妊娠 後期 胃 が 痛い。 妊娠後期の胃痛8つの対処法~日中や夜中に激痛!食事や寝方で工夫はできる?

妊娠後期~臨月の胃痛について知っておきたいこと

妊娠 後期 胃 が 痛い

スポンサードリンク 妊娠後期に悩まされる方が多い症状の一つに、胃痛があります。 お腹が大きくなるにつれて、胃もたれや胃の痛み、不快感が増す妊婦さんが多くいます。 まるで妊娠初期にあったつわりが復活したかのよう。 こうした妊娠後期に胃痛が起きる原因は何なのでしょうか。 また、眠れないほどのつらい胃痛、どう対処すればよいのでしょうか。 今回は妊娠後期の胃痛について以下3点を詳しく解説します。 妊娠後期の胃痛の原因• 妊娠後期の胃痛の8つの対処法• 妊娠後期の胃痛の症状がひどいとき 妊娠後期に胃痛がひどいと、せっかくの食事も楽しむことができずつらい日々が続きます。 少しでも胃痛を緩和する方法を知り、出産をなるべく良い体調で迎えられるように胃にやさしい生活を送りましょう。 妊娠後期の胃痛が眠れないほどつらい!妊娠後期に胃痛が起きる原因は何? 妊娠後期から臨月にかけては、胃がキリキリと痛んだり、胃液が逆流してくるような不快感を感じたり、胃の中がいっぱいでお腹がパンパンに張ってしまったりなど、胃に関するトラブルが多くなります。 こうした胃の不快な症状は、妊娠初期のつわりのような症状でもあるため、「後期つわり」とも呼ばれています。 妊娠後期に胃痛が起きる原因は、主に3つ考えられます。 子宮が大きくなることにより胃が圧迫されるため 妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長に伴い子宮がどんどん大きくなっていきます。 特に、出産が近づく妊娠後期~臨月にかけてお腹はますます大きくなり、子宮底長は30cm前後にまで至ります。 そうなると、大きくなった子宮が胃や腸など他の臓器を圧迫してしまうことに。 胃が圧迫されることで、それまでよりも一度に消化できる食べ物の量が減りますので、食後に胃もたれや胃痛を引き起こすことが多くなるのです。 また、胃は子宮によってそれまでよりも上部に押し上げられますので、胃酸が食道に逆流しやすくなり、より消化不良や胃・前胸部の不快感を増す原因となっています。 胃腸の動きを低下させるホルモン分泌の影響 妊娠すると女性ホルモンのバランスが非妊娠時に比べて大きく変化します。 その中でもプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンは、妊娠が成立して以降も出産後まで少しずつ増加をし続け、妊娠後期の分泌量は非妊娠時よりもとても多くなっています。 このプロゲステロン(黄体ホルモン)には、胃腸など消化器官の筋力を緩める作用があるため、胃腸の動きが低下してしまいます。 これにより、胃痛や消化不良などの症状が起きやすくなっていると考えられます。 ストレスによる胃の機能低下のため ストレスを感じると自律神経が乱れ、自律神経と胃腸の機能は密に関連しています。 強いストレスを感じることは、胃痛や胃もたれなど、胃の機能低下の原因にもつながります。 もうじき出産を迎えるということで、「無事に元気な赤ちゃんを産むことができるかな」と不安を抱えてしまったり、あるいは、妊娠後期の胃痛も含めたさまざまな体のトラブルに悩み苦しむこともあるでしょう。 そうしたストレスを感じることが、さらなる胃痛などの体の不調を引き起こしている可能性があります。 妊娠後期の胃痛の8つの対処法!食べ物や寝方の工夫でつらい胃痛を乗り切ろう 妊娠後期に胃痛が続くと精神的にもつらいですし、胃痛が慢性的になるとお腹の赤ちゃんへ悪影響を及ぼす痛みや症状を見逃してしまう可能性もあります。 つらい胃痛は少しでも改善して、あとわずかの妊婦生活を快適に過ごし出産に備えたいですよね。 妊娠後期の胃痛を軽減させるための対処法を8つ紹介します。 一度にたくさん食べずに、少量をこまめに食べる 妊娠後期 妊娠8ヶ月~ は子宮が大きくなることによって胃が圧迫されているため、一度にたくさん食べると胃が消化をしきれず、胃痛や胃もたれを起こしてしまうことが多いです。 1回の食事の量は減らして、1日3回ではなく5~6回などに分けて少しずつ食事をとるようにすると良いでしょう。 胃にやさしい消化に良い食べ物を中心に食べる 胃痛を緩和させるためには、なるべく胃にやさしい食べ物を食べると良いでしょう。 消化が良い食べ物としては、やわらかいご飯やお粥、温かい根菜の煮物、ヨーグルトなども効果的です。 香辛料の強い食べ物やカフェイン、冷たいものなど胃への刺激物は避ける 胃の機能が弱っているときは、胃へ刺激を与える食べ物はなるべく避けましょう。 からいものなど香辛料が強いものや、カフェイン飲料も胃への刺激になります。 場合によっては下痢を引き起こす可能性も。 冷たいものや脂っこいもの、塩気の多いものも避けたほうが胃への負担が軽くなります。 食事は良く噛んでゆっくり食べる ゆっくりと良く噛んで食事をすることで、唾液が多く分泌されます。 唾液の分泌は消化を助ける効果がありますので、食事はなるべく良く噛んでゆっくり食べるようにしましょう。 早食いは胃への負担を増してしまいます。 また、ゆっくり食べることは、食べ過ぎを防ぐことにもつながります。 食事中に水を飲みすぎない 食事と一緒に水やお茶など飲み物をたくさん飲みすぎると、消化酵素が水分で薄まってしまい消化機能が低下してしまいます。 食事中はあまり水を飲みすぎないようにし、食後30分~1時間程たってから水分をとるようにすると消化に良いと言われています。 食後すぐに横になったり眠ったりしない 胃が痛いときは横になりたくなりますよね。 しかし食後すぐに横になったり眠ってしまったりすると、食べ物が逆流しやすいんです。 また眠ってしまうことで胃の消化機能が低下してしまい、消化不良や胃痛を増す原因に。 食後しばらくは横にならないか、どうしてもつらい場合は、胃酸が逆流しないように上半身を少し高くした状態で横になって休むようにしましょう。 また、夜中の胃痛を軽減させるためには、夜寝る時間の2時間以上前に夕食を終わらせるようにすると効果的です。 寝るときは横向きで、抱き枕などで上半身を少し高くする 夜中寝ているときに胃痛が悪化し、眠れなくなってしまう方も多くいます。 寝るときは仰向けよりも横向きのほうが、胃痛を軽減できますのでオススメ。 また、抱き枕や毛布などを上半身の下に置いて上半身を少し高くして寝ることで、消化を助けることにつながり、胃痛や胃もたれの悪化を防ぐことができます。 胃を圧迫する服ではなく、ゆったりとした服を着る 胃のあたりを圧迫する締め付けの強い服装は、胃痛の悪化の原因にもなります。 お腹が大きい妊娠後期でもありますので、マタニティウェアやマタニティインナーを着て、なるべく胃を圧迫しないゆったりとした服装を心掛けましょう。 我慢のしすぎは禁物!妊娠後期の胃痛がひどいときに考えられる危険な病気 妊娠後期に胃痛の症状があるのは、妊婦のよくあることだと考えて、ひどい症状を我慢しすぎてはいませんか? もしかすると、胃痛の影に深刻な病気が隠れていたり、胃痛を我慢しすぎることによる精神的なストレスが赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまったりする可能性もあります。 自宅でできる食事の工夫などを行っても、ひどい胃痛がなかなか治らない場合は、はやめに産婦人科で相談することをおすすめします。 胃痛がひどいときに考えられる危険な病気 妊娠後期の胃痛がひどい場合は、胃が痛いことが悪化して病気を発症してしまっていたり、別の病気が原因の胃痛であったりする可能性があります。 胃炎や胃潰瘍 妊娠中は、体のさまざまな不快な症状や、ホルモンバランスの変化によりストレスを感じやすくなっています。 したがって、そうしたストレスによって、胃炎や胃潰瘍などに陥っている可能性もあります。 また、免疫力の低下により、生ものを食べたことによる食中毒などにもかかりやすくなっていることも。 胃に激痛を感じたり、下痢等が続く場合は早めに医師に相談すると良いでしょう。 妊婦健診でよく血圧を測定しているのは、この妊娠高血圧症候群を早期発見するためでもあります。 症状として、頭痛や倦怠感、臓器障害の影響で胃痛などを感じることがあります。 妊娠高血圧症候群は悪化すると胎児への影響も考えられ、妊娠後期で重症化すると早めに分娩を促したり、緊急で帝王切開分娩を行ったりする場合もあります。 参考 胃痛がひどいときは、妊婦でも安心のお薬を処方してもらうことができます 上で紹介したような病気にはなっていなくても、つらい胃痛を我慢することはストレスにつながり、そのストレスが胃痛の重症化にもつながりかねません。 胃痛でつらいときは、我慢しすぎすに、産婦人科に相談に行くようにしましょう。 病気の可能性があれば早期発見につながりますし、妊娠中でも安心して飲むことができる薬を処方してもらうこともできます。 妊娠後期に多い胃痛!食事や寝方を工夫して少しでも楽になるよう対処しよう! 妊娠後期の胃痛は、子宮が大きくなることによる胃の圧迫や、ホルモンバランスの変化、ストレスが原因で起きるよくある症状の一つです。 よくある症状とは言え、胃痛で夜も眠れない日々を過ごすのはつらいですし、我慢をしすぎると、胃痛の悪化や他の危険な症状を見逃してしまうことにもつながりかねません。 出産に向けて体調を万全に整えておくために、食事や寝るときの姿勢など日々の生活で工夫をして、つらい胃痛を少しでも改善できるようにしましょう。

次の

妊娠後期は胃もたれ・胸焼けが起きやすいの?解消方法は?

妊娠 後期 胃 が 痛い

どうして妊娠中期になると胃が痛くなるの? 妊娠中期頃から起こる胃の痛みには、 大きくなってきたお腹と関係があります。 妊娠中期頃になってくると、ますます お腹のふくらみも目立ってきます。 そうなると、大きくなってきた子宮に 胃が押されて胃液が食道の方まで戻って くる逆流性食道炎を起こしてしまう場合 が多くあります。 そうなると、胃や食道の粘膜が胃酸に よって荒れてしまい、炎症を起こして しまいます。 それが原因となり、胃や食道などの痛み、 さらには胸やけなどを引き起こしてしまう のです。 この逆流性食道炎の他にも、つわりが終わり 食欲が増してきたことによる食べ過ぎや 妊娠中期となり体の不調や出産の不安などに よるストレスが原因による胃痛などもあります。 つわりがまだ続いている場合には、嘔吐を 繰り返したことによる胃酸での炎症という 可能性もあります。 あまりに胃が痛い場合には、胃潰瘍など大変な 病気の場合もありますので、我慢せずすぐに 病院に行くようにしましょう。 また、お腹が大きくなり圧迫されると、どこが 痛いのかわかりにくいこともありますよね。 胃が痛いと思っていても実は他の場所が痛い 可能性もありますので、やはり注意しましょう。 妊娠中期に胃が痛くなったら、どうしたらいいの? まず、胃痛の対処法として思い浮かぶのは 胃薬だと思いますが、妊娠中期の薬は赤ちゃん にも移行してしまうので心配ですよね。 もしも、どうしても薬を飲みたい場合には 産婦人科の先生に相談するのが一番でしょう。 また、かかりつけの内科など行く場合にも、 きちんと妊娠中であることは伝えましょう。 緊急で市販薬を使いたい場合には、市販薬の 注意書きに『妊娠中の服用禁止』とされて いないものを選びましょう。 詳しくは、薬局の薬剤師さんや登録販売者 さんにきちんと相談しましょう。 また、お薬以外の対処法としては、日々の 生活を改善していくことが重要となります。 まず食事の仕方ですが、食べても腹八分目 までにしましょう。 妊娠中期ごろになると 食欲も増してきて、ついつい満腹になるまで 食べてしまいがちですが、それは胃の負担に なりますのでやめましょう。 また、荒れた胃に良いとされる食べ物が トマトやキャベツ、ピーマンなどになります ので積極的に摂るようにしましょう。 胃を温めることも胃痛には効果的です。 お風呂に使ったり、カイロを胃の上に 貼っておくのいいでしょう。 また、お白湯など温かいものを飲むのも いいでしょう。 胃が冷えると胃の動きが鈍くなり、消化が 悪くなることがありますので冷たい飲み物や アイスなどの摂りすぎも注意しましょう。 胃を空っぽにするのも、胃酸により胃壁が 荒れる原因となりますのでこまめに食事を 摂るのも効果的な方法です。 ただし、カロリーの摂りすぎには注意が 必要ですので寒天ゼリーや小魚、豆腐など 低カロリーで栄養価のあるものを選ぶよう にしましょう。 妊娠中期の胃痛による私の経験談 妊娠中期(6ヶ月目)になった私も、 現在胃の痛みに悩まされています。 原因として考えられるのは、ストレスと お肉などの食べ過ぎかなと思われます。 お腹が大きくなるにつれ、動くことがきつく なってきてストレスも増えてきました。 歩くのが大変だったり、お皿洗いで 長時間立っていると腰が痛くなってきたり。 主人に家事を手伝ってほしいけど、それも なかなかスムーズにしてもらえるものでも なく、日々ストレスが増えてきたりと、 妊娠中は楽しいばかりではないなと痛感します。 が、ストレスを溜めすぎるのは赤ちゃんにも よくないので、そういう時はいっそ家事の 手抜きをしたり買い物に行ったりと息抜きを するようにはしています。 胃が痛むときは無理をせずリラックスしましょう。 胃が痛いときは、無理をしないで自分を 労わるようにしましょう。 体を温めてあげたり、ストレスの原因を 考え取り除く努力をしましょう。 出産やその後の育児、お金の心配など 悩みは尽きないものですが、その時に なればなるようになるものです。 悩みがある場合には家族など誰かに相談したり 今は自分と赤ちゃんのことを第一に考え、 安定した気持ちで過ごせるようしましょう。 妊娠後期になるにつれて、さらに胃は圧迫される ことになり胃痛が起きやすくなりますが、 なるべく予防できるような食事方法やストレスの 軽減を考えていきましょう。

次の

妊婦に起こる胃痛の原因とは?5ヶ月頃の中期に気をつけることとは

妊娠 後期 胃 が 痛い

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠中に胃もたれや胸焼けが現れるのは、つわりがひどい妊娠初期だとばかり思っていませんか?実は妊娠後期も、胃がもたれやすく、胃液があがってきて胸がムカムカすることがよくあります。 お腹が大きくなってきて行動が制限されている中で、胃もたれや胸焼けで食欲もなくなると、毎日ストレスが溜まってしまいますよね。 今回は妊娠後期に胃もたれ・胸焼けが起きやすい原因と解消法、薬は飲めるのかなどをご説明します。 妊娠後期に現れる胃もたれ・胸焼けは、どんな症状? 安定期に入るとつわりが治まり、胃もたれ・胸焼けから解放される人は多いと思いますが、妊娠後期(8ヶ月〜)に入る頃から再び胃に不調を感じるようになります。 胃がムカムカする感じがあれば、胃もたれ・胸焼けかもしれませんよ。 ムカムカ感は空腹時に現れる人もいれば、食後、食事のタイミングに関係なく現れる人もいて、程度や頻度には個人差があります。 妊娠初期のつわりによる胃もたれ・胸焼けと同じように、揚げ物やご飯など、吐き気を催す食べ物も人それぞれです。 吐き気だけでなく実際に吐いてしまう人もいますし、胃液があがってきたり、食道や喉が胃酸で傷んで胸やけが長引いたりするケースも。 あまりに症状がひどくなると食事ができなくなって点滴での栄養補給が必要になることがあります。 関連記事 妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの原因は? つわりがなくなったのに、どうして胃もたれ・胸焼けになるの?と疑問に思うかもしれません。 その原因は、主に胎児の成長にあります。 胎児が大きくなって、子宮内の羊水の量も増えると、子宮全体が大きくなります。 すると子宮の周りにあった胃や腸が圧迫されて働きが鈍くなり、胃もたれを起こすように。 また胃が持ち上げられることで胃液が食道に逆流しやすくなり、強い酸で胃の粘膜が荒らされて胸焼けが起こります。 こうして子宮が大きくなることで現れる消化器系のトラブルを総称して、「後期つわり」と呼ぶこともあります。 出産が近づいてきて胎児が子宮の下の方に降りてくると、胃への圧迫がなくなって、胃もたれや胸焼けがなくなります。 関連記事 妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの解消法は? 妊娠後期の胃もたれ・胸焼けは薬に頼るのではなく、日頃の生活を見直して改善しましょう。 妊娠後期に入ってからの胃の不調は、赤ちゃんが成長している証でもあるので、前向きに考えて乗り切れるといいですね。 消化のいいものを食べる 胃もたれがひどいときは、うどん・おかゆなど消化がよくて飲み込みやすいものを食べるようにしましょう。 少し甘みや酸味がほしければヨーグルトやゼリー、バナナなどもおすすめです。 胃が荒れているので、揚げ物や脂身の多い肉、香辛料などの刺激物は避け、煮魚などのヘルシーな魚料理を食べるようにしたいですね。 野菜を食べるときはサラダなど生の状態ではなく、煮たり蒸したりして消化しやすい状態に調理すると胃の負担が軽くなりますよ。 1回の食事量を減らし、回数を増やす 妊娠後期の胃が圧迫されている状態で一度にたくさんの量の食事をとってしまうと、気持ちが悪くなります。 だからといって食事量を減らしても、空腹中は胃酸がたくさん出るので、胃もたれや胸焼けを起こしやすくなりますし、1日の摂取カロリーを減らすと、母子ともに栄養不足になってしまう可能性があります。 食事のたびに気持ちが悪くなるようであれば、1回の食事の量は減らし、そのぶん回数を増やすようにしましょう。 5回くらいに分けるとちょうどよくなりますよ。 体重増加につながるので甘いものは控え、あくまでも「食事を5回にわける」と意識してくださいね。 寝るときの姿勢を工夫する 寝ている間に胃酸が食道に上がってくるのを防ぐために、枕を高めにして寝るようにします。 おなかが大きくなってくる妊娠後期は仰向けで寝るのがつらくなるので、横向きになって寝ると眠りにつきやすくなりますよ。 また、食後はすぐに横にならず、上体を軽く起こした姿勢(セミファーラー位)で過ごしましょう。 胃もたれや胸焼けによる気持ち悪さを予防することができます。

次の