読モ レベル の シャウト。 平山玲(読モ)が現在事故のち死去か。福王寺彩野が小川淳子へのコメントで…

読者モデルを始めたことがバレて…「すごーい」職場の先輩の反応に恐怖

読モ レベル の シャウト

こんにちは。 ライターの高木沙織です。 20代後半、某ファッション誌の読モ()のはしくれだった私。 はしくれだったけれど、ごく稀に誌面に掲載してもらえることがあったりして。 それをたまたま友人が見つけてくれたときは、嬉しいようなちょっと照れるような気持ちになったものです。 そんな読モをさせてもらうようになったものの、まわりのみんなの人並みはずれた可愛さといったらそれはもう。 そんな可愛い女子たちがたくさんいるのだから、私が撮影に呼ばれるなんて奇跡です。 だから、「読モ、やってます!」なんてとてもじゃないけれど言えるわけがない!「沙織さん、どの雑誌に出てるの?」と聞かれても、出ていないことのほうが多いんだから。 「え、出てないじゃん」とか思われるのも、「めちゃくちゃ小さくしか出てないよね」とか噂されるのも傷付くというか……。 自意識過剰で小さい女ですね、今思うと。 とりわけ職場においては。 だって、読モを始めたときの私の職場は航空会社。 グラホからCAを目指したり、なかには女子アナを目指したりしているような上昇志向が強く、意識高めの女子たちが多い女の園で、「読モをやらないかと声をかけてもらった」だなんて言った日にはどうなることか。 まぁ、もともとプライベートな話しをするような親しい同僚は数少なかったので誰かに言うなんてことはなかったけれど。 ところが、はじめて撮影に呼んでもらったあのスナップ写真が掲載された〇月号が発売になると……。 しかも雑誌の発売日に 私のはじめての撮影は準備不足と緊張でひどい出来……だったのにも関わらず、なんと誌面に掲載してもらえたんです。 有難いことです、本当に。 その写真が掲載されたのは、新人読モの登竜門とでもいうのでしょうか。 毎号最後のほうにある「みんなの通勤ファッション」的なスナップページの一角。 「これならきっと誰にも気付かれないだろう」と、発売当日の朝に雑誌を購入し、そっとページを閉じたのでした。 その日は早番。 チェックインカウンターに入っていると、あとから出勤してきた先輩から……。 ギクッとしましたよ。 発売当日にあの小さな写真、それもメインページではないところに掲載されているのを見た人がこんなに身近にいるなんて。 それだけ読まれている雑誌ということなのですが。 さすがは女の園です。 私がそれを認めると、一気に情報が拡散されていきます。 恐れていた怖〜い先輩にもね……。 それから数日間は先輩どころか、同期、後輩とも目を合わせたくないなんとも後ろめたいような気分に。

次の

読モレベルに可愛いF美にはめられそうになり、私の純潔が見知らぬ男に奪われる寸前だった・・・

読モ レベル の シャウト

元読モ、現ライター・ヨガインストラクターの高木沙織さん 何もかもがパーフェクトなモデルよりも親しみやすく、ファッションもメイクも自分たちに置き換えたときにイメージしやすい。 それが、誌面に登場する読モの役割でもあったでしょう。 今では「キラキラ女子」「意識高め女子」だなんて言葉を耳にすることは少なくなりましたが、当時の読モたちはまさにそれ。 「 同じ会社にいたら間違いなく一番モテる女子たち」の集まりといったら想像しやすい? そんなことを口にしておいて言い出しにくいのですが実は……、 私も過去に某ファッション誌の読モをしていたことがあります。 可愛い女子たちに囲まれてそんなに活躍はできませんでしたが、読モをしたのにはある目的があったから。 読者モデルに興味ありませんか?」 それっぽいでしょ? しかもそれが愛読している雑誌だったものだから、「 え、まさか私に! こんなラッキーなことがあるなんて!」と舞い上がらないわけがありません。 当時はまだ20代。 今よりもミーハーで華やかな世界への憧れが強かったから。 だけど当時グラホ(航空会社の地上職員、グランドスタッフ)として勤務をしていた私。 目立った行動は危険です。 会社にバレたら大変だし、先輩たちも怖い。 誌面に出たらすぐに見つかる……(実際そうなりました)。 ファッションだって飛び抜けてセンスがいいとも言えない。 自分でも、とてもじゃないけれど読モが務まるとは思えなかった。 「 声をかけてもらえただけでいい思い出」そう思う気持ちと、「 ここから道が開けるかもしれない」、そんな少しの期待がなかったわけではないけれど。

次の

読者モデルを始めたことがバレて…「すごーい」職場の先輩の反応に恐怖

読モ レベル の シャウト

元AKB48で女優の 渡辺麻友が、芸能界 引退を1日に発表した。 「健康面の問題」ということで、本人から申し出があったという。 AKB48全盛期の「神7」の一人として人気を牽引してきた渡辺。 卒業後は女優としてコンスタントに映像作品にも出演していたが、残念ながら今回、引退報道が出てしまった。 渡辺といえば、スキャンダルが多かったAKBグループの中で数少ない「オトコ関係のスキャンダル」がなかった存在。 アイドルとしての仕事を全うしているということで「アイドルサイボーグ」というあだ名がつくほど、ファンを裏切らなかったことでも有名だ。 一度、同グループの他メンバーを罵倒したり、フィギュアスケートの羽生結弦への思いを吐露した「裏アカ」が流出して騒ぎにはなったものの、大したダメージとはいえなかった。 「精神的に不安定」という指摘も以前からあった渡辺。 今回の引退に「お疲れ様でした」「寂しいけど、ありがとう」「ゆっくりしてください」と温かい声が多い。 これもまた、アイドルとしての仕事を徹底したからこそか。 そんな渡辺だが、引退ということで、改めてその「過去」や「彼氏事情」にも注目が集まっている。 4人で『お泊り』したことを読モが裏アカで自慢 「ウワサレベルなら山田涼介さん玉森裕太さんらジャニーズや、同年代の俳優とのウワサもありましたが、どれも確証ゼロのデマばかりでしたね。 ただ一つ、本格的に怪しい情報もありました。

次の