ビートルズイエスタデイの歌詞。 Official髭男dism『イエスタデイ』歌詞の意味を考察・解釈

【洋楽歌詞和訳】Yesterday / Beatles(ビートルズ)

ビートルズイエスタデイの歌詞

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 Michelle(ミッシェル)という曲 Michelle(ミッシェル)は、1965年12月に発売された6作目のアルバム『ラバー・ソウル』のA面に収録されている。 レノン=マッカートニー名義だが、主にポール・マッカートニーが書いた作品で、リード・ボーカルも彼が務める。 ミドルエイトのみジョン・レノンが書いている。 ビートルズの中で、フランス語が使用されている唯一の曲である。 本作は1967年度グラミー賞最優秀楽曲賞を獲得、米国ではアルバム『ラバー・ソウル』の中で最もラジオに流れた人気の楽曲となった。 まず Michelle, ma belle ミシェル 僕の可愛い人 These are words that go together well ピッタリな言葉だよ My Michelle 僕のミシュル 単語は• go together well「よく合う」 「Mich elle」と「ma b elle」は韻を踏んでいて、響きが合うという意。 ちなみに「ma belle」はフランス語で• My beauty(僕の美しい人) という意味である。 続くフレーズもフランス語で Michelle, ma belle ミシェル 僕の可愛い人 Sont les mots qui vont tres bien ensemble ピッタリな言葉だよ Tres bien ensemble とてもよく合うね 英語にそのまま置き換えると Are words that go very well together very well together である。 また、この曲の制作におけるフランス語の監修は、ジョン・レノンにポール・マッカートニーを紹介したアイヴァン・ヴォーンの妻・ジャン=ヴォーンが行った。 make 人 V「人にVさせる」• hope「期待する、望む」• until「~まで」 である。 by now「そろそろ」• get to「なびかせる」• somehow「何とかして」 である。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• Michelle(ミッシェル) の歌詞を和訳しました。 ちなみにこの曲は誰か特定の女性を歌ってるのではないそうです。 ポール・マッカートニーの好きな「Michelle」という響きに合う単語をフランス語の監修を務めたジャン=ヴォーンに尋ねたところ• ma belle(my beauty) という答えが返ってきて、ラブソングにぴったりだとそのまま曲作りに流れていったのだとか。

次の

ビートルズ イエスタデイ 歌詞

ビートルズイエスタデイの歌詞

||| | ビートルズの世界 20世紀のスーパーサウンズ ビートルズ Beatles をはじめて聴いたときの驚きは今でも忘れられない。 あれは筆者が高校生だったときだ。 それまで音楽といえば、クラシックを別にすれば、美空ひばりや三橋美智也の歌う歌謡曲が主体だった。 日本の歌謡曲というものは、民謡や浪花節と同類で、節回しだけで聞かせるところが今でもある。 そこが単調に聞こえる。 当時青年だった筆者にとっては、歌というものはそんなものなんだと思われる一方、そこに飽き足らないものを感じてもいた。 ポール・アンカやニール・セダカらのアメリカンポップスは、日本の歌謡曲には得られない面白みがあって、一時期よく聞いたものだった。 ところがビートルズの歌は、それまで聞いたどんな歌とも違っていた。 まずびっくりしたのはハーモニーが美しいということだった。 日本の歌謡曲にはハーモニーの要素は全くないし、アメリカンポップスにもハーモニーを意識させるものはほとんどなかった。 ビートルズの曲はハーモニーと並んで、リズム感も抜群だった。 エルヴィス・プレスリーを聞いたものの耳にも、そのリズム感は圧倒的だった。 こんなわけで、筆者は青年期の入り口でビートルズに魅せられてしまい、以後彼らの音に耳を洗われながら今日まで生きてきた。 先日ドイツ旅行をした折にはハンブルグの街角で、ビートルズが若い頃に歌っていたというバーを見る機会があったが、その際に、ビートルズファンだという中年ドイツ女性と邂逅し、ともにビートルズ体験を語ったものだ。 ビートルズには、そのように、彼らの歌声を通じて、世界の人々を結びつける魔力のようなものもあるようだ。 そのビートルズの音楽には、音の魅力もさることながら、言葉にも人をとらえる迫力がある。 歌詞をよく分析すると、言葉自身にリズム性があるほか、意味する内容も魅力的だ。 筆者はそこにマザーグースの世界に通ずるものを読み取ったりする。 このサイトでは、そんなビートルズの歌を取り上げ、その魅力の秘密に迫ってみたいと思う。 取りあげた曲は、1973年にリリースされた「ザ・ビートルズ」シリーズから。 このシリーズは、二枚ずつ二組のLPからなっていて、収録されている曲は、ビートルズの生涯の代表作ともいえる54曲である。 いずれについても、管理人による歌詞の和訳(日本語訳)と、簡単な解説を付した。

次の

【歌詞カタカナ】Yesterday

ビートルズイエスタデイの歌詞

世界的アーティスト【ビートルズ】の魅力とは? 音楽ファンから神格化されたビートルズ。 バンド名「The Beatles」の Beatles はカブトムシの「Beetle」と音楽の「Beat」のダブルミーニングを持つ造語です。 この世界最高のロックバンド「 Beatles 」。 どういったところにアーティストとしての魅力があるのでしょうか? ビートルズの魅力を3つの観点から解説します! 曲のセンスが凄い 1950年頃にアメリカで生まれたロックンロールというジャンルは、世間的には異端で受け入れられにくいものでした。 そこに突如 「ポップスの要素をはらんだロックンロール」=「ロック」という新しいジャンルをイギリスの4人の若者が作り出してしまったのです。 それが「ビートルズ」でした。 こういった背景から、ビートルズは ロックの始祖だとよくいわれます。 ロックから細分化された洋楽ロックのジャンル(サイケやハードロックなど)の登場も、「すべてビートルズのあらゆる楽曲やアルバムがきっかけ」だといわれているのです。 さらに彼らの音楽性や作品はロックの世界だけでなく、ポップスやジャズなど世界のあらゆるミュージックシーンに影響を与え、 音楽の時代を変えたといわれています。 後の音楽にも影響を与えるバラエティ豊かなビートルズの楽曲は、世界に衝撃を与えました。 世間に受け入れられるポップさと、多彩なサウンドはセンスの塊だといえるでしょう。 メンバーが天才揃い ビートルズというと、作詞作曲をしている「ジョン・レノン」と「ポール・マッカートニー」が注目されがちです。 (ほとんどの曲が自作曲で、どちらかが作っている場合でも、発表は「レノン=・マッカートニー」と共作扱いになっています。 ) しかし、ジョンとポールだけでなく「リンゴ・スター」「ジョージ・ハリスン」を含め ビートルズは全員が天才なのです。 楽曲のよさや演奏テクニックはもちろんのこと、彼らは 全員がリードボーカルを担当します。 全員が歌えて全員が天性の歌声を持っているのです。 ギターに関してもリンゴ・スター以外がリードギターを担当することもあります。 おまけに 全員ルックスがいいのも魅力のひとつでしょう。 すごくシンプルなことですが、これらを満たしているのは後にも先にもビートルズだけなのではないでしょうか。 歌詞がわかりやすい 彼らの楽曲は、ロックンロールとポップスを絶妙なバランスで合わせています。 これは当時としてはかなり革新的な聴きやすいサウンドでした。 さらにビートルズが世界に愛された要因には 歌詞のわかりやすさもあります。 とにかくシンプルな歌詞は英語が得意ではない日本人にもある程度理解できるほど。 英語圏の国であればよりキャッチーな歌詞に感じられるでしょう。 色褪せない名曲!ビートルズ人気曲ランキングTOP5 ロックの礎(いしずえ)を築いたビートルズの名曲たち。 ここでは「人気曲ランキングTOP5」をご紹介します。 初の主演映画「ハード・デイズ・ナイト(旧題:ビートルズがやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ!)」の主題歌です。 同曲収録アルバムの「ザ・ビートルズ1」は 発売からわずか3週間で全世界計1200万枚以上を売り上げています。 全英アルバムチャートでは9週連続1位の偉業を成し遂げます。 ビートルズ伝説のはじまりを告げたデビュー曲 『』も収録されています。 イントロの「ジャーン」というギターの音が印象的な、 疾走感にあふれる楽曲です。 第4位 HELP! I need somebody Help! Not just anybody Help! You know I need someone Help! 1965年7月に発売。 2作目の 主演映画「ヘルプ!4人はアイドル」の主題歌です。 この頃のビートルズは、まさに空前絶後で超絶怒涛な人気ロックバンドで、これ以上にないほどの過密スケジュールで活動していました。 そんなハードな生活の中で 「助け」を求める気持ちを表現した楽曲だとされています。 ビートルズ末期の代表曲のひとつ。 不滅の名盤である アルバム「レット・イット・ビー」の最後に収録されている楽曲で、ビルの屋上でのラストライブで演奏されたことでも有名な楽曲です。 2分20秒という短い楽曲の中に、ビートルズの真髄が完璧に詰まっているともいわれ、 初期の最高傑作とも評される一曲です。 歌詞の中で繰り返される「イェー、イェー、イェー」は当時としてはかなり斬新なフレーズで、しばらくは ビートルズの代名詞にもなっていました。 この曲の最大の魅力は ジョン・レノンとポール・マッカートニーが全面的に声を添わせるコーラスワークです。 歌詞こそ好きな娘に「手を繋がせて!」と言う、そんなシンプルなものですが、ふたりのコーラスがその言葉を伝える男の子の胸の高鳴りを見事に再現しています。 シンプルだからこそ、歌声や歌詞がストレートに伝わるのが、全世界で長年愛される理由なのかもしれません。 【和訳付き】歌詞が印象的!ビートルズ人気バラード曲ランキングTOP5 ビートルズといえば、シンプルでストレートな歌詞です。 シンプルだからこそビートルズのバラードは歌詞が胸に染みます。 ここでは、おすすめ人気曲ランキングを発表します。 翻訳付きですので、歌詞の意味を感じながら聴いてみてください。 ビートルズの活動中に発売された最後のシングル曲で、 解散直前にリリースされました。 ポール・マッカートニーの作詞作曲で、「Let it be(なすがままに、放っておきなさい)」は ポールが14歳のときに死別した母メアリーの生前の口癖だったそうです。 繰り返される「Let it be」。 訳詞では「なすがままに、あるがままに」と違う意味になっているのも、非常に興味深いですよね。 辛い逆境に立たされたときに力を与えてくれる楽曲で、メロディ、歌声、演奏、歌詞、すべてにおいて傑作とされています。 ビートルズ最後のアルバム「レット・イット・ビー」の収録曲です。 しかし、『Across the Universe』の録音は1968年2月4日にされていたため、ビートルズのアルバムとして発表されたのはその2年後ということになります。 インド哲学や仏教などの東洋的な考え方に影響を受けたジョン・レノン。 この歌詞は、 彼が瞑想をしたときに感じた世界を表現したといわれています。 ジョン・レノンが 故郷リバプールへの思いを綴った、哀愁漂う名バラードです。 『A DAY IN THE LIFE』は、アルバムのハイライトとして強烈なインパクトを与えました。 この楽曲の凄みは ジョン・レノンとポール・マッカートニーが別々に作ったということ。 曲を繋げた独創的なアレンジで幻想的な雰囲気が演出されたこの曲に、音楽ファンは大きな衝撃を受けました。 アルバムといえば、ビートルズ自身が設立した レコード会社から初めて発売された アルバム「ザ・ビートルズ」もおすすめです。 ビートルズ初の二枚組アルバムでそのジャケットからホワイトアルバムとも呼ばれています。 多彩な作品が収録されており、 現代音楽のすべてが凝縮されていると評されています。 ポール・マッカートニーが、ジョン・レノンの息子ジュリアン・レノンを励ますために書いたといわれています。 伝説のロックスター「エルヴィス・プレスリー」もカバーしています。 ピアノが主体の傑作バラードです。 ビートルズの名曲は色褪せない いかがですか?現代のありとあらゆる音楽に影響を与えたバンド「ビートルズ」。 メンバー全員が天才で、8年という短い活動期間の中で、当時では考えられないような斬新な音楽を次々と世に送り出しました。 解散から約50年経った今でも、色褪せずに語り継がれるのには、それだけの理由があるのです。 初版レコードなど彼らに関する商品にプレミアが付くことも人気を表すひとつの指標でしょう。 2019年には、ビートルズの歴史を体感できる 「LET IT BE ~レット・イット・ビー~」という コンサート活動が 日本でツアー公演として行われました。 ほかにも、 ビートルズのいなかった世界に突如迷い込んだ男がビートルズの曲で世界を変える様子を描いた映画「イエスタデイ!」の公開、特別盤「アビイ・ロード50周年記念エディション」の発売など人気は衰えることを知りません。 ビートルズはシングル発表曲以外にもアルバム曲などでたくさんの名曲を生み出しています。 また 、カバー曲の多さとそのクオリティにも注目です。 有名なものに アイズレー・ブラザーズの『 ツイスト&シャウト』がありますが、ビートルズのオリジナルソングと認識している方も多いのではないでしょうか。 ビートルズの歌詞、サウンド、歴史を感じながらビートルズの世界に浸ってみてください! シングルリリース年を参照して自分なりのベストアルバムを作成しても楽しいでしょう。 8年という短い活動期間の中で生み出された楽曲のすべてが名曲•

次の