玉 三郎 八千代 座。 鴨大神御子神主玉神社

榮家學堂 之 坂东玉三郎

玉 三郎 八千代 座

6月28日(金)、山口県 下関市民会館で、「坂東玉三郎 下関特別公演」が行われます。 公演に向けての思いを玉三郎が語りました。 一所懸命やりますし、なるべくきれいなものをお見せし、舞台装置も照明も楽しめるものをつくります」。 2年ぶりの下関の公演で玉三郎は今回、3つの地唄を踊ります。 『由縁の月(ゆかりのつき)』は、「歌舞伎の『廓文章』に音楽として使われているくらいの名曲。 遊女夕霧が踊る形になります。 廓の雰囲気のある踊りです」。 この曲が秋の風情を唄っているのに続き、夏を描いているのが『鉤簾の戸(こすのと)』。 「遊女のていで、松風に自分の運命を問いたいとか、名歌詞でありまた、曲が非常によくできております」。 そして、「道成寺物を地唄にするとこうなる」という『鐘ヶ岬』は春。 季節の異なる、「違った雰囲気のものをご覧いただきます。 舞踊だけでは、「声も聞こえないし、どんな話をする人間かもわからないけれど、『口上』があれば、声も聞けて皆様との交流もできます」と、ご当地の皆様へのご挨拶「御目見得 口上」も行います。 「その日、ご来場のお客様へのご挨拶、ですから、何を言うかわかりません」というお楽しみです。 歌舞伎俳優として感じるものが多い下関で 下関といえば源平の合戦の地、壇ノ浦がある場所。 玉三郎は、平成17(2005)年に「源平壇の浦合戦八二〇年」と銘打った公演を初めて行って以来、下関での公演は14年にわたり今回で6回目を迎えます。 『義経千本桜』「大物浦」に登場する安徳天皇を祀る赤間神宮を初めて訪れたときは、ゆかりのものに「歌舞伎役者として感じるところがありました」とも語りました。 しかし、公演に向けての思いはまったく別のもので、「お客様に喜んでいただけるいい舞台を勤めることに集中する」ときっぱり。 「そのとき、そのときを一所懸命にやる」、その様子を間近で見てきた公演実行委員会の西山玲子さんは、舞台のため常に自己管理を徹底している玉三郎の姿に驚きを隠せず、「全身全霊を込めて踊るからこそ、皆さんが感動する」ことを実感したと述べました。 回数を重ねることに意味をおかず、いつも「一期一会」と思って舞台を勤めるという玉三郎。 ぜひ、下関に足をお運びください。 時間は変更になる場合があります。

次の

坂東玉三郎12月月志

玉 三郎 八千代 座

坂東玉三郎 坂東玉三郎 (5代目) は歌舞伎役者である。 梨園の出身でないにもかかわらず、稀代の女形として歌舞伎界を代表する役者の一人で、ファンからは「玉さま」の愛称で呼ばれている。 1950年に生まれ、1956年に14代目守田勘弥(4代目坂東玉三郎)の部屋子(幹部俳優に預けられ、その俳優と同じ楽屋を使い芸を習う立場)となり、その翌年に坂東喜の字の名で初舞台を踏んだ。 1964年に歌舞伎の名跡・坂東玉三郎の5代目を襲名し、その後14代目守田勘弥の養子となった。 1970年代には10代目市川海老蔵(12代目市川團十郎)との「海老玉コンビ」、片岡孝夫(15代目片岡仁左衛門)との「孝玉コンビ」で人気を博す。 これまでに「桜姫東文章」の桜姫、「籠釣瓶花街酔醒」の八ツ橋など多数の大役をこなし、その地位を不動のものとする。 歌舞伎と平行して新派の舞台にも立ち、「ナスターシャ」「サド侯爵夫人」などで成功を収めた。 さらに、舞踏家・演出家・映画監督としての顔も持つ。 2012年に重要無形文化財保持者(人間国宝)として認定され、2014年には紫綬褒章を受章。 2013年にはフランス芸術文化勲章の最高章・コマンドゥールを受章するなど、その芸術性は海外からも高く評価されている。

次の

八千代座

玉 三郎 八千代 座

中央が五代目坂東玉三郎 歌舞伎界を背負って立つ。 評価の高い舞台での美しさと存在感に加え、昭和歌舞伎を代表する大役者・亡き後、かつて歌右衛門がつとめた数々の大役を継承して新しい境地を確立している。 若くして・に招聘され、、、ら世界の超一流の芸術家たちと多彩なを展開するなど、その影響と賞賛は世界的なものである。 また、映画監督・演出家としても独自の映像美を創造した。 その他にも、演劇全般に関する私塾「東京コンセルヴァトリー」の開校やの保存への協力など、演劇以外にも活躍している。 また歌舞伎だけでなく、10代半ばよりレッスンを受けたの実力も、プロ・バレリーナと一緒に踊りをこなしても何の遜色もないどころか、玉三郎自身が一バレエダンサーとしての評価にあずかるほどのものがある。 近年は歌舞伎と縁の薄いの演出も手がけている。 趣味は。 五代目玉三郎は、の出でないばかりか、の後遺症をリハビリで克服したこと、その影響でとなったこと、女形としては長身であること(公称173cm、過去に某雑誌では175cmとも)、芸風や活動方針を巡って六代目歌右衛門との間に永年の確執があったこと(後年和解)など、数々の苦難を克服しつつ精進を続けて今日の地位を築きあげた、現在の歌舞伎界における希有の存在である。 年譜 [ ]• 1950年4月 に生まれる。 生家は。 1956年 小児麻痺後遺症のリハビリにと舞踊を習う。 舞踊の魅力にとりつかれ、また稽古に通った縁からのとなる。 1957年12月 にて『・寺子屋』の小太郎で 坂東 喜の字を名のり初舞台。 1964年6月 十四代目勘弥の芸養子(戸籍上は1974年に養子縁組)となり、にて『』のおたまほかで五代目坂東玉三郎を襲名。 1969年3月 卒業。 1969年 の新作歌舞伎『』の白縫姫に抜擢。 1970年 『』の雲絶間姫で相方したとの「海老玉コンビ」が人気に。 1975年 『』の桜姫で相方したとの「孝玉コンビ」が人気に。 1977年 日生劇場で「天守物語」(原作:泉鏡花)を上演。 1979年には京都南座で上演。 相手役は。 1984年5月 100周年記念公演に招聘され出演。 1986年 舞台『』を初演出。 1988年 らの演奏による『』で創作舞踊を上演。 1988年11月 の振付けにより、、らと共演。 1991年 映画『』を初監督。 1994年5月 ベジャールとの共演で『〜コーデリヤの死』を初演。 1996年 ヨーヨー・マの演奏による『』を映像収録した『希望への苦闘』が(リヨン)でグランプリを受賞。 2000年 芸術監督に就任(2001年辞任)。 2008年 『』を、湖広会館で江蘇省蘇州昆劇院と共に上演。 2012年4月 和太鼓集団芸術監督就任。 2012年 重要無形文化財保持者に各個認定()。 受賞歴等 [ ]• 1970年3月• 1971年 第8回演劇賞• 1978年 第15回ゴールデン・アロー賞演劇賞• 1981年 優秀賞• 1985年 第3回都民文化栄誉章• 1991年 ・名誉文学博士号• 1992年 特別賞• 1997年• 1997年 第39回• 1997年 第5回最優秀男優賞• 2009年 第57回• 2011年 第27回• 2013年• 2014年• 2016年 ・• 2018年 大賞• 2019年• 2019年• 2019年 会員 代表作 [ ] 主な歌舞伎の当たり役 [ ]• 『』の雲絶間姫(くものたえま ひめ)• 『』の桜姫(さくら ひめ)• 『』の静御前(しずか ごぜん)• 『』の阿古屋(あこや)• 『』の八ツ橋(やつはし)• 『』の十六夜(いざよい)• 『』の白拍子花子(しらびょうし はなこ)• 『』の鷺の精(さぎの せい)• 『』の揚巻(あげまき)• 『』の蛍火(ほたるび) 歌舞伎海外公演 [ ]• 1982年7月 公演• 1984年5月 アメリカ公演(ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場)• 1985年7月 アメリカ公演• 1986年6月 公演• 1989年10月 公演• 1991年10月 公演• 1992年4月 公演 近代劇 [ ]• -おすえ(1975年、)• -マクベス夫人(1976年、、、)• -デズデモーナ(1977年、、1978年、中日劇場)• -富姫(1977年、日生劇場)• -お孝(1978年、日生劇場)• - 1980年4月中日劇場• -マルグリット(1979年、日生劇場、1980年7月、中日劇場)• -メディア(1983年、日生劇場)• -忽蘭(1983年、新橋演舞場)• -ルネ(1983年、)• -緑川夫人(1984年、新橋演舞場、1986年、中日劇場)• -吉岡良子(1985年、新橋演舞場)• -楊貴妃(1987年、新橋演舞場)• -お園(1988年、)• -ナスターシャ、ムイシュキン(1989年、)• -加恵(1990年、新橋演舞場)• -サン・フォン伯爵夫人(1990年、ベニサン・ビット)• -エリザベス(1993年、)• -つう(1999年)• -美女(2000年、日生劇場)• () -杜麗娘(2008年、南座および北京・湖広会館) 主な舞台演出作 [ ]• (1986年)• 鼓童 幽玄 映画 [ ]• -百合、白雪姫(1979年)• -泉鏡花(1988年)• (1990年)• -稲村御舟(1991年)• -ナスターシャ、ムイシュキン(1994年)• -富姫(1995年) 主な映画監督作 [ ]• (1991年)• (1993年)• (1995年) テレビ番組 [ ]• (、2008年)• (、2008年)• (NHK、2010年)• (、2011年)• (、2011年)• (制作・、2012年)• (、2019年11月21日) CM [ ]• (C33型:1988年 - 1990年)• (2013年 - )• 『肺炎予防PR』(2017年-) 写真集ほか [ ]• 『真夜中のノート 坂東玉三郎エッセイ集』サンリオ、1976• 『玉三郎の邦楽ジョッキー』日本放送出版協会、1977• 『坂東玉三郎』写真 講談社、1978• 『坂東玉三郎 ひかりの中で』奥村喜一郎・谷田貝高幸写真 松竹株式会社・事業部、1979• 『坂東玉三郎 冬の旅 ヨーロッパの古都を歩いて』篠山紀信写真 講談社、1981• 『坂東玉三郎 onnagata』大倉舜二 平凡社、1983• 『歌舞伎女形』序文、大倉舜二写真、解説、新潮文庫、1986• 『 孝夫・玉三郎』佐藤英世写真、旺文社文庫、1985• 『坂東玉三郎の世界』篠山紀信写真 朝日新聞社、1988• 『監督坂東玉三郎「夢の女」』岸野正彦写真 NTT出版、1993• 『山鹿八千代座 坂東玉三郎華麗に舞う』NTT出版、1993• 『坂東玉三郎ナスターシャ写真集』ぴあ、1994• 『坂東玉三郎の宇宙』ダンスマガジン編 新書館、1997• 『坂東玉三郎 舞台写真集』福田尚武写真 朝日ソノラマ、1998• 『ザ歌舞伎座』篠山紀信撮影、玉三郎案内役 講談社、2001、改訂版2009• 『五代目坂東玉三郎写真集』篠山紀信 講談社、2007• 『THE LAST SHOW TAMASABURO AND THE KABUKIZA』篠山紀信撮影、玉三郎案内役 小学館、2010• 『坂東玉三郎 すべては舞台の美のために』小学館・和樂ムック、2009• 『坂東玉三郎舞台』福田尚武写真 小学館、2012 関連書籍 [ ]• 『坂東玉三郎 歌舞伎座立女形への道』幻冬舎新書 2010 脚注 [ ]• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018:• 2020:• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018:• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: ・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012:• 2016:• 2019:• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: ・• 1955: ・• 1956: ・・• 1957:• 1958:• 1959: ・• 1960: ・• 1961: ・• 1962: ・• 1963: ・・• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968: ・• 1969:• 1970:• 1971:• 1973:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2007:• 2010:• 2012:• 2013:• 2016:• 2018:• 2019:• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: ・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2017:• 2018:• 2019:• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972:• 1974:• 1980:• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・• 2010: ・• 2011:• 2012: ・• 2013:• 2014:• 2015: ・• 2017:• 2020:.

次の