ロト6 抽選。 ロト6 繰り返し抽選比率

ロト6の仕組みやルールは?やり方や料金、受け取り方について

ロト6 抽選

もくじ• ロト6の仕組みやルール ロト6の基本的な仕組みやルールを見ていきます。 まずロト6は43個の数字の中から6個選び、抽選数字と全部一致すれば1等当選となり2億円(理論値)の当選金を手にできます。 ロト6の1等以下は2~5等まで等級が用意されています。 こちらは申し込み数字と抽選数字の一致した数の違いで等級が分かれています。 それぞれの当選条件は 1等:申込数字が本数字6個すべて一致 2等:申込数字が本数字5個と一致し,更にボーナス数字1個と一致 3等:申込数字が本数字5個と一致 4等:申込数字が本数字4個と一致 5等:申込数字が本数字3個と一致 ロト6は本数字の他に「ボーナス数字」という番号が抽選され、2等で使います。 スポンサードリンク ロト6の締め切りは何曜日の何時まで? ロト6の発売日はいつなのか知っておかないと、狙った抽選回に参加できません。 ロト6は抽選日が週2回あり、月曜日と木曜日になります。 例えば、 「今度の月曜日の抽選回に参加しよう!」 と思えば、販売期間は 木曜日のロト6抽選終了後~次週月曜日の抽選前まで という事になります。 そして月曜日と木曜日には18:45から抽選が開始されます。 締め切り時間は毎週月・木曜日の18:30なので覚えておきましょう。 抽選が終わると、次の抽選に向けた受付が開始されるといった流れで繰り返されていきます。 ロト6の販売時間に特に制限はありませんが、毎週月曜日と木曜日だけ抽選時間に間に合うように購入することを忘れないでください。 スポンサードリンク ロト6の配当賞金額や最高額はいくら? このロト6の配当金額や最高額はいくらなのか? 1等当選金額は2億円(理論値)という大金になります。 1等当選者が複数人いた場合は、その人数で割るので賞金は少なくなります。 そのお金は1等賞金に上乗せされ、最大で6億円の賞金となるので、狙うのであればキャリーオーバーがある時がチャンスです。 キャリーオーバーはたとえ何十億円と溜まったとしても、最高額は6億円で抑えられています。 ロト6の賞金の受け取り方 ロト6に当選したら賞金の受け取りですが、換金は全国の宝くじ売り場でできます。 ただ、賞金の受け取り方は金額の大きさによって変わってきます。 ポイントとなるのは、• 1万円以下• 5万円以下• 5万円より賞金が大きいケース この3段階で受け取り方が変わります。 1当せん金が1万円以下の少額当選の場合、全国どこの宝くじ売り場でも換金ができます。 自分が購入した売り場でなくても構いません。 1当せん金が5万円以下の場合、宝くじ売り場に「5万円マーク」があると、「1当せん金が5万円以下の当せん金」を受け取れます。 実際には宝くじ売り場にこのような5万円のマークがあります。 *このマークがない所では、1当せん金あたり1万円を超えるものは換金できません。 スポンサードリンク ロト6の1当せん金が5万円を超えるとき 1当せん金が5万円を超える場合は、すべてみずほ銀行本支店での換金となり、宝くじの裏面の氏名と住所の記入が必要になります。 50万円以上になると、本人証明ができる運転免許証や保険証などが必要になります。 100万円を超える場合は、あわせて印鑑の持参が必要になり、場合によっては1週間ほど準備に日数が必要な場合もあるようです。 これはお金の用意や当たりくじの鑑定に時間が必要になるようです。 もちろん銀行の営業時間ないといけませんので、平日9:00~15:00の間に換金に行く必要があります。 支払期限は発行された投票券に記載されています。 この期間内を過ぎると1等であっても換金できなくなるので、早めに済ませましょう。 あとがき ロト6の仕組みやルール、やり方や受け取り方などまとめましたが、遊び方に難しい事は無いと思います。 まずは実際に購入してみるのが一番ですね。 仕組みやルールも大切ですが、やはりどの数字を選んで投票するかが一番難しい所であり、みんなそこで四苦八苦しています。 いろいろ試しながら1等当選目指して頑張ってくださいね。 そしてロト6の買い方や仕組みでよくわからない所はないでしょうか?• ボーナス数字って何?• キャリーオーバーって?• ロト6ってどこで買えるの? などなど、ロト6の疑問点や実際に購入した様子、当選確率や当選金額といったロト6の中身について書いた記事をまとめたページを用意しました!.

次の

ロト6当選番号速報 最新回抽選結果 | 確率をアップする法

ロト6 抽選

過去の珍事件 海外人気ドラマ「LOST」の話の中で謎の数字の暗号が頻繁にでてきます。 その数字は「4 8 15 16 23 42」です。 ちょうどロト6にも使える6つの数字です。 世の中にはこの数字を選び続けている人もいるでしょう。 そして、事件は2012年6月9日に起こりました。 そのときの結果がこちら! 2等が57100円!? しかも3470口も!! ロストに出てくる数字の暗号「4 8 15 16 23 42」を選んでいれば2等が当たる現象が発生ししました!やはりこの数字を選んだ人は多いですが、配当金は平等に分配されるため、通常1000万円前後の配当金が57100円になってしまっています。 さらに3等の方が当せん人数が少ないため、 3等の配当の方が2等の配当よりも多いという結果になっています。 当選するときのことを考えるならば、他の参加者ができるだけ選ばない数字を選びたいところですよね。 次の章から選ばれにくい数字の検証結果の説明をしたいと思います。 期待値 ロト6の数字の検証をする前に、まず期待値の計算方法の復習をしておきましょう。 例えばサイコロを振って、出た目の数に応じて報酬がもらえるケースを考えてみます。 以下の2つのケースの場合どちらがお得でしょうか?• 出た目が4以下なら1200円• 出た目が5以上なら1800円 どちらがお得かを議論する場合は 期待値を計算することで判断できます。 期待値が高い方を選択するほうが、 長期的には有利な選択肢になります。 この話をロト6に置き換えたときに、 確率は抽選数字の出やすさを表し、 報酬は抽選数字のお得度を表します。 抽選数字の出やすさを検証することと、抽選数字のお得度(みんなが選ばない数字)を検証することで期待値を計算していきます。 出やすい数字 それではまず出やすい数字から検証していきます。 抽選に使用されるボールは計量を行い、しっかりシャフルしているので、基本的にはどの数字も同じ確率で選出されるようになっています。 出やすい数字の検証方法は簡単です。 単純に出た回数の統計を取り確率を計算するだけで算出できます。 データは約1250回分の抽選結果の中から本数字に選出された数字のみを使用しています。 結果はこちらです。 横軸が抽選数字で縦軸が確率です。 棒の高さが低いほど出にくく、棒の高さが高いほど出やすい数字になります。 このデータによると6や27が出やすく、9が最も出にくい結果となっています。 報酬が高い数字 次に報酬が高い数字の検証です。 これはどのように考えるかというと、ある数字が抽選数字に表れたときに、その時の配当金の平均を計算することで算出できそうです。 例えば7番の数字が過去に3回的中したとして、その配当金が800円,1200円,700円だったなら、平均を計算し900円になります。 これをそれぞれの抽選数字ごとに計算することで、報酬が高い数字、つまり他の参加者が選ばないお得な数字を算出することができます。 今回配当金の計算に使用した数字は4等の数字になります。 4等は当選者の数が多く、最もばらつきが少ないと考えられるので4等を選択しました。 ちなみに5等の場合は一律1000円なので、今回の計算に使用することはできません。 報酬が高い数字の検証結果はこちらになります。 この結果を見ると43が最も報酬が高い数字で、8が最も報酬が少ない数字になります。 誕生日の日付を選ぶ人が多いのかもしれませんが、誕生日の日付がない32以降の数字は、やや他の数字よりもお得な数字になっているようにも見えます。 期待値が高い数字 それでは最後に期待値が高い数字の確認です。 いくら報酬が高い数字を選んでも、その数字の出る確率が低いと意味がないですよね? そこで、最初に話した期待値を計算します。 ロト6で出やすい数字(確率)とお得な数字(報酬)が分かったので、これらを掛け算することで期待値を計算します。 結果はこちら! この結果から見ると20,31,43が期待値が高い数字になります。 逆に期待値が低い数字は7,9になっています。 イメージしやすくすると、7や9は出やすい数字でもあるし、みんなが選びやすい数字ということにもなります。 適当に選ぶにしても7,9は避けた方が良いでしょう。 逆に20,31,43を積極的に選ぶことで高配当が期待できます。 ただし、注意点があります。 もし仮にこの情報が拡散されたりすると20,31,43は 逆に人気の数字になるので、報酬が低くなる可能性があります。 このことは認識しておいた方がよいでしょう。 まとめ いかがでしょうか?宝くじはやはり運が必要です。 しかし、自分で数字を選ぶロト6の場合はわずかですが、配当金や当選確率を上げることが可能です。 ここでの情報(特に期待値のグラフ)を有効活用して6つの数字選びに利用してみてはいかがでしょうか? 数字の組み合わせに関する記事もにまとめました!.

次の

数字選択式宝くじ抽せん会 ライブ中継【宝くじ公式サイト】

ロト6 抽選

第1,499回 ロト6 抽選結果報告 2020年07月13日 グループ名 参加口数 ロト6当選等級&当選本数 ロト6 ひらめき予想数字 Aグループ 107 5等4本的中! ロト6 ひらめき予想数字 Bグループ 78 5等3本的中! ロト6 -17 Aグループ 25 該当なし ロト6 -17 Bグループ 25 5等8本的中! ロト6の概要 ロト6は「01」から「43」までの43個の数字の中から6個の数字を選んで購入する「数字選択式全国自治宝くじ」です。 2017年2月より発売され、1等賞金は最高2億円。 キャリーオーバー時は、1等賞金は最高4億円から6億円にアップされました。 ロト6はこの「キャリーオーバー制」を採用したことにより爆発的に人気が出ました。 その後、最高賞金が10億円にアップされた「ロト7」と共に、ロト6も根強い人気があります。 販売価格は1口200円です。 ロト7の発売価格は1口300円。 ロト6のしくみ ロト6は「01」から「43」までの数字の中からことなる数字を6個選択して購入します。 抽選は、6個の「本数字」と1個のボーナス数字を選出され、自分が選んだ数字といくつ一致しているかで、1等から5等までの当選が決まります。 当選金額は各回の発売総額と当選口数により毎回変動します。 2等が1等賞金 よりも上回わった回はこれまで5回ありました。 これは、1等の口数が多く、逆に2等の口数が少なくて1等と2等の賞金金額が逆転しました。 このように、発売総額と当選口数により金額は毎回変動します。 実際に3470口も当選が出ている。 理論値で1500万円とされる当選金額が5万7100円だったことに複雑な思いも…。 これ以後、抽選時に「各等級間での重複当せんは認めない事とし、上位等級を優先する事とします」と言うアナウンスが付け加えられました。 ロト6は、1枚の申込カードで最高5通りの申込み、最高10口までの「まとめ買い」、最高10回先の抽選回までの「継続買い」ができます。 見込み当選金額「理論値」は確率計算上の数値であり、実際の当選金額ではありません。 (当選金額は発売額と当選口数により毎回変動します)• 5等当選金1,000円は固定されています。 末等の固定はロト6のみで、ロト7、ミニロトは変動します。 ボーナス数字はロト6の2等当選数字を決める時のみ使用します。 ロト6の抽選は毎週月曜日と木曜日の午後6時45分より原則、東京宝くじドリーム館で行われます。 ロト6当選番号速報では抽選終了後にスピード更新中です。 ロト6当選番号速報(過去データ一覧• ロト6当選番号速報では掲載データ「数字」については万全を期していますがデータ「数字」に誤りがあればご報告をお願いします。 最終確認は宝くじ売り場または、みずほ銀行ホームページでご確認下さい。

次の