スペイン旅行。 スペイン旅行にかかる予算を徹底調査!現地での節約方法などもご紹介

スペインの旅行・格安ツアーを1445件からお得に比較|エイビーロード

スペイン旅行

部屋数 1部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 2部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 3部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 4部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• パンプローナの牛追い祭 スペインと言えば闘牛のイメージを持つ方も多いのでは。 スペイン男子の象徴とも言える雄牛への崇拝と、牛との闘いを街全体で行う祭りが、北部ナバーラ州パンプローナにあります。 牛追いの祭礼「サン・フェルミン祭」は、ニュースでも取り上げられる世界的に有名な祭り。 7月6日から14日まで、仮想パレードやコンサートが昼夜問わず開かれ、街中が人であふれ返ります。 メインイベントの牛追いは毎日午前8時から。 わずか800メートル先の闘牛場まで、牛に追われて走ります。 参加資格は18歳以上である以外に特に決まりはありませんが、毎年のようにけが人も出ており、現在もまだこの祭りは保険も対象外のようです。 サン・セバスティアン スペイン北部でビーチリゾートと言えば、サン・セバスティアンは外せません。 海上貿易の中継地として発展し、近代にはいち早く工業化に着手したため、国内でも裕福な地域を形成しています。 注目を浴びるきっかけとなるのが、19世紀に世界の王族が保養地として訪れたこと。 それからは高級リゾートとして一気に栄え、今でも高級ホテルと星付きレストランが集まる街として知られています。 そこで当地を訪れたら、郷土料理のバスク料理を堪能しましょう。 手軽なピンチョスなら、街中で気軽に楽しめます。 もうひとつのお楽しみは、国際ジャズフェスティバルと国際映画祭。 サン・セバスティアンの夏を彩る世界的なイベントです。 ラ・マンチャ観光 小説「ドン・キホーテ」の舞台となった地方。 済んだ青い空はどこまでも高く、乾燥した広大な赤土の丘には一面にブドウ畑。 白い円柱にゆったりとまわる風車小屋と、17世紀に描かれたドン・キホーテの冒険そのままの姿を今でも残しています。 突進のシーンで有名な風車は、カンポ・デ・クリプターナにあります。 つくられたのが16世紀中ごろですから、ドン・キホーテは当時の最新技術に突っ込んでいったことになりますね。 壊れて動かなくなったままの風車やドン・キホーテ像が、作者セルバンデスの偉業をたたえるように並んでいます。 マドリッドからは列車でわずか2時間程度ですから、首都観光にあわせて訪れてもいいですね。 古都トレド 古代ローマ時代に城塞が築かれ、その後イスラム教・ユダヤ教・キリスト教の攻防に翻弄され、それぞれの文化が入り交じり成立している街トレド。 スペイン観光の目玉ともいわれ、旧市街の全体が世界遺産として登録される魅惑の迷宮都市です。 最大の見どころはトレド大聖堂。 完成までに250年以上かかったスペインキリスト教の総本山は、非常に精緻なデザインが施され、高い芸術性を誇ります。 内部のトランスパレンテや画家エル・グレコの作品群なども色鮮やかで、そのすべてに目を奪われます。 イスラムがこの街を後にした今も伝統は残り、タイルや石畳で彩られた街並みは他では見られない、スペイン文化の最高峰と言えるでしょう。 サラマンカの旧市街 スペイン最古の大学サラマンカ大学をはじめ、マヨール広場や貝の家などが世界遺産に登録されるサラマンカ。 ローマ帝国、イスラム、キリスト教から影響を受けた、他に類を見ない街並みが特徴です。 13世紀よりヨーロッパ中から学生が集まるサラマンカ大学は、当時から最先端の知の集積地であり、また図書館の荘厳さと蔵書の数は必見です。 街のシンボルとなっている新旧の大聖堂も、それぞれの時代を反映した造形美で、こちらも見どころのひとつです。 外壁に無数のホタテ貝の装飾が埋め込まれた貝の家は、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼者を守る騎士団の邸宅。 観光案内に訪れるだけではもったいない観光スポットです。 マヨルカ島 地中海に浮かぶ太陽の島マヨルカ島は、年間300日以上も晴れ渡る南ヨーロッパでも屈指のビーチリゾート。 昔からの地中海の楽園はヨーロッパのハワイとも言われ、またバルセロナから飛行機で1時間弱というアクセスの良さから、バカンス先の筆頭にも挙げられるそうです。 ビーチももちろん美しく、緑豊かな島内をトレッキングするアクティビティも充実しているので、とにかく海外では遊びたい! という人には絶好の島。 色彩豊かな街並みも新鮮なシーフードも南欧のワインもすべて極上で、観光地として開発されているおかげで滞在に困ることもほとんどありません。 人工真珠も有名な島ですから、自分用のお土産もこれで決まりですね! イビサ島の生物多様性と歴史地区 地中海に浮かぶイビサ島は、貴重の遺産と自然に最新のカルチャーまでそろう太陽の楽園。 島全体が世界遺産として登録されていて、かつて海上貿易で繁栄した人々の痕跡は文化遺産として、特有の海生生物が守る自然は自然遺産として、後世に伝えていくべき存在として知られています。 そのためこの島の自然は開発から守られ、世界中から観光客がこの島のリゾートをゆったりと楽しみに訪れます。 もうひとつの顔が、最新のカルチャーシーン。 ヨーロッパ中から集まったリゾート上級者たちが、多くのクラブをこの島で提供します。 繰り広げられるDJプレイにあついナイトライフを求める人が吸い寄せられ、眠れない夜が今日も続きます。 バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ バレンシアの街は、地中海貿易がもたらした富の上に築かれたと言われます。 世界遺産に登録されるラ・ロンハ・デ・ラ・セダは、その時代の絹の商品取引所。 聖堂のようとも楽園のようとも言われる建築物は、当時の最新技術によってつくられた豊かさの象徴です。 地中海のもたらした豊かさは、有名な火祭りに反映され今でも残ります。 祭りではフィナーレにわざわざつくった巨大な人形を盛大に燃やし、スペイン全土に春の訪れを告げます。 忘れてはならないのが、この街が育んだ食文化。 パエリアの発祥の地として有名で、民族意識の高いスペインの他の地方にも、バレンシア料理が人々の日常に溶け込み愛されています。 バル・デ・ボイ フランスとの国境にある狭く側面の切り立った谷バル・デ・ボイ。 ここにある初期ロマネスク様式の宗教建築物は、イスラムの侵攻が及ばなかったキリスト教建築物として、またヨーロッパから多くが失われたロマネスク様式の教会群として、世界遺産に登録されています。 バル・デ・ボイにある教会の特色は、優雅な鐘楼を持つことと、精巧な石造建築物であること。 これはイスラムの侵略に備えたフランス国王が、当時の最新技術を持ったイタリア建築の大家をこの地に呼び、その集大成として完成させたからだと言われます。 またサン・クレメン教会に描かれる「全能者キリスト」は、カタルーニャロマネスク芸術を代表するものとして有名です。 バレンシア 世界遺産ラ・ロンハやバレンシア美術館など、歴史的建造物がこの街の観光を象徴するように並びますが、その実体はスペイン第3の都市。 温暖な地中海の恵みを人々が享受し、文化や経済で古くより世界水準の都市を形成してきました。 バレンシアがもっとも熱くなるのは3月。 世界的に有名な火祭りは12日~19日に開催され、通り沿いに飾られた大きな人形を一斉に燃やし、イベリア半島に春の訪れを告げます。 8月には近くの街ブニョールでトマトを投げ合うトマト祭りが行われ、こちらもニュースで毎年のように報じられます。 祭りの壮大さはこの街の人々の成熟度の表れ。 ビジネスからカルチャーまで、この街は見どころに事欠きません。

次の

【2020年】スペイン旅行費用の最新の相場はコレだ!予算を徹底ガイド!

スペイン旅行

最近の情報も入れながら書いていきます。 旅行のポイント 旅行プランは以下の条件で行程を考えました。 これが結果的にトラブルの元に。。。 〇長距離路線はオンデマンドがいい。 〇移動ではいろいろな乗り物に乗りたい。 〇スペインならではのパラドールに泊まりたい。 できれば、世界遺産。 アビラ、セゴビアのパラドールは街自体が世界遺産で、その中にあります。 初めてのヨーロッパ、最初はパックツアーを考えていたんですが、パックだとフリープランでも往復が違うのってほとんどないんですよね。 あっても高い。 それならということで、結局すべて自分で手配することにしました。 旅行前の事前準備 旅行へ行く前にいろいろと準備したのですが、その中でいろいろと考えたところをピックアップしました。 ・航空機の手配 当時は、ルフトハンザが比較的安かった 確か13万くらいだった ので、公式から予約したと思います。 昔は、どうすれば安く行けるのか、あまりわかっていなかったんですよね。 当時の自分に、陸マイラー&修行を教えてあげたい。。。 ・パラドールの手配 スペインに旅行するからにはパラドールに泊まりたい!パラドールとは、イベロジャパンのHPでこのように紹介されています。 パラドール Parador とは、古城や貴族・領主の館、あるいは由緒ある修道院を一流ホテルとして整備したスペイン国営のホテルチェーンです。 芸術品の溢れる豪奢な古城や、歴史ある重厚な修道院で、中世の優雅な王侯貴族気分に浸りつつ、一流シェフの郷土料理に舌鼓を打つ。 そんなパラドールに泊まる旅は、あなたの旅をきっと特別なものにしてくれるはず。 イベロジャパンは「パラドール日本唯一の総代理店」らしいです。 イベロジャパン ここで予約してもいいんですが、正直言ってパラドールって高いんですよ。 もう少し安くならんもんかなと思って、ふと直接予約できないかなと思ってHPを探してみました。 パラドール公式サイト 基本言語はスペイン語ですが、英語も選択できます。 日本語はありません。 私は、会話になると日本語しかできませんが、文章であれば英文なら何とか調べながら読むことができます。 翻訳サイトもありますし。 ・レンタカーの手配 これはみなさんの好みで選べばよいと思うのですが、私は「ヨーロッパカー」で予約しました。 ヨーロッパカーはヨーロッパ大手で自動車の整備もしっかりしているようです。 その分値段も張りますが、初めてのヨーロッパ、安心をお金で買いました。 盗難や故障も心配なので、トラブル時などの保険はMAXで入りました。 この保険加入が、後々役立つことになるとは。。。 ・AVEの予約 スペインの国鉄renfeが運行する、スペイン版の新幹線、AVE。 2ヵ月前から予約可能で、早割があります。 昔は英語で頑張ってましたが、今は日本語のサイトがあるんですね。 もし今後AVEに乗る方がいましたら、事前に予約していくことをお勧めします。 スペインに向けて日本出発 旅行記 さて、ここからが本当の旅行記です。 12月20日 11:00 関西国際空港発 15:30 フランクフルト着 NH6005 ルフトハンザ航空 関空へは羽田から飛んだ記憶があります。 写真は関空からルフトハンザの搭乗した飛行機です。 この写真でどんな機体なのかがわかる方は教えてください笑。 このときは、記事を書くなんて頭の片隅にもなかったので、機内食など機内の様子は全く撮影していません。 フランクフルト空港からフランクフルト中央駅に向かう電車の券売機。 ここだけは切符の買い方を予習しなかったので、どれを買っていいのか全く分からず。 しかもドイツ語が分からない。。。 なんとなくの雰囲気で切符を買いました。 写真はありませんが、検察に来た車掌が、切符を見て困惑した表情に。。。。 おそらく間違えて買ってたんでしょうね。 もしフランクフルトへ行くときは皆さん必ず自動発券機の使い方を調べましょう!と言おうと思ったら、今はデジタルの発券機になってるんですね。 英語表記もされているんで、いきなり自動発券機の前に立っても、何とかなるかもしれません。 写真が少なくて申し訳ないです。 アナログな自動券売機を写真に収めてたのが奇跡です。 切符が買えなくて周辺をウロウロしたんですよね。 これが海外旅行の洗礼かと… 今回はここまでにして、次回はフランクフルトのクリスマスマーケットからバルセロナ散策について書きたいと思います。 関連記事 スペイン旅行記.

次の

旅先の情報のスペイン旅行・ツアー

スペイン旅行

スペインにはどんな街があるの?旅行の際の服装は?あの街にはどんな世界遺産があるの?スペイン旅行がはじめての方からリピーターの方まで、スペイン旅行前には気候や見どころ、レート・・・などスペインの基本情報をチェックして、楽しいスペイン旅行を計画してください! スペインの基本情報 スペイン旅行に行く前にスペインの基本情報をチェックしてください。 バルセロナ スペイン北東部、カタルーニャ地方のバルセロナ州都でスペイン第二の都市、及び同国最大の工業・港湾都市。 ゴシック地区は中世の面影を残す。 ガウディの建築物、ピカソ、ミロ、ダリの各美術館もあり、また、1992年にはオリンピックが開催された。 マドリッド イベリア半島中央部、マンサナーレス川に臨むスペインの首都。 9世紀にムーア人が要塞を築き、11世紀にキリスト教徒により町が建設され、1561年に首都となる。 美術館・博物館が数多く、劇場・公園・教会建築など文化的豊かさが都市全体に感じられる。 コルドバ グアダルキビール川沿いに発展し、穀物、綿花、ぶどう、オリーブ等を主に産出する一方、千年の昔、ヨーロッパきっての都市として栄えた古都としての風格もそなえ持った街。 世界最大級のモスク「メスキータ」を中心とした旧ユダヤ人街周辺は、歴史地区として世界遺産に登録されている。 バス:の情報はメスキータ近くのインフォメーションにて入手可能。 基本的に旧市街の路地は復雑で狭い為、徒歩観光が良い。 タクシーなどもある。 セビリア アンダルシア地方第一の都市で、グアダルキビール川沿いに発展したフラメンコと闘牛と春祭りで有名な街。 またビゼーの「カルメン」、モーツァルトの「ドン・ファン」と「フィガロの結婚」、ロッシーニの「セビリアの理髪師」などのオペラの舞台としても知られている。 1992年にはセビリア万国博も開かれ注目をあびた。 バスは路線は町を網羅しているが、分かりにくい。 観光は、徒歩かタクシーがおすすめ。 ほかに遊覧船や観光馬車もある。 グラナダ ネバタ山脈のふもとに広がる「ベガ」と呼ばれる肥沃な土地に恵まれ、アンダルシア地方の中心地。 約2世紀半の間、アラブの拠点になっていた為、街の名所の一つアルハンブラ宮殿では、いたる所にアラブ様式の芸術を見ることが出来る。 駅、マリアーナ・ピネダ広場、カテドラルのそばにインフォメーションがあり、路線図が手に入る。 見所の集中した旧市街は徒歩で回れる。 国名 スペイン国/スペイン王国 首都 マドリッド 言語 スペイン語、他にバスク語、カタルーニア語、ガリシア語など。 治安 外務省海外安全ホームページ 旅券 残存有効期間は、シェンゲン協定加盟国出国時に3ヶ月以上必要です。 備考:シェンゲン協定加盟国 査証 あらゆる180日間の期間内で他のシェンゲン協定加盟国を含め90日以内の観光は査証不要です。 渡航時に次の書類の持参が必要です。 往復航空券 2. 渡航費用証明書 3. 滞在目的を証明するもの 旅先の情報の気候と服装 春夏秋冬の旅先の情報の気候はどんな感じ? 季節ごとの旅先の情報旅行での服装をご案内します。 10月〜11月(秋) 四季のあるスペインの秋は、日本の気候ととても似ています。 ただし、訪れるエリアによっては、寒暖差がありますので、ジャケットやセーターを準備しておくと安心です。 気候 (気温、降水量) 都市名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 マドリッド 最高 8 10 13 18 21 25 31 30 26 18 12 9 最低 2 2 6 9 13 16 18 17 14 10 6 2 降水量 50 47 41 47 43 30 11 12 34 54 56 52 バルセロナ 最高 13 13 16 18 20 24 28 28 24 22 16 13 最低 6 5 9 11 15 19 21 21 19 14 11 8 降水量 41 36 45 52 56 48 32 51 81 100 53 49 セビリア 最高 15 17 20 23 26 32 36 36 32 26 20 16 最低 6 6 9 11 13 17 20 20 18 14 10 7 降水量 86 83 77 54 36 17 1 5 18 66 80 76 東京 最高 6. 5 8. 4 10. 3 15. 9 20. 7 24. 4 27. 8 28. 9 25. 3 19. 6 14. 8 10. 2 最低 0. 6 1. 6 4. 8 10. 6 15. 1 18. 3 21. 8 22. 2 19. 3 13. 4 7. 5 3. 3 降水量 45 60 99 125 138 185 126 147 180 164 89 46 旅先の情報の世界遺産リスト 旅先の情報の世界遺産をご紹介します。 旅先の情報旅行のハイライトとして人気の世界遺産もあるので、ぜひ旅行前に要チェックです!• 歴史的城壁都市クエンカ 文化遺産• グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区 ・ 文化遺産 1984、1994 ・ 文化遺産 1984、1994 ・ブルゴス大聖堂 文化遺産 1984 ・マドリッドのエル・エスコリアル修道院とその遺跡 文化遺産 1984 ・アルタミラ洞窟と北スペインの旧石器時代の洞窟壁画 文化遺産 1985、2008 ・ 文化遺産 1985 ・オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群 文化遺産 1985、1998 ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) 文化遺産 1985 ・アービラの旧市街と塁壁の外の教会群 文化遺産 1985、2007 ・アラゴン州のムデハル様式建造物 文化遺産 1986、2001 ・古都トレド 文化遺産 1986 ・ガラホナイ国立公園 自然遺産 1986 ・カーセレスの旧市街 文化遺産 1986 ・セビージャの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館 文化遺産 1987 ・サラマンカ旧市街 文化遺産 1988 ・ポブレー修道院 文化遺産 1991 ・メリダの遺跡群 文化遺産 1993 ・サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院 文化遺産 1993 ・サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 文化遺産 1993 ・ドニャーナ国立公園 自然遺産 1994、2005 ・歴史的城壁都市クエンカ 文化遺産 1996 ・バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ 文化遺産 1996 ・ラス・メドゥラス 文化遺産 1997 ・ バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院 文化遺産 1997 ・サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群 文化遺産 1997 ・イベリア半島の地中海入り江のロック・アート 文化遺産 1998 ・アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区 文化遺産 1998 ・イビサ、生物多様性と文化 複合遺産 1999 ・サン・クリストバル・デ・ラ・ラグナ 文化遺産 1999 ・タラゴーナの遺跡群 文化遺産 2000 ・エルチェの椰子園 文化遺産 2000 ・ルーゴのローマの城壁群 文化遺産 2000 ・ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群 文化遺産 2000 ・アタプエルカの古代遺跡 文化遺産 2000 ・アランフェスの文化的景観 文化遺産 2001 ・ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 文化遺産 2003 ・ビスカヤ橋 文化遺産 2006 ・テイデ国立公園 自然遺産 2007 ・トラムンタナ山脈の文化的景観 文化遺産 2011 ・水銀関連遺産:アルマデンとイドリア 文化遺産 2012 ・アンテケラのドルメン遺跡 文化遺産 2016 季節ごとのおすすめ海外旅行をご案内します!• 三ツ星ランク以上の人気ホテルが格安!• 今がお買い得!旬でお得な商品をお届け!• 学生旅行におすすめの海外旅行プランをご紹介。 海外航空券+ホテルがリニューアル!!新規サービスの詳細をチェック!! スペインのおすすめ特集 スペインにおすすめの海外ツアーを探してください!• スペイン・ポルトガル旅行説明会オンライン予約はこちら• スペイン旅行と一緒に見られています• 人気の特集から探す 定番の特集から人気の海外ツアーを見つけてください!• ヨーロッパのおすすめ特集 ヨーロッパのおすすめ海外ツアーを探してください!• 人気のヨーロッパ商品シリーズ• ヨーロッパ情報• 日本旅行のヨーロッパ専門店。 ヨーロッパプラザ・ヨーロッパデスクはこちら 国・エリアから探す 気になる国・エリアの特集はこちら ヨーロッパ• 旅のお役立ち情報 旅行前、旅行後にお役立てください。 旅行の検討• 出発前の準備• その他•

次の