ガンダム マン チョコ 種類。 ガンダムマンチョコにスーパーアムロゼウス、シャアザクライストがラインナップ

ビックリマン 機動戦士ガンダムマンチョコを4個購入する!│static.xtreeem.com

ガンダム マン チョコ 種類

オンライン限定もあるのか? 過去の、キン肉マン・ワンピースマン、キングダムマン等の東西で分かれているパターンのコラボシールの場合、数か月後にロッテオンラインショップで東と西でそれぞれ2枚限定シールとミニアルバムが付いてくる箱買いセットが発売されていたので、今回も同じパターンでそうなると購入を保留(後で箱買いしなきゃいけないので)にしていたファンも多い中、2020年4月現在もなく、流石にもう無さそうです。 その他、関連する抽選のシール等も無いので現状は 全48種です。 48㎜サイズ、どちらもエンボスメタル仕様 機動戦士ガンダムマンチョコ「地球連邦軍」全24種シールリスト 「地球連邦軍」は主人公の「アムロ・レイ」や「ガンダム」がグリーンハウス描き下ろしで登場。 全24種のシールリストです。 シークレットシールはこちらの2種。 スーパーゼウスやヘッドロココのような人気キャラクターに扮するコラボパターンはおなじみです。 特に出にくいという事は無いと思いますが出なかったときに買おうとすると少し高いです。 機動戦士ガンダムマンチョコ「ジオン公国軍」全24種シールリスト 「ジオン公国軍」は、シャアやグフ・ゲルググ、そしてジオング等そそられるモビルスーツが多いです。 シールリストはこちらの24種。 シークレット2種。 ブラックゼウスと、ヘラクライストにシャアとシャアザクがそれぞれ扮しています。 夢のコラボや!と感じる人の割合は実際、どのくらいなのでしょうか。 管理人のレビュー グリーンハウスデザインの人型のシールって、ジワジワと来るんですよね。 シークレットのコラボのシールはあまりぐっと来ませんが、このフラウ・ボウのシールなんてかなり芸術性が高いです。 SDガンダム系のゲームで色んなモビルスーツを入手して戦わせるのがめちゃくちゃ面白かったので、ビックリマンという「何が出るかな?」という性質の場合はZガンダムやZZガンダム等ひっくるめて、様々なモビルスーツが出て、欲を言えば百式は豪華仕様とかだったらライト層にはウケると思いますが、やはりガンダム40周年を記念しているのでガンダムのファン層的にはこのラインナップが正解なのかもしれません。 グリーンハウスらしいモビルスーツの無表情さというか、なんというか・・とにかく漫画ちっくじゃないのが素晴らしいです。 機動戦士ガンダムマンの相場 ガンダムマンの相場は2020年3月現在で全48種フルコンプで6,000円~程です。 赤と青で東西別で販売開始されたので地方だとまだコンプ出来ていない方もいると思うので需要はあります。 人気のあるガンダムとのコラボなので逆に球数が多くなり、 100円に落ち着いていくのではないかと思います。

次の

機動戦士ガンダムマンチョコ ジオン公国軍の開封結果、配列、封入率は?

ガンダム マン チョコ 種類

出てくるシールは「全部」ジオン公国軍。 ガンダムを擁する「地球連邦軍」のキャラは、モビルスーツは、出ない。 出てくるビックリマンシールは「ジオン公国軍」のみ。 敵「役」なのに、魅力あふれるキャラばかりの。 敵「側」なのに、欲しくなるモビルアーマーばかりの。 ビックリマン「と」ジオン公国軍のコラボレーション。 ロッテ「機動戦士ガンダムマンチョコ」ジオン公国軍編。 2019年10月22日に「西日本先行」で新発売。 2019年10月22日に「東日本先行」で新発売されたのが、地球連邦軍編。 当たり前のように「2つとも」集めたくなる、機動戦士ガンダム40周年を記念すべきコラボシール。 全力で箱買いしてみた。 お返しのレビューを全力でしていこう。 機動戦士ガンダムマンチョコ「ジオン公国軍軍」のシールの特徴 ガンダムマンコレクターシール(ジオン公国軍編)は全24種類。 全24種、「全て」のガンダムマンコレクターシールが「エンボスメタル」仕様。 昔ながらのキラキラシール(ヘッド)は、ありません。 ビックリマン世代の方には残念に思われるかもしれないけど、 メタリックな輝きも、良い。 全てのシールがヤマト爆神のように、メタリックな輝きを誇る。 そう思えば、どれが当たっても、当たりかもしれない。 思えなくても、その代わりの「シークレット」が2種入っているので、続けてご紹介したい。 因みに裏側は、ビックリマンらしく「説明文」と「ウワサ」が載っていて。 ビックリマンらしい「1コマ漫画」は描かれてないけど、しっかり読んで昔を思い返して欲しい。 ジオン公国軍編のラインナップ(ネタバレ含む) コラボした証の「ジオン公国軍」01から始まり。 ジオン公国軍01:シャア・アズナブル• ジオン公国軍02:ガルマ・ザビ• ジオン公国軍03:ランバ・ラル&クラウレ・ハモン• ジオン公国軍04:マ・クベ• ジオン公国軍05:ミハル・ラトキエ• ジオン公国軍06:ドズル・ザビ• ジオン公国軍07:デギン・ソト・ザビ• ジオン公国軍08:ギレン・ザビ• ジオン公国軍09:キシリア・ザビ• ジオン公国軍10:ララァ・スン• ジオン公国軍11:ザク• ジオン公国軍12:シャア専用ザク• ジオン公国軍13:グフ• ジオン公国軍14:トリプル・ドム• ジオン公国軍15:ゴッグ• ジオン公国軍16:ズゴック• ジオン公国軍17:アッガイ• ジオン公国軍18:ビグ・ザム• ジオン公国軍19:ゲルググ• ジオン公国軍20:ギャン• ジオン公国軍21:エルメス• ジオン公国軍22:ジオング• ジオン公国軍23:ブラックシャアゼウス• ジオン公国軍24:シャアザクライスト モビルアーマー(スーツ)たちは「全部」明確に覚えてるけど、キャラの記憶は曖昧で。 シャアとジオングが出れば、大満足なライト勢で。 シークレット(コラボレーション)の、ブラックシャアゼウスかシャアザクライストのどちらかが1枚出れば狂喜乱舞するビックリマンどストライク世代。 薄ぼんやりとした記憶だけが頼りだけど、全力で開封していこう。 機動戦士ガンダムマンチョコ「ジオン公国軍編」を箱買いした全力のレビュー ジオン公国軍編は、西日本 「先行」販売。 シール「だけ」が欲しいなら、それこそネット(ヤフオクやメルカリ)に頼れば、想像以上に簡単に手に入る。 全国販売した時に「店頭で」「選んで」買いたい人は、首を長くして待って欲しい。 1箱30個入り。 お値段は「1個」税抜き価格80円。 税込価格で86円。 コラボ作品でも、ビックリマン「らしく」パッケージは2種類。 機動戦士ガンダム「40周年」を祝うエンブレムは共通で。 シャアとシャア専用ザクが並び立つパッケージと、• ララァとエルメスが浮かぶ2タイプ。 どちらも黒を基調に「赤」が映えるパッケージである。 尚、ビックリマン世代の方はウエハースチョコには「ピーナッツ入り」を当たり前のように覚えているかもしれないけど。 残念な事に、今は、ピーナッツは入っていない。 その代わりに、クッキークランチで昔と変わらない「食感」を再現している。 チョコウエハースの内容量は23g。 カロリーは118kcal。 香ばしい風味は何十年経っても変わっていない。 残さず「美味しく」食べよう。 いただきます! 『変わらない美味しさ!』• 「サクッ」と噛めばウエハースは香ばしく。 「ザクッ」としたチョコレートがお口に広がって。 「カリッ」としたクッキークランチが美味しさを跳ね上げる。 風味や食感、軽い甘さの「味わい」は昔と変わらないように思えて。 何個も何個も食べたけど飽きた事なんて1度、無い。 いつまでも変わらない美味しさを、全力で楽しんで欲しい。 お早めに召し上がろう。 コラボレーション作品とはいえ、れっきとしたビックリマン。 新箱を発見した時に、『左側の手前から4番目だったらキラ!』というオカルトを覚えている方も多いと思う。 しかし。 コラボレーション作品らしく、パッケージは「単色」に染まっている。 黒を基調に、映える赤がカッコイイけどオカルトそのままは、通用しない。 ただ単純に、左側の手前から4番目が「熱い」とだけお伝えして開封していこう。 あなたが「気分」だけでも味わえるように左側から。 全力で! 開封!• ジオン公国軍08:ギレン・ザビ 『あえて言おう!』の人! 全力でレビューするとか言いながら。 登場人物が「どんな」役割をしていたかの記憶は曖昧で。 大人になって「から」知った事の方が多くて。 再放送世代の僕は、ただ、ガンダムたちの「戦い」に見入っていた記憶で。 戦争の「背景」は詳しくない。 詳しくないけど。 名言くらいは知っている。 演説が「超絶名シーン」なのも知っている。 その演説を切り取った1枚で。 デフォルメされているのに、迫力しかない顔は、威厳に満ちていて。 ビックリマンらしく表現された「背景」は、エンボスメタルの輝きと相まって。 存在感が際立っている仕上がり。 地球連邦軍編「よりも」ガンダム寄りの仕上がりに、この先にも期待が持てる。 さぁどんどんいこう!• ジオン公国軍01:シャア・アズナブル 『赤い彗星!!!』 ビックリマンらしいサイズ感「なのに」存在感の塊で。 赤く滲む、禍々しい背景と絶妙にマッチしていて。 デフォルメされているのに、ビックリマン「らしくなく」ガンダム要素が強い仕上がり。 見た瞬間に、脳内で「簡単に」声が再生できて。 『坊やだからさ・・・。 』って。 数々の名言があるけど、何度も、何度もこの台詞が、リフレインしてしまう。 早い段階で出てくれて良かった!!!• ジオン公国軍03:ランバ・ラル&クラウレ・ハモン 『名前は知ってるけど。 』 『グフ乗ってた人って知ってるけど。 』 『散り際は忘れていた。 』 そんな時、裏の説明文は、ウワサは、便利で。 散り際を「ぼんやり」と思い出せた。 その後に、また二人を見れば、少し悲しくて。 戦争を描いたアニメなんだなって。 思い知らされた。 刻もう。 「改めて」胸に。 残そう。 「バインダー」に保管して。 ジオン公国軍22:ジオング 『目的を早々と達成!』 シャア「と」ジオングは、どうしても欲しかった。 アムロ「と」ガンダム・ラストシューティングはもう手に入れてるので、決戦の再現を、脳内で再生できる。 シールだからこその、バインダーに保管して、見開きで「対」に出来るのが、最高で。 2人の戦いを「ビックリマンのシールで」脳内再生できるのは、幸せの一言。 ビックリマン「らしく」デフォルメされていても、ジオングはジオングで。 ビックリマンのサイズ感でも、その巨大さが見事に伝わってくる仕上がり。 ラストシューティングは収録されているのに、ジオングの頭だけバージョンが収録されていないのは、残念だけど。 十分以上に幸せ。 もう「かなり」大満足だけど、力の限りレビューを続けよう。 ジオン公国軍16:ズゴック 『水中戦!!!』 あった。 そうそうそう。 水中戦「も」あった! 水中で真価を発揮するズゴックが、シンプルにデフォルメされているだけなのに。 ビックリマンシールとして登場しただけなのに。 ビックリマンらしい説明文が、ウワサが、記憶を鮮明に浮かび上がらせるから、良い。 ジオン公国軍06:ドズル・ザビ 『ビグ・ザムの!』 やっぱりだ。 キャラクター「の」役割の記憶は曖昧で。 モビルアーマー(スーツ)「ありき」でキャラクターを覚えている。 軽く調べた「名言」は、脳に焼き付いているけど。 やっぱりドズル・ザビ自体の記憶は、薄い。 キャラがデフォルメされているだけで。 特徴的な表情も、ビックリマン「らしくなく」シリアスで。 これは、ガンダムマンチョコって、思い知らされる1枚。 表情の再現度は高いだけに、記憶が曖昧なのが悔やまれる。 ジオン公国軍09:キシリア・ザビ 『居た・・・んだよね・・・。 』 名前は「一切」記憶になくて。 覆面をした「悪い人」って記憶しかなくて。 自分が、どれだけ「ロボット同士」の戦いにしか興味がなかったのか思い知らされる。 キャラクターデザインは秀逸で。 ビックリマンらしくないスタイルで。 キレのある目元は、魅惑的なマスクは、素直にカッコ良く映る。 「キシリア・ザビが何をしたか?」レビューが終わり次第、調べよう。 ジオン公国軍05:ミハル・ラトキエ 『あぁ・・・っ!』 全編は、30年以上も前に見ただけで。 再放送を「ちょこちょこ」見ていただけで。 キャラクターたちの記憶は、薄い。 裏面を見て。 空中に放りだされるシーンが「簡単に」再生されて。 怖くなって「見なくなった」記憶も蘇った。 そうだ。 ガンダムって、子供にとっては、悲しい出来事が多かった作品だ。 たった1枚のシールだけど。 ミハルがスパイ容疑で捕まっている時のシーンを、かわいくすねた顔を、デフォルメで表現しているだけだけど。 ジオン公国軍02:ガルマ・ザビ 『坊やだからさ・・・。 』って言われた側の人! 当時、幼過ぎた僕では、ガルマ・ザビの功績なんて、当たり前に覚えてなくて。 何をして、どんな風に「散った」か覚えてないけど。 シャアが彼に対して放った台詞と連動して、覚えている。 乗っていたモビルスーツも記憶になくて。 軽く調べて、多くの女性ファンに「愛されていた」と知って。 登場シーンから見ようと思う。 確かに。 ビックリマン「らしくない」リアルな描写は、イケメンである。 ジオン公国軍15:ゴッグ 『さすがゴッグだ、なんともないぜ!』 そうそう。 量産型の! 水陸両用の! ゴッグ! 出るまでは、ズゴックと姿形が混同してたけど。 これだ! ビックリマンらしさ「よりも」忠実にデフォルメされているだけで。 ゴッグ「が」ビックリマンシールのサイズでコレクションできるだけで、幸せ。 機雷程度じゃびくともしないぜ!!• ジオン公国軍20:ギャン 『プラモ持ってた!』 シンプルながら洗練されたデザインが好きで。 騎士的な風貌は、今でも好き。 デフォルメされていても洗練されていて。 ギャン「らしさ」は健在で。 戦いの場である「背景」が、らしさを押し上げている仕上がり。 やっぱり敵側のモビルスーツも、良い。 ジオン公国軍24:シャアザクライスト 『シークレットは左側手前から12番目!!!』 この結果は、ドラゴンボールマンチョコに近くて。 コラボ作品は、左側の手前から11番目付近「も」熱いのかもしれない。 その仕上がりは、シャア専用ザクがヘラクライストの装備を身に着けているだけで。 身に着けているだけなのに、ビックリマンファンの僕は狂気乱舞して。 ヘラクライスト「らしい」ポージングに感動して。 握りしめた「ヘラクライストの剣」に、「シャア専用」の文字は、大興奮しかしない。 『最高です!!!』 もう終わっても良いくらいの大満足。 それでも。 最後まで全力のレビューを、しよう。 ジオン公国軍12:シャア専用ザク 『良い流れ!!!』 シャアザクライスト「からの」シャア専用ザク。 大満足しても、もっと欲しくなるのが人間で。 絶妙なタイミングで降臨するから、箱買いは止められない。 その完成度は当たり前に高くて。 これぞビックリマン「な」シャア専用ザク。 ただ立っているだけ「なのに」ひたすらに、シャア専用ザクは、ただひたすらに、カッコイイ。 『ギャンのパイロット!』 ギャンの紳士的な風貌とは違っていた記憶で。 少し影が「あった」と記憶している。 背景もそれに「合わせて」か、少し「禍々しく」描かれている。 やはり、キャラクターたちはビックリマン「らしくなく」リアリティを優先させていると「分かる」1枚。 ちょっと、怖いくらいの表情は、ビックリマンらしく、ない。 ジオン公国軍14:トリプル・ドム 『黒い三連星!』 『ジェットストリームアタック!!!』 ニュータイプに覚醒したアムロ「が」全てを撃破した。 完璧に記憶違いをしていて。 この「黒い三連星戦」で、マチルダさんが散っていたことなんて忘れていて。 記憶って簡単に「作ってしまう」ものなんだな・・・って、痛感した。 ビックリマンらしく、少し「コミカル」に描かれているけど。 このシーンの背景には、戦争ならではの悲劇があった。 ビックリマン「なのに」ガンダムの話を思い出さされる事、多過ぎだろ・・!? ここで。 前半戦終了。 後半戦は当たり前のように、ダブり始める。 ある程度の覚悟を決めて、後半戦へ進もう。 ジオン公国軍13:グフ 『ランバ・ラルの!』 『ザクとは違うのだよ、ザクとは!』 『好きだったなぁ!』 ザク「よりも」強くて。 シャア専用ザク「と」双璧と信じてた。 出番自体は少なかった記憶だけど。 「青い巨星」という異名は、忘れることができないインパクト。 その「青い」ザクはこんなにカッコ良くて、 『そうそう!武器はヒート・ロッド!』って1枚のシールで思い出せた。 コラボって、良いね!• ジオン公国軍16:ズゴック 『りょ、量産型だし・・・!』 2枚くらいじゃヘッチャラさ。 次へいこう。 元気よく。 ジオン公国軍02:ガルマ・ザビ 『連続ダブり・・・。 』 ま、まぁ箱買いで30個だし? 24種類しかないから? ダブるんだよ・・・?• ジオン公国軍10:ララァ・スン 『女神!』 連続ダブりを回避してくれただけで、女神。 その仕上がりは、ビックリマン「らしさ」もあふれていて。 宇宙の神秘的な「背景」がララァの存在感を際立たせる仕上がり。 その表情の再現度はお見事で。 疑いようもなく、ララァが、リアルに再現されたララァが、ビックリマンの世界に降臨しただけなのに。 興奮する1枚。 これだからコラボは好きなんだ。 ジオン公国軍18:ビグ・ザム 『メガ粒子砲!!!』 ロマン砲。 圧倒的火力。 ただでさえ、その巨大さゆえの恐怖があったのに、最強クラスのメガ粒子砲を搭載したビグ・ザム。 これぞ「モビルアーマー」な姿で。 デフォルメされていても、圧倒的な存在感は失われていなくて。 そんな存在感の塊の「ビグ・ザム」をビックリマンらしくコンパクトにコレクションできるだけで、嬉しい。 ジオン公国軍19:ゲルググ 『後半の機体!』 シャア専用ゲルググの思い出が強くて。 『?赤じゃないの?』って一瞬なったけど。 量産型はこの色で正解だった。 デフォルメされていても、威風堂々な姿で見事に描かれている1枚。 少し胸を張ったように見えるのは、その性能の高さからだろうか? ビックリマンらしくない仕上がりに、少しばかり興奮する。 ジオン公国軍03:ランバ・ラル&クラウレ・ハモン 『ぐぬぬ・・・・』 少し順調だっただけに、油断していた。 ダブりは当然のように、突然、発生するのが箱買いだ・・・。 ジオン公国軍07:デギン・ソト・ザビ 『顔は覚えているぞ!』 名前は「完全に」頭の中には居なかったけど。 大ボス感は半端じゃない。 ビックリマンの世界観とはかけ離れた、リアルな表情。 威厳に満ち溢れ、コミカルな要素は体型のみで。 『あれ?ビックリマンだよね?』って確認したほど、違和感がある。 これは、改めて見なきゃダメだな。 機動戦士ガンダムの全話を。 ジオン公国軍21:エルメス 『よしっ!!!』 ララァが当たったから、当たり前に欲しくて。 当たり前のように、並べて飾りたい1枚。 ビックリマンらしい「丸み」がエルメスらしさを跳ね上げている1枚。 機体はシンプルだけど、ビット(フィンファンネル)を纏った姿は簡単に頭に思い浮かんで。 モビルアーマー屈指のカッコ良さを誇る。 当たり前のように、ララァと並べて飽きるまで眺めたい。 シャア専用ゲルググがないのは、少し物悲しいけど。 『ま、まぁ主要なのは出てるし!』 後半戦も終盤になると、ダブりは連続するもの。 それも分かった上で箱買いしたのだ。 文句は、言うまい。 ジオン公国軍14:トリプル・ドム 『黒い六連星!』 まだだ。 まだ4個残っている。 最後まで気を抜かない・・・!• ジオン公国軍08:ギレン・ザビ 『あえて言おう、カスであると!』 思ってないですけど。 言いたかった。 言いたかったのだ!• ジオン公国軍11:ザク 『おっ!』 『カッコイイじゃないか!』 今まで「出た」機体は、シャアザクライスト以外は棒立ちで。 ザクだけポージングしていて。 ズルいくらいカッコイイ1枚。 ビックリマンらしくも、ビックリマンらしくもない仕上がりで。 ザクってカッコイイなって思える。 1つ目、良い。 ジオン公国軍17:アッガイ 『アッガイも居た!!!』 ゴッグ、ズゴックで終わりじゃなかった。 水中戦ではアッガイも居たんだった! ビックリマンの世界観で描かれても、違和感はなくて。 丸みの多いアッガイは、ビックリマンシールになっても、アッガイらしく馴染んでいる1枚。 メタリックに輝く水中をイメージした背景が、よく似合う。 ジオン公国軍05:ミハル・ラトキエ 『終了!!!』 『最後はダブりで終了です!!!』 『ありがとうございました!!!』 かなり「良い」戦績だったはず。 続けて配置や内訳を、お届けしよう。 箱買いした結果(内訳)のまとめ 個人的には大満足した箱の結果(配列)がこちらです。 内訳を文字で起こしたのが、こちら。 ジオン公国軍01:シャア・アズナブル: 2枚• ジオン公国軍02:ガルマ・ザビ: 2枚• ジオン公国軍03:ランバ・ラル&クラウレ・ハモン: 2枚• ジオン公国軍04:マ・クベ• ジオン公国軍05:ミハル・ラトキエ: 2枚• ジオン公国軍06:ドズル・ザビ• ジオン公国軍07:デギン・ソト・ザビ• ジオン公国軍08:ギレン・ザビ: 2枚• ジオン公国軍09:キシリア・ザビ• ジオン公国軍10:ララァ・スン• ジオン公国軍11:ザク• ジオン公国軍12:シャア専用ザク• ジオン公国軍13:グフ• ジオン公国軍14:トリプル・ドム: 2枚• ジオン公国軍15:ゴッグ• ジオン公国軍16:ズゴック: 2枚• ジオン公国軍17:アッガイ• ジオン公国軍18:ビグ・ザム• ジオン公国軍19:ゲルググ• ジオン公国軍20:ギャン• ジオン公国軍21:エルメス• ジオン公国軍22:ジオング• ジオン公国軍24:シャアザクライスト 出なかったシールがこちら。 ジオン公国軍23:ブラックシャアゼウス シークレット2種の内、1種「だけ」が出なかった形となりました。 追加で箱買いはしないと思います。 1点狙いは、ヤフオクやメルカリ等で「買った」方が結果的に安上がりになります。 どうしても「出ない」「欲しい」シールがあれば、ネットの力に頼ってください。 あなたのお財布に優しい範囲内で楽しんで欲しい。 因みに、シークレットは左側の手前から12番目でした。 法則性は強くありませんが、オカルト的に狙ってみるのも面白いかもしれません。

次の

『ガンダムマン』北海道でも発売開始!売り切れ必至のおっさん心くすぐりアイテム!【コンプ目指す!?】

ガンダム マン チョコ 種類

Contents• 東日本先行販売!エヴァックリマンチョコ新劇場版:序 ・破 こんにちは「うぇすてりあ」です! 今年始めの1月に急遽発売された エヴァンゲリオンマンまだ記憶にも新しい所でしたが、今回は劇場版のエヴァンゲリオンのコラボとして、シールデザインを一新してのビックリマンらしいデザインで発売される事になりました。 前回の エヴァンゲリオンマンは、めでたくコンプリートできました。 今回はどうなるのでしょうか?気になる所です。 エヴァックリマンチョコ新劇場版:序・破の種類数は24種と1箱(30個入り)だけだと、コンプリートは難しそうですね。 エヴァックリマンチョコ新劇場版:序 ・破の詳細情報 パッケージはこの2種類になります。 「目標をセンターに入れてハサミでカット」開封の儀 さてさて、ようやく開封できます!このドキドキ感いいですね。 1箱でコンプリートできるか!?楽しみです。 今回も開ける順番は上記にように開けていきます。 それでは早速この箱を開封していきましょう。 そしていつものごとく5枚づつ、まとめて画像を載せていきます。 1~5個目の エヴァックリマンチョコ新劇場版:序・破発進! 下記は左から右に開封していますので、一番左が1個目になります。 いきなり狙っていたシークレットの一つ 「S2:エヴァクライスト初号機」が1個目で出ましたー! そしてもう一つ 「No. 20:第8の使徒」のデザインもカラフルでなかなかのデザインで好きですね。 幸先いいですね! 6~10個目の開封 おお!やはり「No. 4:渚カヲル」が出るとプレミア感がありますね(パチ脳)ビックリマンでは単なるノーマール扱いですが…(笑) 11~15個目の開封 今回のこのビックリマン風のキャラクターデザインは人間・使徒・メカ共にいい感じのデザインに仕上がってる感じです。 16~20個目の開封 狙っていた 「No. 14:エヴァ初号機疑似シン化第1覚醒」も出ました! この動きがある感じで臨場感ありますね! これは嬉しい! 21~25個目の開封 そしてまたもや狙っていた、 「No. 21:第9の使徒」もでました! 劇場版を観た時にショックを受けた使徒でした。 19:第6の使徒」のみです! そしてコンプリートも見えてきましたが、残りも気が付けばラスト5個になってしまいました。 さぁラスト5個の開封にいってみましょう! 26~30個目の開封 最後に狙っていた 「No. 19:第6の使徒」も出ました。 こちらの使徒はヤシマ作戦で印象に残ってる使徒ですね。 この戦闘は昔から好きでした。 これで、狙っていた5種は全部出てくれました! しかし24種コンプリートは出来ませんでした。 なんと残り1種でなんと 「S1:スーパーシンジゼウス」が出ませんでした。 残念でした! まとめ 結果はこのようになりました! 今回のエヴァックリマンチョコ新劇場版:序・破は満足できました。 また「S1:スーパーシンジゼウス」は、ちょくちょくコンビニなどで買って、出たらで報告しますね。 お次は「エヴァックリマンチョコ新劇場版:Q」の開封記事になります! お楽しみに! うぇすてりあの田舎への移住計画 親の難病介護離職と早期リタイア して軽キャン旅へ Author:うぇすてりあ 当ブログは30~60代「中高年」の 【今・未来の生活】に役に立つ 情報が詰まったブログというより 【日々更新する書籍感覚】の 新しい形となっております。 170• 106•

次の