確定 申告 と は。 所得税の確定申告|国税庁

4月17日(金)以降の申告・納付の対応について|国税庁

確定 申告 と は

4月17日(金)以降の申告・納付の対応について 令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の確定申告につきましては、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大状況に鑑み、感染拡大により外出を控えるなど期限内(令和2年4月16日(木)まで)に申告することが困難であった方については、期限を区切らずに、4月17日(金)以降であっても柔軟に確定申告書を受け付けることといたしました。 申告書の作成又は来署することが可能になった時点で税務署へ申し出ていただければ、申告期限延長の取扱いをさせていただきます。 4月17日(金)以降の申告相談について 4月17日(金)以降の申告相談につきましては、確定申告会場のように先着順に申告相談をお受けする方式ではなく、納税者の皆さまにお待ちいただくことなくスムーズに申告できるよう、原則として、事前予約制とするなど、感染リスク防止により一層配意した形で行うことといたします。 国税庁ホームページの「」で、必要な事項を入力して、e-Taxで申告いただければ、医療費の領収書や寄附金の受領証などの書類を提出していただく必要がなく、大変便利です。 (還付申告の例) ・ 給与所得者や公的年金受給者で、医療費控除・寄附金控除(ふるさと納税等)・住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)により還付を受けられる方 等 来署を予定されている方へのお願い 税務署では、 咳・発熱等の症状がある方や、体調のすぐれない方の申告相談をご遠慮いただいています。 また、税務署においては、次の対策を講じ、感染拡大の防止に努めています。 職員に対する 手洗い・うがい、マスク着用の徹底• アルコール消毒液の設置• 体調がすぐれない職員を事務に従事させないこと 税務署に来署を予定されている皆様におかれましても、このような感染拡大防止策をご理解の上、 手洗い、マスクの着用、アルコール消毒液の利用など、感染予防へのご協力をお願いします。 振替納付について 令和2年4月16日(木)までに申告された方の口座からの振替日は、以下のとおりです。

次の

4月16日を過ぎても「ある一言」を書けば確定申告を延長できる 申告はコロナが落ち着いてからでOK

確定 申告 と は

2020年2月6日 7:00 今年1月から大幅な税制改正が実施された。 所得税の計算のベースとなる「基礎控除」や「給与所得控除」「公的年金等控除」「配偶者控除」などの基準が変更されたため、年金受給者も現役サラリーマンも税金計算が変わる。 現実には、この改正で取られすぎた税金の確定申告は来年行なうことになるが、いざとなってからでは間に合わない。 とくに注意したいのは「在職老齢年金」をもらっている人だ。 働きながら年金を受給している場合、確定申告が必要かどうかは給料と年金の金額で決まる。 給料が年85万円(月給約7万円)を超え、かつ、年金収入が65歳未満なら年に90万円、65歳以上は140万円を超える人は確定申告の義務がある。 まず知っておきたいのは、「在職老齢年金」の受給者が確定申告をすると、税金が増えるケースが多いことだ。 理由は税金の源泉徴収の仕組みにある。 給料と年金から天引きされる税金を計算する際に、どちらにも「基礎控除」が適用され、本来の税額より少ない金額が徴収されているケースがある。 確定申告するとそれが修正され、納めなければならない税金が数万円増える。

次の

初めて確定申告される方へ:令和元年分 確定申告特集

確定 申告 と は

「確定申告書等作成コーナー」でできること 確定申告書等作成コーナーでは、画面の案内に従って金額等を入力すれば確定申告書等を作成できます。 なお、作成した確定申告書等はe-Taxで送信することができます。 また、印刷して郵送等により提出することもできます。 作成中の申告書等データを保存し、その保存したデータを読み込んで作業を再開することができます。 また、作成した申告書等データを保存しておけば、翌年の申告時に読み込んで活用できます。 「確定申告書等作成コーナー」の種類 ・確定申告書等作成コーナー• 作成できる申告書等は、以下のとおりです。 1 所得税及び復興特別所得税の確定申告書• 2 青色申告決算書・収支内訳書• 3 消費税及び地方消費税の確定申告書• 4 贈与税の申告書• 注:令和元年分の確定申告書等作成コーナーは、令和2年1月上旬公開予定です。 ・更正の請求書・修正申告書作成コーナー• 注:令和元年分の更正の請求書・修正申告書作成コーナーは、所得税及び復興特別所得税、贈与税については令和2年3月中旬に、消費税及び地方消費税については、令和2年4月上旬にそれぞれ公開予定です。 元の画面に戻る場合はブラウザの「戻る」をクリックしてください。 注:e-Taxで送信する場合は、マイナンバーカードなどの電子証明書及びICカードリーダライタの準備が必要です。 なお、マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方については、税務署で職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知したe-Tax用のID・パスワード(「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されています。 )のみでe-Tax送信ができます。 ・スマホで見やすい専用画面 令和2年1月から、給与が複数ある方や公的年金などの雑所得がある方など、スマートフォン専用画面をご利用いただける方の範囲が広がります。 ・e-Taxで手続完結 「マイナンバーカード」と「マイナンバーカード対応のスマートフォン」をお持ちの方は、e-Taxで送信できます。 また、マイナンバーカード対応のスマートフォン等をお持ちでない方も、「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたID・パスワードがあれば、e-Taxで送信できます。 注1:マイナンバーカード対応のスマートフォンの機種については、地方公共団体情報システム機構の「公的個人認証サービスポータルサイト」()をご確認ください。 注2:e-Taxをご利用できない方は、ご自宅のプリンタやコンビニ等のプリントサービス(有料)を利用して作成した確定申告書を印刷し、税務署に郵送等で提出できます。 注3:タブレット端末からもご利用いただけます。 確定申告書等作成コーナーは、からご利用ください。 e-Tax(国税電子申告・納税システム) 税務署に出向くことなく、インターネットを利用して申告や納税などの各種手続をすることができます e-Taxとは e-Taxでは、税務署に出向くことなく、インターネットを利用して所得税、消費税、贈与税などの申告や法定調書の提出、青色申告の承認申請などの各種手続を行うことができます。 e-Taxを利用するとこんなメリットが! 所得税等の確定申告をe-Taxで行う場合、生命保険料控除の証明書などは、その記載内容を入力して送信することにより、これらの書類の提出又は提示を省略することができます(法定申告期限から5年間保存しておく必要があります。 自宅や税理士事務所からe-Taxで還付申告を行う場合、書面で提出した場合より、還付金を早く受け取ることができます。 e-Taxで納税証明書の交付請求を行うと、書面請求の場合より手数料が安価です(電子ファイルでの交付のほか、書面での交付も請求できます。 e-Taxご利用の流れ• もっと便利に! スマートフォンやタブレット端末からでも納税証明書の交付請求が行えます(税務署窓口で受け取れます。 eLTAX(地方税ポータルシステム)を利用すれば、支払報告書と源泉徴収票を一括作成し、送信することができます。 詳しくはをご確認ください。 平成31年1月からe-Taxの利用手続がより便利になりました。 詳しくはをご覧ください。 e -Taxの利用可能時間 確定申告期間 全日(土日・祝日を含みます。 ) 確定申告期以外の期間 月曜日〜金曜日(休祝日及び12月29日〜1月3日を除きます。 詳しくは、 e-Taxホームページをご覧ください 利用開始の手続、e-Taxの推奨環境、「e-Taxソフト」の操作方法及びよくある質問 Q&A など、e-Taxに関する最新の情報をお知らせしています。

次の