かまどたんじろう 父。 「鬼滅の刃」主人公 竈門炭治郎とは?水の呼吸・ヒノカミ神楽など全技まとめ

【鬼滅の刃】炭治郎の家族の名前は?声優も一緒に整理

かまどたんじろう 父

炭治郎の家族 ・母 ・竈門炭治郎(長男) ・禰豆子(長女) ・六太、茂、竹雄、花子 炭治郎が村に下りて帰らなかった夜に、鬼舞辻無残により禰豆子以外死亡します。 禰豆子は身体に鬼舞辻の血が入り、鬼になってしまいました。 しかし、人を喰らう欲求は封じ込める事に成功しています。 父親は少し前に亡くなっているようです。 竈門という苗字と母親の話から、「火」にまつわる仕事をする家系のようですが、炭治郎が子どもだからなのか、火を使う仕事は炭焼きしか出てこなかったです。 でも本当に炭焼きだけだったのでしょうか? もっと神聖な仕事をする家系だったのではないでしょうか。 それは、お父さんが年始に「神楽」を舞っていた事から考えられます。 神楽ってそこら辺の一般人は踊れないんじゃないかと思いますし、 途切れさせず継承していってくれ。 鬼滅の刃40話より まだ小さかった炭治郎にこう言っています。 そんなところからも感じます。 体が弱く、いつも床に臥せていたかのように描かれている、炭治郎の父ですが、年始の神楽では、そんなことを感じさせない舞を見せていたようです。 不思議に思う炭治郎に、「特別な呼吸法」の話をしていました。 ってことは、炭治郎の父は鬼殺隊だったのかもしれませんよね? 鬼刹隊じゃなっかたとしても、それに関係する何かだったと考えられます。 騒ぎが大きくなっては面倒くさいくらいな様子で、隣の男を鬼に変えて立ち去ろうとしています。 しかし、炭次郎の頭を隠していた布が取れて耳飾りが見えた時に、炭治郎の叫び声と重なって何かを思い出したようです。 それはいつの記憶かわかりませんが、地面に尻を突き後ずさりするような男と、その男に刃を向ける耳飾りの男でした。 地面にいる方が鬼舞辻だと思います。 相手は誰なのかわかりませんが、鬼舞辻の神経を逆なでする嫌な記憶なんでしょう。 その耳飾りは炭治郎の父もしていました。 鬼は人間を食べて強くなる!ハズなのに・・ もう十分強いから食べなかったのかもしれませんが、それならば、人里離れた山の中に住んでいる炭治郎の家を、襲わなくてもいいような気がします。 鬼舞辻は耳飾りを持つ人間を探していて、見つけたんでしょう。 そして、自ら手を下しに出かけた。 でも、耳飾りは炭治郎が着けていましたし、父は既に亡くなっていたので、禰豆子を鬼にしたのかもしれませんね。 誰か残っていた時の保険のために・・。 としたら、禰豆子が鬼になったのは偶然ではないのでしょう。 鬼舞辻は自分が鬼にした人間の心の中や、居場所が分かるので、残った家族がいたりしてもわかりますし、鬼になった禰豆子が食べてしまえばOKですしね。 短冊のような耳飾りが、これからにどんな風にかかわってくるのか分かりませんが、結構重要なポイントとなりそうで、とっても楽しみです。 追記:父親のヒノカミ神楽が無惨を倒す 父親が踊っていた神楽はヒノカミ神楽といいます。 当初は火を扱う事から、火の髪神楽かと思われましたが、実際は異なります。 日の呼吸と呼ばれる、全ての呼吸の祖と呼べる型の継承を神楽によって行っていました。 この日の呼吸は唯一鬼舞辻無惨に対抗出来る呼吸法であるとされています。 追記:日の呼吸は13の型がある ヒノカミ神楽には12種類の型があり、それはそのまま日の呼吸を意味しています。 縁壱という最強の剣士であり、無惨を追い詰めた一人の男が編み出した技でした。 ちなみに、この 縁壱の双子の兄は上弦の壱として登場します。 追記:痣が出現しながら80まで生きた 日の呼吸を生み出した縁壱という人物は、痣が出現しながらも80歳まで生きています。 柱も痣の出現があり、大きな力を手にした者が多くいますが、25歳までしか生きられなくなってしまいます。 寿命の先食いの様な現象と言えます。 縁壱はそんな中で80歳まで生き続けて、最後に鬼となった兄を倒すべく刀を振るいますが、直前で死んでしまいました。 追記:鬼舞辻無惨を倒すために生まれてきた 縁壱が鬼殺隊の元を作り出し、 日の呼吸から派生させて行い易くした炎や風や岩や雷や水といった呼吸を扱わせます。 よって、全ての呼吸は日の呼吸をベースにつくれた事になります。 通常の者では日の呼吸が扱えないから、言ってみれば全ての呼吸は下位互換となります。 それによって鬼を倒す力が増して行くことになりました。 程なくして縁壱が出会ったのが鬼舞辻無惨です。 出会った瞬間に「 この男を倒す為に生まれてきた」と縁壱は感じています。 透き通る世界という、身体を透かして見る力を使って無惨の心臓と脳が多数ある事を確認します。 結果的には死ぬ間際に肉片を無数に飛び散らせて鬼舞辻無惨に逃げられてしまいます。 ちなみに この時に一緒に歩いていた鬼の女性が珠世です。 追記:日の呼吸が鬼舞辻無惨の急所 鬼舞辻無惨としては縁壱の様な存在が現れては、たまったものではありません。 それを引き継いでいる耳飾りをした人物を殺そうとするのは当然でしょう。 竈門家は代々ヒノカミ神楽として剣技とは思わせずに、縁壱が作り出した無惨を倒せる剣の型を伝承させ続けてきました。 この耳飾りを父親がしていたから殺されたと言う事になります。 また次に継いでいる可能性も考えて、禰豆子だけを鬼にして後を殺してしまったと言えます。 耳飾りについては、縁壱から炭治郎の祖先の炭吉さんが貰い受けています。 縁壱と友人の様に話していましたが、最後の日に渡してくれます。 炭吉さんの妻のすやこさんが縁壱さんに日の呼吸の剣技が見たいと言って見せてくれていました。 それを炭吉さんはしっかりと目に焼き付ける様にみていたのです。 炭治郎が記憶の中で思い出しているこの日が縁壱と炭吉が過ごした最後の日でした。

次の

【鬼滅の刃】考案!炭治郎(たんじろう)の父親・炭十郎の正体は?竈門家の謎について

かまどたんじろう 父

人物 息子からは「植物みたいな人」と例えられており、その例えの通り感情の起伏が殆ど無くいつも穏やかで、炭治郎が彼を思うときに一番に思い浮かぶのは、柔らかな笑顔と川の細流(せせらぎ)のような落ち着いた声としており、病死する直前までその様子は少しも変わることがなかったという。 顔立ちは息子の炭治郎とよく似ているが痩せ細っており、生まれつき体が弱く病気がちで長く床に臥せている。 しかし、竈門家に代々伝えられている厄払いの舞いである を炭治郎以上に極めており、額には生まれつき資質のある伝承者に顕れるとされる があった。 ただしこの痣が炭治郎らに発現している強化を齎す印としてのものとは語られていないので只の痣の可能性が高い。 能力 若い頃から父(炭治郎の祖父)より教わったヒノカミ神楽はもはや 極みの域に入っており、の隊士たちが鬼と戦うために使用すると同様の呼吸法により、雪の降りしきる中で日没から夜明けまで、神楽の十二ある舞い型を何百何千何万回にもわたり延々と繰り返し舞い続けることができた。 更に病死する十日前、竈門家が住む山やその周辺の山において、熊が人を襲って喰い殺す事件が起こっており、炭十郎はその熊が自宅に近づいていることを察知して炭治郎を連れて夜の山へと向かい、そこで人間を6人喰い殺した九尺(約270cm)はある巨大な熊と対峙し、山奥に引き返すように警告した後それを無視し襲ってきた大熊を、ヒノカミ神楽の型を使い 小さな手斧で瞬く間に首を斬り落とし倒している(この際に型の一つ『烈日紅鏡』を使用しているような描写がある)。 後に炭治郎は、これは父が自分にヒノカミ神楽を伝承するために行ってくれた、最初で最後の『 見取り稽古』だったことを悟る。 以下、単行本未収録のネタバレ注意 彼の痣が炭治郎や柱たちと同じく「寿命の前借り」の印としての痣であると捉える読者もおり、 無限城での決戦において、は「痣者は例外なく二十五歳を待たずに死ぬ」と語っているのだが、悲鳴嶼行冥はそれに対して「例外はあったのだろう?」と返しており、上述のように考えている読者の間では「これは炭十郎の事ではないか?」「炭十郎の存在は産屋敷に知られていたのでは?」という考察が出た。 (炭治郎の年齢を考えると、もし炭十郎の享年が二十五歳以下だとしたら 子作りした年齢がとんでもない事になる為である) しかしその後、黒死牟の回想によって悲鳴嶼が告げた例外とは炭十郎とであると判明。 これにより炭十郎は、縁壱とは また方向性が異なる例外の存在ではないかという可能性が出てきている。 炭治郎によると、炭十郎も縁壱同様に生まれつき痣を持っていた事が示唆されているが……? 彼に関する謎は、未だ明かされていない。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-21 18:58:38• 2020-07-21 18:57:43• 2020-07-21 18:57:06• 2020-07-21 18:56:33• 2020-07-21 18:56:29 新しく作成された記事• 2020-07-21 18:55:06• 2020-07-21 18:51:09• 2020-07-21 18:49:40• 2020-07-21 18:27:56• 2020-07-21 18:18:26•

次の

【鬼滅の刃】竈門 炭治郎(かまど たんじろう)の強さと人物像考察、かなり生々しい主人公!

かまどたんじろう 父

竈門炭治郎ってこんなキャラ ・竈門家、六人兄弟の長男。 ・真面目で快活、心優しい。 ・けっこう頑固 ・物語当初は13歳。 もともとは家業である炭焼きをしており、亡き父親の代わりに一家の大黒柱として働き、貧しいながらも幸せに暮らしていました。 しかし炭を売るため出かけた麓の町から帰った炭治郎が見たものは惨殺された家族の姿。 唯一温もりがあった禰豆子も人喰い鬼へと変貌してしまいます。 禰豆子を人間に戻すため、家族の敵を討つため、炭治郎は鬼殺隊士になる決意を固め、鱗滝左近次のもとで血のにじむ修行に励みます。 15歳で晴れて鬼殺隊士となってからは妹禰豆子を連れて次々に鬼と対峙。 この時は身長165センチ。 竈門丹次郎の声優 竈門炭治郎の声優は花江夏樹さん。 1991年生まれ6月26日生まれ。 代表作は東京喰種トーキョーグールの金木研。 四月は君の嘘の有馬公生。 炭治郎の強さ 嗅覚 生来より優れた嗅覚を持っていた炭治郎。 鬼殺隊になる修行の中でさらに嗅覚が磨かれ、闘いの際に「隙の糸」として感じるようになる。 また、鬼は人を食えば食うほど臭いがキツくなる様子。 頭突き 炭治郎の頭は非常に硬く、人間の何倍も頑強なはずの鬼ですら炭治郎の頭突きで脳震盪をおこしてしまいます。 元々体力あり 炭を売るのを生業としていたので元々炭治郎は足腰が丈夫です。 普通に暮らしている同じ年齢の子供よりは体力がある方でした。 鱗滝のもとでの修行で、体力もそうですが特に肺活量を鍛えられ、一層体力を増しました。

次の