バットマン アーカム ナイト リドル。 BLEAKE ISLAND バットマン アーカムナイト 攻略裏技屋

【アーカムナイト】サイドミッション攻略マップ付。100%コンプの真エンドを目指そう(PS4)

バットマン アーカム ナイト リドル

本編感想 前回までのあらすじ:ウーマンを助ける為にリドルを解くことに キャットウーマンを助ける為に リドラー指定の場所までやってきたバットマン。 リドラーからルール説明。 「ルールその1」 「私のことは常に「リドラー」「リドラー様」もしくは 「サー・ニグマと呼びかけること。 それが出来ないなら 君がお得意の品のない仏頂面で黙っておけ」 と言われます。 リドラーって呼び捨てでも良いのか。 するとバットモービルの目の前にある赤い扉が開きました。 これを見たリドラーは「なんだと? どうやって・・・・・・」 「今夜の最初のリドルを解いたようだな。 素晴らしい」 と言われました。 これがリドルなのか・・・・・・ ナゾナゾでも何でもない気が。 リドラーが言うには、この場所はレース場であり 3つのサーキットを時間内に完走しなければならないようです。 ちなみに制限時間内にクリア出来なくても 何回も挑戦させてくれるリドラー。 案外優しい。 2回くらいやり直して、最初のリドルクリア。 今思ったけど、これってただのレースなんじゃ・・・・・・ トモイナの思ってたリドルと違う。 レースクリア後、リドラーから指定された圧力パッドに乗ると 目の前のランプが光りました。 キャットウーマンにキャラを切り替えると 孤児院には、たくさんの鍵が現れていました。 「鍵大きすぎだろ」って思いましたが 大きい鍵の形した入れ物の中に、小さい鍵が入っているようです。 なぜそんな面倒くさいことを。 ちなみに正解の鍵以外を取ると 脳みそが飛び散ることになるそうです。 正解は、先ほどのLEDランプが緑色に光っているところの鍵です。 上から見ると、どれが正解かわかります。 無事に首輪の錠を一つ外すことが出来ました。 これで数字が9から8になりました。 まだ8個もあるのか・・・・・・ まさかあのレースを8回もやらせるんじゃないんだろうな。 次のリドルはわりと 地味な普通の内容で 特定の場所にバットモービルやバットマンで乗って道を作る。 その後リモート(遠隔)操作でバットモービルを動かす。 っという感じ。 リドルの最後はどれも同じ感じなようで、二つ目の鍵も無事入手。 残り7つです。 リドラーがキャットウーマンに 「さあキャットウーマン」 「孤児院での楽しい出来事を全部 バットマンに話して、生き残ったことを祝うがいい!」 なんて言って来ました。 てっきりバットマンを誘き寄せるためだけに捕まえて 孤児院に閉じ込めてるのかと思いましたが 何か色々あるっぽいですね。 今度は孤児院に呼び出されたバットマン。 リドラーの映像が壁に映され 「彼女に会わせてやる前に、さて問題です」 「じっくり考えた場合にのみ尋ねられる質問はなーんだ? 頑張れ」 おお! 何だかすごいリドルっぽいぞ! しかしトモイナは謎解きが苦手なので、答えがわからず。 リドルの答えはよくわかりませんが 孤児院の扉にあるハテナマークに触れると 中央にある台座が回転しました。 それっぽい形にしましたが、これでも駄目らしい。 リドラー曰く「惜しい」 たぶん扉と同じハテナマークにするんだろうと思ったので 床に転がってる四角い積み木を蹴って、ハテナマークにすることに。 これでハテナマーク完成じゃないのか? ずーっと悩んでいると リドラーから 「こりゃ驚いた! いつになったら分かるんだ?」 と煽られます。 うっ・・・うるせー! 謎解きだけは超苦手なんだよ! くそー! リドラーの野郎、男なら拳で戦えや! 更に悩み続けると、勝手に中央の台座が回転。 リドラーから 「とある場所に立ってスキャンするだけだ」 的なことを言われました。 リドラー案外良い奴かも知れない。 それでもわからんなー。 そもそも「じっくり考えた場合にのみ尋ねられる質問」って何だよ。 ここでとあることに気が付く。 台座の周りがガラス張りになっているじゃありませんか! 台座のガラス張りのところに 天井にある丸い奴を映せば良かったようです。 四角い積み木を蹴ってたとか、アホすぎますね。 てか 「じっくり考えた場合にのみ尋ねられる質問」の意味が 全然わからないですけど、どういう意味だったんでしょうか・・・・・・ リドラーからは 「君がここまでやるとは、彼女も私と同様に驚くな」 と言われます。 馬鹿にされてるような気がする。 人物紹介 今回は無し。 次回: 前回: 更新乙であります。 「何が面白くてやっているのか謎」なのがリドラー流。 手間暇かけている割にはピント外れで効率悪い。 あ、なんだエイブリーか! まあぶっちゃけると、ミニゲームを入れたい制作サイドの都合なんでしょうが。 ただ、こういう意味の解らない労作を繰り返させられると、神経が病むのは確か。 例えば刑罰や捕虜の扱い方として「穴を掘って埋めさせるのを繰り返す」ものが。 帝政ロシアやナチスドイツも採用した、由緒あるハートブレイキング・テクです。 文豪ドストエフスキーは若い頃シベリア流刑になり、体験を本に書いたのですが… 強制労働で穴を半日掘り、残り半日は埋めさせられたそうで。 延々と、毎日毎日。 全く何の意味もない労働ですが、人は意味がない労働を続けると磨耗するのです! リドラーの狙いも案外そこらにあるのかもねー。 プレイヤーもイライラするし 現代のブラックな企業にも通じるような…そんな時にこそ、ゲームだよ? 宣伝 似た意味の言葉には「シジフォスの巨石運び」「賽の河原の石積み」とかあって。 「天井の染みを数える」ってのもあるけど……少しえっちいシチュっぽいね。 マフィア3はGTA系、「未来視点からの60年代の懐古」という構成が泣けます。 この手のノリが好きなので「龍が如く6」も行くべ…草野球出来るんだってさ! 『近況報告』 会社の重要ポジの人が突然退職届けを出して来たので、引継ぎの関係で死にそう。

次の

【アーカムナイト】サイドミッション攻略マップ付。100%コンプの真エンドを目指そう(PS4)

バットマン アーカム ナイト リドル

新事務所のエアコンが壊れていた。 俺です。 先日、新しく出来たばかりの新事務所だが、エアコンの工事がうまくいっていないらしく、全く温度が下がらない。 窓を開けて対策していたら蝉が飛び込んで来る。 もうここは外だ。 ナイト終了 「:ナイト」のリドルを全て終了。 なんだかんだで243個中、241個のリドルを自力で解決出来た。 場所が全く思い出せなかったピッグ団長のアジトと、ミスターフリーズが勤務していた会社の看板(だと思う)だけネットで調べた。 尚、リドル位置については、チンピラ雑魚さんが教えてくれたので、比較的楽に総ざらい出来た。 リドルチンピラは(恐らく)特にマップに関係なく出没したものを尋問すればどんどんリドル場所を吐いてくれる。 なので、好きなエリアをスキャンモードでウロウロして見つけたら尋問という形でどんどん場所を判明させて行った。 爆弾、敵基地、消防隊員を探すついでだったので、多少マシだが、 作業感は否めない。 最初はパズル系のリドルがきついという印象だったが、遠隔操作や、ロックオンミサイル(事前に使用出来るように適当に雑魚の車を破壊しておく)で解決出来ると気付いてからはサクサク終了。 終わってしまえば、むしろ、 周辺探査系のリドルの方が時間がかかった。 場所はおおよそ解っていても、縦の構造もそれなりにあるし、それらしい箇所がとても多い。 シティーのぼんやりした記憶から、関連するオブジェクトが周辺に落ちてるor割と目立つように貼られている、と思い込んでいたせいで、完全に遠景のや、ヴィッキーベイル・ショーの看板、別に特定の場所にしかないわけではないポスターなど、なかなか解らず異常に時間がかかった物が多い。 ヒントの内容も、シリーズプレイ済みで、しかも原作の知識も少しはないと辛い問題が多かったように感じる(これまでもそうした傾向があったが、総当たりに近いやり方でなんとかなってきた。 今回はマップが広いので手当り次第が通用し辛い)。 全てを終了させた後、 真ナイトフォール作戦は・・・これはどう受け取ったらいいんだろう。 めちゃくちゃかっこよかったけど意味は解らないな・・・。 苦労して見たEDがこれなら、特に無理して見なくても良かった気がするぜ!! 小粒のたち 謎を残しつつ、本編が終わったので、にも着手。 まずは・ナイトメッション。 チャレンジ内から遊ぶ事が出来たが、 折角のだと言うのに、で遊ぶチャレンジだった。 なんてこった!! の幻覚で、地獄の様相を呈するをで爆走。 最後はタンクモードで巨大なと戦うのだが・・・ はっきり言ってそんなに面白くない。 そもそも、タンクモードによる戦車戦自体が 然程面白くない。 本編に起伏をつける要素としてプレイする分にはまだ良いのだが、それ単体だけでと戦わされても・・・と言う。 とりあえず一つ目をクリアした後、さっさと次のに移った。 次はハーレクィン。 ハーレクィンを操作し、と結託したペンギンの案内で、収監されたポイズン・アイビーを確保しに刑務所に潜入する。 と同等のスピーディーな近接コンバットが可能で操作感は良好。 ただ、結局はサイドキック(相棒)達と同様、攻撃手段の制限されたという感じも。 スキャンモードはハーレクィンの精神世界を示すようなもので、壁の落書きがちょっと楽しい。 突然日本語混ざってるの変だわー(しょうがない)。 ボリュームはかなり短め。 特に起伏もなく、アイビーを確保したところであっさりと終了。 お話的にも目立った内容無し。 はい次、。 カーに捕らわれたゴードン達を救助する為、ロビンと共に廃棄された遊園地に挑む。 こんな男塾めいた場所に建てたら、そりゃ廃棄されるわ。 建てた人アホじゃないの。 の動作ベースは、ほぼと同じ。 ハーレクィン同様近接コンバットは少し素早く、遠隔ハッキングをメインにしたガジェット攻略のスタイルは多少面白みがある。 小さいがそこそこの広さがあり、よりは起伏を楽しめた。 特に、カー&ハーレクィンコンビと雑魚集団に対して&ロビンで挑む近接コンバットはちょっとテンションが上がったが、攻略はやはり目立った工夫がない。 遠隔ハッキングの出番は多いが、かと言ってハッキング無双を印象づけられる程でもなく中途半端さは拭えない。 物語も、やはり特筆するような要素はほとんどなし。 はこの件で明確に目をつけられたのかね、という程度。 どのせよ、現状リリースされたものは、ちょっとしたオマケ程度。 本編のお話をより豊かにするというほどのものではなかった。 別キャラを操作出来るのは嬉しいが、それだけ過ぎるかな。 やはり本編の内容を膨らませたり、本編の裏舞台や、本編のその後が解るようなエピソードがある方が嬉しいし、ビジュアルだけでなく、ゲームプレイも毛色の違いがあって欲しいと思ってしまう。 で走り回れるとか(で、エピソードの最後でぶっ壊れるから本編に出て来ない)、その後の中をデュアルプレイ出来るとか、そのくらい出来たらなー(無茶か)。 雑魚の会話 ナイトは、シティーにも増して雑魚=チンピラの立ち話が充実している。 全編日本語吹き替えの恩恵も大きく、この点はプレイしていて本当に楽しかった。 クリア前とクリア後は大きく会話内容が変化して、耳が楽しかった。 アホばっかりのチンピラ会話はこのゲームの癒しだ。 正直、雑魚の会話の方が、本編メインミッションの翻訳より、翻訳精度が高いように感じたほど。 ニュアンスまでちゃんと組んで、なんなら少し遊んでいる空気を感じる。 単なる感触なので、確証などは一切ございません。 雑魚の会話で気になったものがひとつある。 「、シティ、ナイトと来て・・・次は何なんだ?」というもの。 メタネタなのはさておき、開発側は「シリーズはこれで完結」と宣言している。 そういう状況を踏まえてリリースされたナイトにこうした会話が収録されているのは、なかなか気になる。 流石に次があったとしてどうすんだよ、という感じもあるため、シリーズは完結だとしても、別のシリーズが始まる可能性は充分にある。 ワーナーやDCコミックも、せっかく人気を博したゲームのという可能性を終了させるつもりはないだろう。 開発はロックステディーではなくなる可能性が高そうだが(だけの開発でいたいとは思っていないはず)。 ネタなのか?与太なのか?次回作? 今後も、面白いゲームが作られる事が期待される訳だが、もし違うシリーズが始まるのならば、次は映画が公開予定の「スーサイド・」をゲーム化して欲しい。 スーサイド・はDCコミックの悪役を集めた特殊部隊の活躍を描く。 悪を持って悪を征す。 作戦に従事すれば刑期短縮を行うという見返りで悪党たちを釣って戦わせる。 のゲームにも出ているキャラでは、カー、ハーレクィン、デッドショット、キラークロックなどが登場する(当然カーはスーサイドのメンではない)。 ナイトではハーレクィンを操作するがある訳で、さしておかしな発想ではないはず。 期待してますからね?!ワーナーさん。 なんにせよ、今後の展開に期待したい。 熱が止まらず ナイトの感想で、、シティーについて多少言及したが、最後にプレイしてから結構時間が経っており、記憶が曖昧で印象ばかり先立って書いてしまった。 せっかく熱も高まっているので、、シティーを再プレイしようと思っている。 しかし、その前に、デスを倒したか、エレクトロキューショナーを倒しただかでやめてしまったオリジンに再チャレンジしてみようかと画策。 が安定しなくてやめた為、問題のなさそうな安いPC版を買おうか迷ったが、タブコン操作も試してみたかった為、 版オリジンを買ってみる事にした。 ところが これが失敗。 確かにタブコン操作はちょっと面白い。 特にバット内、タッチパネルで=タブコンに人差し指を押し付けると、 ウェインと認証される場面はテンションが上がった。 しかし、それ以外は かなりきつい。 PS3と同じくらいが安定せず、街中をグライドするとガクガクしてストレスがかかる。 滑らかかつスピーディーなナイトの後では余計だ。 更に、要所でタブコンを使わせるのは構わないのだが、タブコンを見ろと言っておいて字幕はテレビ画面にしか表示されないという極悪仕様。 移植チームは、ワーナーは一体何を考えていたんだろうか。 ただでさえ字幕を読み終わる前に次の字幕へ切り替わる、アホみたいな仕様までPS3版そのままなのに、それに加えてタブコンとテレビを忙しく見ないといけないとなると、なかなかストレスが溜まる。 あくまでオリジンの話であり、版シティーは解らないが、 オリジンについてはPC版にした方が良かったな。 今日は以上。

次の

リドルが終わらない

バットマン アーカム ナイト リドル

獲得情報• 項目数:110• 基本パック:65• 家族の問題:8• ハーレークィンストーリー:1• レッドフードストーリー:1• スケアクロウ 悪夢の試練:1• 1989年 映画版パック:1• 2008 タンブラー バットモービルパック:1• ゴッサム市警封鎖:1• 1960年代TVシリーズ パック:1• キャットウーマンの復讐:1• コイン投げ:1• 2016 バットマン vs スーパーマン バットモービル:1• ヒーローチャレンジ:3• 悪者チャレンジ:4• シーズン・オブ・インファミー:12• オリジナル版アーカム バットモービル:1• コミュニティー・チャレンジパック:7• プラチナ:1• ゴールド:1• 基本パック合計トロフィーポイント:246• 追加パック合計トロフィーポイント:213• :459 廉価版 海外版トロフィー オンライントロフィー 備考 無 コンプ時間:• 最短2周でプラチナ獲得可能。 一周目 任意の難易度 でフリーロームやARチャレンジ中に獲得出来るトロフィーを全て取得後,スーパーヴィラン全員をゴッサム市警に収監しブルースとクレイン最後の対峙イベで「恐怖を支配する者」獲得後,更に続けて「ナイトフォール」を獲得しエンディング。 この時点で残すトロフィーは後述の二つのみとなる。 時限要素はなし。 クリア後でもすべての要素(難易度関係のトロフィー以外)が回収可能。 難易度関連のトロフィーに関しては下記「ハロウィンの夜は長し」参照。 また,ワーナーから今後もDLCが定期的に配信される旨が発表された為,ARチャレンジ関連のトロフィーに対してさほど神経質に挑む心配も無くなった。 追加トロフィー取得に必要なDLCは以下の通り。 家族の問題 ハーレークィンパック レッドフード ストーリー・パック スケアクロウのナイトメア ミッション バットモービルパック(1989年版) 2008 タンブラーバットモービルパック ゴッサム市警封鎖 バットマン クラシック版TVシリーズのバットモービル パック キャットウーマンの復讐 コイン投げ 2016 バットマン vs スーパーマン シーズン・オブ・インファミー オリジナルアーカム バットモービル 犯罪取締人チャレンジパック 6• 信念のジャンプ• うずくトラウマ• メインメニューからアクセスした拡張現実チャレンジで行ったテイクダウンはカウントされないという報告あり。 本編中のプレデター戦や、フリーローム中にマップに設置されたマーカーからアクセスした拡張現実チャレンジ中に行うこと。 ウェインテックのプレデタームーブ一覧で確認できる各アクションに加え、アップグレードで入手できるグラップネル・テイクダウンも行う必要あり。 大暴れの基礎• メインとサブの両ミッション,ARチャレンジでも獲得可。 基礎的なムーブに加え,どうやらウェインテックアップグレードで入手できる全ての強化コンバットムーブもカウントされている模様。 要検証• 一回のコンバットフローとあるがコンボを持続されている最中に15種類実行しなければ取れないとの情報もあり。 要検証• コンボとコンバットゲージは敵からの攻撃は勿論,通常攻撃やカウンターの不発,各種ガジェットのクイックファイアーを重複使用した場合でも即時リセットされるので注意。 以下はカウントが確認されているコンバットムーブ一覧。 この中から何れかのムーブ15種類を使用する事。 取得推奨イベント考察。 ロビンとの共闘。 雑魚が比較的多め。 箱を投げてくるチンピラの他,アルバートの体力と火力もバカにならないので注意。 武器庫戦はナイトウィングと共闘。 敵の数は少なめ。 撹乱機であらかじめ銃持ちや簡易武器庫を抑えると楽。 ピッグ教授とのボス戦は一人で戦う事になるが,教授は刃物を連続で投げてくる以外何もしない事に加え,ドロトロンはテイクダウンしない限り何度でも起き上がって来る。 ドロトロンは動きがかなり緩慢なのでカウンターも取りやすくコンボも維持しやすい。 教授の刃物にだけ注意。 ARチャレンジ:「ゴッサムナイト」 ナイトウィングとの共闘。 ステージにはテイクダウンオブジェクトも設置されている。 ただし敵の攻撃頻度がメインと比べてかなり苛烈な点に注意。 危うく感じたら即リダイレクト推奨。 特に第二波で出現する盾持ちが厄介なのでデュアルタッグテイクダウン,ディスアームデストロイ,SPコンボテイクダウンの何れかでとっとと黙らせよう。 闇の忠誠• 最終的にデスストロークを収監する事となるが街中の「爆弾」,「望楼」,「道路封鎖」を全て除去しなければならない。 「輸送車」も含まれているかは要検証。 百発百中• R2(60ミリ砲)ではなくR1(バルカン砲)ということに注意。 無法地帯を駆け抜けろ• グラップネル R1 の使用は不可。 ゴッサムで夜遊び• 鋼の猛突進• 輸送車とは、チンピラが乗っている普通乗用車ではなく、赤白で塗装された軍用車両のこと。 最重要指名手配ミッション「武装しており危険」でも見受けられるが、拡張現実ミッション「路上の猛攻」などでいくらでも稼ぐことができる。 そこの車 止まりなさい• 若気の至り、いい感じ、完全無欠• ARチャレンジのスターは本編で全69個だが各種DLCで獲得出来るスターも加算される為,全て獲得しなくても構わない。 ver1. 01時点で「シティヒートTT」「おぼろげな月光下で」の2つを解除しないままストーリーを進めると解除不能になる場合がある。 前述のとおりDLCを導入していればこの状態になってもトロフィーは獲得可。 ハロウィンの夜は長し• 一週目の難易度を下げウェインテックでアップグレードを全て拡張してから挑むのが効率的か。 家族の問題• サイバー攻撃• 「ハッキング方法の中から1つを使って敵を15人倒す」とあるが誤訳。 何かしらのハッキングで1周の間に15人倒せば良い。 例:電気床で直接倒す、暗くしている間に倒す、驚かせている間に倒す、など• 真実は闇の中• 記憶の刃• 各種バットモービルスキンパックのトロフィー• 本編収録の5コースおよびハイブリッドレース2コースに加え、DLCで追加されたスケアクロウ以外の全コースが対象。 上記を見て解る通りスターは余剰に設定されているので好みのレースを選択してスターを獲得しよう。 ヒーロー&悪党チャレンジ• DLCのヒーローチャレンジパック配信と共に最新パッチで新たに追加されたトロフィーパック。 七人のプレイアブルキャラクターを駆使しコンバットチャレンジとプレデターチャレンジで合計21のスターを獲得する事が目標となる。 キャラクター毎に使用出来るガジェットが異なる上に装備総数も限定されている。 その為,スター獲得条件が同じでも体感難易度が七人の間でかなりバラツく点に注意。 製品情報• 過去のコメント•

次の