除く飲食料品• ・持ち帰りのための飲食料品• ・有料老人ホームなどで提供される飲食料品• ・新聞• 一体商品…おもちゃ付きのお菓子や、紅茶とティーカップ、ジュースとグラスのセットなど、酒類を除く軽減税率の適用対象である食品と食品以外の商品が一体で販売されている物のこと。 これらの商品を新たに扱う際には軽減税率に対応する必要がありますが、中でも要注意なのは「一体商品の一部」でしょう。 これは、価格が1万円以下、食品の占める割合が3分の2以上の場合は軽減税率の対象になります。 ギフトショップなどでは注意が必要です。 お店の営業形態が変わる 食堂やレストランでの飲食は「外食」とみなされ、軽減税率の対象となりません。 そのため、こうしたお店では、複数税率対応のレジは不要でしょう。 しかし、店舗でテイクアウトを始めるとなると、こちらは軽減税率の対象になりますから、2つの税率を使い分ける必要が出てきます。 また、ベーカリーや弁当店にイートインスペースを設けている場合は、店内での飲食分が軽減税率の対象とならず、10%課税となります。 店内やお店の前に小さなベンチやテーブルを置き、そこで飲食できるようにすると、同時に複数税率にも対応する必要があるというわけです。 売上規模が拡大する 原則として、 個人事業主であれば前々年、法人であれば前々事業年度の売上高が1,000万円以下であれば、免税事業者となって消費税の納税義務が免除されます。 しかし、店が繁盛して売上が高まっていけば、やがて課税事業者になります。 そうなると、消費税や軽減税率とも向き合わなくてはなりませんし、複数税率に対応したレジシステムが必要となるでしょう。 軽減税率に対応させるには、どんな機材が必要? 軽減税率に対応させるには、 売上を登録管理するレジスターと、現金をストックしておくキャッシュドロワー。 最低でもこの2つは必要でしょう。 これらは、一体式と別体式とがありますが、一体式は大型になりやすいため、レジ周りのスペースなどによって検討しましょう。 レジシステムは機能も価格もまちまち 現在、市場に出回っているレジには、とても多くの種類があります。 売上を入力して合算し、レシートをプリントするだけのシンプルな物から、複数税率に対応した物、さらに在庫管理などと連携ができるPOSレジシステムを搭載した物など、実にさまざま。 高機能であるに越したことはありませんが、そうしたレジは概して高価で大型です。 スペースの限られた小さな店舗には不向きのため、必要な機能と価格を加味してチョイスしたいところ。 複数税率に対応しているレジは、2万円ほどから販売されています。 レシートの印字にサーマルプリンター(熱を使って印字する熱転写式プリンター)を使ったレジは3万円以上と少し高めですが、印字音が小さく、高速出力できます。 静かなカフェや、客数が多くて回転の速い雑貨店向きかもしれません。 低コストで導入できるクラウドPOS 売上管理だけでなく、商品の在庫管理や売上データの分析までできるPOSレジシステムは、とても高価。 しかし、近年では タブレットやスマートフォンで使えるクラウドサービスが登場し、手軽に導入できる「タブレットPOSレジ」が人気を集めています。 さすがにスマートフォンでは画面が小さく、操作性に難はありますが、画面の大きなタブレットなら使い勝手が良く、場所もとりません。 ダウンロードして使うPOSレジアプリはいくつかのベンダーからリリースされており、いずれも月額定額料金で安価。 中には、無料のものもあります。 必要に応じて別体式のレシートプリンターやキャッシュドロワーをそろえれば良く、これらはレジカウンターの下などに隠しておくことができますから、周辺をすっきりと見せることができます。 小規模店舗にフィットする「Square(スクエア)」 タブレットPOSレジの例として、「Square(スクエア)」を紹介しましょう。 Squareは、タブレットやスマートフォンにダウンロードする無料のPOSレジアプリ。 レジとしての基本機能はもちろん、売上データの分析や在庫管理、クーポンの発行やメッセージなど、お客さまとのコミュニケーション機能などを無料で使用することができます。 別ウィンドウでSquareのサイトへリンクします。 周辺機器(有料)も豊富で、プリンターやキャッシュドロワーなど、必要な物がひととおりそろっていますから、お店のニーズに合わせて選ぶことができます。 また、クレジットカードの専用決済端末を接続すれば、一定の手数料で主要クレジットカードブランドの決済ができ、販売機会を逃しません。 さらに、レジ周りをシンプルに、スタイリッシュに演出することができますから、お店の雰囲気づくりにも役立つでしょう。 レジシステムの入れ替えを考えてみては? 2019年の消費増税の際には、レジシステムの入れ替え需要に対して、政府による補助金支給が実施されました。 日本で初めて複数税率が実施されたため、多くの店舗でレジの入れ替えや新規導入が必要となり、そのための負担が大きいと予想されたうえでの対応です。 増税を境に立派なレジを据え付けたり、バーコード決済やタブレットPOSレジを導入したりといった店舗がある一方で、「今すぐレジの入れ替えは必要ない」というところもあるでしょう。 しかし、いつかは必要になってくるものです。 キャッシュレス決済の急速な普及を踏まえて、そろそろレジシステムを見直してみてはいかがでしょうか。

次の