新 au ピタット プラン と は。 【au】ピタットプランと新ピタットプランの違いは?料金の比較をしてみた!|おふとんしてたらまたねてた

【au】ピタットプランと新ピタットプランの違いは?料金の比較をしてみた!|おふとんしてたらまたねてた

新 au ピタット プラン と は

「 新auピタットプランNってどうなの?以前の新auピタットプランとは一文字違いで何が変わったのかな…」 2019年は料金プランの変更が短期間で行われました、 auでも新プランが登場したと思ったらいつの間にか廃止されたりしたので、新料金プランと旧料金プランの違いがわからない・・ という人も多いのではないでしょうか。 現在提供されている料金プラン「新auピタットプランN」が2019年10月に登場。 その前までは、「新auピタットプラン」というプランが2019年6月~9月までのたったの4か月受付をしていたプランもあります。 この記事では、auの料金プランの 新auピタットプランNがどういうプランなのか?おすすめなのはどんな人なのか? 何よりも 旧プラン新auピタットプランとの違いは何なのかということについてお話していきます。 【結論】新auピタットプランNはライトユーザー向けにおすすめ料金プラン 新auピタットプランNは、先に結論だけお伝えすると、毎月4GB以下の通信量で間に合うライトユーザー向けプラン。 データ容量が7GBまで利用 毎月のデータ利用料に応じて月額料金が変動 「1GBまで」「4GBまで」「7GBまで」で定額料金が設定。 あまりデータ通信を行わないという人は安い定額料金で利用することができるので、おすすめな料金プランになっています。 しかし、データ利用量が4GBを超えて利用する場合や、家族割プラスが適用にならないという人の場合は、他の料金プランを利用したほうが安くなります。 新auピタットプランNはデータ通信量が1GB以下で家族割プラスが3人以上で適用になった場合は、月額1,980円で利用することができます。 しかし、誰でも安く利用することができるわけではありません。 毎月4GBまでしかデータ通信をしていないという人は、新auピタットプランNに変更することを検討してもいいかもしれません。 では、詳しく新auピタットプランNについてまとめていきます。 新auピタットプランNのプラン内容 参照: 2019年10月から提供を開始した「新auピタットプランN」は、データ容量が0GB~7GBまで利用することができ 毎月のデータ通信量に応じて定額料金が変動する料金プランです。 データ容量 ~7GB 6,150円 ~4GB 4,650円 ~1GB 3,150円 国内音声通話 30秒20円 SMS送信料(受信:無料) 1回3円~ データ通信量は「~1GBまで」「~4GBまで」「~7GBまで」の3段階。 通信料が1GB未満なら3,150円 3GB利用なら4,650円 といったように、その月使ったデータ容量によって料金が変わるため、あまりデータ通信をしなかった月は利用料金を安く抑えることができます。 他の料金プランでは一定のデータ量の定額制になっているため、データ通信をしなかった場合でも定額料金は安くなることはありません。 そういった点で新auピタットプランNは、 無駄に多く払いすぎることがないのが特徴です。 2年契約N 「新auピタットプランN」は「」を利用した場合は 月額170円を割引きます。 新auピタットプランN 2年契約N適用なし 2年契約N適用 データ容量 ~7GB 6,150円 5,980円 ~4GB 4,650円 4,480円 ~1GB 3,150円 2,980円 「2年契約N」は2年ごとの更新期間が設けられていて、その 更新期間以外に解約や契約を解除した場合に解除料金が1,000円かかります。 更新期間は「2年契約N」満了月の当月、翌月、翌々月の3か月です。 今後もauを使い続けるという人は、もちろん月額料金が安くなりますので「2年契約N」に加入をして「新auピタットプランN」を利用したほうがお得ですよ。 適用される割引きサービス 新auピタットプランNには、2つの割引きサービスを利用することができます。 +通話オプション 通話は30秒あたり20円で加算していくので、電話をよくかけるという人は別途通話オプションに加入することができます。 通話定額ライト(月額700円) 1回5分以内の国内通話がかけ放題 通話定額(月額1,700円) 国内通話が24時間かけ放題 1回の電話の時間が5分以内の短い電話をたくさんする人は、月額700円の通話定額ライトの利用がおすすめです。 5分以上の長電話をするときがあるという人は、月額1,700円の通話定額を利用したほうがどんなに電話をしてもかけ放題で利用することができますよ。 au学割で新auピタットプランNが月額980円~ 参照: 2019年1月10日から、新ピタットプランNもauの学割の対象料金プランになりました。 15歳以下の契約者(利用者登録でも可)が、新規契約・機種変更をする 新auピタットプランNに加入、またはすでに加入をしていること auの学割に申し込むこと 上記3つの条件を満たすことで、auの学割が適用になります。 結果、auの学割の他にauスマートバリューや家族割プラスが適用になると、12ヶ月間最大2,500円の割引きになります。 2GBまでのデータ利用量なら月額980円で利用することが可能。 新auピタットプラン「N」と新auピタットプランとの違いは何か? 新auピタットプランNについてイメージができたかともいます。 では、2019年6月から始まって2019年9月で提供を終了した 新auピタットプランとはどこに違いがあるのかを見ていきましょう。 (旧)新auピタットプラン 2年契約適用なし 2年契約適用 データ容量 ~7GB 7,480円 5,980円 ~4GB 5,980円 4,480円 ~1GB 4,480円 2,980円 新auピタットプランのプランの内容自体は、新auピタットプランNと全く同じ 音声通話や通話オプションなどについても違いはなし なら違いはどこになるのか? と言うと、 2年契約が適用になる月額料金が違うという点です。 2年の定期契約の月額料金 新auピタットプランN (旧)新auピタットプラン 2年契約N適用なし 2年契約N適用あり 2年契約適用なし 2年契約適用あり ~7GB 6,150円 5,980円 7,480円 5,980円 ~4GB 4,650円 4,480円 5,980円 4,480円 ~1GB 3,150円 2,980円 4,480円 2,980円 新auピタットプランと新auピタットプランNでは、2年契約を申し込まなかった場合の月額料金に1,330円も差があります。 ただし、それぞれの2年契約が適用された後の月額料金は同額になっています。 つまり、旧プランである新auピタットプランでは、2年契約を申し込まなければ月額料金がかなり高額。 実質的に2年契約を組むことが前提の料金プランになっているということです。 旧プランに適用することができる2年契約は、月額料金を1,500円割引きます。 その反面、更新期間以外に解約や契約解除を行った場合は解除料金が9,500円かかります。 月額料金の割引額が大きい代わりに、解約するときの解除料金も高額になっています。 料金の差がなくなり契約期間の縛りがゆるくなった 新auピタットプランNにすれば、 新auピタットプランと同じ内容で利用 2年契約Nを利用するかどうか選択 することができます。 2年契約Nを申し込まなくてもプラス170円で利用することもできます。 2年契約Nを申込めば新auピタットプランと同じ料金で利用することもできて、解除料金も1,000円まで安くすることができるということになります。 新auピタットプランから新auピタットプラン「N」へのプラン変更が可能 現在、新auピタットプランNを利用している人や、その他の旧プランを利用している人は機種変更をしなくても プラン変更だけで新auピタットプランNに変更することが可能です。 その場合でも、2年契約の解除料金や手数料はかからずに変更することがでます。 今のところはauから他社に乗り換えるつもりがない人も、突然事情があって解約しなくてはならなく可能性はありますよね。 できれば今のうちに「新auピタットプランN」に変更しておくのがおすすめです。 新auピタットプランNのまとめ.

次の

新auピタットプランの料金・割引・通話料など。旧プランと比べるとどっちが安いの?

新 au ピタット プラン と は

逆に言えば、auでスマホだけ契約してもこの割引は受けられないよ。 「家族割プラス」は対象プランに加入した家族の人数によって変わる 「家族割プラス」は、対象プランに加入している家族の人数に応じた割引が受けられるサービス。 2人なら500円、3人以上で1,000円割引となります。 家族がauユーザーだとしても、そのほかのプランの場合は適用外なので注意してください。 ルイーバ、それは不可能なんだよ。 家族2人でも無理なのさ。 家族3人以上で契約なら1,000円割引だから、3人以下の場合は残念ながら何の恩恵も受けないんだ。 「新auピタットプランN」と格安SIMを比較! ではここからは「新auピタットプランN」と格安SIMを比較していきましょう。 なお「新auピタットプランN」は、スマホ契約とは別に光回線などを契約して受けられる「auスマートバリュー」割引が適用される場合とされない場合どちらも比較。 今回は次のケースで計算します。 「新auピタットプランN」をひとりで契約した場合 「新auピタットプランN」をひとりで契約し2年間利用した場合と、人気格安SIMであるmineo(マイネオ)のau回線(Aプラン)を契約し2年間利用した場合の合計料金を比較します。 なおデータ容量は1GB未満の利用と4GB未満の利用で計算。 mineoには1GBのプランがないため3GBのプランで比較をします。 「新auピタットプランN」は、1,980円~と一見安く感じます。 しかしよく調べてみるとそこにはカラクリがあり、最安の1,980円を実現するためには、家族3人以上で契約し、さらに光回線などを別途契約しなければなりません。 1,980円の対象となる人はかなり限定されています。 「どうしてもauじゃなくちゃ嫌!でも安く済ませたい!」という人は、自分にはどんな割引が適用となるのか確認してください。 「auじゃなくてもいいから、料金を安くしたい」という人は、格安SIMへの乗り換えが絶対にお得です。 格安SIMにはさまざまなプランやかけ放題オプションがあるので、自分にぴったりのプランが、きっとみつかりますよ。 当サイトではさまざまな格安SIMを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

次の

auが新料金プラン発表 5G時代を見据えた「原則無制限プラン」も

新 au ピタット プラン と は

シンプル• スーパーカケホ• カケホ シンプル auピタットプラン シンプル では、国内通話は掛けた分だけ支払うスタイルで、30秒で20円の通話料金がかかります。 スーパーカケホ 国内通話が1回5分間以内なら24時間かけ放題になるプランです。 5分間を超えた場合は30秒で20円の通話料金がかかるので注意が必要です。 カケホ 国内通話が24時間かけ放題になるプランです。 旧auピタットプランの最安値は? 旧auピタットプランの最安値ですが2,980円になります。 auピタットプランN(s)• VKプランS(N)• VKプランM(N)• ケータイシンプルプラン• ケータイカケホプラン• 4G LTE 新auピタットプランN でデータ容量を1GB未満に収めると、「家族割プラス」未加入の場合では月額料金は2,980円になりますが、「家族割プラス」に3人以上で加入している場合は1,000円割り引かれて月額料金は1,980円になります。 3人で1か月合計3,000円割引か! 4G LTE 新auピタットプランN では通話プランはオプション 4G LTE 新auピタットプランN の料金体系ですが、通話プランはオプション制になりました。 オプションを利用すると月額料金に700円~1,800円プラスする必要があります。 通話オプションをプラスしない場合ですが、30秒で20円の通話料金がかかります。 3段階なら分かりやすいですね。 そこで新旧プランのデータ容量別の月額料金を比較してみました。 icon-check-square-o 旧auピタットプラン シンプル と新auピタットプランN 通話オプション無し 比較 データ容量 auピタットプラン シンプル 4G LTE 新auピタットプランN ~1GB 2,980円 2,980円 ~2GB 3,980円 4,480円 ~3GB 4,980円 ~4GB 5,980円 ~5GB 5,980円 ~7GB 6,980円 ~20GB 1GB未満なら新旧プランでは同料金になりますが、その他の容量では微妙に違いがある事が分かりますね。 旧プランでは1GBを超えると1,000円アップになりますが、新プランでは一気に1,500円もアップします、この事は注意しておかなければいけないです。 スポンサーリンク データ容量1GB未満なら新旧どちらのプランがお得? データ容量を1GB未満に抑えた場合は新旧どちらのプランがお得なのかシュミレーションしてみました。 「スマホ応援割」が適用された場合は、「スーパーカケホ」の1,980円が最安値になります。 注意点として「スマホ応援割」は「シンプル」では適用外です。 「家族割プラス」未加入の場合の最安値は通話オプションなしの2,980円ですね。 1人の場合は新旧プラン共に最安値は2,980円になりました。 この場合、通話には30分20円の料金がかかるので注意が必要です。 スマートバリューが適用されている場合は、5分間のかけ放題が付いている旧プランの「スーパーカケホ」が2,980円でお得です。 シンプルプランでは新旧プランは同料金、通話オプションがあるプランでは新プランの方割高になっています。 なので、加入者が1人の場合は新auピタットプランNに変更してもメリットはありません。 家族2人で加入した場合 旧auピタットプランでは、1人で加入しても家族3人以上で加入しても割引サービスはありません。 旧プランでスマートバリューに加入していた場合は、スーパーカケホ・カケホ共に新プランの方が200~300円割高になります。 家族3人で加入した場合 家族3人で新auピタットプランNに加入した場合は、1人あたり月額1,000円の割引サービスが受けられます。 新プラン全てで旧プランよりもお得になりました。 特に通話オプションを付けない場合は、1,980円と破格の料金になりました。 通話オプションを利用した場合でも旧プランより200~300円割安になっています。 データ容量3GB未満でかけ放題の新旧プラン比較 次に、大部分のユーザーが利用しているであろうデータ容量3GB未満と通話かけ放題プランの新旧auピタットプランの月額料金を比べてみました。 データ容量も1GB多めに使用できるのも魅力です。 「スマートバリュー」を適用した場合は、反対に旧プランの方が200~300円お得になります。 但しデータ容量では新プランが1GB多いので新プランの方がお得と言えますね。 「家族割プラス」に加入した場合でも新プランの方が断然お得になります、最高で700~800円の差がつきました。 まとめ ここでは、新旧auピタットプランの月額料金の比較を行いました。 旧auピタットプランのユーザーが4G LTE 新auピタットプランN へプラン変更するのは、果たしてお得なのかどうかシュミレーションしてみました。 データ容量が1GB未満の場合では、新旧プラン共に最安値は2,980円になりました。 この場合、スマートバリューが適用中ならば、旧プランの「スーパーカケホ」が5分以内カケ放題で月額2,980円と最もお得なプランになります。 4G LTE 新auピタットプランN にプランを変更した方がお得なのは「家族割プラス」に3人以上に加入した場合です。 旧プランの「シンプル」よりも新プランの通話オプション無しの方が1,000円割安になりました。 また、「スーパーカケホ」「カケホ」よりも通話オプョンありの方が200円~300円安い設定になります。

次の