清水 圭。 清水圭、「吉本興業社長の恫喝」を暴露批判も〈お門違いだろ〉の残念芸人扱い!

清水圭の今現在の仕事は店のオーナー?芸能界は干されたの?

清水 圭

公開を希望されない場合は、その都度 「公開不要 」 とお書きください。 「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。 ご注意ください。 HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。 誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に 公開しません。 尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。 よろしくどーぞー! 問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。 何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。 ご了承ください。 サマータイム」世代の方々へ YouTube の「Mr. サマータイム 2018」・・・シビレるでぇ〜 この便利さはありがたい(笑) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー おしらせ 今日までの分は残しておきますが、ちょっとばかり思うところがありまして、 明日からは「今日と昨日の分」しか見られないシステムになります 今まで通りに戻すかどうかは、気分次第でまったくわかりませんが(笑) なにとぞよしなにぃ〜.

次の

清水圭

清水 圭

清水圭クズで嫌い!ブログの内容は? 【清水圭 昔「岡本氏から恫喝」】 吉本興業所属のお笑いタレント・清水圭が22日、自身の公式サイト内のブログを更新。 同社の岡本昭彦社長から、18年前に恫喝(どうかつ)されていたことを明かした。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 吉本興業所属のお笑いタレント・清水圭(58)が22日、自身の公式サイト内のブログを更新。 清水は「忘れもしません。 私は18年前の2001年、ドラマ『明日があるさ』第1話において、準備稿に書かれていた私のセリフと出番が、決定稿では半分ほどになり、さらに自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」と回想。 当時のマネジャーに「なんでこうなったのかの説明がなかったら俺出られへんわ」と訴えると、後日それまでほとんど面識のなかった岡本氏が突然控え室に現れたという。 「マネージャーを楽屋の外に出し、ふたりきりになってから、私の説明を聞くこともなく、『いきなりなにが文句あるんですか?言うときますけど、テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。 それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。 会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」と告白。 「私は『おまえ、所属タレントに向かってそんなひどいことよう言うなぁ。 わかった。 ドラマには出るけど、もう出て行ってくれ』と言って、帰ってもらいました」と振り返った。 「あれから18年。 社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした。 まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する。 このパターンは私の時と全く同じです。 以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します」と断言。 「今日の会見においても岡本氏は何度も『コンプライアンス』と口にしました。 ひとを平気で恫喝する人間が芸人のコンプライアンスの話をするってどの口が言うとんねん!」と怒りをぶちまけた。 泥沼化する吉本興業の一連の騒動に関連し、同社所属の清水圭さんのブログが話題だ。 吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見が開かれた2019年7月22日、清水さんはブログで会見に言及。 「のらりくらりと逃げ回ってはぐらかすことに終始していた印象です」と岡本社長を批判しつつ、過去に発生した自らと岡本社長とのやり取りを明かしている。 第1話で「自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」としつつ、自らを担当するマネジャーに番組降板を匂わせたところ、後日、岡本社長が清水さんの元を訪れ、マネジャーに席を外させた上で、「『会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」と明かしている。 併せて清水さんは、 「あれから18年 社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する このパターンは私の時と全く同じです」 「以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します 今日の『冗談でした』とか『和ませるためでした』という発言は 到底、信用することはできません」 と、自らが置かれたとする状況と20日に会見を開いた宮迫博之さんの証言を照合しつつ、宮迫さんの証言は信ぴょう性が高いと結論付けている。 ブログではこのほか、このほか、清水さんは「吉本は今、国や官庁、地方自治体や国連とも仕事をしています」と、別の角度から吉本興業の企業としての姿勢を糾すなどしており、これらの状況を鑑みると、これまでに清水さんとしては、会社に対して腹に据えかねた感情が多数あることがうかがえる。 「それちょっと違うやん」 会見時の岡本社長のピンボケした説明など、会社側の失点が続く中での清水さんの「爆弾発言」だけあって、ブログのコメント欄には「圭さんの、ストレートなお言葉!感動します」といった声援が続々だが、ネット全体を見渡してみると、そこまでは共感は広がっていないようだ。 多いのは、「セリフカットって全然ある話だよね」「18年前のコメント?? それちょっと違うやん…便乗?って思ったり…」と、清水さんの主張の展開方法に疑問を呈する書き込みだ。 また、清水さんの腰の据わらなさを指摘する声も多い。 ブログで清水さんは、 「多くの芸人が吉本を辞めるモーションを起こしたら私も迷わず追随します それが岡本社長を退陣させる、そして吉本を健全な会社にする一番の方法だと思うのです」 と、明かしているが、これについては、 「清水圭!こっすー 追随するけど自らは辞めないんなら、辞める発言するなよ あ!笑いのネタかな?」 「『多くの芸人が吉本を辞めるモーションを起こしたら私も迷わず追随します』って恥ずかしすぎ」 といった苦言がツイッターを中心に上がっている。 また、「革命家の席は少ないから加藤浩次以外座れないと思ったほうが良いのにな」と、先頭を切って「退社」を口にしている加藤浩次さんとの違いを指摘する声もある。 さまざまな要素が出てきて収集がつかなくなっている一連の騒動だが、清水さんの立ち位置に、お笑いファンの視線が集まっている。

次の

香坂みゆきの現在!元夫との離婚&清水圭との再婚や子供も総まとめ

清水 圭

メンバー [ ] 本名:清水圭太( - ) 出身。 本名:釘田修吉( - ) 出身。 略歴 [ ] 、の先輩であった清水が後輩であった和泉を誘いコンビを結成し、「 圭太・修吉」の名で同年にで開催されている第7回で福笑い大賞に輝き、その後コンビ名を「 清水圭・和泉修」(以下、圭・修)に改名する。 同年から1ヶ月間、なんば花月上席の「フレッシュコーナー」(、、と共に出演)で劇場デビューする。 、清水がピンとして東京進出して、コンビとしては活動休止となり自然消滅状態になり、で放送された「」やの「圭修のワンダフルナイト」のレギュラー番組を最後にコンビでの活動はなくなった。 には和泉が「」に参戦をするためにと共に「」を結成し、これに伴い圭・修は正式にコンビ解散となった。 出演 [ ] レギュラー番組 [ ]• (1994年4月 - 12月、)• スキー正義の味方(1994年10月 - 1995年3月、)• (、製作:、1996年10月 - 1997年9月) ラジオ番組 [ ]• (1987年 - 1988年、)• 木曜日(1987年 - 1988年、)• 圭修のSUNSET CLUB(1988年 - 1991年、)• 圭修のGOOD SOUND WAVE(1988年 - 1989年、)• J-1 KEI-SHU POP 11(1988年4月 - 1989年9月、)• 圭修のアイドル共和国(1989年4月 - 、) テレビ番組『』のラジオ版。 (1989年 - 1991年、)• 圭修のワンダフルナイト(MBSラジオ) CM [ ]• さんまの名探偵(1987年)• よーし、もっと黒ラベル(西日本限定CM)(1995年) イベント [ ]• (主催:中京テレビ、1991年12月14日 - 12月15日) CD [ ] シングル [ ]• ただもんDay-Night! (1988年1月5日発売) - 49位• カラーピープル(1988年4月21日発売) - オリコン57位• ブルーベリーの季節(1989年1月21日発売) - オリコン62位 アルバム [ ]• COLOr PEOPLe(1988年6月21日発売)• 二度としません。 (1989年2月21日発売) 受賞歴 [ ]• 1986年 福笑い大賞 - 圭太・修吉時代• 1987年 銀賞• 1988年 最優秀新人賞• 1988年 新人賞.

次の