茂野吾郎 清水薫。 【MAJOR】清水薫が丸分かりになる6つの知識!吾郎との結婚でヒロインから母に!【MAJOR(メジャー)】

清水薫

茂野吾郎 清水薫

メジャーセカンド152話ネタバレと考察です。 前回151話では、横浜シニア時代に監督から戦力外宣言をされ落ち込んでいた道塁を再び野球の道に誘う大尾中学ナイン側の感動エピソードが紹介されました。 風林学園は最終回で負けているものの逆転のランナーも置いてバッター大吾がいい当たり!!試合はクライマックスへ MAJOR 2nd 152話 151話の最後は大吾が打ち返した場面で終わっていたため、打球の行方は明らかになっていませんでした。 (代わりにといってはなんですが、パパ茂野吾郎の行方が明らかに。 客席に来ていますw) その大吾の打球は道塁のグラブを弾きヒットゾーンへ 「やったあああ抜けたーーー!!」ベンチで睦子とアニータははしゃぎます。 元気出せ道塁よ。 更にランナーは走り逆転のランナーがホームへ。 キャッチャー魚住と交錯します。 流れは大吾たち風林学園 審判の裁定を見守る関鳥と大吾。 関鳥もこの試合では長打を打つなど丹波よりは活躍してくれています。 そして判定はセーフ!!うおおおと狂喜乱舞する風林学園ナイン。 ベンチの様子と喜ぶ睦子のお尻も描かれていました。 「逆転だーー!」 1塁にいる大吾に沢弥生も「ナイスー大吾っー!」と声を掛けます。 弥生は気が利く有能な女性ですね。 大学生ぐらいになったら女子アナを目指すハイスペック女子になってくれそうです。 客席が面白い 客席で藤井と薫が一緒に観戦中。 薫は若い頃はおてんば娘だったんですが、劣化しらずの美熟女になってくれました。 「大吾のやつ、少年野球時代から2年もたってないのにすげー成長したな。 眉村のあんな速い球をこの場面で打てるなんて」藤井も感慨深い様子。 そんな藤井は離れたところで観戦する大吾を発見し「オイ茂野っ」と声を掛けます。 一緒にいる二人に気付くと、 「な、なんで俺の嫁と藤井が!?」まさかの不倫を疑う吾郎でした。 もうね、この場面で私は満足ですよ。 無印メジャーの登場人物の絡みは懐かしくなってしまいます。 ただ吾郎は家をほったらかしにしてるようなので、そのうち 本当に不倫されてもおかしくありません。 そろそろ日本に定住して家族や日本のプロ野球と深く関わってもいいんじゃないでしょうか。 薫はこっそり観戦 大吾のママ薫は、どうもこの試合を試運転だから見に来るなと言われていたようで、それでこっそりと観戦していたようです。 吾郎は試運転の割に好ゲームだなと息子の活躍に感心。 (浮かない表情ですが、特に意味はないと思います。 もしかすると道塁と何か接点があった設定が出てくるかもですが、プロ選手は指導してはいけないのでそれもないはず) 逆転したところでスリーアウトチェンジ 一気に活気づく風林学園ベンチ 大吾良かったな!リトルで野球やめた頃はあんなに暗かったのに。 そんな大吾は先ほど全力疾走をしてしばらく倒れていた睦子の足を心配 (本当は沢弥生の肘のほうがヤバいと思うんですが、知らされていないので仕方ないです) 睦子ちゃんはヒロイン 疲労を心配される睦子ちゃんですが、這ってでも続けるととても健気。 ウワサでは 大吾の親父である吾郎の財産を狙っているというとんでもない陰謀論もありますが、この子は純粋に野球と愛する大吾のためにがんばっているだけなはずです。 大吾とのラブロマンスもそろそろ進展することでしょう。 一方打たれて落ち込む道塁・・・ この対比は結構キツかったですが、これがスポーツですね。 絶対の自信があったオーバースローを打たれ、道塁は顔を上げることができません。 しかし「道塁!!」「顔を上げろ!まだ終わっちゃいねえ!!」 魚住に声をかけられ、はっと顔を起こします。 最終回なのでこのイニングで最低でも1点を取らないと負けてしまいます。 しかしバッターは8番の山室君という超モブキャラ打者から。 当然弥生に打ち取られ、またたくまにワンアウト。 「いい球投げてんな弥生・・・肘はだいぶ治ってる?」怪我の事を知り心配していた太鳳もとりあえずは一安心の様子 藤井千里に衝撃の事実 9番打者をゴロに打ち取ります。 うまく処理する藤井千里。 すると吾郎は藤井に 「ザルセカンドだった親父と違って、娘はうめーじゃん」と酷い一言。 (ってえ!娘だったの?ww初めて知ったんですが・・もう一度1巻から読み直してみます。 ) 「フハハ今は機嫌がいいから許してやる。 」学生時代のノリで藤井と会話していて楽しかったです。 このやりとりは定期的に見たいところであります。 その横で薫は「あと一つーーーっ!」一生懸命応援。 少年時代の吾郎を応援する桃子先生のようですね。 ついにあと一人。 バッターは1番の出光君。 そこそこの能力と存在感のある選手で油断はできません。 余裕の表情で投げる弥生ですが・・・ 何と突然のデッドボール 「あ~ごめんごめん」といつもの軽いノリで謝る弥生ですが、 ケガの影響の可能性を考えたであろう太鳳は青ざめた顔でマウンドを見つめます。 バッターは2番の眉村道塁!! 当初見下していた弥生との対戦にプライドをかけて打席に立ちます。 そして弥生の肘は大丈夫なのでしょうか。 153話に続きます!!.

次の

茂野吾郎

茂野吾郎 清水薫

茂野吾郎とは、『』に登場する選手( )である。 概要 『』の。 に一筋で熱い性格をしている。 旧姓は。 茂治の第1子として生まれる。 は生まれてすぐに他界したため、茂治一人に育てられた。 でのもとこ、以降は。 が野手に転向した直後に・から放ったに感動したが、そのから頭部を受けては。 の婚約者でのだったに引き取られて育った。 では三船に所属。 この頃には茂野英毅と再婚したことで、が茂野に変わった。 義となった英毅の移籍に伴う引っ越しのために籍を移したが、その在籍中に肩を壊してしまったため、右投を断念。 左投に矯正した。 ではまだ左投を物にできていなかったが、英殻の導で弱点をし、を身に付けた。 県大会まで進出したが、県大会で学園部のにドで敗。 と共にの入団を受けて合格した。 ではに進学したが、に反発し自退学。 その後はの妨もあり部がない秀学院に編入して部を作る。 再びの妨に遭い、右足を折する重傷を負いつつも試合出場を重ね、大会準々決勝でと死闘を繰り広げたが、右足にが来て尽きた。 その後は標となっていたがで活躍し、郎を待っていることを知って渡する。 マイナー時代 盗難に遭って詰んでいたところを沼に助けられ、共に・ズのを受けて合格。 しかしで打ちこまれに降格。 さらにその後の、に打たれた後、. にとっても因縁となったをされて昂し、をされた。 その後はへの執念がないメン・に入団し、として活躍。 と呼ばれていたと共にを立て直し、に貢献した。 その後. と再会し、決定戦ではhのでを折ってを奪った。 と和解した。 しかし・ホーネッツにをついていたことがばれたため、この年のホーネッツへの昇格はなかった。 に帰した後はが開催されることを知り、のコネで打撃を務めるが、ーのとの対戦であっさりを打たれ、の導を受けて を投げるようになる。 との対戦でを折りつつも近くまで打球を運ばれたことで不足を感じ、ホーネッツのに戻ったが、の故障と、とのもあって入りした。 ではを務め、決勝の戦まで勝ち上がり、延長戦で憧れのと投げ合う。 最後は. にを打たれ、敗戦となってしまった。 この頃にと付き合うようになった。 メジャー時代 戦で活躍したことで注されるようになり、開幕はとなり、戦ではをやりかけたが、ランナーを抱えただけで動揺するようになり、が定まらなくなったことで自らマウンドを降り、周囲を驚かせた。 2戦では再びランナーを抱えて動揺し、相手の頭部にを当ててしまい、これによりイップスにかかっていることが確定する。 に降格した後はと知り合い、イップスの治療を受ける。 イップスを治しに復帰したが、闘志が消え失せていて、打撃のいいに打ちこまれた。 の現役復帰には反発していたが、からでもやり直そうとする姿を見て、hをえると闘志を取り戻した。 ワッツの不調を受けてとなったが、この頃に血行障に悩まされるようになる。 地区決定戦でにが来て、10者連続はならず、しかもブでも投げていなかったことを知り、時間を稼ぐ。 最後はhのでを取った後、自らマウンドを降り、翌日で地区を達成したことを知った。 に帰後、アに見られながらも生活し、にしてした。 ワールドシリーズ 7年後に. が所属するテキサス・スとで対戦。 第6戦で. の打球を頭部に受けたが、幸い意識を取り戻した。 第7戦ではチでじっとしていたが、劣勢を見ていられずマウンドで準備し、ワッツの反対を受けつつもマウンドに上がる。 元の・ンのをへし折ってを奪い快調なを切る。 途中に苦しみながらも投し、最後は. からを奪い、9年にしてを達成した。 この後に長女のが生まれ、となった。 日本プロ野球 その後もホーネッツに所属したが、左肩を壊して投球ができなくなり、ホーネッツをされる。 その後は密かに野手に転向するためにを重ね、ズに入団。 戦でを放ち、を感動させた。 MAJOR 2nd のでの大がのために登場しないが、42歳ながらで現役を続ける。 に帰し、ののを負傷させて落ち込んでいた大を励ました。 その後、南に挑戦したがそこで遂に現役を考えることになり帰。 でに抜された大にを請われたのをきっかけに、キャとして職に就くことを決意。 はで選手兼として活躍している。 特徴 郎が投げるはただ速いだけではなく、回転するため、芯で捉えてもを粉砕する威を持つ。 編で本格的にを投げるようになり、最初はに打たれていたが、修正を加えたことにより、寄りで落ちるようになったことでりを奪いやすくなった。 他には、なども投げたことはあったが、実戦で使えるではなかった。 打撃においても長打を打つことが多いため、「で4番」として出場することが多い。 怪をしても選手生命を試みずにすることで怪を悪化させることが多い。 では周囲は流石にしないだろうと思っていたが、最終的にマウンドに上がっている。 しかし・ンく、この時にとてつもない集中を発揮する。 を投げる時にが落ちることが多いが、郎くこれがのバロメーターを示している。 は56を付けることが多いためか、では56の称で親しまれる(編では)。 関連動画 募集中 関連商品 関連項目•

次の

アニメ『メジャー』茂野吾郎の妻清水薫と付き合うまでの馴れ初めと結婚エピソード

茂野吾郎 清水薫

「ギブソンに本田Jrの成長を見せられればいいじゃない! 本田吾郎のゴールは 理想な形じゃなくなったのかもしれないけど…… 茂野吾郎のゴールは こんなところじゃないだろ!?」 概要 CV: 「」「」および、「」の登場人物。 時代から()に心を寄せていた。 しかし、強気な性格が災いして彼と衝突する事もあった。 その後、彼が黙って転校した真実を知って傷心。 吾郎と野球を憎んでいたが、彼が戻ってきてからは和解し、吾郎を見守る存在となる。 彼と和解してからも小学時代と同様たまに喧嘩をする描写は変わっていないが、恋仲関係になってからはそう言った面も薄れていき、彼として一男一女をもうける。 結婚後は独身時代に使った男言葉をキッパリと卒業し、を使うようになり世話を何かと焼かすの面倒をキッチリとみる良妻になっている。 一方、脳天気な性格が災いしてなのか、配慮不足が裏目に出ることが多い。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 09:52:45• 2020-07-18 09:50:39• 2020-07-18 09:49:49• 2020-07-18 09:49:38• 2020-07-18 09:48:46 新しく作成された記事• 2020-07-18 09:47:31• 2020-07-18 09:29:31• 2020-07-18 09:13:20• 2020-07-18 09:50:39• 2020-07-18 09:45:50•

次の