ニホン ノワール 最終 回。 ニッポンノワール最終回の最後!清春は生きてる?誰に撃たれ(刺され)た?

ニッポンノワール原作の結末ネタバレ!最終回で10億円事件の真相は?

ニホン ノワール 最終 回

(以下、ネタバレを含みます。 ご了承の上、お読みください) 清春(賀来)はガスマスクの男の正体を暴き、碓氷薫(広末涼子)殺害の真犯人逮捕に貢献したことで、晴れて自らに降りかかった疑惑を晴らすことに成功する。 清春は、真犯人によって人質に取られていた克喜(田野井健)と共に帰宅し、咲良(夏帆)と一緒に克喜の誕生日を祝う。 主題歌が流れる中、キャストやスタッフのクレジットとともに、3人がささやかな誕生日パーティーをしている姿が映し出される。 3人のセリフは聞こえないながらも、仕草や表情から楽しいひと時を過ごしているのが伝わる暖かみのある映像に、ネット上には「克喜くん誕生日おめでとう!」「このエンディングは泣いちゃう」といった声が寄せられた。 パーティーの最中で清春はおもむろに部屋の外へ。 扉を開けて外へ出てきた清春はカメラに向かって歩き出すと、リラックスしていた表情が一変。 そのまま倒れこむと、映像が切り替わり、血を流しながら壁にもたれて座り込む清春の姿が映し出される。 このまさかの展開に対して「え!!撃たれた?え!!」「バッドエンド、鳥肌」などのコメントがネット上に相次いだ。 カメラはそのまま清春の右手にクローズアップ。 この結末にネットには「清春最後死んだの!? 」「えーー?誰に?」「まだ生きてるよね?」といった声が殺到し、さらに「この続きは次の新しいドラマで明かされるんじゃないかな?」などの考察や「NNロスで眠れねー!!」といった投稿も上がっていた。

次の

『ニッポンノワール』、最終回はドラマと現実の時間がシンクロするリアルタイム展開に /2019年12月13日 1ページ目

ニホン ノワール 最終 回

ここでは、ドラマ「ニッポンノワール」最終回のエンディング後の続編ストーリーが、「hulu」もしくは映画版として公開されるのか考察します。 2019年10月期の日本テレビ系日曜ドラマ「ニッポンノワール」ですが、同枠で2019年1月期に放送された「3年A組」の続編ストーリーとして話題になりました。 12月15日に放送された最終回では、エンディングで遊佐清春 賀来賢人 が何者かに襲われ、生死不明で終わりましたが、後日談ストーリーが続編として公開されるのか気になるところです。 そこで今回の記事では、「ニッポンノワール」最終回のエンディング後の続編ストーリーが「hulu」もしくは映画版などで公開されるのか考察してみたいと思います。 「3年A組」の主人公・柊一颯 菅田将暉 の登場を個人的には期待していたのですが、結局登場しませんでしたね。 才門も「ガスマスク」を最終回を含め2回しており、1回目は遊佐が警察内の留置所に閉じ込められた時に遊佐を助けた「ガスマスクの男」。 2回目は最終回で、本物の「ガスマスクの男」から10億円と人体実験の新薬を守るため、「ガスマスク」に変装して山小屋を訪れたこの2回だけでした。 その他の「ガスマスクの男」は、すべて名越の仕業です。 「ニッポンノワール」の最終回を観て「やっぱりコイツが犯人か!」と納得した方も多かったのではないでしょうか? 個人的には、「ガスマスクの男」は複数いて何人かいる内のひとりとして名越は怪しいかなと思っていましたが、まさか全部名越の仕業とは思っていませんでした。 Oされ、結局最後は南武修介 北村一輝 課長に連行されました。 その後遊佐は、12月15日が誕生日の克喜にケーキを買って帰り、深水咲良 夏帆 を含めた3人でお祝いをしているところでエンディングとなり、ハッピーエンドと思いきや・・・。 ラストで遊佐が何者かに襲われ、壁に寄りかかりながら血まみれで「笑えねぇ」と言って終わるという何ともスッキリしない終わり方でした。 ドラマの本編を観た方は分かると思いますが、遊佐が寄りかかった壁には3カ所血の跡が付いていました。 上にあるTwitterの画像は、「ニッポンノワール」公式のアカウントに投稿されたもので、体と壁には血の跡が残っていません。 インスタの画像では、遊佐の目が開いていたみたいです。 恐らくこれも遊佐が生きているかどうかの謎を解くヒントだと思いますが、血の跡がないということは生きているということを暗示していると考察しました。 さらに遊佐を襲った犯人ですが、個人的に名越が怪しいと思います。 その理由は、「hulu」にあるオリジナルストーリー「刑事Nの告白」の最後に「彼はまだ生きている」と表示されます。 名越がどんな形で警察から逃げたのか分かりませんが、これは名越が遊佐に復讐したことを意味しているのではないでしょうか。 「hulu」のオリジナルストーリーも含め、続編が公開される布石のような気がしますね。 これまでドラマの重要なヒントやオリジナルストーリーとして「刑事Nの告白」を配信しているだけに「番外編」として続編ストーリーが配信される可能性も。 「ニッポンノワール」の前に放送された日曜ドラマ「あなたの番です」でも連続殺人事件の黒幕だった黒島沙和 西野七瀬 の最初の殺人事件を振り返る番外編が配信されたりしているので、 「hulu」配信の可能性は高いかも知れません。 日テレの戦略もあると思うので仕方ない部分はあるのかも知れませんが、個人的には是非テレビシリーズで続編を放送して欲しいです。 これまでも数多くの人気ドラマシリーズが日本テレビのみならず、他のテレビ局でも映画化されています。 「ニッポンノワール」の場合はシリーズ化されたドラマではないので、「hulu」での配信の可能性に比べれば低いかも知れませんが、視聴者からの映画化の要望が多ければ映画化もあるかもしれません。 もし映画化されるとするならば、謎が謎を呼ぶ展開のドラマだけに映画でも伏線と謎だらけの映画になり、それなりの撮影期間が必要だと思いますので、2021年以降の公開となる可能性が高いのではないでしょうか。 個人的には、映画化された「ニッポンノワール」も観てみたい気がします。 続編の映画化は撮影期間も必要ですし、制作費用もかなりかかると思いますので、今までの日曜ドラマのように「hulu」での配信の可能性が高いと思います。 個人的には、「hulu」での配信は有料サービスということもあって不評に繋がる可能性があるので、半年から1年後ぐらいにまた日曜ドラマ枠で続編を放送して欲しいです。 huluでは、刑事Nの告白という、名越が語る裏のストーリーを配信しています。 12月22日からは碓氷警部の告白も配信予定。 14日間の無料体験で視聴するなら、.

次の

賀来賢人、衝撃のラストに憶測乱れ飛ぶ…「ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―」最終回

ニホン ノワール 最終 回

ニッポンノワール、衝撃の最後でした。 エンディングロールの途中で、 見るのをやめてしまった方がいたら、 もう一度最後まで見たほうがいいですよ。 真犯人が分かり、激しい格闘の末、 勝利した清春。 くしくもその日は克喜(かつき)の誕生日だった。 「誕生日おめでとう。 ケーキ買って家に帰るか」 と仲良く並んで家に帰る二人。 Sponsored Link ニッポンノワール最終回の最後! エンディングロールで、 咲良と克喜と清春で、 ケーキを囲み、克喜の誕生日を祝っている。 3人とも、とても楽しそうだ。 戦いの最中で、 清春が父であることを知った克喜。 うれしそうにしている。 壮絶な戦いの後、訪れた穏やかな時間。 咲良に何か言われ、 何かを取りに部屋を出ていく清春。 一瞬、何かに驚いた顔をしたあと、倒れる。 その後、映ったのは、 胸の辺りが血まみれになって 壁にもたれかかっている清春。 壁には 3本の血の筋が。 Sponsored Link ニッポンノワール最終回の最後!清春は生きてる? 最後に映った、清春の手元。 親指がわずかに動いた。 目は閉じている。 まだ、生きてはいるのか? 誰かが早く気づけば、間に合うのか? ニッポンノワール最終回の最後!誰に撃たれ 刺され た? 一瞬、驚いた顔をした時は、かなりのアップだったので、 そうとうな至近距離だったはず。 3本の血の跡からすると、 3発撃ち込まれたのか? 使われたのが銃だとすると、 やはり警察関係者、 つまりニッポンノワールだ。 ニッポンノワール最終回の最後!誰に撃たれ 刺され た? — 名越 気になったのは、 南武課長が名越を逮捕した時。 南武課長は一人だった。 その時、 捜査一課の他の面々は本庁にいた。 手錠をかけているとはいえ、名越はあの腕力だ。 一人で車を運転しながら、運ぶのは危険ではないだろうか。 ただし、南武は名越の本当の腕力を知らなかったと思う。 搬送途中で、南武が名越にやられた可能性は? 清春の前に現れたのが、名越だったとすれば、 一瞬驚いた表情をしたのが、納得な気がする。 清春が無事だったことは、捜査一課にも伝えられている。 警察内の人間は、清春が家に帰っていることを知っているのだ。 仁平課長(相島一之)か? ニッポンノワールにとって、 覚醒し、新薬を使い、 すごい腕力となった清春は、敵として厄介だ。 早めに始末してしまわなくてはならない。 ニッポンノワール最終回の最後!清春は生きてる?誰に撃たれ 刺され た? まとめ エンディングロールで、誕生日を祝い、 幸せそうにしている画面の直後で、 思わぬ結末に! 衝撃的でした。 でも、 やっぱり「ニッポンノワール」 が、ハッピーエンドでは 「ニッポンノワール」じゃないのかも知れないですね。 あの後、どうなったのかが気になってしょうがない….。 そして、克喜はどうなるのか? では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!! Sponsored Link.

次の