シャーメゾン インテリア ブログ。 シャーメゾンの「安全性」

【ホームメイト】賃貸ブログ|オシャレなシャーメゾンが新築で登場♪

シャーメゾン インテリア ブログ

instagram. 積水ハウスの自社物件のため、設計から建設、物件管理、入居者対応や入居後のアフターサービス、リフォームなどすべて一貫しておこなっています。 ちなみに、シャーメゾンをメインで取り扱う不動産屋は、積水ハウスの特約店である「MAST」という賃貸不動産屋です。 物件の特徴としては、戸建てと変わらない高級感のある物件をコンセプトにしているため、内装がオシャレなお部屋が多いです。 間取りは、一人暮らし向けのワンルームや1Kはもちろん、同棲や家族向けの1LDK、2LDK、3LDKなどいろんな種類があります。 中にはペット可の物件もあるので、自分の生活スタイルに合ったお部屋を探しやすいです。 シャーメゾンのネット上の評判は良い シャーメゾンは、普通の物件と比べて家賃が高めですが、外観や内装がオシャレでとても評判が良く、人気が高いため、空室になっていてもすぐに埋まってしまいます。 また、通常よりも防音性が高い床材を使っている物件があり、防音対策がしっかりしているので、騒音によるトラブルが少ないという点が人気のようです。 シャーメゾンの評判や口コミに関して、ネット上で調べてみたので紹介していきます。 住み心地がかなり良い ツイッターで「シャーメゾン 住み心地」「シャーメゾン 快適」「シャーメゾン 不便」などを検索してみると、以下のような意見がありました。 ほかの賃貸物件と比べると快適、防音性が高いという声もあれば、ちょっとしたお部屋の作りが気に入らないという意見もありました。 ただ、ツイッターを見る限りだと、ほとんどの人がシャーメゾンのお部屋の住み心地は良いと答えていたので、お部屋の設備をこだわりたい人におすすめです。 引っ越し歴17回の転居マニアですが、音に敏感なら「大手ハウスメーカー物件」か「分譲賃貸」がおすすめ。 メーカーなら ・ダイワ「D-room」 ・積水「シャーメゾン」 の2つはかなり住み心地良し。 特に廊下ありの2LDK以上は音が聞こえにくい。 — とっとこランサー 伝える人 Tottokolancer シャーメゾンの家が快適すぎて平日もすぐ帰りたいし休日も???? を遠ざけそう…???? やっぱまた田舎がいいかな…。 — おまみ omami031 新しい部屋は快適だが壁紙とかクローゼットの奥行きが浅いとか気に入らない所も……まず、既製のカーテン付けれない賃貸ってどうなの?シャーメゾンよ。 — ルリ子 yuko1351 機能性が高いので家賃は割高 ツイッターで「シャーメゾン 家賃」を検索してみると以下のような意見がありました。 機能性が高い分、家賃はほかの物件に比べると割高のようです。 収入に余裕がない人や、家賃の安さを重視する人には不向きです。 大東建託とかシャーメゾンに住めば綺麗だし快適。 けど、初期費用も家賃もそれなりにかかる。 古いところはもろもろ安いけど、快適に過ごしたいなあ — あいまのつるぎ aimac56 先ほどのは大家としての意見だが住むならシャーメゾンはすごく良いと思う 現地見学会も何回か行ったがかゆいところに手が届く機能がいろいろあって賃貸とは思えない部分がある 少し家賃は張るがあれならこの家賃でも住みたいと思えた — ビンタン Pojipojitamagod ちなみにその病院の近所で「ちょっと良いなー」と思ったシャーメゾン、値段調べたら13万位してた無理無理ってなった・・・。 家賃の7割、家賃補助出るっていってた友達の旦那の会社とかならいかもしれんが・・・ — きょろ kyoro0802 防音性は物件による 同じように、ツイッターで「シャーメゾン 防音」「シャーメゾン 騒音」「シャーメゾン 壁」などで検索してみると以下のような意見がありました。 騒音が全く気にならなかったという意見と、壁が薄くて騒音が気になったという意見が半々でした。 壁の薄さや遮音性は、アパートタイプかマンションタイプかによって変わるようです。 マンションタイプであれば建物構造がRC造・SRC造で、素材でコンクリートを使っているのでアパートタイプより防音性が高いです。 今の家が周り子どもだらけだけど、シャーメゾン様のお陰もあって全く生活音なく、快適だし、窓開けてたら微か~に聞こえる子どもの声もお互い様みたいな感じでやり過ごせるけど、次の引っ越し先が子どもの生活音に理解ある人が多く居る所だと良いな…。 やっぱまた田舎がいいかな…。 — おまみ omami031 私もシャーメゾンの遮音床ついてるおうち住んでたけどすごい快適でした。 下の階の赤ちゃんの泣き声とか全く聞こえなくて心配になるくらい。 オススメ。 ここに住んで半年。。 シャーメゾンは快適だった。 アパートだけど4世帯しか住んでないから、以前のRCに比べて騒音にいらつくこともなかった。 なんか寂しいな。 — るみたん nonorumi 上の階がうるさすぎて引っ越しを計画中。 積水ハウスのシャーメゾンなんだけど軽量鉄骨はやっぱりダメやね。 壁なんてあってないようなもの。 次はちゃんと鉄筋のとこにしようっと。 以下のどれかに当てはまる人は、シャーメゾンのお部屋に住むと快適に暮らせます。 ・家賃よりお部屋の性能を重視 ・オシャレでキレイなお部屋に住みたい ・防音性を重視したい ・マンションでお部屋を探したい ・大手ハウスメーカーのお部屋が気になる 上記に記載の通り、家賃よりお部屋の内装や設備、建物の性能を重視する人は、シャーメゾンに向いています。 ちなみにシャーメゾンを探すときは、積水ハウスの賃貸不動産屋である「MAST」ではない不動産屋でも、シャーメゾンのお部屋を探せます。 シャーメゾンの物件に住みたいならイエプラ シャーメゾンの物件に入居したいなら、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです!イエプラは、フリーターや契約社員などの収入が不安定な人の審査も、数多く通してきた実績があります! 深夜0時までスタッフが対応しているので、仕事帰りの遅い時間でも、希望地域にあるシャーメゾンを探してもらったり、シャーメゾンみたいなキレイ目なほかのお部屋も紹介してもらえます。 シャーメゾンの物件の特徴 シャーメゾンの物件の特徴をまとめました。 お部屋探しの際に参考にしてください。 内装がオシャレなお部屋が多い シャーメゾンは「戸建てと変わらない高級感のある物件」をコンセプトにしているため、築年数が20年以内の物件は内装がオシャレになっていることが多いです。 以下は、Instagramに投稿されていたシャーメゾンのお部屋の一例です。 instagram. instagram. instagram. 「シャイド」を採用している物件の防音性が高い ハウスメーカーである積水ハウスの高遮音床システム「シャイド」が採用されている物件は、かなり防音性が高いです。 とくに家族向けである2LDK以上のお部屋は、子どもの足音や玩具などの落下音などの衝撃音を軽減するため、シャイドが導入されています。 2018年7月末の時点で、全国185,552戸もの物件で採用されており、継続して新築やリフォームする物件に導入されています。 また、物件によってはオプションで「遮音カラーフロア」というものをつけれるようです。 これは、積水ハウス独自のクッション材で、足音などの音や衝撃を吸収してくれるものです。 耐震性・断熱性に優れている シャーメゾンの物件は、建物自体の性能が良いので耐震性・断熱性に優れており、長期間でも安心して住み続けられます。 耐震性に関しては、兵庫県南部地震の実波をコンピュータで再現し、震度7クラスの地震でも堪えれる設計です。 また、外壁のひび割れや脱落を防ぐために「外壁パネルロッキング工法」という、独自のパネルや取り付け金具を使用するなど、何重にも地震対策がされています。 断熱性に関しては、外壁パネルや天井、床に断熱材が敷き詰められており、エアコン効果を高め1年中快適な温度で過ごせるようになっています。 セキュリティ性が高い物件が多い シャーメゾンの物件には、各お部屋に「ホームコントローラー」というスイッチパネルがつけられていて、SECOMやアルソックなどの大手警備会社にすぐ連携できるようになっています。 また、人に反応して明かりが点く外照明や、録画機能付きのテレビモニターインターホンの設置、防犯ガラスの導入など、防犯に関する対策が取り入れられています。 一人暮らし向けの物件の中には、ストーカーや不審者対策としてデンプルキーという複製できない鍵を導入しているお部屋もあります。 ネックは家賃が高い シャーメゾンのお部屋はかなり性能が良いですが、その反面家賃が高いです。 以下は、東京23区・築年数15年以内・駅徒歩15分以内・専有面積13㎡以上の条件で出てきたお部屋の、家賃の安い順30件分の平均金額です。 シャーメゾンの物件 約82,000円 普通の賃貸物件 約65,000円 安いお部屋でも約7万円ほどだったので、とにかく家賃の安さを重視したいという人は、シャーメゾンに不向きです。 シャーメゾンとD-roomはどっちが良いの? シャーメゾンとD-roomは、物件自体にあまり大差が無く、どちらも評判が良いです。 シャーメゾンは積水ハウスの賃貸物件、D-roomはダイワハウスの賃貸物件で、両方大手ハウスメーカーが手掛けているため、どちらに住んだ方が良いのかと悩んでいる人が多いです。 どちらも、防音や耐震強度はしっかりと対策されているので、快適に生活できます。 ただ、D-roomには敷金礼金と更新料が0円のタダシ物件や、連帯保証人不要物件、女性向けの防犯配慮型賃貸住宅など、それぞれのライフスタイルにあった物件を選びやすいです。 シャーメゾンは物件の性能以外の特典がほぼないので、初期費用の出費や連帯保証人で悩んでいる人はD-roomの方が良いでしょう。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

シャーメゾンの防音性について知りたいですか?【現住人による見解】|ウレルカ

シャーメゾン インテリア ブログ

シャーメゾンの防音性・遮音性が高い理由 シャーメゾンの防音性・遮音性が高い理由。 それはシャーメゾンを施工・販売している積水ハウスが防音に力を入れているからです。 積水ハウスが防音に力を入れている証拠を3つ挙げてみます。 高遮音床「シャイド」を採用• 開口部からの音をシャットアウト• 間取りの工夫で隣の音が聞こえにくい それぞれについて順番に説明します。 高遮音床「シャイド」を採用 積水ハウスの賃貸住宅「シャーメゾン」は、床に力を入れています。 なぜなら、 床の遮音性は住み心地、騒音トラブルの有無に直結してくるからです。 とくにドンドンしなくても、普通に暮らしているだけで下や上の階の人へ、床を通して生活音が伝わってしまうものです。 その逆も同じで、上下階からの音は床を通して伝わってきます。 床の遮音性能を高めるために、シャーメゾンは高遮音床の「」を採用しています。 引用元: シャイド55を採用している物件では、上階からの床衝撃音が一般的な鉄骨造りの物件の2分の1に軽減できると言われています。 このシャイドゆえに、積水ハウスのシャーメゾンは「プレミアム賃貸住宅」と呼ばれているほどです。 また、シャイドは キッズデザイン賞(優秀賞)を受賞しています。 キッズデザイン賞は、 子どもや子どもの産み育てに配慮した すべての製品・サービス・空間・活動・研究を対象とする顕彰制度です。 引用: シャイドなら、これから赤ちゃんが産まれる予定の家庭、今まさに子育て中の家庭でも、一般の軽量鉄骨や木造アパートに住む場合と比較して安心ですね。 ちなみに、私が住んでいるシャーメゾンベレオはシャイド55を搭載しています。 床についてのレポートは、以下の記事にまとめていますので、どうぞご覧ください。 開口部からの音をシャットアウト 構造がしっかりしている建物でも、窓など開口部を通して音が漏れ伝わることがあります。 であれば、開口部にもこだわった物件でないと防音性・遮音性の面で不安が残ります。 この点、積水ハウスのシャーメゾンなら、 遮音、遮熱、防犯性能の高いペアガラスを採用しています。 上下階からの音だけではなく、外部から聞こえてくる音をある程度シャットアウトしてくれます。 内見時に窓ガラスのフレーム部分をチェックしてみてください。 「CPマーク」が付いているはずですよ。 CPマークは、防犯性能の高い建物部品であることの証しです。 詳しくは以下の記事で解説しています。 住人としての体感ですが、救急車両や暴走車が通るとさすが聞こえてきます。 とはいえ、幹線道路沿いでもかなりの程度まで騒音がカットされますよ。 間取りの工夫で隣の音が聞こえにくい 私が住んでいるシャーメゾン「ベレオ」を例に取ると、互いが快適に暮らせるような間取り・構造になっています。 隣部屋との接地面が、こちらがダイニングなら相手側はキッチン、こちらが廊下なら壁向こうは隣部屋のリビングといった具合に、 生活スペースと生活スペースが隣接しないようになっています。 浴室や洗面・洗濯室は共有階段部分に面しているので、深夜や早朝の入浴・シャワー、洗濯でも隣や上下階の住人に気を遣わなくて済みます。 隣の方と生活リズムが違うときでもお互いに安心ですね! ちなみに、シャーメゾン「ベレオ」についてさらに知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 シャーメゾンの防音性を考えるときの注意点 その販売以来、一貫して「高級賃貸住宅」にこだわっているシャーメゾンですが、施工年月日やモデルによって採用されている技術や性能が異なっています。 既存の物件に入居するときには、そのシャーメゾンが 「いつのどんなモデルなのか」しっかり確認してください。 新築物件への入居を検討しているなら、現行モデルの性能について公式サイト「 」 でしっかりチェックしましょう。 理由は簡単で、 「不満やトラブルを抱えた人ほど投稿しやすい」からです。 普通に暮らせている人、満足している人は、わざわざ口コミを投稿しようとしないものです。 ヤフー知恵袋を注意深く探せば、信頼できそうなコメントが見つかるかもしれません。 シャーメゾンの住人に直撃するのもありだが 本当に生の声を聞こうと思ったら、シャーメゾンに住んでいる人の部屋のインターホンを押して直接聞いてみるという方法もあります。 でも、なかなか勇気がいりますよね。 【参考までに】シャーメゾンに住んでいる私の声 長々と書くつもりはありませんが、参考までに私が感じていることを書いておきます。 結論から言うと、今までに住んだ賃貸物件の中ではダントツで快適です。 快適かどうかを左右する要素の1つは防音性だと思いますが、この点では満足しています。 私が住んでいるシャーメゾンベレオは子育て支援物件になっていて、小さな子供がいても安心なように設計されています。 でも裏を返せば赤ちゃんの泣き声や動き回る音が漏れてくるリスクと隣り合わせということです。 それなのに、「ここに赤ちゃんや子供が住んでいるの?」と思えるくらい、自分の部屋に入ってしまえばほとんど何も聞こえません。 先日お隣さんと偶然出かけるタイミングが一緒になって、そのときに「いつも子供の泣き声が大きくてすみません」と言われたのですが、てっきり私はお隣さんはまだ子供がいない若い夫婦かと思っていました。 我が家の場合、こちらのリビングとお隣さんの浴室が壁で隣接しているのですが、夜に「ああ、お風呂に入っているなぁ」とかすかに感じる程度の振動があります。 といっても、音漏れは一切ありません。 誰が入っているのか、会話しているとしても聞こえません。 防音性・遮音性についてはこんなところです。 少しでも参考になれば嬉しく思います。 トータルで考えるシャーメゾンの魅力とは せっかくなので、防音性に限定せず、シャーメゾンの魅力に触れてみましょう。 自分だけの至福の空間を楽しめる• 全体的に高機能(ハイクオリティ)• 収納力が高い• 一般的に見て、住人の質が高い• MASTポイントが貯まる(おまけ) 自分だけの至福の空間を楽しめる 「何がどう」という細部は抜きにして、シャーメゾンなら 自分だけの至福の空間を楽しめます。 仕事で疲れて帰ってきた日も、趣味に没頭する休日も、その至福空間で存分に楽しめます。 育児中でも下の階への迷惑に過敏にならずに済みます。 のびのびとした子育てに励むことができます。 全体的に高機能(ハイクオリティ) ざっくりとした表現になりますが、とにかく1つひとつのクオリティが高く、 全体的に高機能です。 玄関部分やトイレは自動照明、引き戸はなめらかに閉まるし、お風呂は追い焚き可能、浴室暖房、浴室乾燥機付きなど、挙げ出すといろいろあります。 防音性だけを気にし過ぎるのではなく、シャーメゾン内見の際には全体を味わってみることをおすすめします。 収納力が高い とくにここ数年のシャーメゾンは収納力が高いことで評価されています。 収納力の高さは、まず玄関部分ではっきり確認できます。 とにかく玄関部分の収納がスゴイんです! 廊下部分にもちょっとした収納スペースがあったり、マガジンラックが用意されていたり、にくい演出があります。 これは内見してみないとわかりませんよ! 加えて、積水ハウスオリジナルの棚類が標準装備されているので、はっきり言って一人暮らしなら家具を持ち込まなくても事が足りてしまうほどです。 ファミリーでも、余分な棚やタンスを置かなくてもよいので、 部屋中を広く使えます。 きれいな収納スペースがあれば、お部屋全体も引き締まってきれいに見えるので嬉しいですよね。 シャーメゾンの収納について詳しくは以下の記事も参考にしてください。 一般的に見て、住人の質が高い これは一般論であり、保証されているわけではありませんが、シャーメゾンの住人は質が高いです。 質の高い人がシャーメゾンに住みたくなるのも事実ですし、質の高い人しか住めないのも事実です。 このように書くと失礼に聞こえるかもしれませんが、相場よりも1万円程度は家賃が高いわけですから、その時点で「こんなん高すぎ!ありえない」という人は住もうとしないわけです。 これは私自身を担当してくれた不動産会社の営業パーソンが言っていたのですが、「シャーメゾンは高級賃貸住宅として売り出しているので、どんな人に入居してもらうかには細心の注意を払っている」とのことです。 「この人は・・・」と思うときには、巧みにほかの物件を勧めるようです。 大家さんがしっかりと入居者を審査してくれるシャーメゾン。 でも・・・「私は審査に通るの?」と不安になるかもしれませんね。 入居審査についてはという記事を読めば安心できますよ! MASTポイントが貯まる これはおまけ程度なんですが、シャーメゾンに入居すると「MASTポイントクラブ」に入会できます。 ポイントを貯めていけば、家賃に充当したり別のシャーメゾンに入居するときの割引に使えたりします。 ちなみに、MASTポイントクラブについては以下の記事に書いています。 結局は、どんな物件も住んでいる人によって左右される 賃貸物件を選ぶときに、「アパートよりはマンションタイプのほうが音が少なそう」「軽量鉄骨よりは重量鉄骨・・・欲を言えば鉄筋コンクリート」「ペットがいないところ・・・」など、いろいろ考えると思います。 たしかに建物の構造やペット可・不可などの規定はしっかりチェックしておくべきです。 しかし、どれだけ造りが良くても、どれだけ規約がしっかりしているように見えても、 結局住みやすさというのはその集合住宅に住んでいる人に依存する部分が大きいです。 マナーを守って生活できる人たちが集まる物件なら生活音が騒音になることは少ないでしょうし、ゴミステーションの乱れもないはずです。 一方で、マナーを守れない人たちが集まっていたら、どんなに素晴らしい物件もどんどん荒れていきます。 そういった意味では、シャーメゾンの住人の質は高いので、安心して住める確率が高くなります。 シャーメゾンの防音性は、構造面でも住人の面でもある程度担保されているわけなんです。 まとめ 今回はシャーメゾンの防音性について取り上げました。 結局のところ「良い」「悪い」という結論を出すことはできませんでしたが、この記事の内容が少しでも参考になり、賃貸物件選びのお役に立てば幸いです。 この先に快適な生活が待っていることを願っています!.

次の

シャーメゾンとは?絶対に知っておくべき10のポイント!|最強のお部屋探しブログ

シャーメゾン インテリア ブログ

もくじ• 手が届きそう! 賃貸インテリアの見本ブログ まずは、賃貸に住んでいながら、 インテリアを工夫している方たちのブログを紹介していきます。 インテリア雑誌に載っているような、 完璧に整ったインテリアを見るよりも、こういった 「ちょっと手が届きそう」 な感じのインテリアを見る方が、より 心が動く気がしませんか? 個人的に気になるブログを選んだので、多少偏りがあるかもしれませんが。 ざっくりと4つのグループに分けてみましたので、どうぞご参考までに。 整理されていて…使い勝手が良くて…とにかく居心地が良い…家族みんなが早く家に帰ってきたくなるおうち。 そんな素敵なおうちになれるように日々模索するブログです。 賃貸アパートだけど,気持ちよく暮らしたい。 <カフェ風インテリア>ブログ 【築25年以上の賃貸アパートをDIY】 カフェレストラン風インテリアを目指しています。 女性向け雑誌でも、 よく紹介されているジャンルのひとつですもんね。 賃貸だとあんまり工夫できないイメージ? 「インテリアにこだわりたいけど、 賃貸だから、なかなかうまくできないのよね」 そう思い込んでいる方、いらっしゃいませんか? 現に、私がそうでした。 自分の所有物じゃないし、 いつかは出ていかなければならないから、下手なことはできないよね、と。 インテリアにこだわることに憧れていながらも、 満足のいくお部屋づくりができないことが続いていました。 でも、大丈夫! ただ、先ほど紹介した見本ブログのように、 賃貸でもインテリアを工夫することは 誰にでもできます。 なぜできないのか? それは、 きちんとしたルールを確認できてはいないから ではないでしょうか。 賃貸についての最低限のルールを確認しておく 自分らしいインテリアを考える前に、 まずは賃貸におけるルールを把握すると、 できることが明確になってきます。 ここを知らないと、後で 退去の際にトラブルになりやすいので、 きっちり押さえておきましょう。 まずは、大きなルールから。 賃貸に住んでいる以上、その部屋は、人からの借り物であるということ。 退去の際には 原状回復をしなければならない、というのが前提です。 原状回復とは、 部屋は使えっていれば時間が経つにつれて汚れるのは仕方がないけど、 故意に傷つけたり、防ぐことができる汚れに関しては、 住人が費用を負担してね、という決まり。 くわしくまとめてあるものを引用すると、こんな感じです。 ・飲みこぼし等の手入れ不足によるカーペットのシミ、冷蔵庫下のサビを放置した床の汚損、引越作業等で生じた引っかきキズ、賃借人の不注意によるフローリングの色落ち 日常の清掃を怠ったため付着した台所のスス・油、結露を放置して拡大したカビ ・シミ、クーラーからの水漏れを賃借人が放置して発生した壁等の腐食、喫煙によるヤニ等でクロスが変色したり臭いが付着している場合、 重量物をかけるためにあけた壁等の釘穴・ビスで下地ボードの張替えが必要なもの、天井に直接付けた照明器具の跡、落書き等故意による毀損・ペットにより柱等にキズが生じ、または臭いが付着している場合 ・風呂・トイレ等の水垢、カビ等、日常の不適切な手入れもしくは用法違反による設備の毀損、鍵の紛失または破損による取替え、戸建て住宅の庭に生い茂った雑草の除去 よく言われているように、 壁や床に穴をあけたり、過度な汚れは避けようね、ってことです。 ただし、物件ごとに細かなルールが異なることがあります。 賃貸を契約する際に、 書類を見ながら説明を受けているはず。 入居契約をした時の書類に 改めて目を通しておくとよさそうですね。 お気に入りの雑貨を並べたコーナーを作ってみる、 トイレの中を自分らしい空間にする、など。 手を動かすうちに、コツが分かってきますし、 あなたの好きなインテリアの傾向も よりハッキリと見えてきます。 もしプロに相談する場合は、 あなたが好きなインテリアの方向性を決めることが先です。 雑誌やネット上の画像から、理想に近いインテリアの写真を集めるのがいいかも。 インテリアショップ意外にも、 個人的にインテリアコーディネートを引き受けてくれる方もいますので、ネットでいろいろ探してみましょう。 暮らしが続く限り、 インテリアとの関わりは途切れることがありません。 気長に楽しむ姿勢が大切なのではないでしょうか。 賃貸インテリアのブログチェックで得られるもの 賃貸住宅で暮らしながら インテリアに取り組む人の様子を リアルタイムで知ることができるのが、ブログのいいところ。 ほかにも、ブログをチェックすることで、 メリットになるのは、こんなところですね。

次の