かたつむり 語源 由来。 カタツムリ

カバの英語の語源と漢字の由来について!

かたつむり 語源 由来

カタツムリ 蝸牛 の語源 先ほどはカタツムリの漢字の由来について解説しましたが、そもそもなぜ『カタツムリ』という呼び名になったのかを解説いたします。 『カタツムリ』は『カタ』と『ツムリ』に分けることができます。 『カタ』の語源 『カタ』の語源については諸説ありますがどれが正解かわかっていませんので、それぞれを紹介します。 昔の傘が螺旋状に縫って作られていたため、その形状とカタツムリの渦巻模様が似ていることが語源となっている説• カタツムリの殻が固いからことが語源となっている説• カタツムリが殻から現れたり、消えたりする様子が、潮の満ち引きで現れたり、消えたるする干潟を連想することが語源となっている説 『ツムリ』の語源 『ツムリ』は古語の『ツブリ』という言葉が語源で、 巻貝を表す言葉である『海螺 ツビ 』が語源とされています。 漢字の『蝸牛』同様、日本語のカタツムリの語源も、特徴的な渦巻き状の殻が名前の由来となっていることがわかります。 カタツムリの呼び方はたくさんある これまでカタツムリの漢字の由来と、呼び方の語源について紹介してきましたが、カタツムリにはたくさんの別名があります。 童謡でも有名な『でんでん虫』をはじめ、『マイマイ』、『ツブリ』、『ナメクジ』などと呼ばれることもあります。 でんでんむし 近畿地方 マイマイ 中部地方・中国地方など カタツムリ 関東地方・四国地方 ツブリ 東北地方・九州地方 ナメクジ 東北北部・九州西武地方 正解! そして逆に、京都から距離が遠くなるほど、新しい言葉が伝わるのに時間がかかるため、昔からある古い言葉がそのまま方言として現在まで残っているという事なんです。 インターネットはおろか、ラジオやテレビさえなかった時代では情報の伝達速度が遅く、様々なカタツムリの呼び方が存在する原因となったというわけです。 なお、この傾向はカタツムリに限らず、他の言葉にもみられる事象で 『方言周圏論』という国語学の説としても有名です。 カタツムリにまつわる人気商品をご紹介! カタツムリの漢字や由来、語源や、でんでん虫などや他の呼び方などを紹介してきましたが、最後にカタツムリにちなんだ人気商品グッズもご紹介しておきましょう。 カタツムリに関連する商品としては、カタツムリのコスメが優れた効果があるとTVや雑誌などで取り上げられています。 漢方っぽい香りがします。 浸透が早く、ベタベタしません。 最近はクレアスのビタミンEクリームと混ぜて使っていましたが、ベースメイクとの相性もよく気に入っています。 カタツムリの粘膜から球状のタンパク質を抽出し精製したカタツムリコスメは、抜群に潤う基礎化粧品で、肌美人大国である韓国でも大人気のエイジングケアコスメです。 関連記事 続いては、食用カタツムリです。 エスカルゴ〜 — ハルジオンわたる harjion0910 『えっ!? 』と思われる方もいるかもしれませんが、カタツムリをフランス語でいうと『エスカルゴ』といいます。 『エスカルゴ』というとサイゼリアなどのファミリーレストランでも取り扱われていますよね。 どんな味かというと、、、実はエスカルゴ自体の味はあまりありません。 エスカルゴはその身肉を味わうというより、食感が醍醐味だそうです。 その食感はアワビやサザエを柔らかくした食感とのことです。 ただ、野生のカタツムリを食べる方法もあるみたいですが、カタツムリが何を食べているかわからないので基本的には市販されているものを使いましょう。 雨が降った後、風雨にさらされたコンクリートからは炭酸カルシウムが染み出てくるので、雨の日のなどにカタツムリが多いのはそういう理由があるのかもね。 まとめ• カタツムリ 蝸牛 の漢字は中国が起源• 『蝸牛』の『蝸』は殻の渦巻模様、『牛』は触角が牛のようだから• 『カタツムリ』の『カタ』は昔の傘と似ている、殻の固さ、潮の満ち引きなど説がある。 『ツムリ』は巻貝を表す言葉• 『カタツムリ』の別名には『マイマイ』『でんでんむし』『ツブリ』などがあり、京都中心に遠くの地域は古い名称を使われる カタツムリの漢字の由来を始め、カタツムリの語源や別名も含めトリビアを詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 身近な存在だけに、実際に見かけた際の話のネタになれば幸いです。

次の

カタツムリの名前に由来はあるの?

かたつむり 語源 由来

カタツムリの赤ちゃんが生まれる時期 葉っぱにちょこんと乗っているカタツムリの姿を見かけたことがあるという方は多いと思いますが、 どの時期だったか覚えていますか? 小さいカタツムリは、梅雨の時期になると姿を見かけることが多くなると思いますが、 5月~8月に産卵の時期を迎えます。 カタツムリはなんと一度に 30個~40個の卵を生み、子供を生んだ親カタツムリは、産卵から数ヵ月後に命が尽きてしまいます。 さらに、産まれた卵は20日から30日で孵化するのですが、体が非常に小さいうえに動きが遅いので、外敵に狙われてしまい、全員が生き残れるわけではないんですよ。 ここからは、 カタツムリの赤ちゃんの飼い方や育て方のポイントを紹介していきたいと思います。 カタツムリの赤ちゃんの飼い方や育て方のポイント カタツムリの赤ちゃんを外で見つけて育てていくことになった場合と、飼っていたカタツムリが産卵したという 2パターンありますので、それぞれの対処法と、ポイントを チェックしていきましょう。 スポンサードリンク カタツムリの赤ちゃんの飼い方の注意点 先程、カタツムリの赤ちゃんの飼い方や育て方の項目でも触れましたが、 飼い方の注意点がいくつかあります。 ここからは、さらに詳しくまとめていきますので、参考にしてみてください。 乾燥させない カタツムリは、なめくじのように身体が ねばねばとしています。 これは、乾燥を防ぐためで、殻の入り口にフタを作って中に閉じこもって 身体を守るのです。 ちなみに、完全に密閉状態になると、息ができなくなってしまうので、息をするための穴があります。 赤ちゃんカタツムリをそんな状態にしてしまわないために、乾燥させないことがとても大事です。 霧吹きなどで適度に水分を補ってあげてくださいね。 土は必要なし 赤ちゃんのカタツムリは、 土は必要ありません。 赤ちゃんカタツムリは卵を産むのはまだまだ先のことになるので、小さいうちは入れなくて大丈夫ですよ。 ちなみに、大人になって産卵させたい場合は、土を入れておくと卵を産みます。 あじさいの葉はあげない カタツムリといえば、雨上がりの あじさいの葉っぱの上にいるイメージがありませんか? このイメージをよく持たれることから、カタツムリはあじさいの葉を好むと思う方もいるかもしれませんが、実はエサとしてあげるのは NGなのです。 あじさいの葉には、カタツムリにとって 毒となる成分が含まれているので、絶対に食べさせないでくださいね。 赤ちゃんカタツムリは水が入ったときに殻に潜ってきますので、出さなくて大丈夫です。 ザルについたカタツムリは、手で取って戻してあげてくださいね。 ちなみに、飼育ケースの下にキッチンペーパーを敷いてあげると、保湿効果があるうえに赤ちゃんカタツムリのえさにもなるのでおすすめです。 高温多湿はNG カタツムリは、乾燥が苦手ですが、同時に 蒸し暑い高温多湿の環境もNGです。 赤ちゃんカタツムリが快適に過ごせる温度は、 20度前後なので、できれば維持してあげてくださいね。 そして、びしゃびしゃにならないよう、適度に水分を補給しましょう。 ちなみに、乾燥や蒸し暑さに弱い他に、寒さにも弱く、カタツムリが非常に デリケートな生き物だということがわかります。 カタツムリの赤ちゃんのエサになる食べ物 赤ちゃんカタツムリが好む食べものは、 キャベツや白菜などの柔らかい葉っぱの部分です。 ですが、残留農薬が葉っぱについていることがあり、赤ちゃんカタツムリの口に入ると危険な場合があります。 葉野菜を与える時は、よく水で洗ってから食べさせることが大事です。 他には、 人参やかぼちゃやきゅうりなどもOKです。 赤ちゃんカタツムリの出したうんちを見てみると、食べた野菜とおんなじ色で出てくるので、面白いですよ。 笑 また、カルシウム不足を補うために、 卵の殻を食べさせてくださいね。 卵を普段食べないという方は、ペットショップで取り扱いがある、鳥用の「カットルボーン」や、爬虫類に与える「カルシウムパウダー」を利用してもOKです。 赤ちゃんカタツムリの栄養が不足しないように大切に育てていきましょう。 カタツムリは、10月後半~3月まで冬眠をする必要があります。 冬眠中はエサを食べることができないので、時期が近くなるとエサをたくさん食べて力を蓄えておきます。 心地よく冬眠することができるように、ふかふかとした寝床を作ってあげないといけません。 大人のカタツムリは、殻が固いので大きな石や落ち葉の下に身を隠して冬眠します。 赤ちゃんカタツムリは小さくて殻も柔らかいので、石を入れるのはNGで、落ち葉を入れる時も、小さな身体に負荷がかからないように、落ち葉が偏らないようにしたり、赤ちゃんカタツムリ同士が重ならないように注意してくださいね。 作ったベッドの下ではなく、壁にくっついてそのまま冬眠する赤ちゃんカタツムリも中にはいるかもしれませんが、問題ありません。 部屋の温度についてですが、水滴などが凍ることのない5度以下がベストです。 寒い時期ですから、暖房を入れたり切ったりしてしまいがちだと思いますが、温度差が激しいと赤ちゃんカタツムリに負担がかかってしまうので、低めの温度をキープすることが大事です。 ちなみに、 1年中部屋の温度を20度でキープした場合、カタツムリは冬眠しません。 20度にキープできるのであれば、そのまま育てていくという手もあります。 冬眠期間は結構長いので、寂しく感じるかもしれませんが、赤ちゃんカタツムリが元気に育っていくには 必要な期間ですので、乗り切っていきましょう。 冬眠が終わって目覚めた時のために、美味しいエサを沢山用意しておきましょう。 かたつむりの赤ちゃんの飼い方のまとめ.

次の

かたつむりの「かた」とは何の意味?今日のグッドモーニングことば検定

かたつむり 語源 由来

おつむの語源 おつむの語源は、宮中の女官が用いた「おつむり」。 接頭語の「お」と、頭を意味する「つむり」から成る。 「つむり」の語源は、丸くて小さいものを表す「つぶり」で、「つぶらな瞳」の「つぶら」や、の「つむり」も同源だという。 画像:竹取物語絵巻 中巻(出典:立教大学デジタルライブラリ) ちなみに、「おつむり」のような宮中の女官が用いた言葉は「女房言葉(女房詞)」と呼ばれ、「お」がつく例としては、現代でも「おかか」「おかず」「おでん」「おにぎり(おむすび)」などが使われている。 てんてんは天々? 精選版 日本国語大辞典によれば、意味は「頭をいう幼児語。 つむり。 」と解説されており、漢字では「天々」と表記されている。 この解説によれば、「おつむてんてん」の「おつむ」も「てんてん」も、両方とも頭を意味する幼児語ということになる。 ここでの「天」は高い場所を意味しており、「脳天」の「天」と同様の意味合いで使われている。 「天」を繰り返すのは、「手」を繰り返して「おてて」という幼児語になるのに近い用法だろう。 赤ん坊が這って歩く「ハイハイ」も同じ。 擬音語としての「てんてん」 「てんてん」という言葉は、「てんつくてんてん」などのように、お囃子 はやし の太鼓を叩くときの擬音として使われる場合も少なくない。 また、手まり・ゴムボールを手でつく場合にも「てんてん」という表現が用いられる(参照:)。 幼児をあやす際の「おつむてんてん」では、頭を手でポンポンと軽く叩く動作を行うが、これはまさに太鼓(小鼓・大鼓)や手まりを「てんてん」と叩く・つく動作と類似している。 つまり、「おつむてんてん」の「てんてん」には、頭を意味する「天々」の他にも、鼓や手まりなどを軽く叩く・つく際の擬音語としての意味合いも暗に込められているのではないだろうか。 あたまてんてん 江戸時代頃の「おつむてんてん」には、「おつむ」ではなく「あたま」、つまり「あたまてんてん」と呼称されていた例も見られる。 とかく子供達は いたいけがよいものぢゃ 〈略〉 冠 かむ り冠り しほの目 頭 アタマ てんてんよ <引用:荻江節・面かぶり(1765頃)> 「面かぶり」とは、江戸時代から存在する歌舞伎・浄瑠璃・長唄の演目の一つ。 「童子戯面被(どうじの たわむれ めんかぶり)」とも題される。 「冠 かむ り冠り しほの目」の部分は、現代では『』という古い手遊び歌・あやし歌のルーツと考えられる。 この「あたまてんてん」という言い方が、江戸時代には一般的だったのか、それともこの歌舞伎・浄瑠璃の中だけの例外的な言い方だったのかは不明だ。

次の