ゼンリーメリット。 Zenlyゼンリーが「危険、怖い」は偏見かもしれないよ?

【無印良品】MUJI passportのアプリお得なの?メリット・デメリットや使い方を解説!

ゼンリーメリット

ダウンロード後は、上のような画面が表示されるので「はじめてMUJI passportを使用する方」をタップ。 次へをタップ。 利用規約が表示されるので、確認後「同意する」をタップ。 スマホによって違いますが、上のように位置情報アクセスの許可を求められるので、「許可」をタップ。 許可したくない方は「許可しない」でも大丈夫です。 ただし、 自宅付近の無印良品やチェックインができないので注意しましょう。 フォローする店舗が表示されるのでどれかを選び「選択した店舗をフォロー」をタップ。 フォローしたくない場合は「スキップ」でも構いません。 最後に、「はじめる」をタップすればアプリを利用することができます。 基本的な使い方 トップページ アプリを開くと常にこの画面が表示されます。 このTOPページ基本的にはお得な情報や商品情報などが表示されています。 また、上のメニューバーで「フォローしている店舗」を選ぶとフォローしている店舗だけの情報が確認でき、「キャンペーン中商品」をタップするとお得な商品情報などの確認が可能です。 お買い物 下のメニューバー「お買い物」をタップすると購入したい商品を探すことができます。 無印良品の店舗に在庫があるか確認できたり、ここから商品の購入もできたりと機能は多彩です。 下のメニューバーから「店舗」をタップすると以下のことができます。 近くの無印良品に行きチェックインができる• 近くの店舗をフォロー ちなみに、右上の「スタンプ帳」をタップすると今までにチェックインしたときの履歴が表示されます。 お気に入り 下のメニューバーから「お気に入り」をタップするとお気に入り登録した商品や記事が表示されます。 ちなみに、右上の「配送リスト」をタップすると店舗などで大きいものを購入して配送したい場合に「配送リスト」を登録しておくと簡単に配送手続きができます。 上の画面のように表示されているバーコードを店員さんに見せることでスムーズに配送手続きができます。 また、 配送リストを実際に利用すると2日~3日後に1000マイル貰えるというメリットがあります。 会員証 下のメニューバーの「会員証」をタップすると以下の情報が確認できます。 誕生日登録で特典プレゼント:誕生日の登録• 他の会員情報とつないでさらにお得に:LINEやSNSと連携できる• メッセージ:無印良品からのお知らせ• クーポン:お得なクーポン表示• レビュー:レビュー投稿・履歴確認• MUJIマイル取得履歴:マイルをいつ獲得したのか確認できる• ショッピングポイント履歴・有効期限:獲得したポイントの確認・利用履歴• ネットストア・MUJI passport注文履歴:オンラインショップの履歴・パスポートの履歴• 購入履歴:今までに購入した商品の履歴• フォローしている店舗:自宅付近などのお気に入りの店舗確認 その他無印良品のウェブサイトや無印良品銀座について確認することが可能です。 このMUJIマイルはお買い物1円=1マイル貯まる仕組みになっているので、誕生月はお買い物1円=2マイル貯まるという計算になります。 ただしのこのマイルは1マイル=1円で利用できるというわけではありません。 上の画像のようにMUJIマイルは一定のマイルが貯まった段階でショッピングポイントとして付与されます。 この画像をもとに計算すると、 20,000円買い物して200ポイント貰えるということなので、1円の買い物で0. 01ポイント貰えるという計算です。 ただし、 誕生月は2倍マイルが貯まるので、1円のお買い物で0. 02ポイント貰えるという計算になります。 ちなみに付与条件は以下の通りです。 ネットストアで購入した商品を履歴に表示したい場合はMUJI passportとネットストアの会員情報を連携する必要があります• 無印良品で買い物をする際にMUJI passportの提示をしなければ記録に残らない可能性があります• お買い物だけでも1円=1マイル貰えるのに、マイバッグを持っていき買い物をするだけで530マイル貰えるのは大きいです。 ポイント数に換算すると大体ですが、2ポイント貰える計算になります。 アプリを持っていれば無印良品に行くだけで10マイル貰える! 無印良品では アプリを持っていき無印良品の近くにいくだけで10マイルプレゼントというチェックインサービスを行っています。 マイルの反映は翌日となっているのですが、無印良品でお買い物をしなくても貰えるのでおすすめのサービスです。 シエスタハコダテ• 池袋西武• 渋谷西武• 錦糸町パルコ• みんなみの里• 名古屋名鉄百貨店• イオンモール松本• イオンモールKYOTO• テラスモール湘南• ららぽーと名古屋みなとアクルス• 近鉄あべのハルカス• MUJI キャナルシティ博多• 天神大名• イオンモール堺北花田• 近鉄四日市 買い物で貯まったマイル・ランク確認ができる MUJI passportでは下のメニューバーから「会員証」をタップすると、現在の「マイル数」「ランク」などが簡単に確認できるようになっています。 その他にもマイルが自動的にポイントに交換され、利用できるポイントについても確認することが可能です。 上の画像のように決まったマイルが貯まれば自動的にポイントが貰えます。 このポイントは1ポイント=1円で利用することが可能です。 アプリ連携ができる MUJI passportでは他アプリとの連携が簡単に行えます。 アプリ連携の方法としてはまず、左上のメニューバーをタップ。 メニューの中から「会員情報連携」をタップ。 無印良品のネットアカウント• LINEアカウント• Facebook• mixi• Twitter• MUJI Card データ移行が簡単 MUJI passportは機種変更を行っても簡単にデータ移行が行えるというメリットがあります。 まずデータ移行を行うために、左上のメニューバーをタップ。 メニューから「アカウント復元」をタップ。 以前利用していた「MUJI passport ID」と「MUJI passport PIN」を入力して「復元する」をタップ。 これで、復元することが可能です。 しかし、 この復元方法を行う場合以前利用していた「MUJI passport ID」と「MUJI passport PIN」を移行する前にメモしておく必要があります。 もしメモし忘れてしまった場合には、先ほど説明した連携済みのアカウントでの復元も可能です。 無印良品のネットアカウント• LINEアカウント• Facebook• mixi• Twitter• MUJI Card ただし、 データ移行する前に上記のアカウントと連携していなければ、復元することはできないので注意しましょう。 その理由として 無印良品では期間限定セールや合わせ買いセールなどを行っている可能性があるからです。 アプリ内の地図で時々行ったことのない場所が表示される MUJI passportのバグの可能性が高いですが、 実際に現在いる無印良品とは違う場所の無印良品が表示されることがあるようです。 こういった場合は一度位置情報(GPS)をオフにしてからもう一度オンにすることで解消することがあります。 アプリが落ちやすい MUJI passportは 「商品検索しようとすると落ちる」「購入履歴を開こうとすると落ちる」などのバグがあるようです。 アプリが落ちる場合は、アプリ自体を再起動もしくはスマホを再起動してみると問題が解消する場合があります。 欲しい商品が行きたい店舗にあると書いてあったのに実際に行くとなかった MUJI passportでは行きたい店舗の在庫確認を行うことができます。 しかし、 場合によっては店舗に向かったけど在庫がなかったという場合もあるようです。 なので、確実に在庫があるか確認するためには行きたい店舗へ電話でお問い合わせするのがいいでしょう。 カード支払いの時にエラーが起きるときがある MUJI passportでは、 無印良品の店舗に行かなくてもお買い物することが可能となっています。 しかし、そのネットストアで購入する際にカード支払いのエラーが発生することがあるようです。 この場合、 何度も決済をタップしてしまうと複数の支払いなどが発生してしまう可能性があるので、注意しましょう。 また、決済が上手くいかない場合は無印良品にお問い合わせしてみるといいでしょう。

次の

【大流行】現代っ子がやっている位置情報共有アプリ、ゼンリーとは!|JGS

ゼンリーメリット

引用元;Twitter ゼンリー 怖い、、と思う方も多いようです。 高校生でも全員がやっている訳ではないので、怖いな、、と感じている方もいると思います。 ネットでも「怖い!」と言う声が多く見られました。 ずっと監視されている事に、息が詰まりそうと感じる方も。 危険性を知った上で利用すれば、メリットを生かすこともできるかもしれません。 共通の友達が多いと追加しちゃうケースも多いと思いますが、前からあなたを狙っていた人だったら怖いですよね。 自分の位置情報を教えるのは、知っている人や、限られた人にしておくのがベターです。 決して見ず知らずの人を追加しないように。 利用する場合は、 信用できる身近な人だけを承認しましょう。 地図上の友達が同じ場所に2人以上いると「一緒にいるよ」マークが出ます。 「私、呼ばれてない」なんて事もあるかもしれません。 (逆も然り。 ) 引用元;Twitter 「ゼンリー使わないと仲間外れにする友達なんて、友達とは言わないよ」なんて 綺麗事だけでは片付けられない問題ですが、お互いの位置情報が分かることはメリットもあれば、デメリットもあることを覚えておいてくださいね。 例えば、家にいると地図上で表示されている時に「今家にいるんでしょ?遊びに行こうよ」と言われると、行きたくなくても断りにくいですよね。 はっきり「気分じゃない」と言い合える友達ならいいですが、トラブルに発展する可能性も無きにしもあらず。 ゼンリーというアプリを使うのは自由だが、問題は本当はやりたくないのに付き合いでやってる子が必ずいる事だと思う。 — ららーな raraaaana ゼンリーのメリット:迷子になった時 ゼンリーを使う事のメリットは何でしょうか。 友達との待ち合わせ場所にたどり着けず、 迷子になってしまった時は、地図を見ればどこにいるかすぐに分かるので便利かと思います。 また家族で利用する場合には、 子供やお年寄りが迷子になった時に、地図上で発見できるというメリットもあるかもしれません。 日本の行方不明者数(警察に行方不明届が出された数)は、年間で 8万人以上(平成29年は8万4850名)。 うまく使うことが出来れば、事件や事故の抑制になるかもしれません。 ・・・とは言うものの、子供でもお年寄りでも、誰しもが プライバシーの権利を持っており、 個人を尊重する必要もあります。 監視するだけが愛情でもないので、難しいところですよね。 ゼンリーとは:まとめ 子供からゼンリーの利用について相談があった時は、 頭ごなしに「ゼンリーを使ってはだめ」と注意するよりも、 「なぜ使いたいのか」「使う必要があるのか」をヒアリングし、使用の危険性を認識してもらいましょう。 彼氏から「ゼンリーを入れて欲しい」と言われた場合は、ちょっと束縛が激しい男性である可能性が高いです。 あなたがどこで何をしているかを知りたい、と思ってくれるのは嬉しい事ですが、 「なぜ使いたいのか」をヒアリングしてあげて、お互いが納得出来れば利用しましょう。 依存=恋愛(友情)ではありません。 ゼンリーの利用有無はさておき、お互いを尊重できる自立した関係を目指しましょう。

次の

「ゼンリー」をカップルで1ヶ月使った感想は?○○な人にはおすすめ!

ゼンリーメリット

このページの目次• 旅行で電車と車を使うメリット 旅行の計画を立てていて、電車で行くか車で行くか迷った時は両方のメリットとデメリットを比べてみてください。 電車で旅行に行く場合のメリット やはり、電車での移動が好きな方は大勢いらっしゃいます。 見るのが好きな人や、撮るのが好きな人・乗るのが好きな人など様々です。 では、鉄道マニアではない私たちの場合はどうでしょう? 電車で旅行に行くメリットには、• 移動にかかる時間が予測できる• 自分の好きなことが出来る• 綺麗な車窓を見れる• 本をゆっくり読める• 移動中に寝ることができる• 友達や家族と同士で行くと会話ができる• お弁当など食事ができる• 移動のことを気にせずアルコールが飲める• 電車では予期せぬ出会いがある (異性や同性同士でも意気投合することもあります。 電車をから降りたら歩く事が多く、車では気付かないお店や街並みなども発見できることもあります。 電車を使う場合、一緒に旅行にいくメンバー全員がゲストになれるという側面があり、目的地に着くまでの時間を共有できるのが最大のメリットです。 お金を払って「時間を買う」ことで、旅行の移動時間も有意義に使うことができます。 車で旅行に行く場合のメリットは。 車の運転が好きだという方もいらっしゃいます。 サンデードライバーや、買い物程度にしか車を使わない方にとっては長距離ドライブや、見知らぬ土地での運転は気を使います。 しかし、車で旅行に行くメリットもたくさんあります。 車で旅行に行くメリットには、• 時間を気にしなくていい• 自由に移動ができる• 自分たちのタイミングで移動できる• 色々な所に寄り道ができる• 計画を変更するのも自由• 目的地まで乗り換えがない• 好きな音楽を大きな音で聴ける• 人数が多いと電車より安く移動できる• ドアツードアで移動に無駄がない などがあります。 時間に制約がないため、臨機応変に車中泊や、夜間移動など選択肢を増やすことができます。 食べるのが好きな人はパーキングや、地元の名店など寄ってでおいしい食事を自由に楽しむことができます。 旅行で電車と車を使うデメリット 今度は逆にデメリットをまとめてみました。 電車で旅行に行く場合のデメリット 電車で旅行にいく最大のデメリットは繁忙期です。 ゴールデンウィーク、お正月、お盆など人が移動する時に混み合うとチケットを取るのも大変です。 電車で旅行に行く場合のデメリットには、• 繁忙期はチケットが高くて取りにくい• 繁忙期は車内が混み合う• 子供がぐずったときに人の目が気になる• 手荷物を全て持たないといけない• 乗り換えが多いとめんどくさい• 電車の発車時刻に間に合わないことがある• 人数が多いと高い などがあります。 電車で旅行に行く時は乗り換えや、荷物の量などが大きなデメリットになります。 時間とルートが決まっているため、自由にお店に寄ったり、目的地を変更できないのも電車で旅行する時は不便です。 車で旅行に行く場合のデメリット 今度は車で旅行に行く場合のデメリットを考えてみます。 車で旅行に行くデメリットには、• 渋滞などで移動時間が大幅に狂うことがある• 長時間移動の場合は運転手に負担が大きい• 事故のリスクが電車より高い• 駐車場がない場所には行けない• 1人の場合はお金がかかる などがあります。 パーキングエリアなどはゴールデンウィークや、年末年始、夏休みなどは混み合って満車になることもあります。 また、ドライバーが1人の場合だと、1人に負担が大きくなるため、2人以上で交代しながら運転することをオススメします。 天候によっては通行止めや、道路規制になることもあります。 都市部では、交通量が増えて渋滞に巻き込まれる可能性が高いです。 移動時間が読めないのが車の最大のデメリットです。 普段から良く車で旅行に行く方は、おおよその移動時間が計算できますが、普段あまり車で旅行に行かない方は予定通りに進まないことも頭に入れておいてください。 子供との旅行は車のメリットが大きい 子供と一緒に旅行に行く場合は電車より車の方がメリットが多いです。 子供がぐずったり騒いだりしても車の中では他の人には迷惑をかけませんが、電車の場合は人の目が気になります。 また、子供が退屈しないように車の中でDVDなどを流したりできるのも車で旅行する時は便利です。 着替えやオムツ、ミルク、離乳食など荷物が増えても車の場合はトランクに積んでおくだけで済みます。 子供がいると何かと荷物が増えるので電車移動だとかなり大変です。 乗り換えの時にたくさんの荷物と子供を抱えて乗り換えをすることを想像してみてください。 まとめ 旅行の交通手段として電車か車どちらが良いかというのは、行く場所や行く時期によって違います。 目的地を1つに決めて、ゆっくりした旅行がしたい場合は電車、沢山の場所に行ったり、時間を気にせずに移動したい場合は車の方が良いでしょう。 他にもいろいろなケースがありますが、電車で行くか、車で行くか、どちらの方がが良いかメリットとデメリットを考えて判断してください。 また、一緒に行く人達と電車か車か相談して決めるのも旅行前の楽しい一時です。 電車ばかりで旅行に行く人や、車でばかり旅行に行く人も多いと思います。 もし時間に余裕があれば、いつもと違う方法で旅行に行くとまた違った楽しみを感じることができると思います。

次の