デイズ ルークス 中古 車。 日産 デイズルークス 価格・車種カタログ情報

【みつかる!29台】デイズルークス ボレロ(日産)

デイズ ルークス 中古 車

139台 172台• 青森県 0台• 14台• 35台• 16台• 71台• 36台 106台• 30台• 16台• 23台• 12台• 22台 731台• 141台• 132台• 159台• 101台• 75台• 53台• 70台 278台• 117台• 39台• 23台• 99台 329台• 122台• 81台• 51台• 43台• 12台• 20台 170台• 16台• 39台• 21台• 39台• 55台 97台• 19台• 16台• 46台• 16台 381台• 166台• 63台• 23台• 39台• 30台• 42台• 9台 モデル特徴 小回りが効き、日常の生活で便利な軽自動車。 デイズルークスは、軽自動車の小さなボディに大きな理想を詰め込んだ「かしこい」軽自動車です。 デイズルークスには、軽自動車で初めてアラウンドビューモニターが標準装備されています。 アラウンドビューモニターを利用すれば、車とその周囲を真上から見下ろしたような映像をルームミラーに表示することができます。 上から、後ろ、前、横と4つの視点を切り替えることができるので、難しい縦列駐車も簡単に行うことができます。 危険防止としては、インテリジェントエマージェンシーブレーキ機能もあります。 急ブレーキによってABS(アンチロックブレーキシステム)が作動するとハザードランプが自動的に高速点滅するので、後続車から追突される危険性も低くなります。 踏み間違いによる急発進を抑制する踏み間違い衝突防止アシストも搭載されているので、予期せぬ危険を回避しやすくなっています。 日常にふと訪れる危険な瞬間を回避できるデイズルークスは、女性におすすめの軽自動車です。 おすすめポイント デイズルークスは、ハイトワゴン軽クラスでトップレベルの室内高を誇ります。 その高さは1400mmと、子どもが立って着替えができるほど。 高さのある荷物も載せることができるので、買い物やレジャーなどさまざまなシーンで活躍します。 後部座席は前後に260mm移動できるロングスライドシートになっているので、車内空間をフルに活用することができます。 また、軽自動車で初となる「ナノイー」発生装置を搭載。 車内の空気をきれいに保つことができるので、子どもとのおでかけも安心です。 フロントガラスやフロントドア・フロントクォーターガラスにはスーパーUVカット断熱機能をつけることができ、さらに後部座席のドアにはサンシェードが搭載されているので、真夏の日焼け対策もばっちりです。

次の

デイズルークス(日産)の中古車一覧(全国)

デイズ ルークス 中古 車

スーパーハイトワゴンが主流になったことが最大の理由 突然ですが、2019年度の軽自動車セールスランキングのトップ3はなんでしょうか? トップが2019年度で25万台近くを売った「ホンダ N-BOX」なのはご想像通りとして、2位は「ダイハツ タント」(17万台強)、3位は「スズキ スペーシア」(約16万台)。 つまり、トップ3が全高1700mm以上で後席スライドドアの「スーパーハイトワゴン」となっています。 ここが軽自動車のメインストリームというわけ。 2020年3月にフルモデルチェンジ(FMC)した日産の軽自動車「ルークス」もスーパーハイトワゴン。 FMC前は「デイズルークス」という名前で、ハイトワゴン「デイズ」のバリエーションとして、スーパーハイトワゴンの「デイズルークス」が存在するという位置づけでした。 もちろんボディはまったくの別物でしたが。 では、なぜ今回「デイズルークス」から「ルークス」に変わったのでしょうか。 日産自動車の日本マーケティング本部マーケティングマネージャーの島村良子氏に訊ねてみました。 「旧モデルを開発していた段階では軽自動車マーケットのボリュームとしてハイトワゴンが主流でした。 そのため『デイズ』という名前を使いましたが、いまは市場環境が大きく変わり、スーパーハイトワゴンが中心となっています。 そこで、『ルークス』の名前をたてて、日産のスーパーハイトワゴンをしっかり覚えていただきたいと考えたのです」。 日産の軽自動車マーケットにおけるシェアは11. 1%(2019年度)に達し、ある程度の存在感を示しています。 さらに、軽自動車マーケットの主流がスーパーハイトワゴンにシフトしたことで、スーパーハイトワゴンモデルを独立した「ルークス」としてブランディングをすることがベストと判断したということでしょう。 名前の通り広さを意識したパッケージング ちなみに、日産の軽自動車の歴史を振り返ると、2000年代はすべてOEM。 独自に開発から関わったのは、2013年に誕生した先代デイズからです。 そして、デイズルークス以前にはスズキ(パレット)からOEM供給を受けたモデルに「ルークス」の名前をつけて販売していたこともありました。 今回FMCしたモデルは独立した「ルークス」としては二代目にあたるモデルだったりするのです。 また、空調効果を高めるサーキュレーターの設定は先代ルークスにもありましたが、新型モデルでは天井にユニットを埋め込むことで視覚的な広さ感にもつなげています。 エンジンやプラットフォームといった基本アーキテクチャーが共通なのをのぞけば、デイズとの共用部品はエアコンパネルなどごくわずかな範囲というのも、日産がルークスを独立したモデルとして考えているという証かもしれません。 文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト).

次の

デイズルークス HW G ターボ 中古車詳細|トヨタ公式中古車サイト

デイズ ルークス 中古 車

モデル概要 軽自動車ながら広い室内空間を持ち、家族で出かける際はもちろん、大きな荷物を積み込むのにも便利な一台。 1,400mmの天井高があるため、子どもが車内で立ち上がることもできる。 リアシートは左右それぞれ前後にスライドすることができ、電動スライドドアも装備するため、広い車内を自在に使える。 先行車への衝突を防ぐ「エマージェンシーブレーキ」や車庫入れ時に便利な「アラウンドビューモニター」も装備する。 派生車種 グレード別の新車・中古車価格 モデル概要 軽自動車ながら広い室内空間を持ち、家族で出かける際はもちろん、大きな荷物を積み込むのにも便利な一台。 1,400mmの天井高があるため、子どもが車内で立ち上がることもできる。 リアシートは左右それぞれ前後にスライドすることができ、電動スライドドアも装備するため、広い車内を自在に使える。 先行車への衝突を防ぐ「エマージェンシーブレーキ」や車庫入れ時に便利な「アラウンドビューモニター」も装備する。 派生車種  発売日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 排気量 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc 659 cc エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン 燃費 22. 4 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 7 m 4. 4 m 4. 7 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 7 m 4. 4 m 4. 7 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 7 m 4. 7 m 4. 7 m 4. 7 m 4. 7 m 4. 7 m 4. 7 m 4. 4 m 4. 7 m 4. 4 m 4. ルークスは、ハイトワゴン軽でクラストップレベルの室内高が140cmもあって、足元も広々していて両側スライドドアで、もはやミニバンという感じの使い勝手の良さだと思いました。 4人家族ならルークスは最適だと思いました。 ボディカラーは20色も用意されているので、あまり他人と被らないところも嬉しいポイントだと思います。 試乗した車はターボエンジンでしたので、低回転からパワーがあってかなり軽い感覚で一気に加速して伸びのある走りでした。 ここまでのパワーがあれば高速でも十分な走りができると思いますし、クルーズコントロールも付いているので遠出もしたくなる車だ.... デイズルークスは、軽自動車の中でもとても格好いいモデルだと思いました。 大型サイズのミニバンをそのまま小さくしたようなデザインで、グリルが大きめで横からのラインもシャープな感じで男らしさが感じられる車になっていると思います。 実際、ディーラーさんの説明でも男性のお客さんの割合が普通の軽自動車と比べるとかなり高いということでしたし、コンパクトカーと並べても質感で負けていない車です。 デイズルークスは見た目だけでなく、中身も男前な軽自動車で、ブラック系の色の車内のデザインはクールな印象があり、外観とマッチしています。 また、車としての実力も燃費が良いことや、運転のサポートをしてくれる装備が充実している点な.... 日産のデイズルークスに試乗しました。 軽自動車のハイトワゴンタイプの車ですが、エアロパーツやメッキグリルの存在など、迫力のある外観に仕上がっていると感じました。 また、実用性の面でもスライドドアが採用されているほか、安全装備が非常に充実しているのもこの車の大きな魅力になっていると感じました。 実際に乗車してみると後ろの席がとても広いのがよくわかります。 軽自動車の後部座席でも足を組んだりできるのは、なかなか無い経験ですし快適な移動ができる車であることが感じられます。 また、運転席もスイッチ類が操作しやすい位置にまとめられていますし、ドリンクホルダーも使いやすいです。 4人までの乗車が前提であれば、コンパク.... 日産 デイズルークス買取・査定 MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。 買取相場 モデル 年式 中古車価格相場 買取査定相場 MOTA車買取査定申込 2019年 59. 5万円 ~ 182万円 74. 8万円 ~ 112. 6万円 2018年 50万円 ~ 169. 6万円 67. 1万円 ~ 119. 1万円 2017年 49万円 ~ 168万円 55. 3万円 ~ 114. 5万円 2016年 39. 8万円 ~ 149万円 46. 4万円 ~ 111万円 2015年 0. 9万円 ~ 142. 3万円 41. 9万円 ~ 92. 9万円 2014年 8. 8万円 ~ 148万円 42. 8万円 ~ 84. 9万円.

次の