チンチラ ペルシャ。 ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの違いと特徴は?知ると楽しい見分け方!|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

モフモフ猫の王様ならチンチラ!チンチラゴールデンはタヌキそっくり!?

チンチラ ペルシャ

チンチラペルシャの特徴 チンチラペルシャの特徴はペルシャとほどんど差がありません。 しかしペルシャよりやや毛質が軽いとされています。 短めの足、ドールフェイスと呼ばれる丸い目と低い鼻、耳のあいだが離れています。 中型コビータイプで体長は短く丸い体型、体重は3. 0~5. 5kgが標準とされています。 ペルシャと異なる特徴として、目の色が緑または青系統であること、アイラインがより強くくっきりと描かれていることなどがあげられます。 また、毛先に入るシェード(影)の分量が、ペルシャでは毛の3分の1までであるのに対して、チンチラペルシャでは8分の1までともされ、ペルシャよりも明るい色合いが特徴です。 チンチラペルシャの性格 チンチラペルシャの歴史 チンチラはの毛色のバリエーションの1種です。 シェーデッドカラーのうち、ゴールドまたはシルバーの毛色で青もしくは緑の目を持つ猫を、チンチラペルシャやチンチラと呼んでいます。 欧米の一部の国でこの毛色のペルシャをチンチラという品種として独立させようという動きがありましたが、これを認めているのは南アフリカなどのごく一部の血統管理団体のみとなっています。 ペルシャの起源は古く、純血種の中では最古の品種の1つとされていますが、その後の交雑により様々な毛色が導入されることになりました。 ペルシャはキャットショーの歴史において最初に登場する猫種のひとつでもあり、その優雅で美しい容姿は早くから多くの熱烈な愛好家を引き寄せてきました。 そんな中、チンチラペルシャが作出されたのは、1882年のイギリスでした。 ブルーのペルシャと雑種猫の交配により生まれた「チニー」を、シルバータビーのペルシャと交配させて生まれた子猫たちの中に「銀の仔羊」と名付けられたシルバースモークの毛色のオスがいました。 このオス猫がチンチラペルシャの基礎となったとされています。 美しいペルシャの中でもひときわ目立つシルバースモークの猫は、輸出されたアメリカでも熱狂的な愛好家を生み出しました 愛好家たちはチンチラをペルシャから独立させようと、アメリカ最大の猫血統登録団体であるCFAに申請しましたが、ペルシャと分けるのは毛色以外の特性がないことから、CFAはこれを見送りました。 その代り、キャットショーではペルシャの毛色のバリエーションの1つとして、チンチラ部門を設けてショーを行っています チンチラペルシャの飼い方 チンチラペルシャはペルシャより毛質が軽いとされていますが、長毛で被毛が厚いことは同じです。 トップコートは軽くて細い分、より絡まりやすいため、できるだけ毎日ブラッシングまたはコーミングをしてあげましょう。 抜け毛をきちんと処理しないと、毛づくろいで毛を飲み込んで毛球症をおこすことがあります。 定期的なブラッシングやコーミングは、皮膚の血行の改善効果があり、アンダーコートの通気を良くして皮膚疾患を予防します。 チンチラペルシャはペルシャ同様、成猫は運動や狩りを好むタイプの猫ではありません。 運動不足になりがちで太りやすい傾向がありますので、食事の量と質に気を付けてあげましょう。 チンチラペルシャの毛色 チンチラペルシャの主な毛色はシルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類になります。 チンチラを代表するシルバーの毛色は、アンダーコートも白くなければいけません。 背中と脇腹、しっぽと頭はわずかな黒のシェイドが入ります。 チンチラブルーは、黒のシェイドの代わりにブルーのシェイドが入ります。 チンチラゴールデンの場合は、アンダーコートはアプリコットまたはより明るい色でなくてはいけません。 毛先のシェイドは黒が入ります。 ブルーゴールデンの場合は、アンダーコートはさらに青白く明るい色であり、毛先のシェイドはブルーになります。 チンチラペルシャの気を付けたい病気 チンチラペルシャはペルシャ同様、平均寿命はやや長めで、15~20歳とされています。 多発性のう胞腎という遺伝疾患の起こりやすい猫種であり、両親のいずれかが発症していれば50%の確率で発症します。 進行すると腎不全で亡くなってしまう、治療法のない病気です。 体質的に、シュウ酸カルシウムによる尿石のできやすい傾向があります。 放置すると尿毒症から死に至る場合があるので、ふだんからよくお水を飲むように工夫し、おしっこの量や色には日頃からよく注意してあげましょう。 その他、遺伝的に起こりやすい疾患として、眼瞼内反症、流涙症、白内障などの眼病や、皮膚糸状菌症、脂漏性皮膚炎などの皮膚病、肥大型心筋症などの心臓病が知られています。 皮膚疾患の予防と早期発見のためにはこまめに被毛の手入れを、また眼病予防のためには涙や目やにの量に注意しこまめに拭き取ってあげるなど、日頃から十分にケアを行うことが大切です。 チンチラペルシャの価格相場 グループサイト、『』における、チンチラペルシャの直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約 17万円、最高価格は 33万円、最低価格は 5万円です。

次の

ペルシャ|里親募集|ジモティー

チンチラ ペルシャ

チンチラペルシャは、もこもこのたっぷりとした被毛に覆われ、一見するとペルシャ猫ですが、よく見ると瞳は緑や青、アイラインがしっかりと入っているという特徴があります。 そんなチンチラペルシャの歴史や特徴、性格、飼い方についてご紹介します。 チンチラペルシャを飼っている人はもちろん、これからいっしょに暮らしたい、飼えないけどもっと詳しく知りたいという方、ぜひお読みください。 猫種 チンチラペルシャ 英語表記 Chinchilla Persian 原産国 イギリス 毛種 長毛種 チンチラペルシャの歴史 謎に包まれたペルシャの起源 チンチラペルシャとはペルシャの毛色の一種です。 ペルシャの歴史は古く、純血種としては最古の猫種とされています。 しかし、ペルシャがいつどこで生まれたのかを示す資料は現存しておらず、その起源は謎に包まれています。 ペルシャは現在のイランを指す古い地名です。 ペルシャの商人たちが長毛の猫を大切な商品として扱ったことから、ペルシャと呼ぶようになったと言われています。 実際にペルシャは、イランからアフガニスタンにかけての広い地域に生息していた土着の猫が起源であるという説があります。 ほかにもイランに土着していた猫とターキッシュアンゴラを交配させて誕生したという説があります。 19世紀にイギリスで誕生したチンチラ ペルシャは、16世紀後半にイタリアに持ち込まれたとされています。 おとなしい性格であったことからヨーロッパで広く飼われるようになりました。 1871年には、ロンドンで行われた世界初のキャットショーで披露されます。 これをきっかけにペルシャの品種改良が行われ、イギリスで誕生したのがチンチラペルシャです。 1882年、ブルーのペルシャと雑種猫を交配させて生まれた猫と、シルバーの縞模様を持つペルシャを交配させました。 こうして生まれた子猫のうちの1匹は、シルバースモークの毛色をしており、チンチラペルシャの元になったとされています。 アメリカに輸出されて大人気になる チンチラペルシャのシルバースモークの毛色は、鮮やかで目立つことから見る人を惹きつけました。 やがて、アメリカに輸出されると大西洋の向こう側でも大人気となり、多くの愛猫家を生み出したと言われています。 そして、愛猫家たちは、このシルバースモークの毛色を持つチンチラペルシャを独立した猫種として登録しようと、「CFA(アメリカ猫愛好家協会)」に働きかけます。 しかし、CFAは「毛色以外にペルシャと異なる特徴がない」という理由で登録を見送りました。 チンチラペルシャは、猫種として認められることはありませんでしたが、今日でも人気の毛色であり、多くの愛猫家たちを魅了しています。 チンチラペルシャの特徴 気品に満ちたきらめく被毛 チンチラペルシャの被毛は、全体的に長くボリュームがありモコモコしています。 色合いは明るく鮮やかで、光に当たるときらめいてゴージャスで気品に満ちています。 なでるとしっかりとした弾力を感じることができ、シルクのように滑らかな手触りです。 首から胸にかけて飾り気がたっぷりと生えているのも特徴です。 がっしりした体つき チンチラペルシャは、ペルシャの体つきをそのまま受け継いでいます。 全体的に丸みがあり、ふっくらして見えますが、がっしりした体つきをしていて、骨格は太く、バランス良く筋肉が付いています。 体の大きさに比べて足が短いのも特徴です。 丸いドームフェイス チンチラペルシャの頭は、ペルシャと同じ丸く幅広のドーム型です。 まん丸の大きな目、ペちゃっと潰したような低い鼻がトレードマークであり、平面的で突き出したところがまったくないユーモラスな顔をしています。 ペルシャと異なる特徴は、瞳の色がブルー、またはグリーンであることで、アイラインが長く、くっきりと描かれています。 チンチラペルシャのサイズ(体重と体高) チンチラペルシャの体格は、ペルシャと変わりありません。 成猫の体重はオスが3. 5~6kg、メスが3~5kgあります。 また、体高は23~25cmあります。 チンチラペルシャの性格 穏やかで落ち着きがある チンチラペルシャの性格は、ペルシャと変わりありません。 上品な見た目そのままの穏やかな性格をしています。 どっしりしていて威風堂々とした佇まいが印象的です。 また、おとなしく、よく人に懐き、しつけがしやすい猫です。 その一方で、じっとしていることが多く、しつこくされるのを嫌がる繊細な一面もあります。 やさしく触れば嫌がりませんが、あまりベタベタするとそっぽを向かれてしまいます。 また、静かな環境を好み、騒音や話し声がうるさいと、どこかへ行ってしまうことがあります。 チンチラペルシャの毛色 チンチラペルシャは、シルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類の毛色があります。 シルバーは光に当たるとよく輝き、ゴールデンは角度によって見え方が微妙に変化することから特に人気があり、チンチラシルバー、チンチラゴールデンとも呼ばれています。 チンチラペルシャの飼い方 ブラッシングは1日2回行う チンチラペルシャを飼うなら、長くボリュームのある被毛の手入れが欠かせません。 毛玉や抜け毛を取り除くために、ブラッシングは1日2回行いましょう。 特に、地面に触れる腹部と尾の裏側は毛玉ができやすいので入念にブラッシングしましょう。 チンチラペルシャの毛は絡みやすく、毛玉を発見しても強引に引っ張らずに、指でほぐしてから慎重に取り除いてください。 もし、毛が長すぎるようならハサミで切っても構いません。 仕上げに目の粗いブラシでやさしく整えると、ツヤとシルクのような手触りを保つことができます。 涙や目やにを小まめに拭き取る 鼻が低いチンチラペルシャは、涙の量が多い傾向にあり、目の病気に注意する必要があります。 涙や目やには、コットンやペット用のウェットティッシュで小まめにやさしく拭き取りましょう。 食事の量をしっかりコントロールする チンチラペルシャは、おとなしい性格をしているため、体格の割りに運動量が多くありません。 そのため、肥満に気をつける必要があります。 日ごろから食事の量をしっかりコントロールし、脂質とカロリーを摂らせ過ぎないようにしましょう。 もし、太ってきたと感じたら、食事の量を急に減らすのではなく、低カロリー・低脂肪のダイエット用フードを与えてください。 チンチラペルシャのかかりやすい病気 流涙症 鼻が低いチンチラペルシャは、「流涙症」になりやすいとされています。 流涙症はその名のとおり、涙が活発に分泌される病気です。 涙が多いと、目の周囲の毛が変色する「涙焼け」を起こします。 さらに、涙によって角膜や結膜が刺激されることで、光をまぶしく感じるようになり、瞬きが多くなります。 症状が軽ければ健康への大きな影響はありませんが、重症化すると角膜の病気を併発することがあります。 主な治療法としては、点眼薬の投与と涙小管の洗浄があります。 結膜炎 「結膜炎」は、チンチラペルシャに限らず、猫にとって最も多い目の病気であり、まぶたの裏側で炎症が起こることで、目を開けるのが困難になります。 チンチラペルシャの場合は、流涙症との合併症状として発症することが多い傾向にあります。 瞬きが多い、目を開けることができない、目が異常に赤いなどの異変を発見したら、早めに動物病院を受診してください。 眼瞼内反症 「眼瞼(がんけい)内反症」は、まぶたがまつ毛を絡めるようにして内側に引っ込んでしまい、角膜を傷つける病気です。 チンチラペルシャに比較的多い病気とされています。 重症化すると手術が必要になります。 瞬きや涙の量が多いと感じたら、早めに動物病院を受診してください。 毛球症 長くボリュームのある毛を蓄えたチンチラペルシャは、抜け毛や毛玉が多く出て、毛づくろいのときに飲み込んでしまいます。 飲み込む毛の量が多いと、うまく排出することができずにお腹に溜まってしまいます。 それによって胃腸の働きが低下して、嘔吐、下痢、食欲不振などの原因になります。 毛球症は、ブラッシングを毎日行うことで予防できます。 それでも、きれい好きな猫は毛づくろいを頻繁に行いますから、食物繊維を多く配合したフードや毛の排出を促す薬を与えて、お腹に毛球が溜まるのを防ぎましょう。 チンチラペルシャの平均寿命 チンチラペルシャの平均寿命は、15~20年とされています。 日本で猫の平均寿命は15年程度ですから、それよりも長めです。 チンチラペルシャの価格相場 チンチラペルシャの子猫の平均価格は約19万円です。 チンチラペルシャの飼っている有名人 歌手の相川七瀬が、チンチラペルシャを飼っています。

次の

チンチラってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

チンチラ ペルシャ

チンチラ猫は人気の高い猫種のため、ペットショップなどでも販売されていて、入手しやすいでしょう。 チンチラ猫を飼いたいという方は、まずチンチラ猫の性格や特徴、寿命について理解をしてから飼いましょう。 ここでは、チンチラ猫の性格や特徴、寿命について解説を致します。 チンチラ ペルシャ猫 の特徴 チンチラ ペルシャ猫 は、人間により育種してつくられた猫種と言われていますが、ペルシャ猫はとても古くからいる猫種です。 ペルシャ猫は猫血統登録団体に登録されている純血種の中で最も古い猫種と言われています。 しかし、チンチラ猫はペルシャ猫の一種であり「チンチラ」という猫種としては猫血統登録団体では登録されていません。 ペルシャ猫とチンチラは毛質以外にあまり大きな違いが無い事から「ペルシャ猫の一種」とされています。 しかし、他のペルシャ猫とは違った美しい毛質が評価され、キャットショーなどでは「チンチラ部門」として区別され、ペットショップなどでは「ペルシャ チンチラ 」という名称で販売されています。 チンチラ猫の平均体重は約3. 0~5. 5kgで、中型~大型のコビータイプの体格をしています。 ペルシャ猫との違いとして、チンチラ猫の方が明るく軽い毛質をしています。 クリッとした大きな目のドール顔で、やや胴長で短足のがっしりした丸みのある体をしており、やわらかな毛質が小動物の「チンチラ」と似ているため「チンチラ猫」と名付けられたと言われています。 ゴージャスな長い毛と美しい毛色が最大の特徴で、セレブ感溢れる見た目をしています。 チンチラ ペルシャ猫 の性格 チンチラ猫の毛質やドールフェイスなどの見た目に魅了される人が多くいますが、性格にも魅力がたくさんあります。 チンチラ猫は1日の約16時間が睡眠と言われています。 ゆっくり静かに暮らす事を好み、あまり猫らしい激しい運動をしません。 子猫のチンチラがおもちゃで遊んだり活発に運動する姿を見ますが、成猫のチンチラはおもちゃで遊びたがる事も少なくなり、あまり活発に動きたがらない猫種と言われています。 非常に大人しく滅多に鳴く事も無いため「ボイスレスキャット」とも呼ばれています。 なんと、発情期のオスですら鳴かないとも言われてるのです。 そんなチンチラ猫はツンデレタイプの性格をしており、飼い主にべったり甘える時もあれば、しつこく構われると嫌がる事もある猫らしいマイペースな子が多くいます。 大人しく静かな性格なので、多頭飼いにはあまり向いておらず、音などから近隣を気にするマンション暮らしの方や一人暮らしの家庭に向いている猫種です。 そんな大人しい性格も人気の理由の一つでもあります。 ゴージャスな迫力ある見た目とは違い大人しい性格のギャップも魅力的です。 チンチラ ペルシャ猫 の寿命 チンチラ猫は、他の品種の猫と比較して非常に寿命が長いと言われています。 猫全体の平均寿命が約13~15年と言われていますが、チンチラ猫の平均寿命は約16~20年です。 長寿の理由ははっきりとしていませんが、おっとりとしたストレスを感じにくい性格をしているからではないかとも言われています。 また、コビータイプの体格で体が丈夫とも言われています。 チンチラ猫の平均寿命は非常に長寿ですが、生活環境や体重維持などの健康管理により大きく寿命は異なってきます。 丈夫な体ではありますが、活発に運動をしない猫種なので肥満になるリスクもありますので、健康管理には気を付けましょう。 肥満が原因で糖尿病や関節疾患、心臓病など様々な病気に掛かってしまうため、食事や運動で体重維持をして肥満予防をしましょう。 チンチラ猫の性格や特徴、寿命について解説を致しましたが、チンチラ猫の最大の特徴でもある美しい毛色の種類について解説を致します。 チンチラ ペルシャ猫 の毛色の種類とは?人気カラーは? チンチラ猫の最大の特徴でもある毛色の種類は様々なカラーがあります。 ここでは、チンチラ猫の毛色の種類や人気のカラーについて解説を致します。 チンチラ猫の主なカラーはシルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類と言われています。 ペットショップなどの一般的に多いカラーはシルバーとゴールデンですが、ブルー 灰色 、ブラック、ホワイト、クリーム、レッドなどの珍しいカラーのチンチラ猫もいます。 また、毛の柄はソリッド 単色 だけでなく、タビー 縞模様 やキャリコ 三毛 、バイカラー 二毛 、パーティーカラー 複合色 などの様々な柄があります。 同じシルバーカラーの中でも、毛先の色のシェード 影 の割合により毛色の見え方が違うため呼び方も異なります。 そのため、例えばシルバーカラーの場合でも「チンチラシルバー」「シェーデットシルバー」「シルバースモーク」など様々な種類に分類されます。 チンチラ猫は長毛種でゴージャスな毛をしていますが、その中でも特に長いロングヘアーのチンチラ猫もいます。 珍しい柄やカラーのチンチラ猫は入手しにくい傾向にありますが、人気のカラーはシルバーとゴールデンです。 やはり、シルバーの毛色が一番人気が高く、チンチラらしい美しいシルバーの毛色に魅力を感じる人が多いのでしょう。 様々なカラーや柄のチンチラ猫がいますが、毛色の違いにより値段も異なるのかどうか等、チンチラ猫の値段にについて解説を致します。 やはり、ブルーなどの珍しいカラーやタビーなどの模様がある場合は、数も少なく入手しにくいため、高い値段で販売されている事が多くあります。 シルバーよりもゴールデンの方が希少で値段が高い傾向にもありますが、年齢や血統、顔つきなどによっても値段が異なるため、カラーにより値段が異なるとも一概には言えません。 しかし、一般的に数も多く入手しやすいシルバーカラーは比較的平均的な値段で購入できるでしょう。 シルバーやゴールデンの中でも、シェーデットシルバーやシェーデットゴールデン、スモークシルバー、スモークゴールデンなど様々な毛色の種類があり、毛色の見え方など見た目の美しさにより値段が異なる事もあります。 親猫がキャットショーのチャンピオンや賞を受賞している場合は、平均価格の倍以上の値段が付く事もあります。 年齢による値段の違いは、子猫の方が高く成猫となり売れ残ってしまった場合はとても安い値段になる事もあります。 また、ペットショップ以外にもブリーダーから購入する方法や、里親として入手する方法もあります。 里親として迎え入れた場合は、去勢・避妊手術やワクチン接種などの費用が掛かる事はありますが、猫自体は無料になります。 お住まいの地域にある保健所 動物愛護センター や保護猫カフェなどにチンチラ猫がいるかどうか問い合わせをしても良いでしょう。 最近では、インターネットの掲示板やSNSなどを利用して里親を募集する事があり、インターネットを通じて里親になる事が出来ますが、里親詐欺というものが存在するため注意が必要です。 里親になる場合は、猫の特徴や性格、病気の有無、去勢・避妊手術やワクチン接種済みなのかどうか等、情報を得てから引き取りましょう。 里親として迎え入れる場合は、多くの毛色や柄の種類から選ぶことは難しいですが、ペットショップなどで多くの種類の中から選ぶ場合は注意点が必要です。 次に、チンチラの猫毛色を選ぶ際の注意点について解説を致します。 チンチラ ペルシャ猫 の毛色を選ぶ際の注意点とは? チンチラ猫の毛色の種類は様々で、どのカラーのチンチラ猫を飼おうか悩む人も多いでしょう。 ここでは、チンチラ猫を選ぶ際の注意点について解説を致します。 チンチラ猫は長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛をしていますが、その中でも特に長いロングヘアーのチンチラ猫もいます。 ゴージャスな長い毛がセレブ感溢れ、魅力を感じる人も多くいますが、毛のお手入れに注意が必要となります。 ロングヘアーの場合、毎日のブラッシングや定期的にシャンプーを行い、日頃から「毛球症」という病気の予防が必須です。 また、毛色によって性格もやや違いがあるとも言われています。 チンチラシルバーはプライドが高めでやや神経質な性格が多く、チンチラゴールデンは人懐っこい性格が多いとも言われています。 毛色により性格の違いがあるという説もありますが、猫の性格は生活環境や個体差により大きく性格が異なるでしょう。 チンチラ猫の毛色を選びポイントとして、ホワイトやシルバーは汚れが目立ちやすく、ブラックの色味の割合が多い程汚れが目立ちにくいという理由からブラック系のチンチラ猫を選ぶ方も多いようです。 お手入れの事も考えた上で、最終的には見た目の好みや飼い主との相性で決めると良いでしょう。 どのカラーのチンチラ猫を迎え入れるとなっても、特徴でもある元々の美しい毛質や色、健康を維持するためにも、毛のお手入れはしっかりと行いましょう。 長毛種のチンチラ猫の健康の秘訣は適度な運動と食事、静かなゆっくりと暮らせる生活環境、毛のお手入れと言われています。 チンチラ猫の特徴や性格を理解し、愛猫となるチンチラ猫を見つけて大切に育ててあげましょう。

次の