ブライン 液 唐 揚げ。 家事えもん簡単唐揚げレシピ!ジューシーで衣がサクサクな作り方!

『あさイチ』でも話題に!鶏むね肉がジューシーになる「ブライン液」って?|ニュースコラム

ブライン 液 唐 揚げ

【材料】1~2人分 ・鶏モモ肉(300g前後) ・片栗粉 ・揚げ油(サラダ油) 【下味A】 ・料理酒 大さじ1 ・鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ2分の1 ・しょうゆ 小さじ1 ・塩 小さじ4分の1 ・こしょう 少々 ・おろしにんにく 少々 ・おろししょうが 少々 【作り方】 1. 鶏肉の皮、脂肪、軟骨などを取り除き、表裏両面にフォークでぷすぷすと穴を開ける。 鶏肉を一口大に切る。 ボウルに鶏肉と下味Aを入れ、手で揉みこむ。 (15分ほど放置) 4. 汁気を切った鶏肉に片栗粉をつける。 乾いたフライパンにサラダ油を底から1cmほど入れて火をつける。 油が温まってきたら鶏肉を入れ、菜箸でころがしながら揚げ焼する。 全体が薄いキツネ色になったら、一度バットに上げて5分ほど放置する。 再びサラダ油を熱し、今度は高温で揚げる 9. 菜箸でころがし、全体がこんがり揚がったら完成!しっかり油を切ります。 そこで私は、以下のことに気をつけて作っています。 スポンサーリンク 唐揚げをフライパンでカリカリにする方法は? 唐揚げは、最初から強火で揚げると身が締まり固くなってしまいます。 また、外側はこんがり揚がっていても中まで火が通っていない、という事態になることも。 中はジューシーで柔らかく、外側がカリカリとした唐揚げを作るには、二度揚げがおすすめです。 一度目はやや低温で揚げ、バットの上でしばらく置きます。 この間に余熱で鶏肉の中まで火が通ります。 唐揚げをフライパンで作ると油がはねる? 唐揚げを揚げ焼きで作ると、油はねが心配という声を耳にします。 パチパチッと熱い油が飛んでくるのは怖いですよね。 揚げ物をしていて油がはねる原因となるのが、 水分です。 エビやイカの天ぷらを作るときに油はねがあるのも、水分を多く含んでいるためです。 水分が熱っせられて水蒸気に変わるとき、揚げ油をまとって破裂状態で膨張しパチパチと飛び跳ねます。 そこで唐揚げを作る際は、衣となる片栗粉をつける前にしっかりと水分を除いてからつけましょう! 残った下味の調味液は捨て、鶏肉にしっかりと片栗粉をつけると、油はねは少なくなります。 さらに高低差による油はねを防ぐため、熱した油に鶏肉を入れる際は皮目を下にしてゆっくりと入れるのもポイントです。 油の使用量が減ると経済的ですし、後始末も簡単に済ませることができます。

次の

唐揚げの下味は一晩漬けてもOK?簡単で具体的な手順はコレ! | 教えたがりダッシュ!

ブライン 液 唐 揚げ

今回はカロリーを考えて卵を入れませんが、本来は小麦粉、卵、牛乳で作るものです。 スパイス• 塩:小さじ1• コンソメ:小さじ1• ジンジャーパウダー:小さじ1• ガーリックパウダー:小さじ1• 山椒:2ふり• 味が均一になるように、しっかり混ぜておきます。 STEP2:衣を作る 米粉と小麦粉を混ぜたところに、混ぜ合わせておいたスパイスを入れて衣を作ります。 ここでも味が均一になるようにしっかり混ぜておきましょう。 STEP3:肉を切る 鶏肉を一口大に切ります。 二度揚げは揚げすぎると焦げますし、肉もかたくなります。 こんがりとした色とカリッとした食感をつけるためのものなので、揚げ過ぎないように気をつけましょう。 STEP8:盛り付けて完成! 皿に盛り付け、野菜などを添えて完成です。 さいごに ケンタッキーフライドチキンのようなカリッ、サクッとした食感は米粉によって作られますので、米粉は必ず衣に使用してください。 二度揚げはお肉のジューシー感と衣の食感を楽しむためには必須です。 ただ、ちょっと目を離すとすぐ焦げてしまうので、揚げ時間や火加減には注意をしてください。 スパイスはあくまでも目安です。 特に塩分は少し控えめにしてあるので、物足りない場合はお好みで調整してください。 大きいサイズのむね肉で作ったものをバンズで挟めば、チキンフィレサンドにもなります。 いろいろアレンジしてみてください。 Photo by 筆者.

次の

唐揚げを美味しくする料理人の仕込み術

ブライン 液 唐 揚げ

肉汁ジューシーなからあげの作り方 パサパサになる。 家で作るとジューシーさがない…ゆうこりんも言ってました。 鶏肉だからきちんと火を通したいのに、火を通すとジューシーなお肉にならない!という悩み。 ・そこに片栗粉を入れて、肉全体に行き渡るように衣をつけます。 ・そして揚げていく!油の温度は180度! ・約4分揚げたら…しっかり油を切って、完成! あれ?特別な事はしてない感じですよね。 実は下味をつける前にソレマルテクニックがあったのです!! お肉をジューシーにするにはこうする! ・まずボウルにお水を入れ、砂糖を入れます ・そして塩、最後にお肉を入れます これでOK!後は普通にからあげを作っていきましょう。 下味の前に、塩砂糖水につけるのがソレマルテクニックなんだそうです。 どうしてこれだけでジューシーになるかというと、お肉の柔らかさは中に入ってる水分の量だから。 そのためにしっかりと水分を含ませておくとからあげが柔らかくなる!とのことでした。 なんで砂糖と塩を入れるかというと、砂糖には水分を吸収し保つ効果があるから。 また、塩には肉の表面をコーティングして水分を閉じ込める効果があるそう。 これはブライン液と言われるらしく、ジューシーな肉を作るためにプロは知っている魔法の水なんだそうですよ^^ 肉を塩砂糖水に入れてしっかり揉み込み30分待つだけ!後は普通に下味をつけて揚げれば…ジューシー!!しつこいくらいにジューシーなからあげができるかも! 衣がカリッとしたからあげの作り方・すぐにしなしなになってしまう悩みを解決! お弁当のからあげは食べる頃には衣がフニャッとなりますよね。 カリッとした衣を長時間持たせるにはどうしたらいいのでしょうか? 紹介されたのは新小岩のTiKiTiKi。 週末には行列が!テイクアウト専門店のこの店は冷めてもカリッと!冷めてもサクサクジューシーなからあげが人気なんだそう。 衣をしんなりさせない人気店のソレマルテクニックは? 衣をカリッとさせるには、しょうゆとしょうがで下味をつけ、片栗粉で衣をつける。 ここまでは同じですが、ここからが違います! なんとラップをして、冷蔵庫で10分冷やすのがソレマル! 油と肉に温度差がある方が衣がカラッと仕上がるんだそうです。 これは、油に入れると水分が蒸発し中に無数の空洞がおきるため。 これがカリッとした食感の正体! そのため冷蔵庫で冷やせば油と衣に温度差ができ、より激しく水分が蒸発するのでより大きな空洞ができてカリッとなるとのこと。 これで時間があっても揚げたての食感をキープできるそうです!お弁当に入れてもカリッとした衣のからあげが食べられますね^^ 油で揚げずにからあげを作るには? からあげというとダイエットには不向きな気も。 また、使い終わった油の処理は大変ですよね。 そこで紹介された油で揚げずにからあげを簡単に作るソレマルテクニック!が役立ちそうです! これは料理家の西山京子さんが教えてくれました。 レシピ本もたくさん出してる女性ですね。 ドレッシングは油分が含まれているので、揚げないからあげが簡単にできるんだとか。 これは片付けも楽チンかもですね^^ 材料 大さじ1のドレッシング 鶏肉100グラム 作り方 なんと漬け込む必要は不要で、鶏肉にドレッシングを絡めてなじませるだけ! これで下味はほぼ完成。 後は片栗粉をまんべんなくまぶして、オーブントースターで15分加熱するだけ! ドレッシングの香りがして、見た目はからあげのできあがり! ごま・和風・イタリアンなどドレッシングで超簡単からあげができちゃううえ、味のバリエーションも豊かに^^ ちなみにイタリアンだとからあげというより鶏肉の違う料理みたいな感じ?イタリアンソテーっぽいとの感想。 和風ドレッシングは一番ご飯に合うとのことでした。 こちらで詳しくレシピを紹介しています!.

次の