マイル ストーン 書き方。 マイルストーンとは?ビジネス上での意味と書き方の注意点

PM初心者でも出来る?プロジェクト計画書の作り方~無料サンプル付き!~

マイル ストーン 書き方

CHECK 消耗するだけの日々から抜け出しませんか? なら、無理に転職を勧めることはしません。 まずは無料相談から始めましょう。 マイルストーンを書くメリットとは? マイルストーンはプロジェクトの進捗状況を把握しやすくする一つのツールです。 導入をすることで仕事が効率よく進められるので、今や多くの会社で取り入れられている方法であるとも言えます。 マイルストーンを書くことによって進捗の確認が容易になるだけでなく、以下のようなメリットもあります。 まだ使ったことがないという方はこの機会にぜひ、マイルストーンを取り入れてみてはいかがでしょうか。 【メリット1】スケジュール通りに仕事を進めやすい すべきことが明確であっても、期日がはっきりしていなければ最後の方にしわ寄せがきてしまう可能性があります。 例えば自動車の製造から販売までを想像してみて下さい。 最終目的は市場で販売することですが、そこに至るまでには大まかに次のような経過を辿ります。 自動車のデザイン、製品企画• 試作、評価• 生産準備• 販売 販売に至るまでの5つの工程のどこかで遅れが生じてしまうと、その後の工程全てに影響が出てしまいます。 最悪の場合、最終目的である販売日をずらすこともあり得ます。 しかし、マイルストーンを活用することで一つひとつの工程に必要な日程の目安ができ、スケジュール通りに仕事を進めやすくなります。 【メリット2】細かい目標設定によりミスが減る 必要な過程を細かく洗い出し、それぞれに作業終了の期日を設けるということは、言い換えれば細かく目標を設定するということです。 最終目的を達成するためには小さな目標をクリアしていかなければなりませんが、それはつまり、作業を振り返るタイミングが増えるということ。 もしもどこかの工程でミスが生じた場合でも原因を辿りやすく、最小限の手戻りで済ませられます。 ただ漠然と最終目的に向かうよりも、細やかなチェックを通過することでミスを最小限に減らすことができ、効率的にプロジェクトを遂行することができます。 プロジェクトが大きいほどミスへのリカバリーが大変になるので、マイルストーンを取り入れる意義も高まるでしょう。 【メリット3】長期的にモチベーションを維持できる 仕事やプロジェクトに限らず、長期のスパンで高いモチベーションを維持し続けることは難しいものです。 また、最終目標が大きすぎる場合にもモチベーションの維持は難しく、挫折しやすくなってしまうもの。 モチベーションの維持には、長期目標はもちろん大切ですが、そこに至るまでに細かく小さな短期目標を設定していくことが成功への大きなカギと言われています。 マイルストーンを活用することは短期目標が設定されるということなので、モチベーションの維持に大きく貢献してくれます。 短期目標を達成すれば気持ちもその都度リセットすることができ、長いスパンを必要とする場合や大きな目標の場合でもモチベーションを維持しやすくなります。 マイルストーンの基本の書き方は? マイルストーンは仕事やプロジェクトを始める前に作ることが大切です。 あらかじめマイルストーンを設定しておくことで、いつまでにどの仕事を終えるべきなのかが明確になり、やるべきことを簡単に確認できるためです。 書き方に特に決まりなどはありませんが、ここで基本的な書き方について触れておきたいと思います。 難しいものではないので、ぜひマイルストーンを取り入れて効率的に作業を進めていってください。 1.縦にマイルストーンリスト、横に時間軸の表を作る まずは、縦軸にマイルストーンとなる作業を書き込みます。 この段階で確定している作業が少なくても問題ありません。 プロジェクトの途中でも必要な作業が発生するかもしれませんし、思わぬ手戻りが発生することもあるでしょう。 また、作業リストはできるだけ具体的に、何をすべきかがすぐにわかる内容にします。 するべき作業を書き終えたら、次に横に時間軸をとっていきます。 これはプロジェクトを開始する日から、プロジェクトの完了までのスケジュールです。 土日や祝日など稼働できない日がある場合はここで灰色の塗りつぶし効果を使い、作業不可となることを示しておくとさらに見やすく使いやすくなります。 2.リストごとにマイルストーンを配置する 続いて、先ほど書き出した作業リストについて、作業を完了させるべき期日にマイルストーンを設置します。 前もって決まっている納期があるものは、その期日をベースに完了日を設定しマイルストーンを書き込みます。 納期などが設定されていない作業については、最終目標に影響が出ないようゆとりをもって期日を設置することを心がけます。 各作業の兼ね合いもあるので、期日の設定は全体のバランスを確認することも大切です。 家づくりで言えば、基礎ができなければ骨組みを立てることができませんが、影響し合わない外装と内装であれば期日が重なっても問題はありません。 3.各マイルストーンについて担当者と日数を決める 作業の完了日を決めたら、次はその作業に必要とされる日数を書き込んでいきます。 横軸がスケジュールとなっているので、Aという作業について5日かかると見込んだ場合は、作業完了日から逆算して5日前まで横線を引き、作業日数を示します。 作業と期日を可視化することで、自分が今何をすべきかがはっきりとわかるようになります。 管理者が全ての作業について期日を決めていくよりも、細かい部分は担当者に決めてもらいながらプロジェクトチーム全体で相談し、決めていくことが理想的です。 もしスケジュール通りに進まないことがあっても、全員で相談していればフォローもしやすくプロジェクト全体の進捗状況もつかみやすいためです。 4.全体を通して問題がないか確認する ここまできたら、あとは全体を通して問題がないかを確認します。 作業に漏れはないか?• 期日に誤りはないか?• 作業内容と作業日数はそれぞれ妥当であるか? などの視点から見直してみましょう。 作業の中にはどれくらいの日数が必要となるのか、なかなか目処が立たないものもあるかもしれません。 また、作業分担が大まかにしかわからないものもあるでしょう。 そういった場合は作業を進めていく中で見直しが必要となる場合もあります。 その際はプロジェクト全体に大きな影響がないかを確認する必要があります。 何度も修正をするのは意味がありませんが、状況によっては見直しが有効的であるということも理解しておくといいでしょう。 マイルストーンを書く際にはここに注意!? マイルストーンの基本的な書き方についてはわかって頂けたかと思います。 難しいルールやフォーマットはありませんでしたね。 ここで、マイルストーンを書く際の注意事項についても触れておきましょう。 役立つツールも一歩間違うと意味のないものになってしまいます。 次に挙げている2つの注意点についても意識を向け、マイルストーンのもつ力を十分に生かしていきましょう。 期日や作業の整合性がとれているか 例えばAという作業の後にテストを行い、そこで問題がなければBという作業に入る…というような場合、Aが終わっていなければBに進むことができないという関係のことを依存関係と呼びます。 この依存関係は、わかりやすいものであればあまり問題はありませんが、大きなプロジェクトになると整合性が取りにくくなってしまいます。 そこで大切になってくるのが、作業の重なりや作業の順番が整合性のとれたものとなっているかどうかということです。 特に大きなプロジェクトほど、作業間の関係性が見えづらく、マイルストーンを設置した後で不可能な計画であることに気が付くというケースも珍しくありません。 期日や作業の整合性を確認しましょう。 担当者やグループに作業の偏りはないか 作業を担当するチームや担当者についても、偏りがないか確認することが大切です。 同じチームや担当者が、同じ時期に複数の作業を行うスケジュールになっていないか、しっかりと確認しましょう。 できあがったマイルストーンから、チームや担当者ごとにスケジュールを追いかけてみることで、各自の作業内容と期日がわかります。 基本的に、一人の人物が同時に2つ以上の作業をこなすことは不可能だと言えます。 万が一作業の重なりがあった場合は、担当者を変更する必要があります。 こちらもプロジェクトが大きくなるほど頻発しやすいものなので、最終確認を怠らないようにすることが大切です。 まとめ スケジュール管理は社会人として必要なビジネススキルの一つです。 プロジェクトリーダーになった場合は、自分のスケジュールだけでなく、チーム全体のスケジュールも把握している必要がありますね。 そのようなときにマイルストーンは大きく役立ちます。 マイルストーンをプロジェクトで活用するメリットは3つありました。 スケジュール通りに仕事を進めやすい• 細かい目標設定によりミスが減る• 長期的にモチベーションを維持できる プロジェクトリーダーであればなおさら、成功して実績を積み上げたいですよね。 そのためにも、今からマイルストーンを取り入れ、上手に使いこなせるようになりましょう。

次の

プロジェクトの見取り図、スケジュール表の作り方【超基礎編】

マイル ストーン 書き方

マイルストーンとは ビジネスシーンでも使われる言葉になりますが本来の別の目的で使われる言葉でした。 まずはマイルストーンとはどのような意味なのかを学んでいきましょう。 語源は道路の標石 本来は、1マイルごとに目印として置かれる標石のことを指します。 目印として置き、自分が今何マイル進んだのかを確かめるために使われました。 1マイルずつしっかり進んでいくという意味が転じて、ビジネスの世界やその他の事柄にも使われるようになったのです。 ビジネスでは重要な節目のこと ビジネスの世界でもマイルストーンという言葉が使われます。 ただ、ビジネスシーンで使われる場合は、仕事の目標、工程の節目といった意味になるのです。 一つずつ目標を決め、目的を見失わないようにするために使われ、業務の進捗状況を把握するために役立ちます。 基本的には長期のプロジェクトでスケジュールをしっかり組むときに使われ、目標を達成するために重要な役割をはたす言葉です。 マイルストーンのつく言葉 マイルストーンは、様々な言葉と組み合わせて使われるのです。 言葉ごとに意味が変わるため、詳しく説明していきます。 マイルストーン払い 作業の報酬の支払いにマイルストーンが使われることもあります。 長期のプロジェクトに携わったときに、設定した工程ごとに予算が支払われるという仕組みになっているのです。 支払う側も一度に大きなお金を支払う必要がなく、受け取る側も作業が全て完了する前から報酬をもらえるのでお互いにメリットをもたらします。 マイルストーン管理 ビジネスにおいては、プロジェクトの工程を設定する意味合いになるため、順調に進んでいるかどうかを管理するという言葉になります。 管理者がマイルストーン通りに進行しているか把握しておかなければ、周りも現状が把握しづらくなるのです。 そのためマイルストーンを管理する立場は重要なポジションとなるでしょう。 マイルストーンの使い方 実際にマイルストーンという言葉は、どのようなときに使えばいいのか、使い方を具体的に解説していきます。 プロジェクトの最初に決める 会社で大規模なプロジェクトを発足する場合、大人数が携わることが多いです。 各自が目標を明確にするためにも、マイルストーンを設定して節目をはっきり決めていきます。 そうすることでいつまでに完了しなければならないかが分かり、スケジュールが遅れてしまったときも調節ができるようになるのです。 スケジュール表に書き込む マイルストーンをスケジュールに書き込んで、工程を具体的に記していきます。 建築業界の工事スケジュール、システム開発のスケジュールなどを設定するときに使われることが多いです。 納期が決まっていることを計画通りに進めるためには、目標を明確にする必要があります。 そのときにマイルストーンを設定しておくと、メンバー間で連携も取りやすくなり、遅れているならフォローし合うことも可能です。 マイルストーンの例文 ここでは、マイルストーンの使い方を例文で学んでいきます。 意味を理解して使わないと、間違った表現をしていることに気づかないかもしれません。 そのため正しく使えるようしっかり確認することが大切です。 マイルストーンに影響が出ないように プロジェクトの進行に支障がないように、という意味合いの文章になり、しっかり予定通りに作業を進めるときに使われる言葉です。 このスケジュールのマイルストーンは? こういった場合、プロジェクトの工程はどのようになっているのかを質問している言葉になります。 応える側は明確に目標と到達点を言い表してあげるようにしましょう。 わが社の重要なマイルストーンだ この場合のマイルストーンは、会社の到達する目標や工程という意味合いになるため、大きな目標を掲げているときに使われる文章です。 4番目のマイルストーンに到達した いくつかの節目を設定し、現在目標の4番目に達したという状況を言い表す文章になります。 色んなシーンでマイルストーンという言葉が使われるため、意味を語源からしっかり理解しておき、自分も適切に使えるようにしましょう。 マイルストーンの重要性が分かれば、自分がプロジェクトを任されたときでも行動しやすくなるはずです。 まとめ マイルストーンとは、標石から来た言葉で業務を円滑に進めるために重要な役割をはたす言葉です。 プロジェクトや設計の予定を組み立てるときも、マイルストーンを設定しておくと目標が明確になります。 遅れたときも修正しやすくなるため、意味を正しく理解しておきましょう。

次の

「マイルストーン」の意味とは?ビジネスでの書き方・使い方も解説

マイル ストーン 書き方

プロダクト開発などの長期プロジェクトでは、会議や資料で進捗状況を把握するなど「責任者」の力量が試される。 プロジェクトを円滑に、効率よく進めるためにも、マイルストーンの設定とガントチャートの書き方をチェックしよう。 スケジュール管理はこれ! ガントチャートの書き方 スケジュール管理をするために押さえておきたいものの一つである「ガントチャート」。 そもそも「ガントチャート」とは? ガントチャートは主にExcelなどで作られることが多い。 プロジェクトなどの管理工程に使う表のことで、基本的には横長の棒グラフで表される。 世間的には「ガントチャート」という言い方をせずに、管理表やスケジュール表と聞くことの方が多いかもしれない。 簡潔にいうと、 ガントチャートは何かしらの作業工程を項目別にグラフ化した段取り表のことだ。 ガントチャートは一目で作業工程の全体像が把握できるため、長期のプロジェクトの管理に非常に適している。 また、プロジェクトの管理者だけでなく、実際に作業を遂行するメンバーも、プロジェクトの内容と期日を俯瞰して見ることができる。 情報共有のしやすさが、ガントチャートの魅力でもあるのだ。 ガントチャートを書く手順 ガントチャートを書くには、 作業日数、作業開始日、タスク名が最低限必要になってくる。 ガントチャートを書くこと自体は非常に単純で、横軸にスケジュールを取り、縦軸に作業工程を記入していくだけだ。 担当者:プロジェクトチームの担当者と割り当て(タスクの分担)• 期限:いつまでにその工程を完了させるのか• 具体的なタスク:工程をできるだけ具体的なタスクに落とし込む マイルストーンに必要なポイントは3つある。 1つ目は担当者。 プロジェクトチームの担当者と割り当て(タスクの分担)を定める。 2つ目は期限。 いつまでにその工程を完了させるのか。 3つ目は具体的なタスク。 工程をできるだけ具体的なタスクに落とし込む。 以上3つの観点が重要になってくる。 管理者本人がマイルストーンの内容を決めるのもいいが、細かな部分はチームで相談し、 全員で決めることが理想的だ。 また、 マイルストーンの期限は長くても1ヶ月に設定するのが適切だ。 ガントチャートやマイルストーンを有効活用するには? ガントチャートの書き方やマイルストーンの設定方法はある程度理解していただけただろうか? 管理者自身だけでなく、プロジェクトのチーム全体が工程内容を把握できるよう、プロジェクト計画にはマイルストーンを如何にして上手に組み込むことができるかが鍵となってくる。 個人的なスケジュールに「ガントチャートとマイルストーン」を応用してみる そのためには、 ビジネスはもちろん、プライベートなスケジュールもきちんと管理できるようにする癖をつけなくてはならない。 まずは個人のことを管理できるようにならなければ、プロジェクトチームを管理することなどできないだろう。 長期的なプロジェクトに参加する機会は、社会人生活を続けていると一度は出くわすはずだ。 そのプロジェクトを成功させるためにも、チームが円滑に、効率よく動けるスケジュールを組むことが何より重要。 ガントチャートやマイルストーンをうまく使いこなして、チーム全体でプロジェクトを成功させよう。

次の