いいね!光源氏くん ドラマ 動画 2話。 いいね 光源氏くん/3話//動画/3話/無料視聴4月18日放送日分|番組情報ステージ

第2話 いいね!光源氏くん(NHKドラマ)を見逃し無料動画フル視聴【ひもなのに朝帰り?】

いいね!光源氏くん ドラマ 動画 2話

すると、突然すだれを潜って装束をまとった男(千葉雄大)が現れる。 不審者と思い男をバットで殴った沙織は、警察を呼ぶ。 はたして二人の行く末やいかに? いいね! 頭中将役として桐山漣さんの出演も決まっているようで、千葉雄大さんと桐山漣さんの平安時代の装いもきっととても美しいんだろうなぁと今から期待してしまいます。 また役柄は未発表ですが神尾楓珠さんの出演も決まっているようで『兄こま』ではライバル関係だった千葉雄大さんとの今作での関係性も気になります。 また千葉雄大さんと桐山漣さんと言えばそれぞれ特撮出身の俳優さんでもあるので、イケメン好きはもちろん特撮ファンの方からの注目度も高まりそうなキャスティングです。 4月からNHKで放送される「いいね!光源氏くん」は、千葉雄大さんが主演で光源氏を演じ、源氏物語のプレーボーイが現代に出現したらをコンセプトにドラマ化されます。 源氏物語は紫式部が描いた作品で、現代でも学校で古文の授業で教えられるほど名作に位置付けられます。 ただそのストーリー性はプレイボーイの光源氏が様々な女性と浮名を流すことで、半ば禁じられた恋みたい情景もあります。 千葉雄大さんはイケメンですが光源氏役に最適な人物で、その甘いマスクからも多くの女性の心を掴んでいます。 今回は現代版「源氏物語」になり、またライバルと言われる頭中将までも登場し、その中将は桐山漣さんが演じることになります。 あらすじも源氏物語に近い形で進んでいく可能性もあるところが見どころで、例えば高校生でも楽しく見ながらあらすじを追うことができる点もあるかもしれません。 ただ昔と今は大きなギャップが存在するのも事実かもしれませんが、その物語に流れている精神性は現代でも通じると思います。 また千葉雄大さんの演じる光源氏がどういったトラブルや出会いがあるのかも期待でき、しかも伊藤沙莉さんや入山杏奈さんのような美女たちも登場するのも魅力的です。 美男美女の番組は視聴していてほのぼのとしますが、ちょっとした憧れを感じながら視聴できるのも良いのかもしれません。 それも実在の人物ではなくて、物語の主人公なのだから驚き。 そして、光源氏を演じる千葉雄大さんであることがとても設定にぴったりだと思います。 光源氏というとイケメンですが、どちらかというとしゅっとしたクールなイケメンのイメージでした。 千葉雄大さんはかわいらしいイケメンだと思います。 まさに、光源氏くんですね。 ちょっとヒモみたいな光源氏役にはかわいらしい方が合っていると思います。 そして、そんな光源氏の世話を焼くことになるのが、いと伊藤沙莉さん。 しっかり者でさばさばしたイメージなので、とてもお似合いな役だと思います。 そして、頭の中将まで現れるという、奇想天外なお話に興味をひかれます。 現代を知らない光源氏くんは全てに驚きながらドタバタとお話は進んでいきそうですが、何といっても結末がどうなるのかがとても気になります。 光源氏くんは本当に平安時代からやって来たものか、二人の関係はどうなっていくのか、ライバル頭の中将はここでもライバルになってしまうのか、とても楽しみです。 さらに千葉雄大さんの狩衣姿にもとても期待しています。 伊藤沙莉さんの十二単姿も見られたら良いですね。 キャスティングがめちゃくちゃ良くて、伊藤沙莉って言うのもすごいいいと思います。 そんなに美人の極みって訳じゃないけど可愛くて共感できる子だからファンタジーというか非現実的な話なのにリアリティが出るのですごく気になります。 桐山漣くんも悪役とかも結構やってるけどいい人役も出来るし、だから尚更ライバル役はとても向いてると思うので楽しみです。 入山杏奈ちゃんと伊藤沙莉ちゃんが姉妹となるとあんまり似てないけど2人とも性格がサバサバしてるイメージなので割と合うと思うしとにかくどんどん楽しみになってきたので見たいです。 平安時代の恋愛って結構今じゃ考えられないくらいぶっ飛んでるものが多いのですが、そのぶんすごくロマンチックな物が多いし最近の漫画とかの実写もいいけど多分昔の時代の恋愛の実写の方がキュンとするんだろうなといつも思っていたのでこういうドラマは楽しみです。 光源氏がテーマっていうとこがまず割とわたしの好きな系統なので見ようと思います。 千葉雄大くんは結構役柄幅広く演じる方だから今回はかわいい系なのかかっこいい系なのかどっちなのかがとても楽しみなので絶対見たいです。 まとめ 平安貴族の光源氏がまったく世界観の違う現代に出現して、現実世界とのギャップを驚いたり、楽しんだりというコメディドラマのようです。 戦国武将でこのパターンの話は聞き覚えがあるのと、戦国時代に現代人の主人公がタイムスリップするというのもよくあるパターンです。 ただ光源氏が現代にやってくるというのはどんなドラマになるのか楽しみです。 ストーリー的には藤原沙織がバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると突然すだれを潜って昔の衣装をまとった男が現れるということです。 それが千葉雄大が演じる光源氏ということのようですが、どういうストーリーになっていくのかは予想がつかないですね。 ドラマ的にはゆる~く笑える千年の時を越えた居候コメディということでゆったりとした感じで見れそうだなと思っています。 藤原沙織役の伊藤沙莉が最近よくドラマに出ている演技派だなと思っています。 ドラマ・これは経費で落ちません!でも結構、存在感を示していました。 今回の役では光源氏が突然現れたりしたときの演技を楽しみにしています。 千葉雄大が優しい雰囲気でおっとりとした感じの青年ですが光源氏がそういう性格だったのかはわからないですがどんな光源氏を演じるのか楽しみにしています。 もともと若い女性に人気があるイケメンで、将来性ある役者さんである千葉雄大さんなので、今回のコミックからドラマ化された、いいね! 光源氏くんの主人公を演じるには、本当に適役な俳優さんだと思います。 人気コミックの原作にあるように、現代にふわっと出てきた、源氏物語で有名なあでやかな平安衣装をまとった光源氏が、その独特なキャラクターを保ちながら、どのように今の社会にとけこんでいくか、といったドラマの描き方にとても期待しています。 現代といえばSNS、ツイッター全盛の時代ですが、光源氏は和歌を詠み、それをツイッターにあげるとか、若者たちに流行のスイーツを試してみて、その食べたり飲んだりした感想を一句読み上げて物思いにふけるとか、もともと原作のコメディー要素がたくさんあって、視聴者が観ていてふっと笑ってしまうような、楽しいシーンや場面が多く盛り込まれることを望みます。 また藤原沙織役の伊藤沙莉さんの演技も楽しみの一つです。 もともと数多くのドラマや映画に出演され、その女優としての魅力度がアップされてきたまさに今、人気コミックの登場人物に近く感じることができ、さらに伊藤さん自身が持つキャラクターで新しい藤原沙織像を仕上げていってもらいたいと思います。 月からは「いいね!光源氏くん」が放映されるようです。 「いいね!光源氏くん」は原作がFEEL YOUNGに掲載されている漫画で、主人公である都内在住OL藤原沙織さんのお宅にあの光源氏が現れ居候するというお話です。 光源氏を千葉雄大さんが、OLを伊藤沙莉さんが演じます。 千葉雄大といえば、天装戦隊ゴセイジャーという戦隊物に出演したいわゆるイケメン俳優というやつですね。 その後もドラマや映画への出演多数ですが、モデルであり、バラエティ出演もあり、司会もやりミュージックビデオも出すというマルチな活躍をしています。 一方、伊藤沙莉さんは子役としても活躍したほど芸歴の長い女優さんで、様々なドラマなどに出演するほかダンスという特技も持つ方です。 ドラマの設定が破天荒なので、平安時代の人が現代にやってきて戸惑ったり、なぜかうまく馴染んだり、様々描写されるのだと思いますが、明らかに面白いでしょうね。 戦国武将などが現代にやってきたり、現代の人たちが過去に戻ってしまったりという設定の映画やドラマは多数ありますが、時代時代で常識が違うためどうやっても面白い描写になる種は多数ある鉄板の設定だと思います。 ですので、今回のドラマも面白くなることは間違いなく安心して楽しめるものになると思います。 期待が高まりますね。 光源氏って、あの物語上ではとても魅力的なキャラですが、実際にいたら困ったちゃんです。 私自身は、源氏物語をあまりよく知らず、光源氏といえば、すごい若い子を自分好みに育てた男というイメージです。 どうしようもない奴という感じですが、あれだけ売れて、漫画化、現代語訳された作品ですから、いい男なのでしょう。 多くの女性と付き合い、また多くの女性を虜にしてしまう、、、そんな男が現代にきたらどうなるか、とても気になる、お話だと思います。 相手役はこじらせ女子とのこと。 こじらせ女子って今結構聞かれるワードですし、漫画とかには出てくるようになりましたが、ドラマだと結構新しい分野だと思います。 どんな感じで演じるのか楽しみです。 千葉雄大さんは、とても整った顔をしていますし、甘えん坊っぽい顔というか、そんな男男していない、おばさんキラーっぽい顔なので、光源氏の役はぴったりだと思います。 光源氏さんと同棲する羽目になるこじらせ女子を演じる伊藤沙莉さんは、声がとても素敵で好きな役者さんです。 前に、ハライチの岩井さんとドラマで共演した話をラジオで話していて、面白い人だとも知りました。 ちょっとふざけたコメディ的な要素もある作品なので、伊藤さんのコメディエンヌの才覚が生きると思います。 ドラマに先立ち、源氏物語を読み返しておこうかなと思いました。

次の

ドラマ「いいね!光源氏くん(2話)」の再放送や見逃し配信はココ!お得に視聴する方法は?【4月11日放送】

いいね!光源氏くん ドラマ 動画 2話

まず、実力派若手俳優の出演についてです。 この作品では、伊藤沙莉さん、千葉雄大さんなど、実力派若手俳優の方が多数出演されます。 主人公を演じる伊藤沙莉さんは、コメディ作品を中心に個性的なキャラクターをチャーミングに演じられており、光源氏を演じる千葉雄大さんもドラマや映画で幅広い役柄を演じられています。 このような実力ある若手俳優の方によって、ドラマがさらに面白くなることを楽しみにしています。 次に、主人公たちの恋模様についてです。 主人公と光源氏、さらには光源氏のライバルも登場するということで、主人公と恋模様を繰り広げることが期待されます。 歴史上の人物との恋愛ということで、一筋縄ではいかないけれど見ていて楽しくなるような、恋模様が繰り広げられることを楽しみにしています。 そして、平安時代と現代とのギャップについてです。 光源氏が現代にタイムスリップするということで、平安時代と現代の世界で、言葉遣いや食べ物など、様々な違いに戸惑う光源氏の様子や、平安時代の文化について楽しく学べるような展開があることを楽しみにしています。 いいね!光源氏くんはなかなか面白そうなドラマになると思います。 原作は女性コミック誌で連載中の同名人気コミックであり、「源氏物語」の中で、雅 みやび の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現。 あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりと言うような話になっていきます。 大昔から現代へとタイムスリップしたと言うとおじゃる丸を思い浮かべますが、あれも確か平安時代から現代へとタイムスリップしてくるお話だったと思います。 平安時代の世界とこの今の時代の世界と言うものは全く違う世界になってしまっていると思いますし、 前の元号は名前は似ていますが 、この世界観に慣れることができるのかと言うことだと思いますしギャップなどを描いていく上で無理がないかどうかと言うことなどにも注目できます。 部屋に突然光源氏が現れたと言う話になっていく予定で、光源氏と言うと知っている人は知っていると思いますが平安時代の歴史的な人物でありこちらの人物に対して興味を持つこともできるかもしれません。 歴史的にどのように日本の事情に絡んできたのかと言うことなど見ていけます。 また実際の光源氏を見てみるとどういう存在かということでもあると思います。 千葉雄大さんは昔からよくドラマで見ている人でありなかなかドラムを演じていく上で演技力はある人だと思っています。 いいね!光源氏くんは、タイトルを見るとコロコロコミックで連載していそうな漫画です。 クシュラルや、ギャグベイビーをこちらの漫画を読んでいる人は注目していると検索でかかりました。 こちらも4月期から始まるドラマになるみたいなので4月が楽しみになるのではないでしょうか。 4月からやるドラマとしてはもう今の段階で発表されているドラマがかなりあるので、まだ2ヶ月先の事ですが今から楽しみに思えてくるようなドラマが結構あるのではないでしょうか。 いいね! しかもNHKですか。 光源氏役は千葉雄大さんで、戦隊ヒーローもののレッドをやっていた人で姿かたちが美しいので光源氏役ははまるかも知れませんね。 千葉さんは見た目はきれいですが、ドラマや仕事に対する真摯な姿勢とか大震災の時の振る舞いとか、真面目さを感じさせてくれて好感を持つ点がとっても多く大好きな俳優さんです。 バラエティでの反応や返しもうまいですしなんか応援したくなってしまうんです。 今回のドラマでも光源氏を演じきってくれると思いますので期待大だと思います。 なんか楽しみです。 光源氏と触れ合うOLさんを演じるのは伊藤沙莉さん。 伊藤沙莉は子役からはじめているので女優キャリアはすごく長い人ですが、最近ではNHK朝ドラ「ひよっこ」への出演とか新垣結衣さん主演の「獣になれない私たち」でのちょっと嫌な子とか、あとは獣道という映画ですね。 伊藤沙莉さんは愛らしい丸顔の女優さんですが、獣道では荒れた少女の役でしたので髪型もすごかったですし演技もすごいものがあったと思います。 そんな伊藤沙莉さんですが、演技のうまさは折り紙つきですのでコメディタッチとなるだろう今回のドラマでは実力を存分に発揮してくれると思います。 原作が女性コミック誌での連載中であり、光源氏役が千葉雄大さんと言うのは見る前から心癒されそうな予感がします。 以前女子高生が過去にタイムスリップと言うドラマもかなりのはまりようで観ていました。 終わってしまうと寂しさと、また時代を超えて笑えたりハラハラしたりするドラマが始まらないかと待っていました。 若い役者さんたちには詳しくはないのですが、千葉雄大さんの関してはどんな役をしているのを見てもきれいな顔立ちと少し幼く見えてしまう表情がいつまでも若い役を続けられる人なんだと常々思っておりました。 女優さんに関しては子役から長くいろんな役柄をされている伊藤沙莉さんの出演も楽しみにしています。 昔から声に特徴がある子役さんだと感じていましたが最近は面白い役をされたりまた成長してきれいになられてるなと感じていました。 伊藤さんの演技も楽しみにしています。 今回のお話自体も面白そうでなかなかコミックを読む時間のない私もドラマから隙間を見てはまらせて頂きたいと思っています。 そして千葉さん伊藤さんの他の私が今顔とお名前が一致していない役者さんも今回のドラマを観ることによってこれから注目していきたいと思っています。 まとめ NHKで4月から始まる新ドラマ「いいね!光源氏くん」はFeel Young連載のえすとえむさんの同名漫画「いいね!光源氏くん」を原作としているそうです。 「えすとえむ」という名前はよくよく考えればかなり意味深でペンネームでしょうが、この方は元々ボーイズラブ誌で活躍していて、その後青年誌に進出したという経緯がある女性漫画家さんのようです。 デビュー作は「ショーが跳ねたら逢いましょう」で日本でも一部で話題になったようですが、それ以上に英訳されて北米での人気はかなりのもののようです。 えすとえむさんの描く世界観が結構新鮮なものなので受け入れられてるのかも知れませんね。 さて、今回の新ドラマですが、清少納言の源氏物語に出てくる光源氏がOLの家に突然現れて紆余曲折の末居候、つまり同棲して起こる不思議なストーリーです。 まったく時代からやってきた光源氏が現代と触れ合って起こす行動の面白さという見どころもありますし、いわゆる恋多きイケメンで女性にもてる光源氏が屈託なく振る舞うなど、なかなか不思議な世界観で漫画を読んでいても惹きつけられてしまう内容です。 ですので、ドラマ自体もかなり面白い内容に仕上がるのではないかと思います。 かなり期待できそうな番組なので、必ず見たいなと思ってます。 光源氏と言う人物にスポットを当てているのも面白いと思いますし、日常生活に疲れてしまっている女性のもとに現れると言う設定になっているので日常生活などは色々と辛いこともあるかもしれませんし自分のことを考えると結婚などに焦らなくちゃいけないと言うこともあると思います。 しかしなかなか人生うまくいかない場合もあります。 落ち込んでしまう場合もありますがそこに現れると言うことで、これは夢のある物語になっていると思いますしドラマ性がかなりあるのではないかと思います。 光源氏というと歴史上の人物であると言う事は皆さん知っていると思いますし名前は知っていると思いますが詳しくどういう人物であったのかと言う事は話せる人はあまりいないのではないかと思います。 女性漫画でラブストーリーなので、面白い漫画になっていると思います。 石原さとみさんの薬剤師のドラマも2020年4月期は面白そうなドラマになりそうですし、2020年4月期は楽しんでみていけそうなドラマが多いです。 薬剤師と言うのも新たな職業のドラマに挑戦していると言う感じでドラマにおける挑戦と言うものも見ていけそうなドラマです。 医師や看護師のドラマは多いですが薬剤師のドラマはあまりない気がします。 平安時代の貴族と言うといかにもと言うようなイメージがあると思います。 やはり喋り方も品性がある喋り方でいかにもと言うような感じのイメージが想像で着きますが、そういった人物を演じきれているのかということだと思います。 1000年に渡るタイムスリップ物として見ても面白そうです。 えすとえむ先生のマンガ作品である『いいね!光源氏くん』が、ドラマ化しました。 この作品は源氏物語の主人公である光源氏が、一人暮らしのOL沙織の住まいにやってくると言うストーリーです。 光源氏と言えばイケメンで女たらしですが、沙織が十人並みのさえない女性に仕上がっているので一緒に暮らしているので恋愛に発展していません。 当初は出家していると思われていたのですが、出家していないとわかっても相手にされない感と言うか女性と見られていない感となっていて、モヤモヤするのは沙織だけになっています。 原作は現在2巻まで発売されていて、ネタバレですが1巻のオチで光源氏がやってきたきっかけのすだれで帰ったと思ったら、海外に飛ばされるのが発覚するオチで、2巻で光源氏がきたのと同じシュチュエーションで頭中将がやってきてドタバタする展開です。 頭中将も登場となると2巻までを今回のドラマで放送してしまうのか、それとも序盤から頭中将が登場するけど展開になるのかが気になってしまうポイントです。 光源氏も頭中将も、盛り上がってくると無意識に歌を読む習慣になっていて、マンガでは歌の意味を解説しているのですがドラマでは一体どうなるのか気になります。 放送は4月なので、期待して待ちたいところです。 一番楽しみな点は、光源氏(千葉雄大)と頭中将(桐山漣)の、昔の礼服姿である狩衣(?)と烏帽子姿です。 お二人とも上品で優雅な衣装が似合いそうです。 お二人とも申し分ないイケメンですし、桐山漣さんはちょっと生意気な頭中将にピッタリだと思います。 タイムスリップもののドラマは悲しい切ないストーリーが多くて観ていて苦しくなるのですが、『いいね!光源氏くん』は楽しく観られそうです。 昔の人物が現代を楽しんでいる様子が違和感があって面白そうです。

次の

いいね!光源氏くん2話ネタバレあらすじ感想!夢小説好きな女子にはおすすめ。3話あらすじも!

いいね!光源氏くん ドラマ 動画 2話

まず、実力派若手俳優の出演についてです。 この作品では、伊藤沙莉さん、千葉雄大さんなど、実力派若手俳優の方が多数出演されます。 主人公を演じる伊藤沙莉さんは、コメディ作品を中心に個性的なキャラクターをチャーミングに演じられており、光源氏を演じる千葉雄大さんもドラマや映画で幅広い役柄を演じられています。 このような実力ある若手俳優の方によって、ドラマがさらに面白くなることを楽しみにしています。 次に、主人公たちの恋模様についてです。 主人公と光源氏、さらには光源氏のライバルも登場するということで、主人公と恋模様を繰り広げることが期待されます。 歴史上の人物との恋愛ということで、一筋縄ではいかないけれど見ていて楽しくなるような、恋模様が繰り広げられることを楽しみにしています。 そして、平安時代と現代とのギャップについてです。 光源氏が現代にタイムスリップするということで、平安時代と現代の世界で、言葉遣いや食べ物など、様々な違いに戸惑う光源氏の様子や、平安時代の文化について楽しく学べるような展開があることを楽しみにしています。 いいね!光源氏くんはなかなか面白そうなドラマになると思います。 原作は女性コミック誌で連載中の同名人気コミックであり、「源氏物語」の中で、雅 みやび の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現。 あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりと言うような話になっていきます。 大昔から現代へとタイムスリップしたと言うとおじゃる丸を思い浮かべますが、あれも確か平安時代から現代へとタイムスリップしてくるお話だったと思います。 平安時代の世界とこの今の時代の世界と言うものは全く違う世界になってしまっていると思いますし、 前の元号は名前は似ていますが 、この世界観に慣れることができるのかと言うことだと思いますしギャップなどを描いていく上で無理がないかどうかと言うことなどにも注目できます。 部屋に突然光源氏が現れたと言う話になっていく予定で、光源氏と言うと知っている人は知っていると思いますが平安時代の歴史的な人物でありこちらの人物に対して興味を持つこともできるかもしれません。 歴史的にどのように日本の事情に絡んできたのかと言うことなど見ていけます。 また実際の光源氏を見てみるとどういう存在かということでもあると思います。 千葉雄大さんは昔からよくドラマで見ている人でありなかなかドラムを演じていく上で演技力はある人だと思っています。 いいね!光源氏くんは、タイトルを見るとコロコロコミックで連載していそうな漫画です。 クシュラルや、ギャグベイビーをこちらの漫画を読んでいる人は注目していると検索でかかりました。 こちらも4月期から始まるドラマになるみたいなので4月が楽しみになるのではないでしょうか。 4月からやるドラマとしてはもう今の段階で発表されているドラマがかなりあるので、まだ2ヶ月先の事ですが今から楽しみに思えてくるようなドラマが結構あるのではないでしょうか。 いいね! しかもNHKですか。 光源氏役は千葉雄大さんで、戦隊ヒーローもののレッドをやっていた人で姿かたちが美しいので光源氏役ははまるかも知れませんね。 千葉さんは見た目はきれいですが、ドラマや仕事に対する真摯な姿勢とか大震災の時の振る舞いとか、真面目さを感じさせてくれて好感を持つ点がとっても多く大好きな俳優さんです。 バラエティでの反応や返しもうまいですしなんか応援したくなってしまうんです。 今回のドラマでも光源氏を演じきってくれると思いますので期待大だと思います。 なんか楽しみです。 光源氏と触れ合うOLさんを演じるのは伊藤沙莉さん。 伊藤沙莉は子役からはじめているので女優キャリアはすごく長い人ですが、最近ではNHK朝ドラ「ひよっこ」への出演とか新垣結衣さん主演の「獣になれない私たち」でのちょっと嫌な子とか、あとは獣道という映画ですね。 伊藤沙莉さんは愛らしい丸顔の女優さんですが、獣道では荒れた少女の役でしたので髪型もすごかったですし演技もすごいものがあったと思います。 そんな伊藤沙莉さんですが、演技のうまさは折り紙つきですのでコメディタッチとなるだろう今回のドラマでは実力を存分に発揮してくれると思います。 原作が女性コミック誌での連載中であり、光源氏役が千葉雄大さんと言うのは見る前から心癒されそうな予感がします。 以前女子高生が過去にタイムスリップと言うドラマもかなりのはまりようで観ていました。 終わってしまうと寂しさと、また時代を超えて笑えたりハラハラしたりするドラマが始まらないかと待っていました。 若い役者さんたちには詳しくはないのですが、千葉雄大さんの関してはどんな役をしているのを見てもきれいな顔立ちと少し幼く見えてしまう表情がいつまでも若い役を続けられる人なんだと常々思っておりました。 女優さんに関しては子役から長くいろんな役柄をされている伊藤沙莉さんの出演も楽しみにしています。 昔から声に特徴がある子役さんだと感じていましたが最近は面白い役をされたりまた成長してきれいになられてるなと感じていました。 伊藤さんの演技も楽しみにしています。 今回のお話自体も面白そうでなかなかコミックを読む時間のない私もドラマから隙間を見てはまらせて頂きたいと思っています。 そして千葉さん伊藤さんの他の私が今顔とお名前が一致していない役者さんも今回のドラマを観ることによってこれから注目していきたいと思っています。 まとめ NHKで4月から始まる新ドラマ「いいね!光源氏くん」はFeel Young連載のえすとえむさんの同名漫画「いいね!光源氏くん」を原作としているそうです。 「えすとえむ」という名前はよくよく考えればかなり意味深でペンネームでしょうが、この方は元々ボーイズラブ誌で活躍していて、その後青年誌に進出したという経緯がある女性漫画家さんのようです。 デビュー作は「ショーが跳ねたら逢いましょう」で日本でも一部で話題になったようですが、それ以上に英訳されて北米での人気はかなりのもののようです。 えすとえむさんの描く世界観が結構新鮮なものなので受け入れられてるのかも知れませんね。 さて、今回の新ドラマですが、清少納言の源氏物語に出てくる光源氏がOLの家に突然現れて紆余曲折の末居候、つまり同棲して起こる不思議なストーリーです。 まったく時代からやってきた光源氏が現代と触れ合って起こす行動の面白さという見どころもありますし、いわゆる恋多きイケメンで女性にもてる光源氏が屈託なく振る舞うなど、なかなか不思議な世界観で漫画を読んでいても惹きつけられてしまう内容です。 ですので、ドラマ自体もかなり面白い内容に仕上がるのではないかと思います。 かなり期待できそうな番組なので、必ず見たいなと思ってます。 光源氏と言う人物にスポットを当てているのも面白いと思いますし、日常生活に疲れてしまっている女性のもとに現れると言う設定になっているので日常生活などは色々と辛いこともあるかもしれませんし自分のことを考えると結婚などに焦らなくちゃいけないと言うこともあると思います。 しかしなかなか人生うまくいかない場合もあります。 落ち込んでしまう場合もありますがそこに現れると言うことで、これは夢のある物語になっていると思いますしドラマ性がかなりあるのではないかと思います。 光源氏というと歴史上の人物であると言う事は皆さん知っていると思いますし名前は知っていると思いますが詳しくどういう人物であったのかと言う事は話せる人はあまりいないのではないかと思います。 女性漫画でラブストーリーなので、面白い漫画になっていると思います。 石原さとみさんの薬剤師のドラマも2020年4月期は面白そうなドラマになりそうですし、2020年4月期は楽しんでみていけそうなドラマが多いです。 薬剤師と言うのも新たな職業のドラマに挑戦していると言う感じでドラマにおける挑戦と言うものも見ていけそうなドラマです。 医師や看護師のドラマは多いですが薬剤師のドラマはあまりない気がします。 平安時代の貴族と言うといかにもと言うようなイメージがあると思います。 やはり喋り方も品性がある喋り方でいかにもと言うような感じのイメージが想像で着きますが、そういった人物を演じきれているのかということだと思います。 1000年に渡るタイムスリップ物として見ても面白そうです。 えすとえむ先生のマンガ作品である『いいね!光源氏くん』が、ドラマ化しました。 この作品は源氏物語の主人公である光源氏が、一人暮らしのOL沙織の住まいにやってくると言うストーリーです。 光源氏と言えばイケメンで女たらしですが、沙織が十人並みのさえない女性に仕上がっているので一緒に暮らしているので恋愛に発展していません。 当初は出家していると思われていたのですが、出家していないとわかっても相手にされない感と言うか女性と見られていない感となっていて、モヤモヤするのは沙織だけになっています。 原作は現在2巻まで発売されていて、ネタバレですが1巻のオチで光源氏がやってきたきっかけのすだれで帰ったと思ったら、海外に飛ばされるのが発覚するオチで、2巻で光源氏がきたのと同じシュチュエーションで頭中将がやってきてドタバタする展開です。 頭中将も登場となると2巻までを今回のドラマで放送してしまうのか、それとも序盤から頭中将が登場するけど展開になるのかが気になってしまうポイントです。 光源氏も頭中将も、盛り上がってくると無意識に歌を読む習慣になっていて、マンガでは歌の意味を解説しているのですがドラマでは一体どうなるのか気になります。 放送は4月なので、期待して待ちたいところです。 一番楽しみな点は、光源氏(千葉雄大)と頭中将(桐山漣)の、昔の礼服姿である狩衣(?)と烏帽子姿です。 お二人とも上品で優雅な衣装が似合いそうです。 お二人とも申し分ないイケメンですし、桐山漣さんはちょっと生意気な頭中将にピッタリだと思います。 タイムスリップもののドラマは悲しい切ないストーリーが多くて観ていて苦しくなるのですが、『いいね!光源氏くん』は楽しく観られそうです。 昔の人物が現代を楽しんでいる様子が違和感があって面白そうです。

次の