勝間 和 代 増原。 増原裕子の歴代パートナー!東小雪そして勝間和代、世間の反応 | Nomada

勝間和代、恋人・増原裕子さんと2ショットインタビュー|NEWSポストセブン

勝間 和 代 増原

インタビューに答える勝間さんと増原さん 5月中旬のある夜、都内高級住宅地に建つマンションの玄関先。 スポーティーな自転車を操って帰宅したのは経済評論家の勝間和代さん(49才)。 早大大学院でMBAを取得し、世界一のコンサル会社マッキンゼー勤務など華々しいキャリアを誇る彼女は、大学生の時に出産した長女をはじめとする3人の娘の母親であり、2度の結婚・離婚も経験している。 「カリスマワーキングマザー」として、時代をリードしてきた存在だ。 200平方メートルを超える広々とした自宅で、この春まで、勝間さんは三女(19才)と2人で暮らしていた。 だがこの夜は、勝間さんの帰宅後に、もう1人の美女がこの家に帰ってきた。 彼女の名前は増原裕子さん(40才)。 彼女はレズビアンであることを公表し、2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(33才)と東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げた。 2015年に東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ証明書」の交付を始めた際、その第1号となった女性である。 勝間さんと増原さんの同棲を知った女性セブンは、ふたりに話を聞きたいと接触し、インタビューする機会を得た。 取材当日の朝、勝間さんは自身のブログで「プライベートな報告」として増原さんとの同性愛を告白し、瞬く間にネット上で大きな反響を呼んだ。 取材会場は勝間さんが経営するキッチンスタジオ。 記者の前に並んで座ったふたりの表情はどこか吹っ切れたような爽やかな笑顔だった。

次の

増原裕子は美人で経歴がすごい!出身高校と大学はどこ?離婚と子供について!

勝間 和 代 増原

Contents• facebook. com) 勝間和代さんには過去に二度の結婚歴を持っていて 3 人の子供 娘 がいます。 最初の夫は大学時代に付き合って出来婚した相手です。 慶應義塾大学出身の勝間和代さんに対して、元旦那は東京大学を中退したそうです。 離婚の理由は「旦那が黙って貯金を使い果たした」からといわれています。 二度目の結婚は一年ぐらいで離婚しています。 3 人の子供の父親は最初の夫です。 勝間和代さんは今回、両性愛者である事をカミングアウトする上で、家族にも相談したそうです。 3 人の娘さんに相談した上で、最終的に母親の勝間和代さんが笑顔で幸せでいるならば、それがいいと賛成してくれたそうです。 心無い言葉をかける人がいない事を願うばかりですね。 勝間和代の娘の名前は『文香』?大学を調査! 2度の結婚歴がある勝間和代さんには、文香さんという名前の娘がいるようですが、真相は謎のままです。 勝間和代さんの生年月日は1968年の12月14日ですから、今年で50歳です。 学生結婚して21歳の時に産んだので 2018 年現在、長女28歳次女23歳三女18歳となりますね。 長女 文香さん? は大学生ではなさそうな年齢ですが、あとの二人は大学に通っている可能性ありですね。 長女 文香さん? のブログは残念ながら、今は閉鎖されて見れませんが、自分の心の闇や家庭について書いていたそうです。 どうも、勝間和代さんと長女 文香さん? との折り合いが悪いようです。 長女 文香さん? のブログには勝間さんに対する嫌悪感があふれる文面が綴られていたようです。 「お母さんと下の妹と近所の神社に初詣に行った。 母さんが肩に触れてきたのを、なんとなく身をよじったら、お母さんに泣かれた。 」しかも、このことを記者に言われた勝間和代さんは、号泣したようです。 長女 文香さん? は、ブログを書いたあと母親の元を離れ、一人暮らしを始めますが、 3 か月ほどして父親の元に身を寄せています。 最初の旦那さんとの結婚生活は旦那さんがお金を勝手に使い込んでしまい、離婚したと勝間さんはテレビでも答えていますが、これは実際のところの理由は、二人にしかわからないですよね。 かなり前に勝間さんの長女のブログが、女性週刊誌に引用されて、その心の闇や崩壊した家庭についていろいろと言われていました。 ブログは現在閉鎖されていますが、著名な母親を持ったために、かまわれずに育てられ心に大きな傷ができてしまっているようですね。 勝間さんは現在は三人の娘さんのうち一番下の娘さん生活と一緒に生活しているそうです。 yahoo. jp) さて、禁断の ? 愛お相手の増原裕子さんは、「株式会社トロワ・クルール」の代表取締役です。 LGBT に関する情報を発信する企業の代表である増原さん自身も LGBT であり、過去には元タカラジェンヌの東小雪さんと事実上の婚姻関係にありました。 お奇麗な方ですね。 同性同士の結婚が認められていない日本ですが、増原裕子さんと東小雪さんは渋谷でパートナーシップ証明書の第 1 号となり、同性婚の可能性について大きな話題を提供しました。 現在の東さんとはビジネスパートナーという関係を続ける増原さんですが、新たなパートナーの存在が発覚したのが、勝間さんという訳です。 同性愛であれ異性愛であれ、途切れない人は途切れないのですね~勝間和代さんと増原裕子さんの馴れ初めやきっかけについては、友人がフェイスブックにあげた写真に、増原さんが写っているのを見つけ、勝間和代さんはこの人知ってる、高校の後輩だよ、と何の気なしに書き込みその友人のつてで、勝間さんは増原さんと知り合いになったそうです。 偶然ですよね。 『LGBT』の由来は? LGBTというのは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字が組み合わさった用語で、性的マイノリティーを指します。 近年は世界中でLGBTの権利を求めたり、多様性を受け入れようとする動きが広がっていす。 世界に目を向けますと、イギリスのミュージシャンのエルトン・ジョンさんは、2014年に男性映画監督と結婚しました。 ハリウッド女優のジョディ・フォスターさんも、2014年に女性写真家と入籍しています。 一方日本では、2015年11月に渋谷区と世田谷区で同性パートナーシップ制度が始まり、三重県伊賀市や北海道札幌市、沖縄県那覇市などにも拡大して、現在では全国で130組を超えるカップルがパートナーとなっています。 そして日本人のLGBTの割合は約8%、13人に1人とされています。 決して少ない訳ではないのですね。 勝間和代と増原裕子は高校の先輩後輩 増原さんにとって勝間さんは、働き方について学んできた尊敬の対象。 勝間さんの著書なども読んでるそうです。 元パートナーの東さんと一緒に勝間さんの家の食事会に招待され、勝間さんが運営のサロン「勝間塾」にも参加するようになったそうです。 実は、2度の結婚歴のある勝間さんにとっては、興味はあったもののほとんど知らなかった LGBT の世界。 増原さんに誘われ、日本最大の LGBT イベント「東京レインボープライド」の見学をいっしょにしました。 「東京レインボープライド」は、 LGBT のその存在を理解し支え合う仲間たちが集う祭典で、渋谷の街を行進するパレードにも参加し、2度の結婚歴ある勝馬さん、多様性の素晴らしさを訴える列に加わったそうです。 「綺麗な女性だと思っていた」隣にいた世田谷区議の上川あやさんから「もともとは男性だった」と言われて驚いたり、実際パレードに参加した勝間さんは「日本も随分変わったと、驚きました。 開放的で、みんな、楽しそうで」と、コメントしてました。 勝間さんは、最初は、 LGBT に興味があることを隠さないといけない、と思っていた思いが増原さんに出会った事で、少しづつ変わっていったそうです。 そして、勝間塾でも LGBT に関するセミナーを開くと、メンバーの中から「実は私も」とカミングアウトする人が出てきたりしました。 勝間さんはついに増原さんに自分の気持ちを打ち明けたそうです。 そして 2 人は一緒に暮らし始め、家事の分担をしているそうです。 LGBTへの家族の理解は? 増原さんと一緒に暮らし始める際、同居中の三女には話さないと物理的にも一緒に住めず、ほかの2人娘たちも度々家に来るので、伝えないという選択肢はなかったと、勝間さんは話しています。 勝間さんは家族に受け入れられた訳ですが、LGBTにとってそれは簡単なことではありません。 博報堂DYグループである「LGBT総合研究所」の2017年2月の調査によりますと、仕事や生活に支障がないのならばLGBTをカミングアウトしたいと考える人は41. 5%いるのに対し、家族に打ち明けられた人は約10%しかいないという結果があります。 友人へのカミングアウト(13%)より少ないことを考えると、「家族の理解」はハードルが高いといえますね。 今後のLGBTを考える課題の1つとなりそうです。 2019年に破局 増原裕子さんは2019年11月11日、自身のSNS上で勝間和代さんとのパートナーシップを解消したことを報告しました。 そこでは『原因は自分にある事』『夏の選挙後に別の人と生きていきたいと思うようになった事』から、勝間さんに別れを切り出したとコメントてしいます。 その上で『大切な相手を傷つけてしまった』『添い遂げられなかったのは私の未熟さ』と綴りました。 増原さんは2019年7月の参院選に立憲民主党京都選挙区から立候補しましたが、落選しています。 com) 勝間和代さんは1968 年東京生まれ、経済評論家・公認会計士です。 早稲田大学ファイナンス MBA 、慶応大学商学部を卒業、現在早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。 当時としては最年少の 19 歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。 アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、 JP モルガンを経て独立します。 内閣府男女共同参画会議議員であり、。 ウォール・ストリート・ジャーナルの「世界の最も注目すべき女性 50 人」に選ばれました。 エイボン女性大賞を史上最年少で受賞、第一回ベストマザー賞(経済部門)を受賞しています。 2度の結婚歴を凌駕するほどの、すごい経歴です!テレビでの歯切れのいい説明もうなずけますよね。 勝間和代と断捨離・節約術、発達障害 ADHD の関係は? 勝間和代さんは、毎日2、3時間断捨離して家の中を綺麗に保っているそうです。 また、電気代の節約に『冷風扇』がオススメだそうで、クーラーと違い自分の場所だけを冷やすので、電気代が1ヶ月300円程度、本体の値段もエアコンの10分の1らしいです! また勝間和代さんは、自分がADHDであることを告白しています。 とにかく忘れ物がひどいそうで、家の鍵や財布、保険証もなくします。 同窓会の打ち合わせを忘れていて、友人たちから鬼メールが届いたり、予約したネイルに行くことさえ忘れたりしてしまうそう。 しかしこういった事は、自分の障害をうまく受け入れ、事前に対処するなどの工夫で、乗り越えていっているようです。

次の

勝間和代の子供(娘)の大学はどこ?エリートで超頭がいいから現在の職業が気になる!

勝間 和 代 増原

増原裕子と勝間和代が破局!理由は? 増原さんと勝間さんの破局(パートナーシップ解消)について「スポーツ報知」は次のように報じています。 勝間さんは 「 増原裕子さんとのパートナーシップを解消しました。 本当に悲しいです。 」 とのタイトルで記事をアップし、 「悲しいお知らせです。 11月6日の夜、 ひろこさんから 好きな人が他にできたので、 その人と付き合いたいので、 私とのパートナーシップを解消したいという申し出を受け、 悩みましたが、 修復は不可能と考え、 その申し出を受諾することにしました」 と増原さんとの別れを報告。 「本当に悲しいです。 まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、 別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません」 と吐露した。 (2019年11月11日配信) 上記の通り、破局の理由は 「他に好きな人ができたから」でした。 そのため、勝間さんは現在でも増原さんに好意はあるようです。 しかし、彼女の気持ちは既に自分から離れてしまっているため、勝間さんは破局という苦渋の決断を下したのです。 世間の反応 結局、お相手の方は、 一人の人と添い遂げることが難しい方なのかもしれませんね…。 勝間さんも二度の離婚を経験されてるわけで…。 男性とだったから続かなかったのかは分からないけど…。 気持ちは時間と共に変化するので、 本人さんがおっしゃるように、 前を向いていれば必ずまた幸せを掴めると思います。 増原さんは、選挙のために勝間さんを利用したかっただけなんでしょうね。 前の方とも同性婚で話題になって、すぐに破局。 お美しいのでニーズがあるのでしょうが、 パパ活でくってる女子大生と変わらないメンタルかと。 勝間さんには、 もっとふさわしい方とつきあってほしいな。 男でも、女でも。 二度も離婚して三人もお子さんがいて、 同性の方とパートナーシップを結び、 しかも有名でとにかく何でもありですごいなと思ってたのに、残念ですね。 法的な縛りがないというのも関係解消を楽にしてるのかもな…。 LGBT否定派ではないですが、 パートナーっていう制度、結婚と近しいものだと思ってたんだけど実際もっと軽い感覚なのかな。 結構解消してる人よくいるよね。 世の中離婚も普通の話だから至って普通なのかもしれないけどさ。 2人の馴れ初めは? 増原さんと勝間さんは同じ「慶應義塾女子高校」を卒業しており、 後輩・ 先輩の関係でした。 当時、全く面識がなかった2人でしたが、勝間さんが高校時代の同窓会に出席したこと増原さんの存在を知ることになります。 9つ年上の勝間さんは2015年末の同窓会で、 高校時代の恩師から 「後輩に渋谷区の同性パートナー第1号になった女性がいる」 と聞いていた。 その直後、 友人がフェイスブックに増原さんの写真をアップしているのを見た。 「それまで渋谷区のパートナーシップ条例のことも、 ディズニーで同性結婚式を挙げたことも知りませんでした。 しばらくは友人の関係が続いていた2人でしたが、 2017年12月に 大きな転機が訪れます。 それが増原さんの 離婚(パートナーシップ解消)です。 当時、増原さんは 東 小雪さんと婚姻関係にありましたが、それが解消されたのです。 それがきっかけで2人の心境に変化が生じ、交際をスタートさせることになりました。 「私は結婚していたので、 それ以前に恋愛感情を持つことはありませんでした。 東小雪と結婚式を挙げるも離婚!その理由とは? 増原さんと勝間さんとは2018年に交際をスタートさせました。 その女性というのが、元タカラジェンヌの 東 小雪さんです。 2人は6年間の交際を経て 2013年に結婚式を挙げ、 2015年には渋谷区で 「パートナーシップ証明書」を取得。 結婚式の画像がこちらです。 同性同士の結婚式は海外でも注目を集め、世界的規模で大きな支持を得ました。 しかし、2人は 2017年にパートナーシップを解消し、離婚しています。 一体、離婚の理由(原因)は何だったのでしょうか? そこで、離婚原因について調べたところ、 「価値観の違い」であることが判明したのです。 それぞれの活動や仕事が増えていく中で、 時間のすれ違いが生じてきて、 また 価値観の違いから、 ふうふとして見たい将来にも少しずつすれ違いが生じるようになりました。 その中でふたりの関係性に変化が生じ、 現在、私たちはふうふとしてパートナーシップを継続することは難しいけれど、 お互いを人生の中で得た大切な存在として、親友として、大切に思い、尊重しあえる関係でおります。 子供の妊娠は? 2019年11月現在、増原さんに 子供はいません。 過去に妊娠・出産も公表されていないため、 母親の経験はないようです。 ただ、東さんと結婚していた頃は 子供を望んでいました。 その際、2人が選択したのが 「知り合いの男性にドナーを依頼する」という方法です。 この男性も同性愛者であり、男性のパートナーがいました。 実は、この男性は自分が同性愛者であることを両親に打ち明けていませんでした。 そして、その問題を両親にカミングアウトしたところ、 家族全員を巻き込む事態となってしまったのです。 その結果、 ドナー提供の計画は頓挫してしまい、子供を授かることはありませんでした。

次の