古関裕而 幼なじみ。 朝ドラ「エール」村野鉄男(むらの・てつお)のモデルの生涯

【エール】乃木大将・村野鉄男(中村蒼) モデルは作詞家・野村俊夫 代表曲は?

古関裕而 幼なじみ

朝ドラ「エール」に登場する村野鉄男(キャストは中村蒼)のモデルとなった福島県出身の作詞家・野村俊夫の生涯を紹介します。 福島時代 野村俊夫(のむら・としお)は、明治37年(1904年)11月21日に福島県福島市大町で、魚屋「魚忠」を営む鈴木忠八の3男として生まれました。 野村俊夫は福島市立第一小学校を卒業後、福島商業学校へと進学したのですが、病気や家庭の事情により中退しました。 中退後、福島県の富豪・角田林兵衛の家に2年間、奉公していたのですが、密かに勉強していた事が奉公先にバレてしまい、「そんなに勉強したいのなら、家で本格的に勉強しなさい」と言われ、実家へ返されてしまいます。 その後、3年ほど家業を手伝いながら、勉強を続け、20歳の時に福島民友新聞社へ入社し、報道部の新聞記者として奔走しながら、文芸欄も担当しました。 スポンサードリンク 上京後 昭和5年、幼なじみの作曲家・古関裕而が日本コロムビアの専属契約するために上京します。 野村俊夫は古関裕而に誘われて、福島民友新聞社を辞めると、昭和6年3月に姉テウを頼って上京しました。 野村俊夫は、仕事をしながら純粋詩を書くために上京したのですが、福島時代に作詞した「福島行進曲」が古関裕而のデビューレコードに採用され、フリーの作詞家として活動を開始しました。 しかし、リベラルな思想を持っていた野村俊夫は、国の意向に背くような歌詞ばかり書いていたので、ことごとく検閲で棄却され、ブラックリストの筆頭になってしまい、レコードの仕事が出来なくなってしまうのでした。 妻と2人の娘を抱えていた野村俊夫は、生活のために方針を転換し、昭和14年に戦時小唄「ほんとにほんとに御苦労ね」を作詞してヒットさせます。 そして、昭和14年の「上海夜曲」が大ヒットし、野村俊夫は日本コロムビアの専属となって、ようやく安定した生活が送れるようになりました。 さらに、昭和15年には、福島出身の古関裕而・伊藤久男と手がけた「暁に祈る」が爆発的にヒットしました。 野村俊夫・古関裕而・伊藤久男の3人が福島県の出身だったことから「福島三羽ガラス」と呼ばれ、戦時中に数多くの曲を手がけました。 戦後から晩年 戦後は昭和23年に、作詞家・古賀政男とのコンビで「湯の町エレジー」を大ヒットさせます。 その後は、ジャスラックの理事に就任して、音楽家の権利拡大に奔走する一方で、作曲家の古関裕而・古賀政男らとともに数多くの歌を作り、島倉千代子や美空ひばりにも歌を提供しました。 野村俊夫は、昭和40年にジャスラックの常務理事を辞任します。 経営問題の責任を取って辞めたらしいです。 その後、昭和41年(1966年)9月30日に十二指腸潰瘍の手術を受けたのですが、手術後の腸閉塞により、昭和41年10月27日に死去しました。 62歳でした。 朝ドラ「エール」のモデル一覧は『』をご覧ください。

次の

野村俊夫 福島三羽カラスと呼ばれた作詞家

古関裕而 幼なじみ

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。 裕一と音の東京での生活が始まりました。 いよいよ、作曲家・古山裕一の誕生です。 実は、これからも裕一の音楽人生に深くかかわってくる人物です。 裕一を含めてその3人の人物の実在モデルが、 「福島三羽ガラス」と呼ばれている人たちです。 〜もくじ〜• 福島三羽ガラスって? 福島県福島市出身の作曲家、古関裕而(こせきゆうじ)さん。 同じく福島県福島市出身の作詞家、野村俊夫(のむらとしお)さん。 福島県本宮町(現:本宮市)出身の歌手、伊藤久男(いとうひさお)さん。 3人とも福島県出身で、上京後に苦しい下積み時代から励ましあってきた音楽仲間であることから 「福島三羽ガラス」と呼ばれるようになりました。 また、3人ともレコード会社のコロムビア(現:日本コロムビア株式会社)に所属していたので、 「コロムビア三羽ガラス」、「コロムビア福島県トリオ」などと呼ばれることもありました。 1940(昭和15)年発売の戦中歌謡、「暁に祈る」。 映画「暁に祈る」の主題歌です。 この曲は、作曲が古関裕而さん、作詞が野村俊夫さん、歌唱が伊藤久男さんという、まさに福島三羽ガラスによるヒット曲です。 その他にも、1948(昭和23)年の「若き日のエレジー」、1953(昭和28)年の「岬の灯り」、1954(昭和29)年の「福島音頭」、1956(昭和31)年「メコンの舟歌」など、福島三羽ガラスによるたくさんのヒット曲が産まれています。 1909年8月11日、福島市の老舗呉服店「喜多三」の長男として産まれます。 商業学校に通いながら独学で作曲を学び、生涯で作曲した曲は5000曲とも言われます。 気品がありながら親しみやすい曲調が特徴で、夏の高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」など、現在でも多くの曲が愛されています。 エールでは、窪田正孝(くぼたまさたか)さんが演じています。 古関さんより5歳年上の1904年11月21日産まれで、古関さんの実家のお向かいにあった魚屋さんの息子でした。 本名は鈴木喜八と言います。 元は福島民友新聞社に勤めていましたが、1931年に古関さんの勧めで上京。 フリーの作詞家として活動を始め、1939年にコロムビアの専属になります。 野村俊夫さんがモデルである村野鉄男を演じるのは、中村蒼(なかむらあおい)さん。 第3週で、銀行員になった裕一の前に思わぬ形で登場します。 そうだった。 昨日出てたわw 蒼くん、イケメン過ぎて。 — ねぎーむしゃむしゃ maenomeristep 伊藤久男さん 歌手の伊藤久男さんは、古関さんより1歳年下の1910年7月7日産まれ。 福島県本宮(もとみや)町(現在は本宮市)の出身です。 本名は伊藤四三男(いとうしさお)で、明治43年産まれであるところから名づけられました。 父親が県会議員、兄が戦後に衆議院議員を務めるという裕福な家庭に育ちます。 ピアニストを目指していましたが家族の反対にあったため、とりあえず上京するために東京農大へ進学、その後、古関さんと知り合います。 農大を退学し、音楽学校に通いながらコロムビアでアルバイトをし、1932年、古関さんの勧めで歌手としてデビューします。 伊藤久男さんは、エールでは歌手の佐藤久志の実在モデルです。 山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)さんが久志役で、上京した裕一と音の前に、音楽学校の「プリンス」として登場します。 NHK朝の連続ドラマ「エール」 育三郎さんが演じる佐藤久志は、歌手の伊藤久男さんがモデルとのこと。 若い頃の伊藤久男さんがめっちゃイケメンで驚いた! 髪型とかちょっと寄せてる!? 夏まで撮影とのこと。 たくさん出てくださるといいなぁ。 裕一は心優しいのに気が弱く、いじめられてもいつも笑ってごまかしてしまいます。 そんな裕一が音楽に対してはまっすぐな情熱を向けるのを、キラキラした瞳で演じていた星空くん。 その演技力には釘付けになってしまいました。 星空くんは2009年5月8日生まれで、10歳ながら、ドラマや舞台、映画にも出演経験があります。 2016年の大河ドラマ「真田丸」では豊臣秀頼役で中川大志さんの少年期を好演。 2019年にフジテレビで放送された「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第2話では千葉健太郎役で出演し、大人の裕一を演じる窪田正孝さんと共演しています。 【石田星空】幼少期の古山裕一を演じるのは、クラージュキッズ所属の石田星空(せら)くん・10歳。 大河ファンは、 で豊臣秀吉に溺愛されていた息子・秀頼(中川大志)の幼少期を演じる姿に 見覚えがあるかもしれません。 — ひぞっこ musicapiccolino 村野鉄男役・込江大牙くん ガキ大将の、通称「乃木大将」の鉄男を演じるのは、込江大牙(こみえたいが)くん。 2009年1月5日生まれの11歳です。 ドラマや映画、CMを始め、2018年のKAT-TUNの「薫」のMVにも出演しています。 NHKでは、2018年の「透明なゆりかご」第5話で、母親が14歳の時に産まれた少年の北野明を演じています。 透明なゆりかご5話に出てた込江大牙くん。 「俺は筋を通す男だ」の言葉通り、一本芯の通った少年です。 でも家庭には恵まれず、借金を重ねた父親と一緒に、家族で夜逃げをすることになってしまいます。 佐藤久志役・山口太幹くん 蝶ネクタイがお似合いで、いつもおしゃれな洋装の久志。 父親は県議会議員で、裕福な家庭のおぼっちゃまです。 久志の、突然現れ、気がついたら姿を消している神出鬼没っぷりから、ネットでは「妖精か?」と騒がれていました。 演じているのは山口太幹(やまぐちたいき)くん。 太幹くんは2009年9月2日生まれで、宮崎県の出身です。 2018年の映画「巫女っちゃけん。 」でオーディションで選ばれ、準主役で俳優としてデビュー。 広瀬アリスさんと共演しています。 映画「巫女っちゃけん。 誰かのことを思いながら曲を作ることの大切さに気がつきます。 そんなある日、裕一は、バンブーに鉄男を呼び出します。 鉄男はそのころ、福島で新聞記者として働いていました。 「鉄男君。 僕と曲作んないが?君もそろそろ夢に向がって進む時期だ!」 そこに久志もやってきて、幼なじみが顔をそろえます。 鉄男が詞を書き、裕一が曲を作り、久志が歌う。 福島で働いている鉄男はすぐには動けませんでしたが、それは3人の夢でした。 ところが、鉄男に新聞社の社長の娘との縁談が持ち上がったことを知った希穂子は、鉄男の前から姿を消していました。 希穂子が東京にいるといううわさを聞いて、鉄男はたびたび上京しては希穂子の行方を捜していました。 そのころ、裕一は、廿日市から地方小唄の作曲を依頼されますが、うまくいかず、作った曲はボツに。 音はオペラの役作りのため男女の恋愛の機微を学ぶべく、カフェーでバイト中。 偶然、そのカフェーには希穂子も働いていました。 裕一に頼まれて音の様子を見に来た鉄男は、カフェーで希穂子と再会します。 音が男女のイロハを学ぶためカフェーで働くことにする。 心配した裕一に頼まれて店に来た鉄男は、そこで店員の希穂子を見て驚く…。 来週いよいよ鉄男の恋の相手が登場~。 落ち込んで戻ってきた鉄男を裕一は慰め、久志も招いて、3人は酒を飲みながら語り合います。 「実は、書いで見だんだ・・・」 鉄男が取り出したのは、「福島行進曲」の歌詞。 裕一の作曲した地方小唄がボツになった、と言う話を聞いていた鉄男は、福島を題材に詞を書いていたのでした。 「いい。 すごぐいいよ、鉄男くん!この詞に、曲つけさせでくれないか?」 「分がった・・・。 いい曲つけでくれよ。 」 「ありがど!久志、君が歌ってくれるか?」 「僕以外にいるの?」 3人で乾杯すると、落ち込んでいた鉄男がようやく笑顔になりました。 裕一が作曲した「福島行進曲」は廿日市にも認められ、やっとレコードになることになりました。 ただし、無名の、ただの学生の久志にいきなり歌わせるわけにはいかず、歌うことになったのは別の女性歌手でした。 レコードの発売を祝って、バンブーでパーティーが開かれます。 「福島行進曲」は、鉄男にとってもデビュー作でした。 鉄男は、裕一にお礼を言います。 裕一は笑顔で答えます。 「こっちごそ。 本当は、久志に歌って欲しかったんだけど、あきらめでないがら。 いつか必ず、3人でレコード出す。 『福島三羽ガラス』だ!」 パーティー会場に遅れてあらわれた希穂子。 結婚を申し込む鉄男に、他に好きな人がいるから、とうそをついて、希穂子は去っていきます。 その姿に、音はオペラの役に必要な、うそをついてでも相手の幸せを願う女性の心をつかむのでした。 第13週 裕一がコロンブスレコードと契約して五年。 作曲家として安定した生活を送る裕一に、廿日市からあるニュースが知らされます。 それは、コロンブスレコードが専属新人歌手のオーディションを行うという知らせでした。 裕一は、そのオーディションに、音楽学校を卒業してもまだデビューしていなかった久志を誘います。 オペラにこだわり、流行歌の歌手のオーディションに難色を示す久志でしたが、裕一、鉄男のアイディアで、夜の酒場で流しで歌ってみることに。 そこでの客の反応で、久志は流行歌が人の心を動かし、励ますことに気がつきます。 「オーディション、受けてあげるよ。 コロンブスに、僕の力を貸そう。 」 久志の決意に、裕一も鉄男もやる気が出てきます。 「久志が受かれば、 『福島三羽ガラス』で売り出すのも夢じゃない!」 そのオーディションに、豊橋時代に音が声楽を習っていた「ミュージックティーチャー」御手洗清太郎も参加することに。 「スター御手洗」と「プリンス久志」、二人はライバルとして戦うことになります。 納得できない御手洗と久志はコロンブスレコードに乗り込みますが、熊次郎は二人を負け犬呼ばわりしたうえ、御手洗を侮辱する言葉を吐きます。 これに怒った久志でしたが、熊次郎から頭突きされ、倒れこみます。 熊次郎が去った後、廿日市がやってきて、久志に研究生としての契約を提案します。 親のコネで合格した熊次郎ではもたないと判断した廿日市が、上に掛け合ってのことでした。 廿日市の提案を断ろうとする久志に、御手洗は言います。 「あなたは選ばれたの!選ばれた以上、輝かなきゃ!」 久志も、御手洗の言葉を聞いて、研究生の話を受けることを決めます。 「・・・必ず、デビューするから。 」「・・・約束よ、プリンス久志!」 二人は、かたい握手を交わしました。 最後に いかがでしたでしょうか? 同郷の3人がそれぞれ支えあって美しい音楽を作り上げていく、という展開が実際にあったことにビックリしますね。 エールでも、これからの3人の友情が楽しみです。 エールの主題歌、「星影のエール」を歌うGReeeeNのメンバーの4人の皆さんも、福島県出身です。

次の

エール福島三羽ガラスとは?実在モデルやヒット曲を紹介!|朝ドラマイスター

古関裕而 幼なじみ

『エール』福島三羽烏(ガラス)の実在モデル 『エール』では、主人公の古山裕一は作曲家の古関裕而さん、佐藤久志は歌手の伊藤久男さん、村野鉄男は作詞家の野村俊夫さんをモデルに描かれています。 古山裕一モデルは古関裕而さん 古関裕而さんは、 1909年(明治42年)8月11日に 福島県福島市大町生まれ。 生家は、 「喜多三(きたさん)」という呉服店を営んでおり、番頭、小僧を十数人も抱える市内有数の老舗店として繁盛していました。 10歳で楽譜が読めるようになり、卓上ピアノで作曲を始め、クラスの友人から作曲の依頼を受けるようになります。 古関さん20歳のときに、愛知県に住む金子さん18歳と結婚し、コロムビアの顧問山田耕筰の推薦で、専属作曲家として、夫婦で上京します。 26歳の頃に作曲した「船頭可愛や」が大ヒットし、作曲家への道が開けました。 日中戦争から太平洋戦争頃は、「露営の歌」などの戦時歌謡曲(時局歌)、鎮魂歌「長崎の鐘」、「鐘の鳴る丘」、「とんがり帽子」を作曲。 ラジオドラマが開始されてからは、テーマ曲のみならず挿入歌も担当し、「山から来た男」、「鐘の鳴る丘」、「さくらんぼ大将」、「君の名」などヒット作を多く生み出していました。 父は県会議員を務めるなど、大変裕福な家庭であり、当時はまだ珍しかったピアノに親しみました。 しかし、音楽の道に反対されていたため、東京農業大学に入学することでカモフラージュして上京し、同じ福島出身の 古関さんと出会うのです。 『エール』では、古関さんと幼なじみの設定ですが出会いは高校卒業後で、福島ではなく東京だったのですね。 家族には内緒で、東京農業大学を退学し帝国音楽学校に入り、コロムビアで合いの手などの吹きこみのアルバイトを始めます。 これが、作曲家やディレクターたちの耳にとまり、古関裕而の勧めもあって、23歳のときに 「伊藤久男」の名で歌手デビュー。 戦中、戦後に古関さんが作曲した「露営の歌」「続露営の歌」「イヨマンテの夜」、夏の高校野球で歌われる「栄冠は君に輝く」も伊藤さんが歌唱しました。 古関さんの哀愁あるメロディに、伊藤さんが感情をのせてうたう叙事詩的な歌は人気を博しました。 性格は豪快で 大酒のみでしたが、一方で異常なまでの 潔癖症であったことが知られています。 古関さんより、年齢は5歳年上ですが、同じ町の生まれとあって、 近所のガキ大将として一緒に遊ぶ仲でした。 その後、家業を手伝いながら勉強に励み、福島民友新聞社で働くようになります。 新聞記者として働きながら、詩を書くことも続け、昭和6年に古関さんの誘いで上京。 そして野村さんが作詞した「福島行進曲」に古関さんが曲をつけ、日本コロムビアでレコードレビュー。 昭和14年には、「上海夜曲」「ほんとにほんとに御苦労ね」がヒット。 「ほんとにほんとに御苦労ね」は、戦地の酒盛りで歌われ、戦後はドリフターズが替え歌をしたことで、再びヒットしました。 お酒を全く受け付けない古関さんと違い、酒豪だった野村さんは、同じく酒好きの伊藤久男さんとよく飲み歩いていたそうです。 野村俊夫さんが作詞し、古関裕而さんが作曲を手がけ、伊藤久男さんが歌うことになったのです。 曲の出だし「ああ、あの顔で、あの声で」という歌詞は、野村さんが7度も歌詞を書き直した苦しみから生まれたものです。 しかし、古関さんは「ああ」のメロディをどう付けるか悩んでいましたが、妻・金子の詩吟を聞きメロディが閃き、無事に曲が完成しました。 映画はヒットしませんでしたが、伊藤久男が歌いあげた 「暁に祈る」は空前の大ヒット。 内務省の検閲ブラックリストの常連だった野村さんは、「暁に祈る」のおかげでマークされることもなくなったそうです(笑)。

次の