アシダカグモ 最大。 アシダカグモがなつくと言われる理由

【虫注意】家でアシダカグモっぽいのを見つけたのでアシダカグモの話

アシダカグモ 最大

家の中に棲むアシダカグモ。 ゴキブリなどをとってくれる益虫でもある。 (画像提供:KONOMI) 時おり家の天井や壁で、脚が長い黒い大きな蜘蛛(くも)を見かけることがあります。 アシダカグモです。 巣を張らずに、歩いて餌を探し回る徘徊性の蜘蛛です。 体の色は黒色に見えることもありますが、落ち着いてよく観ると暗灰色~灰褐色をしています。 多少のまだら模様があります。 このアシダカグモ。 体長は20~30mm程度なのですが、脚(=足)がとてつもなく長く、脚まで入れた全長は100~130mmにもなります。 わが国では最大級の巨大蜘蛛です。 アシダカグモは主に人家に生息し、ゴキブリなどの衛生害虫を捕食しています。 人間にとっては有難い存在のはずなのですが、その不気味な姿態ゆえに忌み嫌う人も多くいます。 アシダカグモの生態を詳しく観てみましょう。 家にいる蜘蛛(クモ)=アシダカグモ アシダカグモとは アシダカグモ(脚高蜘蛛)は、クモ目アシダカグモ科に属する蜘蛛(くも)です。 名前のとおり長い脚を持っていて、わが国でも最大級の大型クモとして知られています。 蜘蛛は一般に網を張って獲物を待ち構えていると思われがちですが、実際には、日本国内にいる1200種のクモのうち半分の種は網を張らないで獲物を狩ります。 アシダカグモも網を張らない蜘蛛の一種で、歩き回って獲物を探す徘徊性の蜘蛛です。 アシダカグモは夜行性で薄暗い所を好み、昼間は隙間などに隠れていて、夜になると壁などに出てきて捕食行動をとります。 主に人家に生息していて、ゴキブリや蛾(ガ)蝿(ハエ)など、家に入ってきた昆虫を捕食します。 アシダカグモはインドが原産地と考えられていますが、今では熱帯から温帯地域にかけて、世界中の広い範囲に分布しています。 日本では福島県以南の本州・四国・九州地方に生息しています。 音楽用CDの直径が117mmですから、この蜘蛛がいかに大きなクモであるかが判ります。 人の手に乗っけても御覧のとおり。 手のひらいっぱいになる大きさです。 昼間は屋根裏や家具の隙間、壁の隙間などに潜んでいて、夜になると徘徊して家に侵入してきたゴキブリを探して食べてくれます。 見かけは大型グモで気持ち悪いのですが、人間にとっては衛生害虫を駆除してくれる益虫でもあります。 徘徊性のアシダカグモには巣(=家)がありませんので、卵を守るために円盤状の卵嚢(らんのう)を口にくわえて、子グモが孵化するまでのあいだ餌も食べずに持ち歩きます。 母性愛は見上げたものです。 アシダカグモに毒はあるのか/アシダカグモの毒 アシダカグモは日本でも有数の大型クモであり、その姿・形から、毒蜘蛛のタランチュラを連想する人もいるようです。 「アシダカグモには毒があるのでしょうか?」「アシダカグモは毒蜘蛛なの?」そんな質問も多く寄せられます。 結論から言いますと、アシダカグモにも毒はあります。 網を張らない徘徊性の蜘蛛は生きた獲物を確実に仕留めるために、毒性の強弱はあっても何らかの毒を備えています。 セアカゴケグモやカバキコマチグモなどは人を死に至らしめるほどの強力な毒を持っていることでも有名です。 ただし、アシダカグモの毒は極々弱い毒であり、捕獲する昆虫にはダメージを与えますが、人間にとっては無毒に等しく、危険は全くありません。 また指で強くつかんだりしない限り、アシダカグモの方からヒトを咬むようなことはないので、安心してください。 アシダカグモの駆除方法 アシダカグモはゴキブリを退治してくれる益虫ですが、クモが嫌いな人にとっては、図体が大きなアシダカグモは悪魔のような存在でしかありません。 何とか早く「消えてもらいたい」と思うことでしょう。 アシダカグモの駆除方法にはいろいろありますが、最も手っ取り早い方法は、殺虫剤を吹き付けて殺すことです。 手元に殺虫剤が無ければ、(嫌な作業になりますが)古新聞か雑誌を丸めてアシダカグモを目がげて打ち付ければ、命中さえすれば一撃で殺処分することができます。 ただ、こんなに嫌な思いをして駆除しても、日にちが経てば、別のアシダカグモがエサのゴキブリを求めてどこからともなく室内に現れるようになります。 やはり根本退治をするためには、まずはゴキブリ退治から初めたほうがよさそうです。 ゴキブリがいない衛生的な室内環境を維持することが第一です。 エサが無ければアシダカグモも、あなたの家には寄り付かなくなるでしょう。 寝室、台所、居間、勉強部屋、納戸の中、廊下、玄関、などなど。 電気を点けた途端、目の前の壁をアシダカグモが這っていて、びっくりすることもあります。 三浦半島の海あそび情報• カヌー・カヤック情報• 激流のアクティビティ• 雪原のアウトドア情報• フットサル情報• 淡水釣り・渓流釣り情報• 海釣り・磯釣り情報• 潮汐情報(干潮と満潮)• 気象情報(天気予報)• 世界の自然・景観• 世界の驚愕ニュース• アウトドア雑学• ~日本の貝・食べられる貝• ちまたの話題• の総合情報• 地震・火山の防災対策• AMP Accelerated Mobile Pages•

次の

グロテスクすぎるアシダカグモの発生原因は?ゴキブリ対策がカギ│Koharu BIyori

アシダカグモ 最大

アシダカグモがなつくと言われる理由 アシダカグモがなつくと言われている理由には、その 性格にあります。 家の中で見かけるクモの中でも大きくて、全体的に ベージュ系の色で黒いストライプ柄があり、見るだけで気持ち悪い印象を与えるのがアシダカグモです。 アシダカグモはなつくと言われているクモですが、それは 臆病な性格から言われていることでもあります。 一般的なクモのイメージは巣を張って獲物を獲り、毒をもつというイメージがありますが、アシダカグモは糸を使って巣を張ることはなく自ら動き回って獲物を捕獲します。 そのため家の中でアシダカグモを見かけるという事も多くなります。 アシダカグモは 大きくていきなり現れるので、人に恐怖を与える事も多いですが、実はとても臆病な性格をしています。 アシダカグモはとても臆病な性格なので、害を与えることはないので見かけても刺されることは無いので安心できるクモです。 臆病な性格で人に害はないアシダカグモが家の中にいると、良い効果も得られます。 アシダカグモは最大で 全長約13cmほどと非常に大きなクモで、家に出没するクモの中でも大きいものですが、人を見ると離れようとする習性があります。 アシダカグモは肉食の蜘蛛なのでゴキブリを食べたり、蛾やハエ、 ネズミなどの小動物も捕食し、人にとっては害虫を食べるなど役立つ昆虫の益虫としての側面があります。 人がいると臆病な性格から逃げようとするのは、自分よりも大きい生物には大人しくなるという特徴からです。 家の中にいるものでクモ以外に厄介なのは、ゴキブリです。 自宅に突然出てきたゴキブリの駆除に苦労しているという場合も多く、市販のゴキブリを捕獲する製品を置いたりと工夫しますが、この アシダカグモがいれば多くの方が苦手とするゴキブリを捕獲してくれます。 アシダカグモは家のゴキブリを食べつくすと自然に家から居なくなりますが、ゴキブリには天敵と言えます。 アシダカグモはゴキブリなどの獲物に対して非常に頼りになる獰猛なハンターですが、自分よりも大きすぎる動物には非常に臆病になってしまいます。 一般的にクモは振動で周囲を感知していますが、このアシダカグモは人や猫などの大型の動物の振動を察知すると、ヤバイと本能的に感じてパニックを起こすこともあり一目散に逃げていきます。 アシダカグモは暗所に隠れて活動するため、 昼よりも夜に見かけることも多く、人間の生活圏を離れる事は殆どありません。 稀にアシダカグモが人によじ登ってくる可能性もありますが、これはパニックを起こして方向が分からなくなっている場合が殆どなので、人に向かって攻撃をしているという事ではないと考えることが出来ます。 アシダカグモは基本的になつくことはない アシダカグモは性格が臆病で、毒もなくゴキブリを食べるので人にとっては益虫となりますが、基本的には なつくことはありません。 アシダカグモは人に対して噛むなどの攻撃をすることも無く、毒も無いので外見のインパクトさを除けば無害な虫です。 また、アシダカグモはペットとして飼育することも可能で、餌はこのような などを与えます。 アシダカグモにエサを与える際には、ピンセットで餌をあげるとピンセットから受け取るように餌を捕獲する場合がありますが、これはなついているという事でありません。 犬や猫が人間になつく場合、犬も人に対して愛情表現をしてくれますが、クモなどの虫はその愛情表現などを期待することが難しいです。 クモも無害と感じると攻撃をしないという程度で、アシダカグモはクモの中でも臆病なので 人に対して害のあるような事はしないため、なつくという印象を持たれる可能性があります。 アシダカグモをペットとして飼い始めると飼い主との距離感が分かるためか、 手に乗せることも可能になります。 さらに、アシダカグモはゴキブリも捕獲して食べてくれるので、人にとって害は全くなく、人になつくと思われますがなつくことはありません。 アシダカグモは、臆病な性格からの行動などから人気のあるクモでもあり、飼育しているという人もいるほどです。 見た目が毒雲のようなので気持ち悪いイメージもありますが、ゴキブリを捕食し、臆病で夜行性なので 日中は隠れています。 ゴキブリの他にもアシダカグモは、ムカデなどの害虫を捕食してくれます。 野生のアシダカグモは、家の中のゴキブリを全て退治するとその家から去ってしまうので蜘蛛が苦手の人も放置プレイで大丈夫です。 アシダカグモはゴキブリだけではなく、 ハエなどの害虫、 ムカデや ネズミなども捕獲してくれるので、人にとっては親しみがあり、愛されているクモと言えます。 アシダカグモは日本に生息しているクモの中でも、最大級の大きさの蜘蛛です。 大きいもので足を伸ばしたアシダカグモの全長が約100~130mmになる場合もあり、もともとは日本に生息しておらず、 1878年頃に長崎で初めて目撃されてたと言われています。 巣は張らず肉食でゴキブリなどの害虫を食べる益虫です。 獰猛なハンティング能力を持ち合わせている事から、人気もありアシダカ軍曹と呼ばれております。 アシダカグモの見た目はとても大きく迫力満点な毒グモのようですが、益虫でもあり臆病な性格から人を攻撃することもなく愛すべきクモと言えます。 関連記事.

次の

家にいる脚が長い大きな蜘蛛(クモ)の正体/画像で確認くも図鑑【アシダカグモ】

アシダカグモ 最大

インドが原産地のクモと考えられています。 インドから全世界の亜熱帯・熱帯・温帯地方へ生息域を広げたそうです。 日本では、1878年に長崎で始めて報告されたと記録が残っています。 商船の輸入果物に紛れ込んで日本に入って来た。 または、江戸時代にゴキブリ駆除のために人為的に輸入されたと言われています。 足を広げた大きさは、ざっとアルバムCD1枚分(直径12cm)に相当します。 成体のアシダカグモは、とても巨体です。 本州に生息していないこれら2種のクモに、私は遭遇したことがなく大きさを知りません。 そこでWeb検索をすると、「成人の手の平から足がはみ出る大きさに成長する」(オオハシリグモ)や「足を広げた大きさが最大で20cmに達することもある」(オオジョロウグモ)との情報が出てきます。 文面通りに受け取ると、最大に成長したアシダカグモを上回る巨体蜘蛛です。 日本国内のアシダカグモの分布は、福島より西の本州全域と四国地方、九州地方です。 主食のゴキブリが分布する地域に多く見られます。 冬季に雪が積もる北海道と東北地方、石川県ではアシダカグモの確認がないそうですが、局地的に生息している可能性がありますね。 多くの蜘蛛が巣を張って昆虫を捕食しますから、そのイメージは正しいです。 しかしながら、アシダカグモは徘徊性のクモで巣を張りません。 アシダカグモとハエトリグモは、蜘蛛の巣を張らずに徘徊しながら獲物を捕食するハンタータイプのクモですよ。 巨大なアシダカグモにビックリすることはありますが(笑)、室内にクモの巣を張られて顔に引っ掛かるような悪さをしません。 巨大なクモとして知られる南米のオオツチグモ科(タランチュラ)は、毒グモです。 しかしながら、タランチュラの毒は人が亡くなるほど強くありません。 映画は誇張し過ぎですね(苦笑)。 映画やサスペンスドラマで殺人に使われる巨大な毒蜘蛛のイメージがあるからか、巨大なアシダカグモも怖がられてしまいます。 実際のところ、アシダカグモは無毒です。 素手で捕まえてちょっかいを出すような事をしない限り、人を噛むことも滅多にないでしょう。 アシダカグモの特徴として巨体をあげましたが、もう1つあります。 それは、 ゴキブリを捕食することです。 人家に住み着き、徘徊しながら狩りをするアシダカグモが好む獲物がゴキブリですよ。 アシダカグモにゴキブリが遭遇すると、すでに捕食中のゴキブリを放って飛び掛かります。 アシダカグモは、次々にゴキブリを捕獲する優れたゴキブリハンターといえます。 アシダカグモの愛称:軍曹(ぐんそう) ゴキブリを捕食するのが得意なアシダカグモです。 アシダカグモの分布をみるとゴキブリの分布域と重なることから、主食のゴキブリを追い掛けて生息域を拡大したとも考えられます。 ゴキブリ駆除の任務を迅速に遂行する軍人さんに例えた愛称なのでしょう。 ゴキブリが住み着いた家屋を戦場になぞって「軍曹(アシダカグモ)が駐屯する」との言い回しも親しみを込めたものですね(笑)。 「アシダカグモが2〜3匹住み着いたお宅は、半年でゴキブリが全滅する」とも言われます。 ゴキブリ壊滅に心強い軍曹を大歓迎です。 アシダカグモの生態【Wikipediaより抜粋】 Web検索して得られた情報を記します。 アシダカグモの習性について大よそ分かると思います。 その大きさから毒グモと勘違いされることも多いが、人間に影響する強い毒は持たない。 同じくゴキブリなどを捕食するムカデとは違い、人間に対しての咬害も起こらない。 基本的に臆病で、人間が近寄ると素早く逃げようとする傾向が強く、近くの壁を叩くなどの振動にも敏感に反応する。 ただし、素手で掴み上げるなどすると、防衛のため大きな牙で噛みつかれる場合がある。 そのグロテスクな姿や、床や壁をガサガサと這い回る不気味さから忌み嫌われる場合も多く、薄暗い場所で遭遇すると、突然走り回るなど見る者に実物以上のインパクトを与えることがある。 加えて、走るのが速く、捕まえるのは難しい。 このことが輪をかけて嫌われる要因となっている。 そのため、心理的に気分を害するとして不快害虫ともされる。 昆虫学者安富和男の著書『ゴキブリ3億年のひみつ』によると、アシダカグモが2・3匹いる家ではゴキブリは半年で全滅するという。 人家内外に住むゴキブリやハエなどの衛生害虫や、小さなネズミなどを捕食してくれる益虫である。 また、捕食中に他の獲物を見つけると、先の獲物をさし置いて新しい獲物を捕食しようとする習性があり、短時間に多数の害虫を捕らえる能力を持つ。 一晩で20匹以上のゴキブリに噛みついたという観察記録もある。 アシダカグモを駆除する必要がある場合は、たまたま目に付いたアシダカグモ自体を殺虫剤などで殺しても、家に餌がある限りは何度でも侵入してくるため、アシダカグモの餌となるゴキブリなどの害虫を駆除した上で外に追い出すのがよい。 餌となる生物がいないなどアシダカグモが住みにくい環境を保つことで、屋内に侵入するのを予防できる。 孵化した子グモはしばらく卵嚢の周りの壁にたむろしているが、これを発見した家人が手を加えると、次の瞬間に子グモたちはそこら中へと走り出す。 この状況が「蜘蛛の子を散らす」という慣用句の語源となっている。 アシダカグモは夜行性、7月から9月の日没後に良く現れる アシダカグモは夜行性です。 昼間は人目を避けるように薄暗い場所に身を隠してじっとしています。 アシダカグモの隠れ家は、家具の裏や隙間、押し入れの中、洗濯機や冷蔵庫の裏など。 戸袋や縁の下などもアシダカグモが好む隠れ家です。 そして、夕暮れ後に活動を始めますよ。 餌になるゴキブリを捕食するために隠れ家から外出します。 夏季の日没後、19時から21時頃にアシダカグモとの遭遇確率が最大になるでしょう。 アシダカグモは屋内にも屋外(人家のまわり)にも生息しています。 屋内なら主食のゴキブリがいる台所やトイレなどに現れることが多いです。 屋外だと、ゴミ捨て場や野菜や穀物の倉庫に主食のゴキブリを捕食しようと現れます。 下記映像は、8月の日没後に屋外のアシダカグモを探索したときのものです。 子蜘蛛から成体まで、10匹のアシダカグモを発見できました。 生ゴミ置き場や倉庫の遭遇率が高かったですね。 このビデオ映像が、アシダカグモを探すときの参考になるはずです。 アシダカグモの雌が卵を抱えて守り、子蜘蛛は急成長する アシダカグモは、雌が5月から10月頃に産卵をします。 母蜘蛛は餌を食べずに卵が孵るまで卵嚢を守り続けます。 卵が孵る直前に卵嚢を手放して、近くで母蜘蛛が孵化を見守るそうですよ。 孵化後の子蜘蛛達は、卵嚢の周りに1週間ほど留まります。 卵嚢から子蜘蛛達が旅立つとき、腹部から糸を出して風に任せて一斉に飛散します。 この様子が「蜘蛛の子を散らす」の語源になったと言われていますね。 「メスは10回、オスは8回の脱皮を経て、約1年で成体サイズとなる」と言われるように、子蜘蛛は急成長します。 我が家の定点観測でも急成長を確認できました。 下記ビデオ映像に、アシダカグモの急成長を収めましたよ。 生後すぐの1mmサイズの子蜘蛛は、たった2ヵ月間で3cmサイズになりました。 1年で成体サイズということだと、あっという間に10cmくらいに成長するのでしょう。 生き残りの生存競争に勝ち抜く必要もありますが、成体になったアシダカグモは害虫のゴキブリをたくさん捕食してくれるでしょう。 期待したいですね。 (写真5、暖かくなる5月頃から10月にかけて卵を抱える雌のアシダカグモに遭遇) (写真6、卵から孵ったアシダカグモは、約2ヶ月間で足を伸ばして3cmほどに急成長) (写真7、脱皮を繰り返して大きくなるアシダカグモの抜け殻).

次の