更新 プログラム の アン インストール。 Windows10の更新プログラムをアンインストールする方法

Windows更新プログラムKB~~~をアンインストールする方法

更新 プログラム の アン インストール

[Windows Update]画面 毎月第2火曜日の翌日(水曜日)に、月例の更新プログラムとして幾つかの不具合解消などをまとめた累積更新プログラムの配布が行われている。 ユーザーが何もしなくても、自動的に適用が行われる。 画面は、[Windows Update]画面を開き、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックして、手動による更新プログラムの適用を行ったところ。 また、Windows 10では春と秋の年2回、機能アップデートと呼ばれる大型の更新プログラムが提供されており、大きな機能の追加などが行われる。 こうした更新プログラムは、Microsoftによるテストを経て公開されているものの、特定の環境において、更新プログラムの適用によって予期しない挙動の変化があったり、特定の機能が正常に動作しなくなったり、という「副作用」のような不具合が発生する場合がある。 不具合を運用で回避できない場合には、更新プログラムのアンインストール(削除)が必要になる。 一般的な更新プログラムのアンインストール方法 更新プログラムをアンインストールするには、[スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックするか、[Windows]+[I]キーで[Windowsの設定]アプリを起動する。 [Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]をクリックし、[更新とセキュリティ]画面を開き、左ペインで[Windows Update]を選択する。 右ペインの[Windows Update]画面にある「更新の履歴を表示する」をクリックする。 Windows 10のバージョンによって若干画面のデザインが異なるが、[更新プログラムのチェック]ボタンの下側に「更新の履歴を表示する」項目があるはずだ。 なお、以下ではWindows 10 May 2019 Updateを例に手順などを紹介する。 [更新の履歴を表示する]をクリックすると、[更新の履歴を表示する]画面に切り替わる。 この画面では、過去に適用した更新プログラムの履歴が一覧表示される。 更新プログラム名のリンクをクリックすると、Webブラウザでサポート技術情報が表示されるので、アンインストールの前に、この情報を元に不具合の原因となっているものかどうかを探るとよい。 更新プログラムをアンインストールするには、[更新の履歴を表示する]画面上部の[更新プログラムをアンインストールする]リンクをクリックする。 [コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットが、[更新プログラムのアンインストール]画面を開いた状態で起動する。 ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすればよい。 更新プログラムをアンインストールする(4) [更新プログラムをアンインストールする]リンクをクリックすると、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットが、[更新プログラムのアンインストール]画面を開いた状態で起動する。 ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすれば、その更新プログラムがアンインストールされる。 更新プログラムによっては、再起動が必要になる。 もちろん[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動し、左ペインの[インストールされた更新プログラムを表示]を選択してもよい(コントロールパネルを素早く開く方法は、Tech TIPS「」参照のこと)。 [コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動する(2) [プログラムと機能]アプレットの左ペインの[インストールされた更新プログラムを表示]を選択すると、適用済みの更新プログラムの一覧が表示される。 ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすれば、その更新プログラムがアンインストールされる。 更新プログラムのアンインストール後は適用停止に設定する Windows 10では、更新プログラムは自動的に適用される仕組みとなっている。 そのため、更新プログラムをアンインストールしても、しばらくすると自動的に再び適用されてしまう。 そこで、不具合が解消された更新プログラムの新版が提供されるまで、自動適用されないように一時停止しておこう(通常、不具合が発生した更新プログラムは、Microsoftが提供を一時停止するが、タイムラグがあるので、自分で停止しておくのが無難だ)。 Windows 10では特定の更新プログラムだけを適用停止するには、別途「Show or hide updates」ツールを使う必要があるなど、かなり面倒くさいので、全てを止めておくのが無難だ(「Show or hide updates」ツールについては、「」参照のこと)。 Windows 10 May 2019 Updateであれば、ワンクリックで適用を7日間停止できる。 詳細は、Tech TIPS「」参照のこと。 更新プログラムの適用を一時停止する Windows 10 May 2019 Updateならば、[Windows Update]画面を開き、[更新を7日間一時停止]をクリックすれば、全更新プログラムの適用が7日間停止する。 なお、前述の通り、Windows 10 May 2019 Updateの[更新を7日間一時停止]によって一時停止している間は、他の更新プログラムも適用されない。 そのため、脆弱性などの残った状態で運用し続けることになるので、その点を留意した上で更新プログラムの適用を停止してほしい。 機能アップデートをアンインストールする 機能アップデートも適用から10日以内であれば、以下の手順で削除して元のバージョンに戻すことができる。

次の

Windows10でインストールされた更新プログラム(Windows Update)をアンインストールする方法!

更新 プログラム の アン インストール

ユーザーから寄せられたによると、Windows 10の更新プログラム「 KB4535996」に、重大なバグがいくつか含まれているようです。 中には パソコンを使えなくなったと報告するユーザーもいます。 皮肉なことに()、この更新プログラムは少し前に配布された別の更新プログラムに含まれていたバグを修正するためにリリースされたものでした。 これまでに報告されたバグの中で最も深刻なものは以下の通り。 起動時間が遅い、動作が重い。 システムが突然フリーズ、あるいはクラッシュする。 プログラムや更新プログラムがインストールできない。 プログラムがクラッシュする。 (とくにSign Tool アプリ)• ゲームのグラフィック性能が低下する。 ログイン時などにブルースクリーンになる。 この更新プログラムは2月27日から配布されていますが、オプションの更新プログラムであるため、必ずしもすべてのWindows 10ユーザーがインストールしているわけではありません。 まだインストールしていない人は、ほうが無難です。 すでに更新プログラムをインストール済みで、上記のバグのいずれかが発生している場合、 更新プログラムのアンインストールが唯一の解決策となります。 Microsoftはまだ修正プログラムをリリースしていません。 また、たとえリリースされたとしても、さらに多くのバグを含んでいる可能性もあります。 Windows 10で更新プログラムをアンインストールする方法 【更新プログラムをアンインストールする手順】• [スタート]メニューを開き、歯車の形をした[設定]アイコンをクリックする。 [更新とセキュリティ]>[更新の履歴を表示する]>[更新プログラムをアンインストールする]を開く。 検索ボックスを使って、 [Windows 10 update KB4535996]を見つける。 更新プログラムを選択し、リスト上部にある [アンインストール]ボタンをクリックする。 確認画面で [はい]をクリック。 プロセスが完了するまで待つ。 プロンプトが表示されたら、PCを再起動する。 更新プログラムのバグのせいでパソコンが正常に起動できない場合は、再起動を繰り返して、 セーフモードで起動するオプションを表示させてください。 は以下の通りです。 デバイスの電源を切るには、電源ボタンを 10 秒間押したままにします。 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。 Windows が起動したという最初の合図 たとえば、一部のデバイスでは再起動時に製造元のロゴが表示されます で、電源ボタンを 10 秒間押し続けてデバイスの電源を切ります。 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。 Windows が再起動したら、電源ボタンを 10 秒間押したままにしてデバイスの電源を切ります。 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。 デバイスが完全に再起動するまで待ちます。 これで winRE に切り替わっています。 パソコンが正常に起動できない等の問題が生じている場合は、上記の手順で「KB4535996」をアンインストールしてみましょう。 もっと詳しい情報がほしい人は、Windows 10最新アップデートのアンインストール方法について詳しく説明したを参考にしてください。 あわせて読みたい.

次の

Windows10でインストールされた更新プログラム(Windows Update)をアンインストールする方法!

更新 プログラム の アン インストール

注意 Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 してください。 概要 この記事では、Office の更新プログラムの削除に関連する以下のトピックについて詳しく説明します。 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office の更新プログラムを削除するための要件。 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office の更新プログラムを削除できるかどうかを判断する方法について説明します。 Office 更新プログラムを削除しようとしたときに発生する可能性がある既知の問題。 Microsoft Windows インストーラーコマンドを使用して更新プログラムを削除する方法について説明します。 メモ一部の Office 更新プログラムは削除できません。 次に例を示します。 サービス パック• Office server 製品の更新プログラム• Office 共有コンポーネントの一部の更新プログラム。 この例では、更新プログラムを削除できないことを示す更新プログラムについて説明する Microsoft サポート技術情報の記事があります。 詳細情報 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office 更新プログラムを削除するための要件 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office 更新プログラムを削除するには、Microsoft Office を実行しているコンピューターが次の前提条件を満たしている必要があります。 リムーバブル Office の更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Windows インストーラーバージョン3. 0 またはバージョン3. 1 をインストールする必要があります。 Microsoft Windows インストーラーバージョン3. 1 が推奨されています。 Windows インストーラー 3. 1 v2 を取得する方法の詳細について」を参照してください。 Windows XP Service Pack 2 SP2 には、Microsoft Windows インストーラー3. 3790. 2180 が既に含まれています。 また、2007 Microsoft Office スイートには、Windows XP SP2 が必要です。 Windows Server 2003 Service Pack 1 SP1 には、Microsoft Windows インストーラー3. 4000. 1830 が既に含まれています。 Windows Vista および Windows Server 2008 には、既に Microsoft Windows インストーラー4. 6001. 0 が含まれています。 このコンピューターでは、Windows Vista、Windows XP SP2、Windows Server 2008、または Windows Server 2003 SP1 が実行されている必要があります。 メモこれらのいずれかの service pack をインストールすると、[プログラムの追加と削除] ツールが更新され、製品名の下に Windows インストーラーの更新プログラムが表示されます。 Office XP 更新プログラムを削除するには、元のインストールソースを使用できる必要があります。 Office 2003 の更新プログラムを削除するには、Office 2003 セットアップのローカルインストールソース機能が使用されていない場合は、元のインストールソースを使用できる必要があります。 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office の更新プログラムを削除できるかどうかを確認する方法 Windows XP および Windows Server 2003 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office の更新プログラムを削除できるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。 [ スタート]、[ファイルの 実行] の順にクリックし、[ 名前] ボックスに「appwiz. cpl」と入力し、[ OK] をクリックします。 左側の列で、[ プログラムの変更と削除] をクリックします。 [ 更新プログラムの表示] チェックボックスをオンにします。 [ 現在インストールされているプログラムと更新] 一覧で、削除する更新プログラムをクリックします。 [ 削除] ボタンが表示されている場合は、Office の更新プログラムを削除できます。 Windows Vista および Windows Server 2008 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して Office の更新プログラムを削除できるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。 [ スタート] ボタンをクリックし、 検索の開始ボックスに appwiz. cpl と入力し、enter キーを押します。 [ タスク] で、[ インストール済みの更新プログラムの表示] をクリックします。 一覧で更新プログラムを見つけて選択します。 更新を削除できる場合は、ツールバーで [ アンインストール] オプションが使用可能になります。 Office 更新プログラムを削除しようとしたときに発生する可能性がある既知の問題 コンピューターは前提条件を満たしていますが、更新プログラムを削除することはできません。 この問題は、更新プログラムのインストール時にコンピューターが前提条件を満たしていなかった場合に発生することがあります。 リムーバブル更新プログラムをインストールする前に、コンピューターで Windows インストーラーバージョン3. 0 またはバージョン3. 1 が実行されている必要があります。 Windows インストーラーを使用して更新プログラムを削除する方法 [プログラムの追加と削除] ツールを使用して更新プログラムを削除することができない場合があります。 この問題が発生した場合は、Windows インストーラー3. 1 を使用して更新プログラムを削除することができます。 Windows インストーラー3. 1 の再頒布可能システムコンポーネントは、次のオペレーティングシステムにインストールされます。 Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 SP3 および Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 SP4• Windows XP の元のリリースバージョン、Windows XP Service Pack 1 SP1 、および Windows XP SP2• Windows Server 2003 の元のリリースバージョン メモWindows Server 2003 SP1 には、Windows インストーラー3. 1 が既に含まれています。 Windows インストーラー 3. 1 v2 を取得する方法の詳細について」を参照してください。 コマンドの構文 Windows インストーラー3. 1 では、[ 実行] ダイアログボックスにコマンドを入力することによって更新プログラムを削除できます。 たとえば、更新プログラムを削除するには、[ スタート]、[ 実行] の順にクリックし、[ 名前] ボックスに次のコマンドを入力して、[ OK] をクリックします。 Office 更新プログラムを削除しようとすると、Office ソース CD-ROM の入力を求められる場合があります。 次に、このコマンドのプレースホルダーについて説明します。 msp ファイル の完全なパスを表します。 次に、このコマンドのパラメーターについて説明します。 パッチパッケージのアンインストールはサポートされていません。 Msp ファイルの完全なパスを取得するには、次の手順を実行します。 Office 更新プログラムのインストールに使用した. exe ファイルを見つけます。 ファイルがハードディスクドライブに保存されていない場合は、コンピューター上のフォルダーに Office の更新プログラムをダウンロードして保存します。 WinZip などのファイル抽出ユーティリティを使用して、. exe 更新ファイルからファイルを抽出します。 抽出されたファイルの1つは、. msp ファイルである必要があります。 このファイルは、Office の更新プログラムを削除するコマンドを実行するときにポイントする必要があります。 Msp ファイルの完全なパスの代わりに、patch GUID を指定することもできます。 Microsoft は、これらの製品のパフォーマンスまたは信頼性に関して、明示または黙示には一切の保証を行いません。 関連情報 Windows インストーラーバージョン3. 0 またはバージョン3. 1 を使用してインストールされた Office 更新プログラムを削除する方法の詳細については、「」を参照してください。 関連記事.

次の