やけど ヒリヒリ いつまで。 【疑問解決!?】火傷の痛みはいつまで続くんでしょうか?

「やけど」しちゃった!!効果テキメン!イケメンでCOOLな処置5つ教えます。

やけど ヒリヒリ いつまで

【質問】 やけどの治療にラップ? 幼稚園の孫が太ももにやけどをしたので、皮膚科を受診しました。 医師には、よく洗って食品用ラップをかぶせておくように言われました。 風呂に入るときにラップを取り換え、途中2回受診し、1週間で良くなりました。 私が思っている今までのやけどの治療とはかなり違いました。 やけどに対する「ラップ療法」について教えてください。 【答え】 ラップ療法 -経過は必ず医師に見せて- 高橋皮膚科クリニック 高橋 収(吉野川市鴨島町) 「ラップ療法」とは床ずれの治療で、ガーゼの代わりに食品用ラップを使用したのがポイントの治療法です。 内科医の鳥谷部俊一さんが、その有効性を提唱し、形成外科医の夏井睦さんらが「消毒」「創傷治療」の話題を加え、その普及に努力しています。 鳥谷部さんは「開放性ウエットドレッシング療法」に名称変更しようとしていますが、覚えやすい「ラップ療法」がだんだんと広まっています。 やり方は<1>創(そう)を水道水でよく洗い、消毒はしない<2>ラップで傷をじかに覆うだけで、基本的には軟膏(なんこう)などは塗らない-という簡単なものです。 現在、外来が中心の私は床ずれに対して、この治療の経験はありません。 やけどに対しての「ラップ療法」は、やけどの程度を的確に判断すればかなり有効な治療法であると考えています。 やけどの重症度は、受傷面積と深さから判断します。 受傷面積が約10%以上(片腕全体ぐらい)のもの、顔(特に気道熱傷の恐れがあるとき)のやけどは、救急で総合病院を受診してください。 重症熱傷は命にかかわります。 実際の重傷度は深さとも関係しますが、一般の人が初期に深さを判断するのは困難なことが多く、受傷面積が約10%以下で救急受診をするほどではないと判断したときに、家庭での治療になります。 まず、水道水でぬらしたタオルで絞って、患部に当てて冷やします。 冷たさがなくなれば、絞り直してください。 冷やしている間は痛みを忘れるはずですが、中断しても痛みを感じなくなるまで続けることが理想です。 初期の冷却が傷の治りに大きく影響するので、数時間かかっても頑張ってください。 痛みがなくなれば、「ラップ療法」の出番です。 食品用ラップで受傷面を覆い、テープで留めてください。 何も塗らず、消毒もしないでください。 水疱(すいほう)は破らないようにします。 しかし、すでに破れている部位からの浸出液が多い場合は、ラップの上にガーゼなどを巻いてください。 その後、1~2日の間に皮膚科医を受診してください。 やけどは深さで3つに区分されますが、第二度熱傷(症状が水疱もしくはびらん)で1~2週間で治るものなのか、第三度熱傷(白もしくは黒く焼けている)で手術が必要なのか、を決定する必要があります。 経過中症例によっては細菌感染のために内服薬を必要とする場合や、創面の乾燥に対して白色ワセリンを外用する場合もあります。 処置が「ラップ療法」で家庭でできると思っても、必ず経過は医師に見せてください。 ときにラップにかぶれたり、カビの感染を起こしたりすることもあるからです。 従来のやけどの治療では、医師から「毎日、消毒に来てください」といわれたと思います。 現在は研究の結果、「急性一般創傷に消毒は不要」という考えが確立されてきています。 まさしく第二度熱傷がそれで、新しい傷には有害な菌の増殖は起こっていないのです。 そして生体の働きとして、浸出液が菌をやっつけ、傷を治そうとするのです。 消毒はそれを妨げ、また創面をガーゼで覆うと、それをはがすときにせっかく治ってきている皮膚もはがしてしまうのです。 私も数年前から、やけどには超酸性水(水道水を電気分解したもの)を使っていますが、消毒時の痛みはなく、治りが悪くなったとは感じられません。 また外用剤も、第二度熱傷なら、必要により白色ワセリンで十分だと思います。 医師の観察下に行えば、やけどに対して「ラップ療法」は、非常に有効な治療法と考えます。

次の

フライパンにうっかり触ってアチチ! そんなときに覚えておきたい“やけどケア”|ニュース

やけど ヒリヒリ いつまで

消毒されて痛かったり、ガーゼを交換するときに痛かったりした記憶が院長にもあります。 傷ややけどの治療が痛いのは過去の話。 今は消毒せずぬるま湯でそっと洗って、ガーゼの代わりに傷にくっつかない創傷被覆材を使う時代です。 院長は10年以上前からを行ってきました。 痛くなく、早く、きれいに治ります! 処置を受けられた患者さんは、家庭でも出来そうなあまりにあっさりした処置なので驚かれますが、同時に痛みがないことにも驚かれます。 処置自体はあっさりしていますが、重要なのはキズの観察で、悪いことが起きていないか順調かしっかり観察し、何かあればすぐに対応します。 怪我ややけどで心配なのはいつ頃治るかと跡が残らないかですが、キズをよく見れば治る過程もよくわかりますので、「今はこういう段階で、後どれくらいで治ります」とご説明しています。 1歳に満たないお子さんのやけどからご高齢の方の転んでできた大きな皮膚剥離まで経験があります。 他所で「皮膚移植が必要」と言われたケースもきれいに治っています。 湿潤治療についての講演も承りますのでご連絡ください。 やけどをしたときにその場でまず行うこと やけどした部分を水道の水で1~2分冷やしてください。 それ以上冷やしても意味はありません。 氷水なども使わないようにしてください。 服の上からのやけどは、おおいそぎで服の上から流水を当てて冷やしてください。 服を脱がすと皮膚も一緒に取れてしまうという記述をよく見かけますが、そういう状態の皮膚はすでに熱で壊死した皮膚ですのでいずれ除去することになります。 熱いものが肌に触れる時間をできるだけ短くすることが第一です。 赤くなっただけで水ぶくれが出来なければ1度のやけどです 水ぶくれが出来ず、皮膚が赤くなってヒリヒリするだけの場合は1度熱傷と言って一番軽いやけどです。 やけどの部位が空気に触れているとヒリヒリしますが、何かで覆うと軽くなります。 一般的な絆創膏は空気を通すので、キズパワーパッドなどのぴったり貼り付いて水も空気も通さないものを貼るのがおすすめです。 ワセリンを塗ったラップなどを当てても痛みは和らぎます。 水ぶくれが出来たら2度以上のやけどです 水ぶくれができたら2度熱傷以上のやけどになります。 お湯より温度の高い油や火によるやけどは深くなりやすいです。 やけどが小さく水ぶくれが破れなければ そのまま治るまで保護する方法もありますが、ほとんどの場合治りきる前に破れてしまいます。 そうなると感染を起こしやすくなるので水ぶくれの皮の部分を取り除き、やけどの面を覆ってあげる必要があります。 また、やけどの深さをしっかり観察するためには水ぶくれを除去して評価する必要がありますので、よほど小さなもの以外は水ぶくれは除去したほうが良いです。 受診して処置を受けてください。 すぐに受診できない時はラップをやけどに当ててください。 ラップにワセリンを塗るとさらに痛みが少なくなります。 浸出液が出てくるときはラップの上からガーゼやタオルを当てて吸い取らせてください。 決してやけどの面にガーゼやタオルを当ててはいけません。 ワセリン以外の軟膏も塗らないようにしてください。 キズパワーパッドなども有効ですが、やけどは浸出液が多いので1日1~2回張替えが必要です。 関連情報 低温やけどは特殊なやけど 湯たんぽやホットカーペット、ファンヒーターなどで気が付かないうちにやけどをする「低温やけど」は、「低温」とついているので大したことがなさそうに思えますが、実はとても治りにくいやけどです。 暖房器具を使う冬場に多いので注意が必要です。 熱さを感じない温度でのやけどですので、熱いやかんを触ったときなどのように逃げる動作が起きません。 そのため低温とは言え、熱が「長時間かけてじっくりと奥深くまで」傷害しますので大変深いやけどになります。 最初は赤くなっているだけに見えても、数日の間に皮膚が黒く変色していく事があります。 皮膚の奥の方まで壊死してしまった3度熱傷です。 壊死組織を除去し、欠損した組織を肉芽組織が埋め、皮膚が周囲からはっていくのに2~3ヶ月はかかります。 壊死組織を除去する処置をしなかったりすると感染したり、いつまでも治らなかったりします。 また、壊死組織を除去してすぐに皮膚移植を勧められる場合があります。 多少早く治りますが、傷がもう1箇所増え、移植した所もきれいに治るわけでもありません。 気長に湿潤治療で治したほうが良いと考えています。 関連情報 ケガをした時 すり傷など すり傷などで傷が汚れているときは水道水でよく流してください。 傷に砂粒などが残っている場合はできるだけ早く病院で処置を受ける必要があります。 洗い終わったらワセリンを塗ったラップやキズパワーパッドを当ててください。 貼りっぱなしは危険で、最初の数日は毎日剥がして水道水で傷を流して付け替えてください。 ガーゼや普通の絆創膏は傷に張り付いて大変痛い思いをすることになります。 ワセリン以外の軟膏やキズドライなどは絶対につけないでください。 切り傷など 出血があるときは傷を心臓より高くあげて、傷を圧迫してください。 この時あまり力いっぱいおさえずに、血が出てこないギリギリの強さで押さえるのがコツです。 抑えても血が止まらず勢い良く出てくる場合は動脈が傷ついたの可能性があり、力いっぱい押さえながら救急車を要請してください。 止血できたら切り傷は早い時期にテープ固定などしたほうがきれいに治りますので受診してください。 すぐ受診できないときはラップやキズパワーパッドなどを当ててください。 なお、当院では縫合が必要と判断した場合は形成外科へご紹介させていただいております。 あると便利な傷・やけどの治療材料 ラップはどこのご家庭にもあると思います。 ワセリンを塗ってから傷ややけどに当てるとさらに良いです。 ラップは浸出液を吸収しないのでこまめに傷の周りを洗う必要があります。 傷専用に開発された治療材料を使えばさらに快適に治療できます。 通販で購入できますので家庭に常備されると良いです。 当院での治療もプラスモイストとハイドロコロイドとワセリンしか使っていません。 それで皆さん良くなっています。 ゲーベンやフィブラストスプレーなどは痛いばかりでかえって有害と考えています。 プラスモイスト 夏井先生と株式会社瑞光メディカルが開発したもので、傷にくっつかず、浸出液を適度に吸収してくれます。 傷に当てて、テープなどで固定します。 どんな傷ややけどにも使える優れた創傷被覆材です。 浸出液が少なくなったら乾燥しやすくなるのでワセリンを塗って使うのがコツです。 amazonや楽天でも購入できますし、当院近くの太陽薬局さんにも置いてもらっています。 ハイドロコロイド キズパワーパッドやクイックパッドという商品が有名ですが、瑞光メディカルの「ハイドロコロイド包帯」が価格がかなり安くおすすめです。 院内での処置では保険の関係でデュオアクティブETという商品を使っています。 いずれの商品もシール状になっていますのでテープなどが不要で、水も通さないのではったままプールに入ったり出来ます。 しかし、粘着力が強いので貼り替えのときに剥がすのが痛かったりします。 浸出液の吸収力も弱いので、浸出液が大きときは1日2回、少なくなっても2日毎くらいに貼り替えたほうが良いです。 最初はプラスモイストで治療し、治りかけで浸出液が少なくなった時期にハイドロコロイドを使うのが良いように思います。 ハイドロコロイド包帯はamazonや楽天でも購入できますし、当院近くの太陽薬局さんにも置いてもらっています。 過去の症例 皆様のご厚意で掲載させていただいております。

次の

やけど(熱傷)|一般社団法人 日本創傷外科学会 一般の皆様へ

やけど ヒリヒリ いつまで

《2》やけどの深さを想定する やけどの深さは、以下の3つに分かれています。 それよりも明らかに深いなら、迷わず病院へ。 特に、乳幼児の場合、体表面の10~15%を超える範囲でのやけどは、浅くても重症になります。 迷わず救急車を呼びましょう。 瞬間的なやけどの場合、広範囲なら浅くても病院へ。 大人でも、例えば自分の手の平より広い場合は、すぐに病院へ行きましょう。 気道やけど? 実は、やけどを負うのは皮膚だけではありません。 交通事故による火災や火事など、超熱い空気を吸い込むと、気道をやけどする危険があるのです。 皮膚と違って直接冷やすことは難しいうえ、そのままでは気道が腫れてしまい、重症の場合は、やがて息ができなくなってしまうという、命に関わるとても危険な状態です。 燃えさかる火から出る熱い空気を吸った可能性や、のどに強い痛みがある場合は、救急車を呼ぶ際にしっかり伝えましょう! 料理中、鍋料理・鉄板料理を食べるとき、タバコ… そんな「ついうっかり」な軽いやけどなら、きちんと冷やせば何とかなります。 数日は痛みがありますが、水ぶくれがやぶれなければ大丈夫です。 しかし、それ以外のガッツリな場合は、なかなかキレイに治りません。 広く、深く、じっくり、どれかに当てはまる場合は、病院できちんと治療を受けましょう。

次の