中山博。 HOME あわうた 中山博 オフィシャルページ

中山市博瑞建材有限公司

中山博

广东博文学校位于广东省中山市主城区,博爱路(京珠高速中山城区出入口附近)与翠亨快线、南外环的交叉口,交通极其便捷,校园占地面积360亩,建筑面积13万多平米。 学校自然环境非常优美,依山傍水,花开四季。 校园布局整体连通,典雅大气,精致隽秀的校园文化点缀其间,让人流连忘返。 学校现拥有学生4000多人,教职员500多人,是一所涵盖幼儿园、小学、初中、高中、国际部,全寄宿、现代化、国际化的全国先进民办学校。 国际部:师资雄厚、现代化的教学设施、优美的校园环境和严谨的管理模式。 丰富多彩的课程设计,教育培养国际化人才;国际部实行小班制全日制教学,开设英语班和日语班两种语言课程班,给学生更多选择。 近十年国际部已有几百名学生成功被各个国家多所国外著名大学录取 , 留学外国名校梦想成真! 高中 部: 2017 年广东博文学校全自费生高考全线飘红,本科上线大幅超近 5 倍完成市的预测目标,再创辉煌!连续 12 年获得市颁发的普通高考突出贡献奖、及普通高中教学质量评价先进单位。 高中部拥有强大的师资,一直以学生低进高出、高进优出享誉中山。 教育教学质量在区、市领先。 幼儿园:培养幸福的人。 园舍温馨高雅、设施设备现代化、管理科学严谨、师资力量雄 厚,是培育小绅士、小淑女的花园中的儿童成长乐园。 英语和艺术两大教育特色,外籍教师深入幼儿班级,为幼儿营造国际多元文化教育背景和英语听说环境;陶艺和舞蹈等艺术活动造就出孩子高雅的气质;无处不在的人文关怀熏陶出幼儿善良和感恩的高尚品格。

次の

中山市金博游艺设备有限公司首页

中山博

跨越大正 昭和两代 堪称日本武术界第一号人物的中山博道又被称为剑道之神、天下名人他身高不到160公分 为了病後强身,苦练剑道,每天睡不到4小时。 就这样反覆苦练及学习各类武术,终於完成前无古人,同时取得剑道、、杖道三种范士的壮举。 为了培育後进,他成立了剑道馆-有信馆,人才辈出,包含中仓清等剑道大家均出於此,故说中山乃昭和时代的大剑豪并不为过。 中山博道尽了一切努力学习当时门外不出(不传授其他门派)的居合道。 终於在大正17年,49岁时自长谷川英信流下村派传人-细川义昌传承了梦想神传流,成为第16代传人。 居合道静中有动 动中有静 在寂然紧张中却又有柔软而流畅的动作,堪称心技合一的名演武。 居合道并非如字面所言,是拔刀的武术,而是在对敌时,以心力气魄压倒敌人而取胜,因此居合是在刀鞘中决胜。 在拔刀之前就决定胜负,此亦为居合修练的目标。 居合道不斩人亦不被斩,在应对承受敌人的攻击中取胜。 此即孙子兵法所说:不战而屈人之兵,同时亦为居合的奥义所在。 中山博到在大正9年取得大日本武德会剑道、居合道范士,後又於昭和2年取得杖道范士,成为三道范士。 後来,在昭和4年,9年,15年参加天览试合(御前比武)与高野佐三郎范士示范剑道型。 中山博道晚年曾说:他确信在正确的修练方法下练剑道,即便到80岁仍能完全与对手抗衡,而以80岁作为能力的临界点,是因为一般人要活到这么老也不是常有的事,换言之,我有九成九的信心,即使是年轻人也无法打倒我。 而有人说年纪大了,体力差,赶不上年轻人,那不过是到了六七十岁,还未能由竹刀中悟出剑理的推托之词。

次の

中山市博瑞建材有限公司

中山博

【着想から5年の歳月を経て行われた孤独のイベント】 中山博は「その時」を待っていました。 令和元年、中山のあわうたは、「ホツマツタヱ」を起源とする五七調48音のあわうたから、3音の「あうわ」に変化し、より根源的な響きへと昇華します。 着想から5年以上の歳月を経て、「その時」は突然に訪れます。 「水の森」ともいえるブナの森から湧き出たブルーの水を湛える「青池」。 中山のどこまでも強く、やさしく、澄んだ響きは、青池の大自然に共鳴しつつ、そしてまたブナの森にどこまでも響き渡りました。 【超臨場感を再現する究極の高音質レコーディング】 この記念となるイベントのレコーディングには、屋外においては極限ともいえる機材を投入しておこなわれました。 その目指すものは「超臨場感」の再現でした。 上下左右、遠近感などの場の拡がりまでが再現されたこのCDは、「中山とともにあたかもその場にいるかのような臨場感」を体験できます。 【8Pブックレット付き】 8ページのブックレットには白神山地の美しい大自然、そこに溶け込む中山の姿が写し出され、リスナーの臨場感を高めます。 現代を生きる私たちには、一人ひとりに 仕事や人間関係、経済、健康、老後の生活などの、さまざまな不安、悩み、ストレスがあります。 しかも、世の中を見渡すと、どうポジティブに見ようとしても、 日々困難な方向に進んでいるように感じられます。 繊細な感性を持ち、共感力が強い人ほど、このような時代の流れや他者の心の痛みを敏感に感じとっていることでしょう。 その結果、 閉塞感や無力感におそわれてしまうことは、無理もありません。 中山自身も多くの仕事や事業の経営を経験してきたビジネスマンでした。 今の時代を生きる人々の悩みや苦しみを痛いほど感じています。 私たちは、この時代の困難と、個人の悩み、苦しみから解放されることができるのでしょうか。 中山は、 「自分に本来備わっている能力に気づき、活用することで、困難は克服できます。 その、困難から解放され、心から人生を楽しむ方法が、「あわうた」を聴き、うたうことなのです。 」と言います。 それは、たんに楽観的なだけの「ポジティブ思考」や、学問的な根拠から言っているのではありません。 これまで20数年間、延べ数万人に対面で「あわうた」をうたい、多くの人が変容するさまを目の当たりにしてきた中山だからこそ、そう断言できるのです。 中山のこれまでのすべての人生を通して、今を生きる私たちに伝えたいこと。 それが「あわうた(中山博)の心」です。 私たちを取りまく社会的、経済的混迷が日々深まっている今、 中山のミッションは、これまで以上に「あわうた」広めることに移行しています。 DVDでは、これまでの中山博の活動から得られたあわうたの本質、効果、うたい方、心構え、活用法までの珠玉のメッセージが、初めて語られています。 詳細はDVDページをご覧ください。

次の