納骨 方法。 靈骨塔、納骨塔與塔位方位選擇完整介紹與老師推薦 @ 大師算算 :: 痞客邦 ::

納骨の方法について

納骨 方法

1.持ち込み日時を決定します。 お電話にて持ち込み日の日程を決めます。 2.申込書類を発送します。 当NPOから申込書類 埋葬承諾書・有縁塔パンフレット他 を発送します。 こちらは 持ち込み日当日に必要となりますので、予めご記入ください。 3.寺院へ持ち込みます。 持ち込み日当日、 「ご遺骨」 「埋葬承諾書」「埋葬許可証 火葬許可証 」「3万円」 を南春寺までご持参ください。 【永代使用証書】を発行いたします。 4.ご遺骨の埋葬 ご遺骨を一定期間安置した後に「有縁塔」へ埋葬されます。 埋葬後は南春寺にて永代供養いたします。 NPOのスタッフがご自宅にご遺骨を受取りに伺う、迎骨 げいこつ。 1.ご遺骨の引き取り日時を決定します。 お電話にて日時及び引き取り場所 ご自宅あるいは都合の良い待ち合わせ場所 を決めます。 2.申込書類を発送します。 当NPOから申込書類 埋葬承諾書・有縁塔パンフレット等 が発送されます。 こちらは お引き取り日当日に必要となりますので、予めご記入ください。 3.ご遺骨を預けます。 引き取り日当日、ご自宅あるいは待ち合わせ場所で当NPO法人スタッフに「ご遺骨」「埋葬承諾書」「埋葬許可証 火葬許可証 」「3万円」をお渡し下さい。 【永代使用証書】を発行致します。 お預かりしたご遺骨は当NPOスタッフが責任を持って寺院へお届けします。 迎骨には手数料が発生します:1万円〜実費• 4.ご遺骨の埋葬 ご遺骨を一定期間安置した後に「有縁塔」へ埋葬されます。 埋葬後は南春寺にて永代供養いたします。 寺院へ、送骨の流れを紹介します。 1.送骨セットが届きます 申込みを確認しましたら当NPOから3万円の代金引換にて送骨セットが送り届けられます。 同封の説明書に掲載されている書類の確認をしてください。 2.骨壺の蓋を固定します まず、骨壺の蓋をガムテープ等で固定してください。 3.骨壺を桐箱にいれます 固定した骨壺を桐箱に入れます。 4.桐箱を固定して骨覆に入れる 桐箱をガムテープ等で固定したら、骨覆に入れてください。 5.火葬証明書と埋葬承諾書を同封 ご遺骨の埋葬許可証 火葬許可証 と埋葬承諾書を段ボール箱に入れて固定してください。 6.同封の送付状を貼って送付 送骨セットに同封の送り状 ゆうパック を貼り付けて送付。 送料に関しては、お客様ご負担となります.

次の

納骨の方法について

納骨 方法

骨壺を処分する方法 遺骨は火葬後、陶器製の骨壺に入れて、木製の骨箱に収納されるのが一般的な収骨方法です。 一部の地域では陶器製の骨壺には入れず、遺骨を布に入れて、木製の木箱に直接入れるところもあります。 これは陶器製の骨壺を処分するのが困難な地域などに多いです。 近年では、東日本大震災で被害を受けた宮城県などではこの方法がとられています。 一般廃棄物として自力で処分することも可能です 骨壺は陶器ですので、中身を取り除けば陶器として一般廃棄物としてお茶碗などと同じ扱いで引き取ってくれますが、骨壺と判らないくらいに粉砕しておかないと回収してくれない自治体も多いので注意が必要です。 廃棄処分の前にハンマーなどで割り、 故人を特定できないようにしてから廃棄する配慮が必要です。 骨壺を割る時は骨壺を新聞紙などでくるみ、その上から厚手のビニール袋などにいれ、タオルの上からハンマーで叩くようにすると飛び散らずに済みます。 こうすると破壊音も小さくできます。 専門業者に廃棄してもらう 遺骨を取り出した際に、業者に引き取ってもらうことができます。 例えば樹木葬で遺骨を取り出した場合はその霊園かお寺で引き取ってもらいます。 処分費用は高くても千円くらいでしょう。 散骨の際に粉骨をする場合は粉骨業者で処分してもらいます。 例えば弊社であれば、骨箱と骨壺の両方を処分しても無料です。 専門業者の場合は、市区町村指定の廃棄物収集業者と契約してますので、粉砕などの中間処理を経て最終処分場に運ばれます。 正規の契約があるかどうか等を確認してから依頼しましょう。 もちろん弊社は契約済みです。 骨箱の処分方法 骨壺の入っていた骨箱は木製ですので、そのまま可燃物として廃棄できます。 ですがあきらかに骨箱と分かるような外装が施してある骨箱がほとんどですし、そのままゴミ回収に出すと問題が多そうなので、こちらもやはりハンマーなどで破壊してから廃棄処分した方が良いと思います。 もしくはゴミ回収時に回収業者スタッフに直接手渡しして、中身が無い事を見せて、直接回収車に持って行ってもらうとトラブルにならずに済むと思います。 何も飾りの無いシンプルな木箱は簡単に破壊できますが、外装が施してあるものや木箱内部に吹き付けが施されている物はハンマーで叩いてもなかなか破壊できませんので専門業者に廃棄を依頼するか、クリーンセンターなどに直接持ち込んでお願いした方が良いと思います。

次の

生态葬

納骨 方法

> 納骨とお骨佛 一心寺は宗派を問わず、納骨をお受けしています 一部宗派を除く。 納められたご遺骨は10年分をひとまとめにしてお骨佛(遺骨で造られる阿弥陀如来像)を造立いたします。 お骨佛は核家族化や現在の墓地事情などの環境変化に加え、先祖の遺骨をいつも、いつまでも大切に供養したい、というご遺族の思いを受け止める理想的な先祖祭祀・供養法として親しまれ、納骨に訪れる方は年を追って増えています。 一心寺の納骨堂には現在8体のお骨佛様がお祀りされています。 明治20年に第1体目が造立されて以来、10年ごとに開眼しておりますので通算では14体になりますが、戦前に造られた6体は残念ながら戦災で焼失いたしました。 第7期お骨佛 昭和23年、焼け残った戦前の6体の遺灰に戦後納骨された 22万体の遺骨を合わせ、昭和23年に造立• 第8期お骨佛 昭和32年、昭和23年から31年までの納骨約16万体で造立• 第9期お骨佛 昭和42年、昭和32年から41年までの納骨約15万体で造立• 第10期お骨佛 昭和52年、昭和42年から51年までの納骨127,619体で造立• 第11期お骨佛 昭和62年、昭和52年から61年までの納骨145,664体で造立• 第12期お骨佛 平成9年、昭和62年から平成8年までの納骨150,726体で造立• 第13期お骨佛 平成19年、平成9年から18年までの納骨163,254体で造立• 第14期お骨佛 平成29年、平成19年から28年までの納骨約22万体で造立 遺骨で仏様を造る。 一心寺でこの前代未聞のしきたりが始まったのは明治20年です。 安政3年(1856)、年中無休でおせがきの法要を営む常施餓鬼法要が始まりました。 それにより、納骨に訪れる方も後を絶たず、納骨されたご遺骨をもっとも丁重にお祀りするためにお骨佛の造立が発願されたのです。 古来、霊場への納骨や納髪の風習があるように、故人の遺骨や遺髪をお寺に納め、永代にわたって供養するしきたりがありました。 また、仏教では仏像を造って礼拝することはこの上ない善根功徳とされています。 多くの人々に礼拝される仏様を、遺族にとっては何より尊い故人のご遺骨でもって造立する。 それにより、お骨佛を拝めば故人に供養するのと同時に、仏様を礼拝供養することになるのです。 まさに仏様への崇拝と先祖供養の精神が融合した、真に妙なる功徳の仏様、それが一心寺のお骨佛様なのです。 第1期造立以来、130年以上の歴史をもち、およそ200万人にもおよぶ故人が、阿弥陀仏のお姿になって一心寺の納骨堂・お骨佛堂に鎮座しておられます。 全国各地は言うに及ばず、遠く海外からも一心寺のお骨佛に、と納骨され、いまでは大阪人の誇りとされ平成17年には、その信仰習俗に対し、大阪市の無形民俗文化財にも指定されています。

次の