ご多忙 の 中 ありがとう ござい ます。 「お忙しい中ありがとうございます」意味と使い方・ビジネスメール例文

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

ご多忙 の 中 ありがとう ござい ます

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

「ご足労いただき」とは?目上の人に使える?会話やメールで使用例・「ご足労」を使った表現も解説

ご多忙 の 中 ありがとう ござい ます

【例文】 お忙しい中お時間を いただけるとのこと、誠にありがとうございます• 【例文】先日は お忙しい中お時間を いただき、ありがとうございました• 【例文】 お忙しい中 ご返信いただき、ありがとうございます• 【例文】 お忙しい中 ご連絡いただき、感謝申し上げます• 【例文】 お忙しい中 ご確認いただき、お礼申し上げます• 【例文】 お忙しい中 ご対応いただき、ありがとうございました• 【例文】 お忙しい中 ご教示いただき、恐れ入ります(恐縮です) というように「~してもらい」の意味の敬語「 お(ご)~いただき」というフレーズをくわえても丁寧です。 さらには「ありがとう」だけでなく「 恐縮です」「 恐れ入ります」などのお礼フレーズをつなげても丁寧。 また「お忙しい中」は「 ご多忙の中」「 ご多忙のところ」「 お忙しいところ」などに言い換えてもOKです。 どの例文も社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 ざっくりとした解説はこれにて終了。 くわしくは本文中にて意味と使い方、注意点を述べていきます。 この記事の目次• 【意味】お忙しい中ありがとうございます 「お忙しい中ありがとうございます」の意味は「 忙しい最中にありがとう!」となります。 たとえば「お忙しい中ご連絡いただきありがとうございます」とすれば、「忙しい最中に連絡してもらいありがとう」となります。 お忙しい中=「 忙しい最中に」の意味• ありがとうございます =「 ありがとう」の意味 これら2つの言葉をあわせているだけなのですが、念のためくわしく解説しておきます。 ここでつかう「〜の中」は「 〜の最中」という意味ですね。 「中」は他にもたとえば、• 「使用中」といえば「使用している 最中」• 「お取り込み中」といえば「取り込んでいる 最中」 のようにして使われます。 いずれも「最中」の意味でつかいます。 ちなみに「 ところ」に言い換えても似たような意味になります。 「お忙しいところありがとうございます」といえば「 忙しい最中にありがとう」の意味• 「お忙しいところご対応いただきありがとうございました」といえば「 忙しい最中に対応してもらいありがとう」の意味 というように言い換えできます。 「 忙しい最中にありがとう!」という意味ですので、社内目上なり上司・社外取引先を気づかうフレーズとして使われます。 使えるシーンはたくさんありますが代表的なものを箇条書きにしてまとめます。 【基本】お礼返信ビジネスメールなど(冒頭に使う) 「お忙しい中ありがとうございます」の使い方、まずは基本。 上司や目上・社外取引先に何かしらお願いしたり、問い合わせしたり、教えてもらった後。 返信メールでお礼する時によくつかわれるフレーズです。 「お忙しい中ありがとうございます」でひとつのお礼フレーズとして メール冒頭・書き出しにつかいます。 すでに紹介はしましたが… 「~してもらい」の意味の敬語「お(ご)~いただき」をくっつけて「 お忙しい中~いただきありがとうございます」という形でもつかわれます。 「~」の部分にいろいろな語をもってくるとお礼フレーズになりますね。 たとえば上司なり社内目上・社外取引先にメール返信やメール連絡してもらったときは?? 「 お忙しい中ご返信(ご連絡)いただきありがとうございます」とすると丁寧。 他にもたとえば、• 【例文】お忙しい中ご返信いただきありがとうございました。 【例文】お忙しい中ご連絡いただき恐縮です。 【例文】お忙しい中お返事いただきありがとうございました。 【例文】お忙しい中お返事いただき大変恐縮です。 【例文】お忙しい中ご連絡いただき感謝申し上げます。 【例文】お忙しい中ご回答いただきお礼申し上げます。 【例文】お忙しい中ご回答いただき恐れ入ります。 というように、まずメールの冒頭・書き出しでお礼すると相手への配慮が感じられて好感がもてます。 なお著しく相手に負担をかけたのであれば…ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 「 お忙しい中~いただきありがとうございます」の「お(ご)~いただき」の部分には「ご返信・お返事・ご連絡…」だけでなく、いろいろなフレーズがきます。 たとえばアポイントや面談・打ち合わせを相手に了解してもらったときは??• アポイント 面談・打合せ を了解してもらったのであれば… 例文「お忙しい中お時間をいただけるとのこと、有難うございます。 」 例文「お忙しい中面談のお時間をいただけるとのこと、大変恐縮です。 」 例文「お忙しい中貴重なお時間をいただけるとのこと、大変恐れ入ります。 」 例文「先日はお忙しい中面談のお時間をいただき、ありがとうございました。 」 例文「本日はお忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございました。 」 あるいは上司なり社内目上・社外取引先に出席してもらう(もらった)ときは??• これから出席(参加)してもらうのであれば… 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただけるとのこと、有難うございます」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただけるとのこと、大変恐縮です。 」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただけるとのこと大変恐れ入ります。 すでに終わったことであれば… 例文「先般はお忙しい中ご出席 ご参加 いただき、ありがとうございました」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただき感謝申し上げます。 」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただきお礼申し上げます。 」 というように、ビジネスメール冒頭・書き出しではまず出席してもらう(もらった)事にたいするお礼をします。 なお著しく相手に負担をかけたのであれば…ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 いずれも「 お忙しい中~いただきありがとうございます」の「~」に相手にしてもらう(もらったこと)を加えるだけで丁寧なお礼フレーズの完成です。 対応してもらう(もらった)お礼返信 例文「お忙しい中早々にご対応いただき誠にありがとうございました。 」 例文「お忙しい中ご対応いただき恐れ入ります。 」 例文「お忙しい中ご対応いただき感謝申し上げます。 」 例文「お忙しい中早々にお取り計らい頂きありがとうございました。 教えてもらった後のお礼返信メール 例文「お忙しい中ご教示いただきありがとうございました。 」 例文「お忙しい中ご教示いただき感謝申し上げます。 」 例文「お忙しい中ご教示いただき恐縮です。 確認してもらったお礼返信 例文「お忙しい中、早々にご確認いただきありがとうございました。 」 例文「お忙しい中ご確認いただき誠にありがとうございます。 送付してもらったお礼返信 例文「お忙しい中、早々に送付いただきお礼申し上げます。 」 例文「お忙しい中、早速送付いただき誠にありがとうございます。 」 例文「お忙しい中、早々に送付くださいましてありがとうございます。 」 上記はほんの一例。 ビジネスシーンにおうじて無限のバリエーションがあります。 あなたの語彙が広がるほどにつかえる敬語も増えていくでしょう。 【敬語・意味の補足】 ・ご教示は「教えること」の意味 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 ・「恐縮」「恐れ入る」はどちらも「申し訳なく思うこと」の意味 ・「いただく」は「もらう」の謙譲語 ・「いただけるとのこと」は「もらえるとのこと」の意味の敬語(謙譲語) 【例文】ビジネスメール全文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは 「お忙しい中ありがとうございます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 ・「受け取った」という意味の謙譲表現「拝受しました」を使うと丁寧。 先ほどお見積書のほう拝受しました。 お忙しい中、早々にご対応いただき誠にありがとうございます。 それでは弊社内にてお見積もり内容につき検討し、結果につき改めて報告いたします。 また追加でご相談することもあるかと存じますが、その際にはお力添えいただければ幸いです。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 日時決定の連絡をするだけでなく、会議の目的や場所なども案内すると丁寧。 さて、ご都合につき承知いたしました。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 お忙しい中お時間を頂けるとのこと、誠にありがとうございます。 それでは以下の通りにOB訪問をいたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 メール件名: Re:Re:Re: 貴社訪問のお願い(転職・ノマド) 株式会社転職 営業部 ノマド 様 (社外取引先) お忙しい中ご連絡いただき誠にありがとうございます。 さて、日時等の仔細につき承知いたしました。 ご足労をおかけいたしますが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 さらに返信メールでシンプルにお礼する転職メール例文。 面接の日程等、仔細につき承知しました。 こちらこそ宜しくお願い致します。 本日はお忙しい中ありがとうございました。 さて、xx会議の議事録を添付ファイルにて送付いたします。 ご査収くださいますよう宜しくお願い致します。 ビジネスメールではこれらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。 どれも目上の人(社内上司・先輩)にはもちろんのこと、社外取引先にもつかえる丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 使い分けする必要はありませんが、すでに述べたとおり結婚や出産・その他めでたいシーンで「お忙しい」はNG。 【言い換え】ご多用の中ありがとうございました。 /ご多用の中ありがとうございます。 というシンプルな言い換えのほかにも「~にもかかわらず」をくっつけて、• 【例文】ご多用にもかかわらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、ありがとうございます。 【例文】ご多用にも関わらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、大変恐れ入ります。 【例文】ご多用にも関わらずご返信 ご連絡・お返事 いただき、ありがとうございます。 【例文】ご多用にも関わらずご対応 ご確認・ご教示 いただき、ありがとうございます。 としても丁寧です。 さらに以下の言い換えもできますね。 【言い換え】ご多用中にもかかわらず 例文は同上〃• 【言い換え】ご多用の折にもかかわらず 例文は同上〃• こちらも使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 【言い換え】ご多忙の中ありがとうございました。 /ご多忙の中ありがとうございます。 というシンプルな言い換えのほかにも「~にもかかわらず」をくっつけて、• 【例文】ご多忙にもかかわらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、ありがとうございます。 【例文】ご多忙にも関わらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、大変恐れ入ります。 【例文】ご多忙にも関わらずご返信 ご連絡・お返事 いただき、ありがとうございます。 【例文】ご多忙にも関わらずご対応 ご確認・ご教示 いただき、ありがとうございます。 としても丁寧です。 さらに以下の言い換えもできますね。 【言い換え】ご多忙中にもかかわらず 例文は同上〃• 【言い換え】ご多忙の折にもかかわらず 例文は同上〃• 【言い換え】お忙しいところありがとうございました。 /お忙しいところありがとうございます。 【言い換え】お忙しいところにもかかわらずご参加(ご出席・お時間を)いただき、+お礼• 【言い換え】お忙しい折にもかかわらずご返信(お返事・ご連絡)いただき、+お礼• 絶対にお礼しなけきゃダメ!というのではなくまぁちょっとした気づかい、心づかいとして「お忙しい中ありがとうございます」をつかうと丁寧ですね。 ほかにも返信ビジネスメールの冒頭・書き出しお礼に使える敬語フレーズとしては… 「 ご丁寧にご連絡いただきありがとうございます」などもあります。 ようは相手にメール返信してもらったり、なにかしら負担をかけたのであれば、どんな表現でもいいのでとりあえず感謝の気持ちをつたえましょう。 そうするとあなたの好感度もアップすること間違いなしです。 したがって実際にはヒマな相手にメールするときに使ってもOK。 この採用担当者はヒマそうだから「お忙しい中ありがとうございます」はメールに使えないよなぁ…。 このお客さんはいっつも忙しそうだから「お忙しい中ありがとうございます」をメールで絶対に使うべきだ!。 とか、そういう使い分けは必要ありません。 ビジネスメールでは 相手が誰であろうと等しく使えますのでご安心ください。 「お忙しい中ありがとうございます」は相手を気遣うときに使う表現=社交辞令でもあります。 としている人が結構います。 たしかに「忙」という字には「亡くなる」という文字がふくまれるため、縁起の悪い言葉として考えられます。 でもビジネスシーンでは「忙しい」「お忙しい」を使っても何ら問題はありません。 なぜなら「忙しい」「お忙しい」にはよい意味もあるから。 「忙しい・お忙しい」という言葉のニュアンスには2つあり、相手への配慮のほかに 「ビジネスが上手くいっているからこそ忙しい = よい意味」もふくみます。 したがってビジネスメールで「忙しい」を使うのは、しごく当たり前のことなのです。 「ご多用」に言い換えます。 参考になる記事:• まとめ 今回は「お忙しい中ありがとうございます」の意味と使い方、注意点について、これでもかというくらい語ってみました。 この表現はとても便利で、ビジネスメールでは万能に活躍します。 ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。 頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。 ではでは~~。

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

ご多忙 の 中 ありがとう ござい ます

「お忙しいところ」が最も使われるのは、依頼のシーンではないでしょうか。 仕事は頼む・受けるで進行していきます。 業務をいくつも抱えているのはビジネスパーソンならお互い様ですね。 これから必要な、新たなこの任務のために、相手に時間を作らせるにあたって、その負担をじゅうぶんわかっています、という意味を伝えて印象をやわらげます。 ・お忙しいところ大変申しわけありませんが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところ誠に恐縮でございますが と、このようなフレーズで始め、依頼内容を書きます。 このひと言があると、負担感なく仕事を引き受けられる印象になります。 「お忙しい」を「ご多忙」とする表現もあります。 「お忙しいところxxですが」の後に続くフレーズ お願いをするときに「お忙しいところ」に合わせてよく使われるのが「恐縮です」という言い方です。 日常会話では少ないと思いますが「恐縮です」はビジネスではよく使われます。 「恐縮」とはもともと以下のような意味です。 「恐縮です」は「恐れ入ります」ともなります。 謝る言葉でよくある「すみません」は少し簡単すぎる印象があり、ビジネスシーンではあまり上手な謝りかたではないとされているので、注意しましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」例文.

次の