季節 の 挨拶。 季節のあいさつ文

「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文!月別も紹介

季節 の 挨拶

梅雨の季節の挨拶文 走り梅雨 梅雨の走り、迎え梅雨 の季語文• 走り梅雨に漏れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。 今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気の日が続いております。 入梅を間近にひかえ、落ち着かないお天気が続いています。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り 入梅 の季語挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いております。 梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです。 ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いております。 入梅の報に気を曇らせる今日この頃、選択物が乾かない季節ですね。 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです。 梅雨の中休み 梅雨晴れ、梅雨の晴れ間 の季語挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の気配です。 梅雨も中休みとなったのか、今朝はさわやかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 梅雨も今日は中休みとか、久しぶりのお日様の陽射しが眩しいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、ひさしぶりの青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨 から梅雨、雨が少ない の季語挨拶文• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせるような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。 今年は空梅雨になるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 梅雨明け 出梅 前の季語挨拶文• 待ちに待った梅雨明けも、もうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。 梅雨明けも間近となり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨が明けたかな、と思うとまた雨。 もうたくさんですね。 お元気ですか。 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け 出梅 後の季語挨拶文• 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 梅雨明けの候、七夕飾りの商店街がにぎやかになってまいりました。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 梅雨も明け、海や山の恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが心配です。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 長雨 雨続き の季語挨拶文• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますが、お元気でしょうか。 連日の雨ですっかり気が滅入っているこのごろです。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお身体にはお気をつけください。 長雨が続き肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 長雨が続き、肌寒いような日もございますが、お元気ですか。 長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 雨また雨の毎日で、心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨寒 梅雨冷え の季語挨拶文• こちらでは、このところ梅雨冷えの日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調をくずされてはいませんか。 お元気でしょうか。 思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してまいりました。 梅雨の季節の結びの言葉• もうすぐ梅雨がやってまいります。 どうかご自愛専一に。 梅雨入りも間近ですが、お健やかな日々をお過ごしください。 梅雨も間近となっていますので、どうかおからだをおいといください。 思わぬ梅雨寒に、お風邪など召されませんように。 梅雨明けを心待ちにする毎日、どうかお元気でお過ごしください。 梅雨晴れの青空を期待しつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。 この梅雨を無事に乗り越えられますようお祈りいたしております。 こっちもCHECK!! 新年のご挨拶(目標記載)... 年始の挨拶メール... 年末年始の営業日を下記のとおりご案内申し上げます。... 季節の挨拶文1月のうち、主に1月の上旬に使用されるものの文例・例文集です。... 11月・霜月の結びの挨拶... 結びの挨拶(12月・師走)... ・年末でお忙しい毎日とは存じますが、どうか、ご自愛下さいますようお願い申し上げます。... ・いよいよ冬が近付いて参りした。 お身体ご自愛下さい。... ・秋冷、日増しに加わります。 よろしくご自愛のほどをお願い申し上げます。... ・年内も残り少なになって参りました。 この一年はどんな年だったでしょうか。... ・そぞろに冷たい日が続いておりますが、時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。... 新涼のみぎり、いよいよご多忙のことと存じます。... 敬老会が地域の方々のご尽力とこのように多くの皆さまのご参加により、盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上... 皆様にお集まりいただき、恒例の敬老の日の集いを開催できますことは、私ども一同喜ばしい限りです。... 7月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 11月の礼状の前文 結びの挨拶 書き方例文... 10月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 9月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 8月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 平成24年度 町内会納涼盆踊り大会の開催にあたり大勢の方々の御協力と、過分なる御芳志を賜り誠に有難うございまし... 今夕は蒸し暑い中をようこそおいで下さいました。 結びの挨拶。 残暑厳しきおり、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたします。... 残暑厳しき折ですが、皆様にはお元気にお過ごしのことと存じます。... 残暑ひときわ厳しく、体力維持に昼寝が欠かせない毎日です。... お盆休みを故郷で迎えるのが楽しみなころとなりました。... つきましては、ささやかではございますが謝意を表したく、にて別便お中元の粗品をお送りいたしましたので、ご笑納く... さて、本日お中元のおしるしまでに、別便にて心ばかりの品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸いです。... お中元を送る時期に役に立ちそうな、時候の挨拶(季節を表わす言葉)をご紹介します。... 5月(皐月)の書き出しの文例 「~の候」「~の折」「~のみぎり」をつけて使います 新緑 若葉 薫風 暮春 惜春 初夏...

次の

時候の挨拶8月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

季節 の 挨拶

この頃から本格的に暑くなるとされる。 大暑(たいしょ)…二十四節気のひとつ。 この頃が一年のうちで最も暑い時期とされる。 ・旧暦では 新暦2020年の7月1日は…旧暦では5月11日頃となる。 新暦2020年の8月19日が、旧暦では7月1日 新暦2021年の7月1日は…旧暦では5月22日頃となる。 新暦2021年の8月8日が、旧暦では7月1日 新暦2022年の7月1日は…旧暦では5月11日頃となる。 それでは7月1日から7月7日(小暑)までの間を表す季節の言葉は? (なお、手紙などでは先方に届くまでの日程をふまえ、「小暑」を数日前倒しで使っても構わないとされます。 手紙などでは 「小暑を控え、これから最も暑い時期となります」 「もうすぐ小暑 一年で最も暑い時期へと突入します」などのように間もなく訪れる小暑に触れるほか、 「もうすぐ七夕 子どもたちが飾りを作り始めました」などと7月7日の七夕の行事に触れたり、 「富士山も山開きの頃となりました」のように代表的な山である富士山を取り上げるのも良いでしょう。 富士山の山開きは7月1日(もしくは10日)です。 [7月上旬、中旬、下旬] [個人あての例文] ・拝啓 盛夏の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・猛暑 ・酷暑 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・梅雨が明けてから用いられることが多い言葉です。 連日猛暑日が続く夏などに使うのが相応しいでしょう。 [7月上旬、中旬、下旬] [個人あての例文] ・拝啓 猛暑の候 いかがお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・拝啓猛暑の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 ・七夕 ・天の川 ・星祭り 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・7月7日頃に用います [7月上旬] [個人あての例文] ・天の川が美しい季節となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 ・七夕飾りが雨に濡れてさびしそうです。 お元気でいらっしゃいますでしょうか。 ・七夕の飾りが風に揺れて嬉しそうです。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・星祭の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 7月に使う時候の挨拶(つづき) 7月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・小暑 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・7月7日頃をさします。 小暑は、二十四節気のひとつ。 この日から暑さが本格的になることを意味します。 [7月初旬の文例] [個人あて文例] ・拝啓 小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところです。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・拝啓 小暑の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・大暑 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・7月23日頃をさします。 大暑は、二十四節気のひとつ。 この頃が一年で最も暑い時期とされます。 [7月下旬の文例] [個人あて文例] ・拝啓 大暑の候 いかがお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・大暑の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 7月に使う時候の挨拶(つづき) 七月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・朝顔市 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・入谷の朝顔市は毎年7月6日から3日間です。 [7月上旬の文例] [個人あて文例] ・懐かしい朝顔市の季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・ほおずき市 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・浅草のほおずき市は毎年7月10日頃です。 [7月中旬の文例] [個人あて文例] ・懐かしいほおずき市の季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 手紙などでは 「大暑過ぎの猛暑が続いています」 「大暑を過ぎ、子供たちも連日真っ黒になって泳いでいます」などのように過ぎたばかりの大暑に触れるほか、 「文月も残りわずか。 子どもたちも夏休みに突入です」文月は旧暦の7月を表しますです。 「7月も残りわずか。 各地でひまわりが開花しはじめました。 」のように夏を代表する花であるひまわりを取り上げるのも良いでしょう。 (ひまわりの開花時期は地域によって異なります。 ちなみに七夕は時候の挨拶としては新暦の7月の手紙に使うことができますが、季語として使う場合の七夕は「秋」の季語です(旧暦の七夕は新暦の8月にあたるため)。 ・季語とは、俳句の中で、その季節を表わすことばとして用いられるものをさします。 俳句を作る際には、必ずもり込むこととされています。 季題と呼ばれることもあります。 ・季語は1つの俳句に1つだけしか用いません。 季語を2つ以上用いることを、季語を重ねる、季重ね、季語重ねなどと言います。 ・季語をもりこまない俳句のことを、無季俳句と呼びます。 また、川柳のように、世相を風刺的に表わしたり批評したりするものには、季語は不要とされています。 連歌や俳諧でも季の詞(きのことば)、四季の詞という形で用いられることばがあります。 季語の一部を下記に紹介します。 (新暦と旧暦とがありますので、夏と秋の季語の一部を掲載します) なお季語については、別ページでもっと詳しく紹介しています 分類 夏の季語の例 (夏の季語ですが、7月以外の季語も含まれているため注意して使って下さい) 時候 立夏、小暑、晩夏、夏の夕、秋近し、土用、卯月、入梅、梅雨寒、梅雨明け、半夏生、夏の宵、麦の秋、など 天文 五月雲、風薫る、土用東風、夏の雲、梅雨空、朝凪、炎天、日陰、南風、逃げ水、遠雷、白南風(しらはえ)、虹、梅雨、など 地理 山滴る、夏野、赤富士、植田、土用波、清水、五月山、夏の海、青田、卯月野、など 人事 行水、鯉のぼり、衣替え、花火、日傘、風鈴、吹き流し、虫干し、菖蒲湯、暑中見舞い、林間学校、浴衣、水玉 、蜜柑水、麦刈り、金魚鉢、夏帽子、団扇、サンダル、帰省、など 行事 母の日、葵祭、夏場所、子どもの日、武者人形、山開き、川開き、富士詣、など 忌日 桜桃忌、晶子忌、朔太郎忌、扶美子忌、鴎外忌、など 動物 初鰹、ほととぎす、金魚、かぶと虫、鮎、うなぎ、蝉(せみ)、雨蛙、ががんぼ、蛍、蝸牛(かたつむり)、蟻、など 植物 青葉、若葉、若竹、夏草、朝顔、向日葵、葉桜、菖蒲、若葉、早苗、あやめ、百合、牡丹、筍、など 食物 夏大根、ビール、氷水、ラムネ、鮎、鰹、さくらんぼ、土用鰻、トマト、など 分類 秋の季語の例 (秋の季語ですが、7月以外の季語も含まれているため注意して使って下さい) 時候 初秋、仲秋、秋深し、秋の夜、白露、長月、行く秋、文月、稲刈時、残暑、秋惜しむ、晩秋、秋の暮、秋の夜、など 天文 菊日和、秋時雨、星月夜、流星、稲妻、十六夜、鰯雲(いわしぐも)、秋雨、秋時雨、天高し、天の川、名月、秋風、など 地理 山粧う、秋の野、野山の錦、不知火、枯野の色、秋の田、刈田、秋の川、盆波、秋出水、落し水、秋の浜、など 人事 秋の服、灯火親しむ、秋の宿、秋団扇、菊枕、菊人形、夜なべ、月見、紅葉狩、芋煮会、牽牛、織女、稲刈、など 行事 風の盆、おくんち、赤い羽、時代祭、万聖節、敬老の日、運動会、盆踊り、墓参り、七夕、十五夜、、迎え火、秋彼岸、など 忌日 乃木祭、道元忌、太閤忌、広重忌、芭蕉忌、紅葉忌、など 動物 雁、蛇穴に入る、蜻蛉(とんぼ)、白鳥渡る、百舌、鹿、猪、落鮎、秋刀魚、太刀魚、初鮭、秋鯖、など 植物 紅葉、落葉、彼岸花、桔梗、コスモス、鶏頭、菊、栗、萩、芋、彼岸花、など 食物 山葡萄、里芋、秋茄子、柚子味噌、松茸飯、林檎、薩摩芋、西瓜、とうもろこし、柿、など.

次の

7月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!

季節 の 挨拶

時候の挨拶とは、 「拝啓」などの頭語の後に続く言葉で、 漢語調のもの 「例文:早春の候、早春のみぎり」と、 口語調のもの 「例文:桜がきれいな季節になりました」 とがあります。 お礼状を出す相手に応じて、 使い分けるとよいでしょう。 例文では「候」で統一させていただきます。 それでは、 以下に代表的な時候のあいさつ 季節の挨拶文 の 例文をご紹介しますので、参考にしていただければと思います。 1月の時候のあいさつ 季節の挨拶文 の例文 【漢語調:例文】 小寒の候・厳寒の候・甚寒の候 正月の候・極寒の候・新春の候 芳春の候・酷寒の候・初春の候 厳寒の候・降雪の候・孟春の候 大寒の候・寒風の候・酷寒の候 厳冬の候・謹賀新年の候 【口語調:例文】 ・寒中とはいいながら、暖かい日の続くこのごろです。 ・厳しい冷え込みが体にこたえる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。 ・寒さひとしおのこのごろ、春の訪れを待ちわびております。 ・厳しい寒波が到来していますが、ご無事にお暮らしでしょうか。 ・寒さにわかに厳しく、暖かい部屋から出るのがおっくうでなりません。 ・空気の乾いた日が続いていますが、お風邪などは召していませんか。 ・しだいに頼もしさを増す日差しに春の訪れを感じております。 ・寒さの中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。 ・寒さもさすがに和らぎ、どことなく春の気配が漂う今日このごろです。 ・春が後戻りをしたかのように、厳しい寒さがぶり返しております。 ・寒かったり暖かかったりの毎日ですが、お元気にお過ごしのことと存じます。 ・日差しのうららかさに春の到来の喜びを感じております。 ・寒さもさすがにゆるみ、ようやく過ごしやすい季節となりました。 ・暑さ寒さも彼岸までと申すとおり、ここのところすっかり暖かくなりました。 ・今年も桜前線の北上が話題にのぼる時節がやってまいりました。 ・思わぬ寒さに見舞われ、咲き誇っていた花々も驚いているに違いありません。 ・咲き始めたばかりの桜に無情の雨が降り注いでおります。 ・花曇の日が続いていますが、ご壮健にお過ごしのことと存じます。 ・ゴールデンウィークを目の前に気もそぞろなる昨今、いかがお過ごしですか。 ・新入社員の若い熱気に日々刺激を受けているこのごろです。 ・晴れ渡った青空に鯉のぼりが鮮やかにひるがえっています。 ・万葉の候、自然の美しさを改めて感じているこのごろです。 ・陽光を受けた新緑が美しいきらめきを見せる季節です。 ・街行く人々の装いがいつの間にか軽やかになっています。 ・青葉目にしみる候、気分爽快の毎日を送られていることと存じます。 ・梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 ・入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 ・長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 ・水の張られた田んぼに若苗が整然と並ぶ季節となりました。 ・吹く風にもいよいよな夏めいた気配を感じるころとなりました。 ・街行く人に日焼けした肌が目立つ夏真っ盛りの候となりました。 ・炎暑の日が続き、いささかバテ気味の毎日です。 ・酷暑の候、日盛りには外出がためらわれてしまうこのごろです。 ・炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 ・熱帯夜続きで熟睡ができずにまいっている昨今です。 ・盛夏の時節ですが、台風の到来以来、今ひとつはっきりしない天候が続いています。 ・しのぎがたい暑さの続く毎日、ひたすら秋の涼しさが待ち望まれます。 ・はや涼しさを感じるこのごろ、今年の夏はどうやら短くて終わりそうです。 ・朝夕は少しは涼しくなったものの、日中の日差しはいぜん強烈です。 ・立秋とは名ばかりで、相変わらず暑さが身にこたえております。 ・海の家も閉鎖され、夏場のにぎわいが嘘のように、静かな浜辺を眺めています。 ・先週は子供の運動会がありまして、応援や父兄のパン食い競争に奮闘いたしました。 ・スポーツの秋に誘われて、フィットネスクラブの会員になりました。 ・夏の夜の寝苦しさから解放され、気持ちよく眠りにつける季節を迎えました。 ・日が沈みますと、待っていたかのように虫たちの声が聞こえてまいります。 ・朝夕だけでなく、日中も一枚はおりたくなる気候となりました。 ・ぽかぽかと小春日和の続くこのごろ、つい居眠りがでます。 ・寒さが次第につのり、そろそろ紅葉の季節を迎えます。 ・スポーツの秋、小学校の校庭からは運動会の練習の声が聞こえてまいります。 ・秋の月にうっとりと見とれ、虫の音を聞きながら秋の夜の風情を楽しんでおります。 ・暦の上では冬を迎え、さすがに吹く風の冷たさも鋭さを増しております。 ・紅葉が散りつもり、木々の根本はまるで綿のじゅうたんを敷いたようです。 ・台風がわずかに残った紅葉を吹き飛ばし、すっかり冬木立になりました。 ・はや向寒の候となり、日脚もずいぶん短くなってまいりました。 ・今日は七五三の日、近くの神社ではかわいい晴れ姿がはしゃいでいました。 ・今年は暖冬ということで、年の瀬とは思えない暖かい日が続いております。 ・冬来たりなば春遠からじと申しますが、このところの寒さはひとしおでございます。 ・冬も半ばにかかり、寒ブリの美味しい季節を迎えております。 ・鉢植えのポインセチアが美しい紅色を見せるころとなりました。 ・壁に掛けたカレンダーも最後の一枚となり、何か心急ぐ気分です。 ・梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開きました。 ・梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 ・今年は空梅雨で晴天が続いており、今は嬉しい限りですが、夏場の水不足が心配です。 ・うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番です。 ・梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。

次の